梓「わ、私先に行ってますから!」


ガチャッ!

梓「憂!どうしたの!?」

憂「あ、梓ちゃ~ん!!ど、泥棒!泥棒だよぉ~!」


ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせ!かーえせぇ!かえせぇ…」


梓「…何で憂の部屋に行くのよ、この馬鹿おばけ!!」


ゴン…ゴンゴンゴンゴン!

「おおお俺の腕ええええええええ!!」


憂「きゃあっ!!」

梓「うるさいっ!!腕が欲しいなら隣の部屋に回りなさい!」


ゴンゴン…

「…か、かえせええええ!」


梓「人の話を聞きなさいってばあ!」


梓「ああもう…めんどくさいなあ…」

憂「あ、梓ちゃん!?何なの!?あ、あの人は何!?け、警察…」

梓「憂、大丈夫だから。あれただの馬鹿だから、もう怖がらなくていいよ」

憂「で、でも…」


ゴン!ゴン!ゴン!

「腕えええええええええええ!かえせええええええええええええええ!」


梓「憂、先輩達呼んできて。あと必要なもの全部持ってくるように言って」

憂「う、うん…わかったよ…」

梓「いい加減頭にきた…この馬鹿騒ぎは今夜で終わりにする!」


憂「お、お姉ちゃん!みなさん!」

唯「痛い痛い痛い!りっちゃんギブギブ!」

紬「あっ…あんっ…んんっ…!」

律「ぐへへ…いつまでも黙らないからだっ!」

憂「あ、あの…」

律「ん?ああ憂ちゃん。どした?」

憂「あ、梓ちゃんが、みなさん私の部屋に来るようにって…」

律「憂ちゃんの部屋に?」

憂「それと、必要な物を持ってくるようにって…」

律「…まさか」

唯「憂の部屋におばけが出たの!?」

憂「ええっ!?あ、あれおばけなの!?」

律「やっぱりか…よおし、行くぞ野郎共!」

唯「おおっ!」

紬「お…おお…っ!」


唯「あずにゃん!大丈夫!?」

梓「遅いですよ…まったく、結局真面目にやってるのは私だけじゃないですか」

律「わ、悪い悪い…それでおばけは!?」


ゴン…ゴン…ゴン…

「ううううでえええええおおおおおおおかあああああええええええせえええええええ」


律「これがおばけの声か…!」

唯「やっぱり男の人みたいだね」

梓「さっきからごちゃごちゃ言いっぱなしですよ」

紬「梓ちゃん…もしかして怒ってる?」

梓「はい。なんかもう、このおばけに対しては怒りしか感じないです」

紬「そ、そうなの…」


憂「澪さん、みなさん私の部屋に行きましたけど…」

澪「私は憂ちゃんも好きだ!」

憂「ええ~っ!?」


梓「さあ、さっさと始めましょう。唯先輩、電気つけてくれますか?」

唯「えっ?で、でも明るいと駄目なんじゃないの?」

梓「大丈夫ですよ。このおばけ馬鹿だから、明るくても多分関係ないですよ」

律「梓が荒れてる…」

梓「あと簡易結界も張っちゃいましょう。多分なくても平気だと思いますけどね」


「俺の腕をかえせえええええええ!!」


梓「うるさい!少しぐらい待ってなさい!」

唯「おお…本気のあずにゃんだ…」


憂「だ、駄目です!だって、だって私には…お姉ちゃんが…」

澪「私は梓も好きだ!純ちゃんは好きではない!」


律「よーし、準備は整った!それじゃあ…始めるぞ?」

唯「うん!」

紬「いよいよだね…」

梓「はい。早く済ませちゃいましょう」

律「…よし!」

シャッ!


「俺の腕ええええええうおっ!?」


律「ひっ!?」

唯「おおっ!」

紬「!」

梓「うおって言った…おばけなのに」


「…」


律「な、何かびっくりした顔で固まってるぞ…」

唯「おばけってこんな顔なんだね…変なの」

梓「律先輩、戸惑ったり弱気を見せちゃ駄目です!畳み掛けないと」

律「あ、そうだったそうだった…ええと、わ、我らは桜高軽音部の者である!」


「!!」びくっ


律「お、お前は何者であるか!名を名乗るがよい!」

紬「お…」


「俺の腕をかえせえええええええええ!」


律「我らは桜高軽音部である!お前は何者であるか!名を名乗るがよい!」


「腕をかえせえええええええええ!腕えええええええええええええええ!」


律「お、おい!名前名乗んないぞこいつ!?オカ研の言うとおりに聞いてるのに…」

梓「…律先輩、ちょっと交代してください。むぎ先輩、職員室ボックス、貸してくれますか?」

紬「えっ?うん…はい、これ」

梓「ありがとうございます。さて、と」


「俺のおおおおおおお腕おおおおおおおおおお」


梓「うるさい!あんたの腕はこの中だよ!」


「おおお!!か、かえせ!かえせえ!かえせええええ!!」

ガン!ガン!ガン!ガン!


律「うわっ!?ま、窓をガンガン叩き始めたぞ!?」

紬「大丈夫かしら…窓が壊されちゃったら大変だわ…」

唯「あ、だいじょぶだよ?うちの窓は防犯用だから。かなづちで思いっきり叩いても割れなかったんだよ!」

律「…唯、叩いたのか?かなづちで」

梓「腕を返して欲しいなら、私たちの言うことを聞いて、質問にも答えなさい!でないとこの腕捨てちゃうから!」


「おおおおおおお!かえせえええええええ!かえせええええええええ!」

ガンガンガン!ガンガンガン!


梓「うるさいっ!黙れって言ってるでしょ!馬鹿おばけ!」


梓「らちが開かない…唯先輩、マッチかライターありますか?」

唯「ちょっと待ってて、持ってくる」

律「どうするんだ梓?」

梓「こうなったら実力行使です。律先輩、カギ開けておいて下さい」

律「お、おう…」

紬「梓ちゃん、何だかすごく頼もしいわ~♪」

唯「あずにゃん、チャッカマンしかなかったんだけど…」

梓「あ、それで大丈夫です。ありがとうございます。さて、と…」


「腕腕腕えええええ!俺の腕えええええええ!」


梓「わかってる…今見せてあげるから。律先輩、腕、貸してください」

律「お、おう…ほれ」


「!!ううう腕だああああああああ!!俺の腕だああああああああああああ!!」

ガンガンガンガン!ガン!ガン!


梓「そう、あんたの腕だよ。返して欲しい?」


「おおおおおおおお!!かえせえええええ!かえせええええええ!」


梓「なら、私たちの話を聞いて、質問にも答えなさい。さもないと…」

シュボッ

チリチリチリ…

唯「おお、焼肉だね!」


「!?やめろおおおおおおおお!俺の腕ええええええええ!や、焼くなあああああああ!」


梓「もう一度だけ言ってあげる。腕を黒焦げにされたくないのなら…私たちの話を聞きなさい!」


「お…おお…おお………」


紬「すごい…おばけさんが大人しくなったわ…!」

唯「あずにゃんすご~い!」

律「…しかしなんつーか…ドS?」

梓「必要に迫られたからですよ。さあ、律先輩、交代です」

律「えと…我らは桜高軽音部の者である!お前は何者であるか!名を名乗るがよい!」


「…ぶお」


唯「ぶお?」


「…ぶおんけい」


紬「ぶおんけい…?それがあなたの名前なんですか?」

ぶおんけい「俺の名は…ぶおんけい」

律「ならばぶおんけいよ!お前は何処より来た者であるか!」

ぶおんけい「お、俺は東北地方から来た…」


梓「アバウトな出身地だな…」

唯「そのわりには訛りがないね」

ぶおんけい「隠してる…」

梓「…隠してるんだ」


律「ならばぶおんけいよ!お前は何故いやらしくも我らの尻を触ったのか!」

ぶおんけい「お…俺は…俺は…」

唯「答えにくいのかなあ?」

梓「答えないと腕を消し炭に…」

シュボッ

ぶおんけい「やめろおおお!話す!話すから腕おおおおおおおおおおお!」

梓「話すそうですよ、先輩」

律「お、おう…(やっぱドS!?)」

ぶおんけい「俺は…俺は…元は神だった…」

唯「神?神様だったの?」

ぶおんけい「そうだ…俺は…軽音楽を司る…神だった」

律「軽音楽の神様って初耳だぞ」

梓「まあ八百万というくらいですしね…」

紬「記紀神話には出てきそうにないね…」

唯「でも、どうして神様が女の子のお尻を触るようになっちゃったの?」

ぶおんけい「あれは…長く時を遡ること…14年前…」

律「またえらく最近の話だなあ」

ぶおんけい「俺はその日…八百万の神々の前で…魔法のギターを爪弾いていた…」

紬「八百万の神々!?すごいわ!本当にいるのね!」

梓「魔法のギターって…何だかもう目茶苦茶です…」

ぶおんけい「俺は…魔法のギターの翼で…宙を舞いながら…一心不乱に演奏していた…」

唯「魔法のギターの翼!?すごいすごい!ギー太にも生えるかなあ!?」

梓「絶対生えないです」

ぶおんけい「そうしているうちに…ちらりと…下界に目を…やった…そこで…見た…」

律「何を見たんだ…?」

ぶおんけい「……女子高生…」

律「…はあ?」

ぶおんけい「…ムラムラ…した…」

紬「…」

ぶおんけい「触りたく…なった…」

梓「やっぱりこの腕焼いちゃいましょう」

ぶおんけい「やああああああめええええええええろおおおおおおおおおおお」



9