――――

さわ子(…………ここは………?)

ピクル「………………」ヌッ

さわ子「………………………もう………冗談でしょ?」

さわ子(学校の校庭なんて………)

ピクル「……………!!」クルッ

勇次郎「ウェルカム、ピクル………良く来てくれた………ッッッ」ニタァ~~

ピクル「………………」ニタァ~~

さわ子「何でここに……ッ?」

刃牙「親父!!~~~~!やっぱりピクルだったかッッッ」ザッ

ジャック「女が捕まってるナ………」ザッ

勇次郎「貴様らッッッ手をだすな!!アイツは俺が食うッッッ……」ニヤニヤ

ピクル「………………」ズサッ

刃牙「あの構え……四足歩行のッッッ……」

ジャック「流石はオーガ……何もせずにピクルに全力をださせるか…………」

勇次郎「いいぜ………来なッッッ!!!」ニタァ~~
ピクル「……………!!」ズアッ!!!

勇次郎「邪アッッッ!!!」ギャド!!!

ピクル「~~~~~~?!」ドサアッ!!! 

刃牙「あれを蹴り返したッッッ?!嘘だろ………」

勇次郎「クスクス、まだだ……本気で来いッッッ」

ピクル「………………!!!」ピキッピキッ

ジャック「ピクルの様子が………?」

刃牙「あれだ………最終形態になろうとしてるんだ………」

勇次郎「成る程……貴様が本気ならば俺も本気で行こうかッッッ!!!」ビリビリッッ

さわ子「背中に………鬼の顔…………」ぞッ!

ピクル「ゴアアアアアッッッ!!」ガコッ!ビキッ!…………ザンッ!!

勇次郎「ガーゴイルだな………まるで、ならばこれはガーゴイル対オーガッッッ!!」

勇次郎「どちらが上か……長くなりそうだッッッ」クスクス

ピクル「オアアアアッッッ!!」

刃牙「史上最強の雄VS地上最強の生物………」ゾクッゾクッ 

ジャック「最強が今日決まる………」


ピクル「ガアァッッッ!!!」ギャドッッッ

勇次郎「ぬぅ!!」ザンッ
ピクル「アオオオッッッ」ブンッッ!!

勇次郎「!!……甘いッッッ」ズガアァン!!

ピクル「~~~~~~?!」ギリッッ 

勇次郎「チェリャアァァァァ!!!」ズアッ!!

ピクル「~~~~~~!!!」ドカアァン!!

ピクル「………………」ドサッ 

刃牙「もうッッッ終わりッッッ?!」

勇次郎「アホウが………まだまだだッッッ」グニャ~~~~

ピクル「ニヤァ~………」

勇次郎「ピクル………古の大地に君臨する最強の雄よ、………感謝するッッッ」ニタァ~~~

ピクル「ニタァ~……」

勇次郎「打撃戦では五分と五分…………どちらかが死ぬまでやるぞッッッ」ズンッッ!!

ピクル「アオオオッッッ」ズズンッ!!!

刃牙「あの体格差で互角に殴り合うなんて………まだ親父にはかなわねぇな…」
ジャック「オマエが超えるべき存在だ………俺もだがなッッ」

勇次郎「行くぞッッッ」ザンッ!!

ピクル「オアアアア!!」ザンッ!!

ピクル「オアアアア!!」ドカンッ!!

勇次郎「ぐぅ………!!」ザッ!

ピクル「アオオオッッッ」メキュッ!!

勇次郎「~~~~~!!」ドサァ!!

刃牙「親父が………押されてる………」

ピクル「ッッッ!!!」
ズバァン!!!

勇次郎「~~~~~~!!!……ぐぅッッッ」ドサァッ!!!

ピクル「ニヤァ~~」ググッッッ!!

刃牙「親父逃げろォォォォ!!!」

ピクル「ッッッッ!!!」ブオォン!!

勇次郎「!!!~~~ぐぅッッッ」メキ……メキ…

刃牙「親父が…………負ける……のか…?」

勇次郎「……アホウが………」ググッッッ!!!

さわ子「鬼が泣い………てる……?」

ピクル「~~~!!」ゾクッ!!

勇次郎「遅いッッッ」パァンッッッ!!!

ピクル「~~~~~~~……………」ビクッ

勇次郎「邪アァッッッ!!!」ギャドオオン!!!

ピクル「~~~?!!!!~~…………………」ドサッ…………

勇次郎「……………ピクルよ………オマエは今までで間違いなく最強の敵だった…………」ドサッ

勇次郎「大丈夫……か?」
さわ子「貴方こそ………ボロボロじゃない…………」ポロポロ……

勇次郎「何故泣くんだ…………?」

さわ子「死んじゃうかと思ったのよ!!!この馬鹿!!!」ポロポロ

勇次郎「だが結果としては助かったろう………」

さわ子「私じゃない!!貴方の事よッッッ!!!」

勇次郎「~~~~!!」

刃牙「ピクル……持って帰るか……手伝い頼むよ兄さん」

ジャック「あぁ…………」

勇次郎「スマン…………」ギュッ

さわ子「ウワァァァァァァァンンン!!」ダキッ 

勇次郎「刃牙よ………待ってるぞ………」

刃牙「あぁッッッ、必ず!!アンタの所に!!!」

ジャック「行くぞ………」
刃牙「よっと、重いな………」

刃牙(丸くなったな………親父……)


勇次郎「……落ち着いたか?」

さわ子「えぇ………有り難う…」グス

唯「あっ、居た~~~~~~!!!」

憂「お父さん!!どうしたの?!」

勇次郎「喧嘩だ……」ナデナデ

唯「アレッ、さわちゃん………?」
憂「まさか先生とッッッ」ゾワワワワ

勇次郎「アホウが………お前達、そいつを家まで送ってイケ……」

唯「わかったよ!!」

憂「先生、行きましょう」
さわ子「えぇ………お願いね…」


勇次郎「……………これで………後は……待つだけか……」

勇次郎「刃牙…………必ず………来い………」

けいおんッッッッッ

第一部終わり 



けいおんッッッッッ第二部
リビング 

唯「ねぇお父さん!」モニュモニュ

勇次郎「………なんだ?」モニュモニュ

唯「今度ねぇ~~~夏フェスに部活メンバーで行くんだぁ~~~~~♪」 

憂「いいなぁ~~私も行きたいよぉ~~~」モニュモニュ

勇次郎「そうか……ならば俺も行こうかッッ」

唯「えっ?……けどチケットが……」

勇次郎「問題無い………」


その夜 

勇次郎「光成……夏フェスとやらのチケットを二枚急いで確保しろッッッ」

光成『夏フェスゥ?!~~~~』

勇次郎「なるべく急げッッッモタモタしてると……………」

光成『~~~~~~?!』


翌朝 

勇次郎「憂……夏フェスのチケットだ………」

憂「えっ………どうしたのこれ?!」

勇次郎「気にするな……」
憂「やったぁ!お父さん大好き!!」ギュッ

勇次郎「………」ニヤニヤ


当日

律「いやぁ~~~~暑いなぁ……ホント」

澪「初めてくるな……夏フェスッ」

紬「楽しみだわぁ~♪」 
さわ子「さぁ、盛り上がっていくわよ!!!」

梓「それにしても………何で唯先輩は一家全員なんですか?!」

唯・憂「エヘヘ~~~~♪♪」ニヤニヤ

勇次郎「まぁ………気にするなッッ」

梓(こんなに暑いのに黒い拳法着ッて………)

さわ子「さぁ、着いたわよ!!!」

律「スゲー、唯!行くぞ!!!」

唯「うん!!!」ダッ 

憂「梓ちゃんッッ、私達も行こうよ!!!」

梓「ちょ、ちょっと憂?!」

澪「アイツら………」

紬「先生も居ないわ………いつの間に………」 

勇次郎「寝床は俺が作っておこう………お前達も行って来いッッ」

澪「いいんですか……?」
紬「まぁまぁ、行きましょ澪ちゃん♪」

勇次郎「………元気なこった…なぁ?」

刃牙「親父…………」
ジャック「何でオレまで………」

勇次郎「今から寝床を作るッッッ!有りったけの木を薙ぎ倒してこいッ!!!」
刃牙「さて、ヤルか…」

ジャック「仕方ないナ…」

刃牙「シュッ!!!」バキィ!! 

ジャック「フンッ!!」ドカァ!!

勇次郎「邪ッッッ!!」ドカドカバキバキィ!!!

刃牙「こんなもんかな………ふぅ」ドンッ 

ジャック「暑いな……………」ドカンッ

勇次郎「上等だな………」ズズンッッッ!!!

勇次郎「さてアイツらが帰ってくるまでに作るぞッ」

刃牙「約束通り……俺達はここまでだな」

ジャック「オレは走ってかえろうかな………」

勇次郎「チェリャアァァァァ」ズバババババッッッ

刃牙「兄さんも夜叉猿の所に来てみるかい?」

ジャック「面白ソウだな……一緒に行こうッ」

勇次郎「次は椅子とテーブルとベッドかッッッ」

勇次郎「セイッッ!!」ズガアァン!!

周りの客達「なんだ……アイツ……」


―――

唯「カッコいいねぇ~~!!」

憂「凄いよね!!」

律「やっぱりプロの生演奏は燃えるなッッッ」

澪「ベースの人上手いな~~~!!」

梓(必ずもっと上手くなってヤルです!!)

さわ子「疲れた………」

『ズズンッ』紬(何の音かしら…………?)

勇次郎「出来たか……ざっと十人は余裕だなッッッ」
勇次郎「さて……何をするか決めてなかった……」
勇次郎「寝るか………」


その頃

律「もう遅くなってきたし………戻るか」

さわ子「首が痛いわ……」
澪「私も戻るか………」

紬「じゃあ、私も戻りましょう♪」

梓「私はもう少し見てきますッッッ」

唯・憂「私も~~~~♪」
律「元気だなァ~、気を付けろよ~~~……」

チャラ男1「あの子達可愛くネ♪」

チャラ2「ウオオ、ヤベェよツインテールはマジヤベェ!!!」

チャラ3「丁度3人だし……ヤッチャイますか?」

チャラ1・2「賛成~~~~~♪」

チュドンッ!!!

チャラ3「何だ?!」

勇次郎「アイツラには手を出すな……………」ギリッッ!!

チャラ2「オッサン何だよ邪魔……………」グシャ!
チャラ1「ヒッ………助け」ドカァッ!

チャラ3「~~~~~~?!」ズンッ!……バタ…

勇次郎「親も楽じゃあ無いな…………」ザッザッ


―――

律・さわ子・紬・澪「な………何でコーテージが………出来てるの……?」

律「大体想像は出来るな……」

さわ子「椅子とベッドにテーブルまで……」

澪「やっぱりあの人………人間じゃあ無いよな……」
紬「道具を持って来てる感じじゃあなかったから………全部素手……よね…」

律「これがホントのハンドメイドか………」

澪「何言ってるんだお前は………」

―――

唯「ふぃ~~~帰ろう♪」
憂「疲れたねぇ~~~」

梓「蚊に刺されてかゆい………」

勇次郎「おう……オマエら迎えに来たぜ……」

唯「お父さん!!」

憂「お腹へった~~」

勇次郎「飯も作ってあるから安心しろ……」

唯「メニューは?!」

勇次郎「ヒグマ肉カレーだッッッ」

梓(ヒグマッッッ?!)


そのころ 

烈「お買い上げ有り難うッッッ!!」
客1「烈々ラーメンウマww」

客2「オレ、担々麺ね!!」

烈「承知したッッッ!!」


―――

唯「たっだいま~~♪」

さわ子「お帰りなさい…」
憂「どうしたんですか?」
澪「このコーテージに疑問は無いのか?………」

梓「~~~~~?!まさかッッッ」

紬「そのまさかよ………」
勇次郎「ハンドメイドだッッ」

律(イヤイヤイヤイヤ………………)

さわ子「ソウいえば表で煮込んであるあれは………」
勇次郎「夕飯のヒグマ肉カレーだッッッ」

律・澪・紬・さわ子(~~~~~~~~?!)

唯「ヒグマ♪ ヒグマ♪」
憂「ヒグマ♪ ヒグマ♪」
梓(色々とおかし過ぎてもう突っ込めない…………)
そして

全員「いただきますッッッ!!!」


唯「おいし~~~~い♪」モニュモニュ

憂「お父さんは料理上手だね~~~♪」モニュモニュ
律(これは………美味いッッッ)モニュモニュ

さわ子(なんて美味しいの………ヒグマの肉っていいわね…)モニュモニュ

梓「美味しいですッッ」モニュモニュ

紬「とっても美味しいわぁ♪」モニュモニュ

澪(美味すぎるだろ……これヤバイな……)モニュモニュ

勇次郎「………まぁまぁだな……」モニュモニュ


チャラ男は勇次郎によってヒグマにされました♪ 

全員「ごちそうさまでしたッッッ!!!」


勇次郎「胃のなかに入ればチャラ男もヒグマも同じもんだ………」

唯「お父さん………?」

勇次郎「何でもない………それより全員を外にだすんだ…」

憂「なんで?」

勇次郎「いいから早く…」
唯・憂「わかったッッ」

律「なんだ?……急に外に出ろなんて?」

澪「考えるだけ無駄だな………」

さわ子「確かに…………」
紬「けど気になるわ…」

梓「不安です…………」

唯・憂「お父さん、皆でたよ~~~~」

勇次郎「良く空を見ておけッッッ」

勇次郎以外の全員「えっ?」

ヒュ~~~~~ドカァン!!!

さわ子「花……火………?」

律「マジかよ………」

澪「キレイだな…………」
紬「ステキねぇ………」

梓「凄いです…………」

唯「お父さん凄いよ~~~!!!」

憂「ありがと~~~~!!!」

勇次郎「ニヤニヤ」


4