その時 

烈「凝んな時間に花火とは…………綺麗なものだ………」

客「タンメンくれ!!」

烈「承知ッッッ!!!」

客「俺も同じの!!」

烈「謝謝ッッッ!!!」


―――

紬「唯ちゃんのお父さんはとってもロマンチストなのね♪」

澪「見かけによらずメルヘンなんだな……」

律「澪……お前が言えた事かよ………」

梓「お父さん!花火ステキでしたッッッ」

さわ子「とっても感動したわ!!!」

唯・憂「お父さ~~~ん」ダキッ ギュ~~♪ 

勇次郎「気にするな………ほんの余興だ……」ニヤニヤニヤニヤ

勇次郎「これからが本番よ…………」ニタァ~~~ 
唯「お父さん、まだ何かあるの?!」

律(マジかよ…………)

勇次郎「風呂に入りたくは無いか……唯よ…」

唯「お風呂入りたいけど温泉とか無いよ~~~~?」
勇次郎「まぁ見てろ……」
梓(あそこに用意してある大理石はまさか………)

勇次郎「邪ァッッッ!!!」ズバババババ 

さわ子「大理石が浴槽に………」

紬「覗き防止様の壁までッッッ」

憂「お父さん、凄いよぉ!!!」

勇次郎「最後に………ここいらか?…………チェリャアァァァァ!!!!」
ズズンッッッ!!!

澪「~~~~~~?!」

ブッブシャアアァァ!!!
勇次郎「当たりだな……」ニタァ~~

勇次郎「後はパイプでつなげば………源泉掛け流しの露天風呂の出来上がりだ…………」ニヤニヤ

律「早速入るぜ!」

さわ子「私も!!!」

紬「またと無い機会………入るわッッッ」

澪「じゃあ、私も……」

梓「私も入ります!!!」
憂「私も~~~~♪」

勇次郎「唯………どうしたんだ?」

唯「お父さん……今日はいっぱい頑張ったから……皆出た後で一緒に入ろう?」
唯「背中流してあげるよ!!!」

勇次郎「わかった……」グス……

律「紬は意外と胸でかいな~~~」フニフニ 

紬「りっちゃんダメよぅ………アッ…」

梓(憂も大きいな………チクショウッッッ)

さわ子「澪ちゃんは流石ね~~~~」フニフニ

澪「先生ッッ何を………キャ!」

憂(いい湯だな~~~♪)

勇次郎「我ながら良い娘を持ったもんだ………」ナデナデ

唯「お父さんくすぐったいよぅ♪」ギュ~~

さわ子「良いお湯だったわね……………」

紬「はい……(あれは………)」

律「いや~~いい湯だったな紬「し~~ッ!」

律(なんだムギ急に………成る程ね……)

澪(そっとな…………)

梓(はい……………)

憂(お父さん………お姉ちゃんも私もお父さんの事が大好きだからね………)

唯「エヘヘ~~~♪」ギュ~
勇次郎「……………」ナデナデ

唯「エヘヘ~~~~♪」

勇次郎「他の奴らが出たようだな………(アイツら………感謝する)」ナデナデ 
唯「ホント?!じゃあ一緒にお風呂にGOッッッ!!」
勇次郎「先に入ってろ……」

唯「なんで?」

勇次郎「なんでもだ…」

唯「わかったぁ!待ってるよ!!」

勇次郎(年頃の娘の着替えを見るわけにはいかんからな……)

勇次郎「……入るぜッ」

唯「どうぞ~~~♪」

勇次郎「タオル位まけ………恥ずかしく無いのか…」
唯「お父さんなら全然平気だよッッッ!!!」

勇次郎「唯……憂もそうだが……本当にいい娘に育ってくれたな……」グス

唯「お父さん……?」

勇次郎「なんでも無い………早速だが…背中流してくれ……」

唯「わかったよ♪」

唯「お父さんの背中って大きいね!!」ゴシゴシ!

勇次郎「そうか………」

唯「しかも、ムキムキッッッ!!」ゴシゴシ! 

勇次郎「いい感じだ……唯……」

唯「お父さんって本当に強いよね……昔からずっと……」ゴシゴシ!

勇次郎「…………………」
唯「覚えてる……昔…あたし達が小さい時の動物園の事…………」

勇次郎「あの時か………」


~~~

唯4才「おとうさ~ん」

憂3才「きゃっきゃっ」

若き日の勇次郎「あまりはしゃぐなよ……」

係員「ウワァァァァァ!!檻が壊れて……ライオンがッッッ!!」

唯4才「うわ~♪」

係員「危ないッッッ!!!」

ライオン「ガァッッッ」

唯4才「………え」

勇次郎「チェリャアァァァァ!!!」ズンッ 

ライオン「~~~~~!!!……………」ドサッ……
係員「なッッッ………」

勇次郎「大丈夫かッッッ唯!!!」

唯4才「うわぁぁぁん!!」


~~~

唯「あの時ね……本当に……お父さんがカッコよくて……なんでも出来るとおもってた……」ゴシゴシ! 
勇次郎「…………………」
唯「…………けど……最近は怖い人達と……喧嘩してばっかで………」

唯「この前の時だって………本当に心配だった…………」グスッグスッ

唯「お父さん………世界で一番強い私のお父さん………」グスッグス 

唯「けどやっぱり………怖いよ………いきなり居なくなったり……しないで………」ポロポロ 

唯「私達………お父さんが居ない………なんて考えられない……ん……だから……」ポロポロ

勇次郎「唯……………」ナデナデ

唯「おと……う……さん」ギュ……

勇次郎(神よ……初めて貴様に感謝するッッッ……)
勇次郎(こんなに優しい天使を………俺に授けてくれた………その事に……)

勇次郎(神よ……貴様に誓おう……例え何が起ころうがッッッ…二人の優しき天使を守り抜く事を……)

勇次郎「唯…………」

唯「エヘヘ……ゴメンね♪… なぁに?」

勇次郎「湯に浸かるぞ…」唯「………うん!!」

勇次郎「唯…………」

唯「なぁに?お父さん………」

勇次郎「憂もお前もずっと………ずっと一緒だ…………これからも……」

唯「信じてるよ………」

けいおんッッッッッ第二部おわり



けいおんッッッッッ第三部
勇次郎「あの夏からもう………冬に………季節の移りは早いな……」

ガチャ

勇次郎「今、帰った……」
憂「お帰りなさいッッお父さん♪」

勇次郎「あぁ……唯は?」
憂「コタツから出られないらしくて…………」

勇次郎「唯ッッ!」

唯「うわぁ!お帰り~~~お父さん♪」

勇次郎「余りに堕落してるならばコタツを壊すぞッッッ!」

唯「まぁまぁ、そんな事言わないで~~~ハイ、みかんッッ」ぬくぬく

勇次郎「ぬぅ……」ぬくぬく

憂「お茶はいったよ~♪」
唯「憂も入りなよ!!」ぬくぬく

憂「うん…………温かいなぁ………」ぬくぬく

全員「ふぅ~~~~ッッッ」ぬくぬく


勇次郎「最近の学校はどうだ………?」

唯「楽しいよぉ~~~~♪」

勇次郎「憂はどうだ……」
憂「私も~~~~~♪」

勇次郎「問題なさそうだな…………」

唯「お父さんこそどうなのッッッ?」

勇次郎「新しい大統領も期待はできねぇな………まぁ前のボッシュよりまだマシ……ぐらいか……」

憂「お父さんは大統領より偉いもんね♪」

唯「アメリカ全軍より強いしね♪」

勇次郎「ニヤニヤ」

唯「そうだッッ!お父さん!!」

勇次郎「なんだ……?」

唯「今度ねぇ~~クリスマスに家でパーティーする事になったんだ!!」

憂「部活メンバーも皆来るんだよね♪」

勇次郎「そうか………楽しみだな……」ニヤァ~~~

唯「後は和ちゃんも来るんだッッッ」

勇次郎「和………あの眼鏡をかけた娘か……」

憂「クリスマスパーティーではプレゼント交換もするんだよね?!」

唯「うん!!楽しみ~~~~♪」

勇次郎(プレゼント………最近の女子高生が喜びそうなもの………解らんッッッ!!!)


その夜

勇次郎(どうしたものか………プレゼントは喜んで欲しいものだしな………) 


勇次郎(考えてたら……朝に………)


そしてパーティー当日 

ぴーんポーン 

勇次郎「良く来たな……唯も憂も待ってるぞ……」

律「ういーすッ」

澪「お邪魔しますッッ」

紬「お邪魔します♪」

梓「お邪魔しま~す」

さわ子「お邪魔しま~~~す♪」

和「お久しぶりです…勇次郎おじさん」

勇次郎「久々にみたらい~~い女になったな」クスクス

和「とんでもない…では……」

勇次郎「憂…料理は俺が後でやる……お前も行って来い……」

憂「わかったぁ!有り難うお父さん♪」

しばらくして 

勇次郎「入るぞッ」

唯「どうぞ~~!!」

勇次郎「飯だッッッ、まずは七面鳥だな……次にトナカイのソテーだ…」

律(トナカイッッッ?)

澪(トナカイってたべられるの?!)

紬「七面鳥大きいわぁ~~~♪」

梓(まずはトナカイに突っ込むでしょッッッ!!)

和「わぁ、美味しそう!」
さわ子(この子もトナカイスルー~~~~?!)

唯「トナカイ♪トナカイ♪ッッッ」

憂「トナカイ♪トナカイ♪ッッッ」

勇次郎「そしてケーキはシベリア虎を型どった俺手製のケーキだッッッ」

律・澪・梓(普通にスゲェェェ~~~~~~!!)

和「おじさんは昔から器用でしたもんね。」

紬(器用にも程があると思うの和ちゃん……)

勇次郎「そして……さわ子ッッ、お前にはポートエレンの十年ものだッッッ」

さわ子「これ……スゴく高いお酒なのに……有り難う!!」

唯・憂「お父さんッッ有り難う♪」

勇次郎「む……なんだ?」
唯「憂と一緒に書いたクリスマスカードだよ!!」 
憂「いつも有り難うお父さん♪」  

勇次郎「…………読んでも良いか……?」 

唯「恥ずかしいなぁ~~~~~エヘヘ♪」

勇次郎「わかった……廊下で読んで来る……」

律「さわちゃん酒臭さッッッ」

さわ子「ヤバイこれヤバイ美味い止まらないヤバイ美味い」ヒック 

澪「律……手遅れだ……」

紬「トナカイ美味しいわぁ~♪」モニュモニュ

和「少しスジッポイけど全然イケるわね………」モニュモニュ 

梓「七面鳥も美味しいですよッッ」モニュモニュ 

廊下 

勇次郎「どれ……
《いつも有り難うお父さん、私達にとってお父さんはサンタクロースよりもずっとステキな人です♪ 
これからも仲良くしてね!》
唯・憂より

…………有り難うな…愛娘達……」

勇次郎「風呂入るかぁ…」


風呂場

勇次郎「…………さわ子に酒を与えたのは失敗だったかもしれんなッ」

さわ子「てめえら、飯食ってんのかアァッッ?!」
ヒック
和「ハイ、トナカイ美味しいですよ。」モニュモニュ
唯「さわちゃん面白いね~~~♪」

憂「そうだね~~~♪」

紬「七面鳥もイケるわね♪」モニュモニュ

梓「トナカイ美味いなこれマジ美味いなこれ………」モニュモニュモニュモニュ
澪・律「なんだ………これ…………」

さわ子「エレンちゃん美味いぞ~~~~~~!!エフッ!エフッ!アハハハハハハ!!!」ヒック

勇次郎「やはり………失敗だったなッ……」

さわ子「おう!!!勇次郎ちょっと来い!!!」

勇次郎「……なんだ?」

さわ子「ゴクゴク…………チュ~~~~プハァ!!」
勇次郎「~~~~~~?!」

さわ子「どうだッ口移しエレン美味いかァッ?エフッ!エフッ!」 

律「ひゅ~~~~~~」

澪「アワワワワワ………」
紬「まぁまぁ♪」

梓「トナカイ美味めぇなチクショウ……」モニュモニュ
和「酔いって恐ろしいわね………」モニュモニュ

唯「さわちゃんダメだよ~~~~!」

憂「お父さんとチュ~~~~なんて~~!」 

さわ子「アハハハハハハ!!!文句あんのかアァッッッ!!」ヒック

勇次郎「………いいんだ………」

唯「お父さん?!」

勇次郎「元は俺がさわ子に酒を渡したのが失敗だった………だからいいッ」


律「もういいやッッ、トナカイ美味いな澪ッ」モニュモニュ

澪「そうだな、確かに美味いッッ」モニュモニュ

紬「和ちゃんとは食について話しが合うわぁ♪」モニュモニュ

和「こんど手料理をご馳走するわッ」モニュモニュ

梓「トナ………カイ……」


勇次郎「さわ子……」ひょい 
さわ子「おぅ!!なんだなんだッッッ!!」ヒック

勇次郎「少し頭を冷やして来るぞ………」ザッ 

さわ子「はなせ~~~♪アハハハハハハ!」ヒック

唯「行っちゃった………」
憂「大丈夫かなぁ?」

律「澪、七面鳥もイケるぞマジでッッッ」モニュモニュ

澪「唯のお父さんの料理美味すぎだなッッ」モニュモニュ

紬・和「食についてあーだこーだ」きゃっきゃっ

梓「ト………………イ」


5