憂「ぐすん...ぐすん...」

唯「憂!お姉ちゃんだよー」どろん

憂「ぐすん...ぐすん」

唯「ほら!見えないのー!あはは!」どろろん!

憂「ぐすん...」

唯「なんでかな!えい!!」どろろん!!どろろん!!

憂「お姉ちゃん....」

唯「!見えた!?憂ぃ!」

憂「ぐすん...ぐすん」

唯「憂....」


律「え?憂ちゃんには見えない?」

唯「そうなの...なんでかな...」

さわ子「可哀想...一番会いたがってるのは憂ちゃんなはずなのに...」

梓「憂...ちょっと連れてきます!」たたたた

澪「そのなんだ...悲しいな...」

紬「みんなで唯ちゃんがいるって説得しましょう!ね!」


憂「みなさん...」

梓「信じないかもしれないけど...そこに唯先輩がいるんだよ?」

律「ほら!唯!梓の髪の毛を触れ!」

唯「合点承知のすけ!!えい!!えい!!...あれ。触れない」

唯「えぇーと!!じゃあ澪ちゃんの髪の毛を」

澪「ひぃぃぃ」

唯「だめか。じゃあさわちゃんと和ちゃんのダブルメガネ浮遊をお楽しみください!!」

スカ!!スカ!!

和「唯...」

さわ子「....」

唯「触れない...おかしいな」

憂「......」


憂「みなさんには見えてるんですね...」

紬「えぇ。」

憂「私には見えないんですね...」

律「おい唯!本気出せ!!じゃないとあたし達がおかしくなったと思われちゃうだろ!!」

唯「うぅぅー」

和「じゃあ身体に乗り移るとかそういうのすればいいじゃない」

唯「それだ!!じゃあ和ちゃん!」

和「私はパス」梓「私もパスで...」澪「却下却下!!」紬「うぅーんパスで」さわ子「私も嫌よ」

律「お前等根性ないな」

唯「やってくれるの!?律っちゃん!?」

律「仕方ない!さあ来い!唯!!」


唯「うぉぉぉ律っちゃんうおぉぉぉ!!!」

すぃー

律「おいおい...通りぬけちゃだめだろ....」

唯「えい!!」

すぃー

律「そんな....」


梓「私でもいいです!唯先輩!」

すぃー

紬「来て!唯ちゃん!」

すぃー

澪「仕方ないな...ひぃ」

すぃー

和「しょうがないわね」

すぃー

さわ子「さあ!唯ちゃん!私の胸に!!」

すぃー


唯「全員失敗しちゃいました」



憂「.....」

唯「憂...」

憂「お姉ちゃん」わぁさ

さわ子「唯ちゃん!て髪解いただけじゃない...まさか!?
    髪を解き容姿そのまま唯ちゃんになった憂ちゃん。
    血のつながりもあり、憂ちゃんは今唯ちゃんそのもの。
    憂ちゃん!今その身に唯ちゃんを口寄せするのね!!」

唯「解説ありがとうさわちゃん先生!憂!行くよ!!!」

律「今唯は「憂!行くよ!!」って言った!!」

憂「はい!来て!お姉ちゃん!!」

すぃー

唯「あれ?」


律「打つ手無しか」

憂「....」

梓「憂...」

唯「あは、でもみんなに見えてるし大丈夫」

澪「そんなわけないだろう。憂ちゃんが一番唯に会いたがってるんだぞ」

憂「お姉ちゃん何か言ってるんですか?」

澪「あぁ。あぁ...」

唯「うぃ....」

憂「大丈夫です。みなさんに見えてるんなら。
お姉ちゃんは幽霊になって元気にしてるってわかったから...」

紬「憂ちゃん...」

憂「ぐす...よかった...お姉ちゃん...死んじゃったけど元気で...ぐす...」

唯「憂...」

梓「あれ。唯先輩どこいったんですか?」

律「へ、ここにいるだろ...てめっちゃ透けてるし!!」

唯「へ?」

澪「あぁ。凄い透けてる」

さわ子「もしかして、お別れね」

梓「ちょ!私もう見えないんですけど!!唯先輩...」

律「唯消えるな!!消えるなぁぁぁぁ(涙)」

唯「消えてないよ!私はここにいるよ律っちゃん!!」

律「どこだ!!うわぁぁゆぃぃぃぃ!!!」

澪「唯...そんな....ゆいぃぃぃ!!」

唯「澪ちゃん!ここだよぉ!!」

紬「唯ちゃん大丈夫!私はまだ全然見えてるから!」

さわ子「みんな!たくあんがまだ見えてるらしいから唯ちゃんに何か話したい事があるならたくあんに!」

紬「たくあんって!?」

唯「むぎちゃぁん!(泣)」

紬「あぁ!唯ちゃんがジョジョに薄くなってきた!!みなさん!
  唯ちゃんは今ココ!!ココにいるから最後に何か言ってあげて!」


律「唯!お前は面白くて楽しい奴だったよ!死んだけどずっとっそのままでいろよ!」

唯「うん!!」


和「幽霊になってもしっかりするのよ!」

唯「和ちゃん!おっけい!」


澪「唯!もう化けて出るなよ、楽しかったぞ!」

唯「でるかもよぉ~」どろどろ


紬「唯ちゃん、もう薄すぎて見えずらいけど...楽しかったわ、毎日ケーキお供えするからね」

唯「むぎちゃぁん!(ヨダレ)」


さわ子「アディオス唯ちゃん」

唯「アディオスさわちゃん!!」


憂「お姉ちゃん」

唯「うん。憂」

憂「大好きだよ。お姉ちゃん。」

唯「私も大好きだようぃー」

憂「最後に会いたかったけどお姉ちゃんが元気でよかった」

唯「うん...」

憂「お姉ちゃん...うぇぇぇん....」

唯「憂....憂ぃぃ!!」

憂「あぁ...見えた...お姉ちゃん!!」

 ぎゅ

憂「お姉ちゃんあったかい....」ぽろぽろ



~音楽室~

律「あーケーキうま」

澪「食べたら練習だぞー」

梓「そうですよ!」

律「わかってるっえーの!もぐもぐ」

さわ子「うぅーん素晴らしい!生きてるって気がするわ!もぐもぐ」

梓「あはは、ケーキぐらいでそんな」

律「ほら、そんな事言ってー!ほら、あーん」

梓「....ん!」ぱく

梓「ほわわわん」

澪「あはは。梓はかわいいなー」

紬「ふふふ...もぐもぐ...」

  あれから誰にも見えなくなったわね唯ちゃん。
  最後に憂ちゃんと会えてそのまま消えちゃったけど...憂ちゃんとても喜んでたわ   
  みんな相変わらずだけど元気にしてるわ。唯ちゃんも元気にしてるかしら?
  毎日ケーキ食べてる?ふふ。食べてるんでしょうね。
  もしかして成仏しちゃった...?そうだったら....どうか安らかに...

唯「一発芸!ふぐの真似」ぷく~

紬「ぶふー!!!」

唯「あははー!!」



終わり