~ 補足 ~

和「いやあああああああああああ!!!」

必死に抵抗する和ちゃん。でも1対5。私たちの前に全裸を晒すのにそれ程の
時間は要さなかった。

唯「和ちゃんのおっぱい、弾力があって白いねぇ~♪」ツンツン

和「あっ・・あぁあ・・・・」

澪「何泣いてるんだよ。これからたくさん潮吹かせてやるから水分大事にしておきな!」

和「ひっ・・・ひぃっ・・・!」

澪「おい!梓、律!和のやつをしっかり押さえろ!これから特別を捩じり込んでやるからよぉ」

澪ちゃんの支持に従い、和ちゃんの左右を固めるあずにゃんとりっちゃん。和ちゃんは命を乞うように二人に嘆願する。

和「お願い!止めて・・・!誰にも言わないから・・・!」

律「そんな声出すなよ。命とるわけじゃねぇんだから」

梓「そうですよ!ただ天国に昇っちゃうかも、ってくらい感じるかもしれませんけどね」

目の前に突きつけられたのはサイレントスプラッシュ。静かに動くソレはゆっくりと和の
アソコへと近づいていく。

澪「最近買ったヤツなんだ!性能をチェックさせてもらうぞ!」


和「あひぃ!い゛ぃっ!いっ・・・!」

バイブの動きに合わせてのたうちまわる和ちゃん。そして、それを見世物を見るように
楽しむ私達。他人が嫌々感じさせられてるのを見るのも中々いい。

唯「あはっ、和ちゃん元気だねぇ~」

澪「そうだな。さっきまで泣いてたってのに今じゃ悦んでやがるよ!」

梓「それにしてもこのバイブ静かですね。___ 」

あずにゃんが和ちゃんの太腿に釘づけになる。和ちゃんの太腿からは真紅の血が
一筋流れていた。

梓「あれ?和先輩、処女だったんですかぁ?」

わざとらしく驚いて見せるあずにゃん。私達に目くばせをする。

唯「ホントだぁ~、和ちゃんのオマンマンから血が流れてるよぉ~」

律「大人ぶってるくせに処女だったのかよぉ~」

澪「意外と純粋無垢な体だったんだな、和」

和「・・・・・・・。」ビクンビクン


紬「何はともあれ、おめでとう。一足早く大人ね、和ちゃん♪」

唯「おめでとう!和ちゃん!」

律「おめでとう!」

澪「おめでとう!」

梓「おめでとう!です」

どこかのアニメの最終回を彷彿させるおめでとう!の嵐。みんなが見守る中、和ちゃんは
涙と鼻水で顔を汚し、むせび泣く。

和「うっ・・・うぅ・・・ぐすっ・・・」ビクッ・・・ビク!

こうして和ちゃんは私達、軽音部のメンバーによって処女を卒業した。この後、
和ちゃんは放課後オナニージャンキーの性欲処理担当兼マネージャーとなるのはまた後の話。

     ~ 補足 fin ~




これで今度こそおわります。お騒がせしました。