梓「あれ、律先輩だけですか?」

次の日の放課後。私1人の部室に梓がやってきた。

唯とムギには今日は部活は休みだと伝えてある。

澪は今日は学校には来ていない。

律「よっ、梓。なんだよ、そんなに唯に会いたかったのか?」

梓「ち、違います///。そんなんじゃありません」

顔を真っ赤にして否定する梓。

以前は後輩のかわいい仕草にも見えていたが、今はただただ不快だ。

律「アハハ。まあいいや、座れよ。お茶いれるから」

梓「え、律先輩がですか?」

律「他に誰がいるんだよ」

梓「いや、だって今までそんなのした事ないじゃないですか」

律「いいだろたまには。私だってお茶くらいいれられるんだからな」

梓「そ、そうなんですか?えっと、じゃあお願いします」

律「おう」

私は席を立ち、2人分のお茶をいれる。

律「はい、梓」

梓「ありがとうございます」

私も席につき、いれたお茶を飲む。

梓「あ、おいしいです」

律「当たり前だろ。私がいれたお茶なんだから」

梓「ムギ先輩のお茶がいいからですね」

律「おい」


梓「それにしても、ホントにみなさん遅いですね」

律「なあ、梓」

梓「なんですか?」

律「お前、唯のこと好きか?」

梓「な、なんですかいきなり///」

律「いいから。答えろって」

梓「うー・・・。す、好きですよ///」

律「どのくらい?」

梓「え?」

律「どのくらい好きなんだよ」

梓「どのくらいって・・・。どうしたんですか律先輩?」

さっきまでと違う私の様子に、梓は困惑しているようだ。

少し怯えているようにも見える。

律「どうなんだよ」

梓「・・・大好きです。多分、世界で一番」

律「ふーん。じゃあさ、お前達これからどうするの?」

梓「ど、どうするってなんですか?」

律「お前達さ、女同士じゃん。ここは女子校だから周りも寛容かもしれないけど、世間はそうじゃないよ。

  お前達、ずっと一緒にいられると思ってるの?」

梓「っ!」

律「梓、唯とは別れるべきだよ。それがお互いのためだと思うけど」

少しの沈黙。そして


梓「・・・別れません」

梓「絶対に別れません!」

梓が声を張り上げて答える。

さっきまでの私に怯えていた梓はもういなかった。

梓「確かに私たちは女の子同士です。周りから見ればおかしく見えるのかもしれない。

  でも、それでも私は唯先輩が大好きなんです!愛してるんです!

  周りになんて思われたってかまいません!私は、ずっと唯先輩と一緒にいたいんです!」

律「そっか・・・。別れるつもりないんだ・・・。」

またしても部室に静寂が訪れる。無言の時間が流れる。


律「プッ」

梓「え?」

律「アハハハハ。引っかかった引っかかった」

梓「え?え??」

律「いやー。梓ってばそんなに唯のことが大好きなのかー。

愛してるなんて言っちゃって、聞いてるこっちが恥ずかしくなるよ」

梓「なっ!」

みるみるうちに梓の顔が真っ赤になっていく。

梓「騙したんですか!?」

律「ごめんごめん。梓がどんだけ唯のことが好きなのか知りたくってさー」

梓「うー///。冗談にしてもひどいですよ律先輩。さっきの律先輩、ちょっと怖かったです」

律「だからごめんって。それじゃ、帰ろうぜ」

梓「帰るって、部活はどうするんですか」

律「あれ、言ってなかったっけ?今日は部活ないよ」

梓「えー!聞いてないですよ」

律「そうだっけか。まあいいじゃん」

梓「良くないです!」

私達2人は帰り支度を整え、一緒に部室のドアまで向かう。

梓「そういえば、じゃあなんで律先輩は部室にいたんですか?」

部室のドアを開け、階段の直前まで進む。

律「ああ、梓を待ってたんだよ」

梓「え?」



そして私は

梓を

強く

階下に向かって

押した



私に押された梓は、態勢を崩して倒れ、階段に頭を強打し、ゴロゴロと踊り場まで転がっていった。

倒れている梓はピクリとも動かない。

私は梓をその場に残し、逃げるようにその場を後にした。

放課後の学校の廊下は、幸いなことに人の姿はなく、誰も梓の落ちていく音に気づいた人はいないみたいだ。

昇降口まで誰にも会わずに来た私だったが、そこで最悪な人物に出会ってしまった。

唯「あ、りっちゃん」

律「ゆ、唯!」

私の頭はパニック寸前だった。

よりにもよって唯に会ってしまうなんて。

唯「もう用事は済んだの?」

律「あ、ああ。ゆ、唯はなにやってるんだ?」

唯「えへへ~。あずにゃんと一緒に帰ろうと思って昇降口で待ってたんだー。

  でもまだ来ないんだよね~。とっくに終わってるはずなのに。

  りっちゃんあずにゃんのこと見なかった?」

律「い、いや、見てないな。もう帰ったんじゃないのか?」

唯「ううん、靴はあるからまだいるはずなんだー。

  さっきメールもして見たんだけど返事が来ないんだよね~」

決して来ることのない人を待っている唯。

そんな唯を見て、私は心がえぐられるようだった。

律「唯はまだ待つのか?」

唯「うん。もうちょっと待ってみるよ」

律「そっか・・・。邪魔するのは悪いし、私は先に帰るよ」

唯「うん、また明日ね。りっちゃん」




家に帰った私は、急いで洗面所に駆け込み、嘔吐した。

かなり気持ちが悪い。梓が頭から血を流して倒れている姿が脳裏から離れない。

学校では軽い興奮状態にあったのと、逃げる事に必死だったのでなにも考えられなかったが、

落ち着いてくると罪悪感と後悔で押しつぶされそうになる。

私は人を殺してしまった。軽音部の仲間を。私の大好きな人の大好きな人を。

きっとそろそろ大騒ぎになっているはずだ。

私は捕まるのだろうか。

いや、梓といるところは誰にも見られていないし大丈夫なはず。

階段を踏み外した事故だと思われるはずだ。


私はフラフラになりながらもなんとか部屋に戻った。

自分のベッドに潜り、震える体をおさえる。

どのくらいの時間が経っただろうか。

私の携帯の着信音が鳴り響いた。

ムギからの電話だ。私は少しためらったが、意を決して通話ボタンをおす。

律「・・・もしもし」

紬『り、りっちゃん・・・ぅぅ』

電話の向こうのムギは泣いていた。

嗚咽まじりで話すムギの声は、とても聞き取りづらいもので、

でもだからこそ、私にはムギの電話の内容がすぐに分かった。

紬『梓ちゃんが・・・。梓ちゃんが・・・』



数日後、私とムギは梓の葬儀に出席した。

人間っていうのは本当にすごい生き物だ。

あれほどの事をしておいて、あんなに吐き気をもよおすほどの気分だったのに、

その数日後にはここまで落ち着いてきているのだから。

あれから聞いた話によると、私の思惑通り警察は梓の事を事故だと断定したらしい。

日本の警察が無能だというのは本当のようだ。

まあ今回はその無能さに救われたのだが。



3