刃牙「始めるか……親子喧嘩ッッッ!!」

勇次郎「ニタァ~~」

携帯『ふわふわ時間~♪』  
刃牙(梢ッ?!こんな時に、それより聞かれたかッッッ?!) 

勇次郎「何だ………今のは?」

刃牙「い、イヤ何でも無ぃ勇次郎「今のは何だッッッ!!!」

刃牙「けいおん……ってアニメの曲だよ……」

刃牙(恥ずかしいッッ!!よりによって親父に聞かれるなんてッ!)

勇次郎「………………」

刃牙「親父………?」

勇次郎「刃牙よ……決着は後だ。」

刃牙「えッ?!」

勇次郎「貴様には失望した……そんな駄菓子の様な無駄な物を好むとは恥を知れッッッ!!!」

刃牙「~~~~~ッ!!」
勇次郎「じゃあな……」


刃牙「行っちまった……そうだよな、こんなもんにハマる俺も俺か……………」



秋葉原某アニメショップ

勇次郎「アニメと言えば秋葉原と決まっているはず、けいおんのDVDは……これかッッッ!!」

勇次郎「クスクス、楽しみだ………」

勇次郎(刃牙がハマる程のモノ……見届けてやろう)

勇次郎「……………」

唯『うんたん!うんたん!』

勇次郎「……………」 

唯『あずにゃ~ん』
梓『唯先輩!やめて下さいよッ!!』

勇次郎「………………」

紬『お茶が入ったわよ♪』 
勇次郎「………………」

ストライダム「何を見ているんだオーガ?」

勇次郎「?!ッッッ邪ッッッ!!」

ストライダム「~~~~ッ!!いきなりTVを壊すなオーガよ……」

勇次郎「貴様ッッ!今のを見てたのか?!」

ストライダム「いやいや、君がいきなりTVを壊すものだから、何がなんやら……」

勇次郎「………そうか、もう寝るとしよう」

ストライダム「あ、あぁ……良い夢を」

勇次郎(けいおん!か………たまには良いもんだ………な…ZZz……)

???「お………て…!」

勇次郎(……む、なんだ)
???「早く起きてッ!!」
勇次郎「……誰だ?……」
憂「何寝呆けてるの!お父さん早く起きなきゃ!!」
勇次郎「………………」

唯「あっ!お父さんおはよー♪」

憂「もう!!学校行ってくるね、ご飯は用意したから勝手に食べてッ!!」

勇次郎「あ、あぁ……」

唯・憂「行ってきまーす!!」

勇次郎「…………現実だよな?」

勇次郎「飯喰うか……」


リビング 

勇次郎「憂の手料理か……………」モニュモニュ

勇次郎「美味いな……」モニュモニュ

勇次郎「ふぅ………次は洗濯でもするか…」


洗面所

勇次郎「これはッッッ、唯か憂のブラジャーか!!」
勇次郎「洗濯って良いもんだな…………」ニタァ~~

勇次郎「ブラとパンツの色や柄などの特徴から考えて……どちらのモノか解るッッッ」

勇次郎「唯よ………憂に胸で負けるとは!!」

勇次郎「だが、それも良いもんだ。」

勇次郎「次はゴミ出しか…………」

勇次郎「………む、これは使用済みの………」

勇次郎「……家事とは素晴らしいモノだな」クスクス

勇次郎「一通り家事も終わった………少し体を動かしに行くかッッッ」 


ゲーセン

DQN1「マジかwww」

DQN2「それでよ~~ww」
DQN3「ん……何みてんだよオッサン、うぜぇな。」

DQN4「今どき拳法着とか……ギャグかよwww」

DQN5「ケガして~~のか?アァ!!」

勇次郎「…………ギリッッ」グニャ~~~~

DQN一同「~~~~?!」


―――

憂「ただいまぁ~~」

勇次郎「おう……」

唯「たっだいま~~!!」
勇次郎「夕飯出来てるぞ」
唯「メニューは?!」

勇次郎「ハンバーグだ…」
唯「やったぁ!!」

憂「お皿用意するね!」

全員「頂きますッッッ」


夕方 

唯・憂「ただいまぁ~~」
勇次郎「おう、飯出来てるぞ」

唯「メニューは?!」

勇次郎「ハンバーグだ…」
憂「やったね、お姉ちゃん!!」

唯「やったぁ!!」

勇次郎「今、用意する」

全員「頂きますッッッ」

唯「おいしい!!お父さんの料理は最強だね!!」

憂「あれ………お父さんだけメニューが違うけど、何ソレ?」

勇次郎「メフンだ……鮭の内臓の塩辛……美味い」

TV『ニュースです、〇〇市のゲームセンターで少年グループが皆殺しにされる事件がありました………』

唯「あそこ知ってるよッッッ」

憂「皆殺しなんて……酷過ぎるよ……」

勇次郎「気にするな、飯が冷めるぞ。」

唯「あっ、そうだ!!」

勇次郎「どうした……?」
唯「今度ね、父兄参観があるんだぁ!!」

勇次郎「~~~~?!」

憂「実はアタシも………」
唯「絶対来てね!お父さん!!」

勇次郎「お、おう………」


寝室

勇次郎(唯達が通う女子校にッッッ!!!)

バキィ!!!

憂「どうしたの?!」ガチャッ!

勇次郎「スマン、ベッドが壊れた………」


参観日当日 

勇次郎「ここが………あの女子校か……」ザッザッ

父兄1「ヒッ…………」ビクッ

父兄2「…………うぉ!」 

教室 

律「うわぁ~~なんか恥ずかしいな。」

紬「確かに新鮮よね♪」

唯「お父さん早く来ないかなぁ~~~」

律「そういえば唯のお父さん見たこと無いな!」

紬「私も気になるわぁ」 
唯「エヘヘ~~最強のお父さんだよ!!」

律「なんだよソレww」


廊下

勇次郎「唯の教室はここか……」ガラッ


唯「あっ!お父さ~~ん!!!」ブンブン

律「オッ!来た………」
紬「   」ブルブル

勇次郎「相変わらずガキッぽいなアイツは………」

勇次郎(周りの2人は友達か……?)

勇次郎(…………エライ静かな教室だな)

廊下
さわ子(さぁ、気合い入れて行かないと!!………って馬鹿に静かね?)

さわ子「じゃあ授業を始め………」ガラッ

さわ子(何………あれ?)ブルッ 

女子(なんか……体が……)ブルブル

男子(震えが………止まらない?)ブルブル

父兄(寒気はしないんたが…………)ブルブル

律(なんだよアレ?!恐すぎだろッッッ)ブルブル

紬「   」ブルブル

さわ子「え~~~じゃ、じゃあ今日はクラシックについて………」ブルブル

さわ子(何なの?!あれ、人?!! イヤ、人ではあるけど本当に人?!)

さわ子(一体誰の父兄よッッッ)

唯「ニヤニヤ」

さわ子(お前かアァッッッ!!!!)

勇次郎(何故他の奴らは震えてるんだ………?)

さわ子「じゃあ、範馬さんこの曲の作曲者わかるかしら?」ブルブル  

ベートーベン『エリーゼのために』 

唯「え~~~と……シューベルト!!」

勇次郎(成る程な……)

さわ子「残念、これはベートーベンよ………」

勇次郎(?!)

唯「エヘヘ~間違えちった」

律(笑いたいけど笑ったら殺されるッッッ)

キーンコーンカーンコーン
さわ子「…!!授業を終わりにしますッッッ、有り難うございました。」

勇次郎「次は憂の教室か………」




即興で書いてるから細かいミスは目をつむってくれ 
憂「緊張するね~~」

梓「憂のお父さんは今日来るの?私のお父さんは忙しいから無理って………」

憂「私のお父さんは来るみたいだね、お姉ちゃんからメール来たし!」 

梓「いいなぁ~~、そういえば憂のお父さん見たこと無いような……」

憂「最強のお父さんだよ!!」

梓「何ソレwww」

勇次郎「憂の授業は体育か………」ズサッ

憂「お父さ~~~ん!!」ブンブン

勇次郎「姉妹そろってやることは同じか………」

梓「う………憂?」ブルブル

憂「なぁに?梓ちゃん」

梓「あの……人がお父さんなの…?」ブルブル

憂「そうだよ!!スッゴク強いんだ!!!」ニヤニヤ
梓「へ、へぇ~~~………」

梓(似てないにも程があるでしょ?!然も恐すぎるッッッ)

担任「今日の授業はサッカーの試合をしてもらいます……」ブルブル

担任「父兄の方で参加されたい方は是非!!」

勇次郎「サッカー………か………」

勇次郎「おい………」

担任「はっ、はいぃぃ!!!」

勇次郎「参加希望だッッッ」ニヤニヤ

担任「え~~~、チームはどちらに………」

勇次郎「味方なんてイラン………俺一人で良い!!」
担任「えっ?!然し……」
勇次郎「二度も同じ事を言わせるな………」グニャ~~~

担任「~~~~~~?!」
担任「解りましたぁ!!では、貴方一人たい生徒代表チームで………」ビクビク
憂「お父さん流石だなぁ~~~」

梓(いやいや、ある意味モンスターペアレント以上だわ…………)

担任「では試合前に練習の時間を取ります……」

女子「憂と梓は代表確定だね」

梓「えっ……………」

憂「頑張ろうッッッ梓ちゃん!!」

勇次郎(試しに蹴ってみるか………)

勇次郎「邪ッッッ!!」ギャド!!!

担任「ボールが爆発した?!」

梓「然も、地面が割れてる………」

憂「お父さんすごいね!」
勇次郎「まぁな、憂よ死ぬ気で来いッッッ」ゾワワワ
憂「………敗けないよ、お父さん」グニャ~~~~


担任「で、では試合を開始したいと思います!」

憂「お父さん……もし私たちが勝ったらご褒美欲しいなぁ~~~」クスクス

勇次郎「……エフッ!エフッ!……アハハハハハッッッ!!この俺相手に勝ったらなぞと……いいだろう」
憂「余裕だね…………お父さん、因みにご褒美の内容は?」ニヤニヤ

勇次郎「唯の脱ぎたてパンツでどうだ?」ニタァ~~
憂「本気で行くよッッッ!!!」グニャ~~~~

梓(あの親子絶対おかしいだろ………)

担任「キックオフ!」

勇次郎「邪ッッ!!」ビュン

憂「……………え?」

梓「………………嘘?」

勇次郎「どうした?ゴールだぜ?」クスクス

この時の様子を中野 梓はこう語る 

梓「キックオフしたと思ったらもう憂のお父さんがゴールに居ました。」
梓「はい、皆が何が起きたか理解出来てませんでしたよ………」

後に判明するが、勇次郎はボールを足に乗せながら片足だけの跳躍でゴールまで瞬間的に移動していた。 
距離にして20メートルを約0.5秒である。

勇次郎「ボール蹴ると割れちまうからなぁ……」ニヤニヤ

勇次郎「なら乗せるしかあるまい………」クスクス

憂(お父さんの本気………やっぱり凄いな………)

梓(試合にならない……)
女子「諦めちゃダメだよ!憂、梓頑張って!!」

勇次郎「だとよ、憂…」ニタァ~~ 

憂「お父さん………お姉ちゃんのパンツは貰うよッッッ」グニャ~~~~

梓「色々とおかしいけど………やってやるです!!」
勇次郎「………い~~い女だ…ほらボールだ…」ニタニタ

憂「梓ちゃん、一気に突っ込むよッッッ」ザッ

梓「わかったよ!!」バッ
勇次郎「ほぅ……俺に速度で挑むか……」

憂「梓ちゃん、パス!!」
梓「憂ッッッ」ダッ

勇次郎「簡単にはやらせねぇッッッ」ゾアッ

憂「グッ!梓ちゃん!!」バッ! 

梓「ナイスパス!!」

勇次郎「また抜き……?!ぬぅ!」

憂「イッけぇぇぇ!!!」

梓「うりあぁぁぁッッッ」シュ!

勇次郎「チェリャアァァァァ!!!」ズンッ!!

憂「~~~~~~!!?」グラグラ

梓「あわわわわッッッ」グラグラ

梓(しまった、シュートの体制が崩れてッッッ)

勇次郎「惜しかったな……娘」クスクス

梓「外してしまった……」
憂「そんな…………」


キーンコーンカーンコーン
担任「えぇと、授業を終わりにしたいと思います!!有り難うございました!」
梓「負けちゃった……」 
勇次郎「俺に勝とうなどまだまだ先だな……」クスクス

憂「地震起こすの反則だよ~~~」

勇次郎「勝負に、闘争にルールなど無い!!!」

唯「お父さ~~~~ん!!」ブンブン

勇次郎「なんだ?」

唯「良かったら部活見に来ない?!」

勇次郎「いいだろぅ………案内しろ……」クスクス

憂「お姉ちゃん、私も見に行っていい?」

唯「いいよ~~~♪」

勇次郎(………けいおん楽部か…) 


2