律「おい、澪!澪!起きろ!」

澪「あう…あう…」

唯「澪ちゃん!澪ちゃんちにおばけが行ったの!?」

澪「…やああああ!!おばけやあああああああああああああ!!」

律「いかん、幼児退行しとる…これじゃ話もできないぞ…」

和「しょうがないわね…律、ちょっとどいてくれる?」

律「和?どうするんだ?」

和「ふんっ!」

ボグォ!

澪「ぐぼっ!!」

ぴく…ぴく…

紬「の、和ちゃん…!?」

和「大丈夫。急所は外したわ。少し気を失っていてもらうだけよ」

唯「いやいやいやいや…」

律「な、何で殴った!?」

和「だから気を失わせるためよ。今説明したところじゃない」

律「い、いやそうじゃなくて!何で気絶させるんだよ!?」

和「昨日何があったか…聞きたいんでしょう?少し静かにしていてね」

唯「和ちゃん…な、何するの?」

和「…」ぼそぼそ…

律「耳打ち…?」

澪「」びくん!

唯「み、澪ちゃんがびくってしたよ!?」

和「…」ぼそぼそ…ぼそ…

澪「」びくん!びくん!

和「…」ぼそっ

澪「あうっ!」びくん!


和「…さあ、これで大丈夫よ。早く質問して、あまり長時間はもたないから」

唯「これってもしかして…」

紬「催眠術!?」

和「催眠術ではないわ。近いものではあるけど」

律「お前何でこんなことができるんだよ!?」

和「…これも生徒会の務めだから」

律「どんな務めだ!?」

和「いいから早く。もうすぐホームルームも始まるし」

律「ああ、もう!とりあえずそっちは後回しだ!澪!」

澪「…」

律「…えーと、何て聞けばいいんだ?」

唯「澪ちゃん、昨日の夜はどうだったの!?」

澪「…作詞が…はかどらなかった…」

和「…もっと具体的に聞いたほうがいいわね」

紬「え、えっと…澪ちゃん、昨日、澪ちゃんの家におばけは来ましたか?」

澪「……来た…」

紬「!!」

律「やっぱりか…!」

律「お、おばけは何か言っていたか!?何で澪の家に行ったかの理由とか…」

澪「……わからない…私はすぐ…気絶した…」

紬「……そっか…」

律「まあ…そりゃそうだわな、澪だもん。じゃあ、他に何かないか!?何か気になったこととか…」

澪「……また少し太った…」

和「…質問は具体的にね」

律「うーん、じゃあもういいか。特にこれ以上聞くこともないし」

和「あら、もういいの?せっかく生徒会秘伝の一を披露してあげたのに」

律「むしろそっちのほうが気になるわい…」


律「ま、とりあえず澪のところにおばけが行ったのは間違いないみたいだな」

紬「でも、どうして澪ちゃんの家に行ったのかしら?腕は部室にあるって知っているはずなのに…」

唯「学校が怖いとか?」

律「…あるかもな、それ」

紬「そういえば和ちゃんが腕を引き千切ってから、おばけが学校に出たという話を聞かないよね?それって」

律「ああ、学校に行くとまた腕をむしられる…そう思って近付かないのかもな」

唯「和ちゃん、おばけにトラウマをあたえたんだね…」

和「私のせいじゃないわよ。千切れやすい腕をしているのが悪いんだわ」




梓「はあ、澪先輩の家に…」

律「ああ。何でかはわかんないけどな」

紬「とりあえず言えることは、待機場所は部室でなくみんなの家にするべき、ということね」

唯「私たちの家?」

紬「ええ。あのおばけは部室に来ないものと仮定すると、今夜行くのはおそらく…」

梓「なるほど、軽音部の誰かの家ですよね」

紬「うん。梓ちゃんと澪ちゃんの家にはもう行っているから、次に行くのは私か唯ちゃんかりっちゃんの家ね」

唯「わーい!おばけが来るよー!」

梓「…うれしいんだ」

紬「ただ、そのうち誰の家に行くかまでは…ちょっとわからないわ。梓ちゃんの家に行ったことも想定外だったし」

梓「やっぱり馬鹿なんですよ、あのおばけ」


律「というわけで今夜は私かむぎか唯の家に集まることにするぞ!」

紬「それぞれがそれぞれの家で待機して、来た家の人が対処できれば今夜中に片がつくのだけれど…」

律「さすがに一人でおばけの相手をするのは酷だもんなあ。腕は一本しかないし」

紬「うん。だから今日、明日、明後日と、みんなでお家に集まるの。これならおばけがどの家に行っても明後日の夜までには遭遇できるはずよ」

梓「なるほど、確かにその通りですね」

唯「じゃあ今日は誰の家でお泊りやる~?うちでもいいよ!」

律「じゃあ…唯んちでいいか?」

紬「私は構わないわ~♪」

梓「私も大丈夫です」

唯「わーい!お泊り会!楽しみだよー!」

梓「本当に緊張感がないなあ…」


律「んじゃま、段取りは昨日と同じで…集合時間はどうする?昨日と同じでいいか?」

唯「え~?そんなのつまんないよ~!みんなでうちでご飯食べたい~!」

梓「もはや目的が摩り替わっている…」

律「へいへい、じゃあ6時半に唯んちに集合ってことでいいか。わかったか、澪ー?」

澪「ああ、了解した」

梓「澪先輩!?澪先輩も来るんですか!?」

澪「ああ。勿論私も同行させてもらうよ」

梓「でも…大丈夫なんですか?」

澪「ああ、心配はいらない。私はもう、昨日までの私ではないのだからな!」

梓「どうしたんですか澪先輩…まるで別人…」

律「和の催眠術の副作用だ」

梓「どんな副作用!?」




夕刻

ピンポーン

梓「こんにちはー」

憂「みなさんいらっしゃ~い」

律「ごめんな憂ちゃん、急に押しかけちゃって…」

憂「いえ、気にしないで下さい。お姉ちゃんったら帰ってくるなりずっとウキウキしてて…」

梓「夜中におばけと戦うかもしれないのになあ…」

憂「おばけ?」

梓「…もしかして聞いてないの?」

憂「うん。怖いビデオの鑑賞会でもするの?」

梓「いや、まあその…どうしましょう?」

律「とりあえず秘密にしとこうぜ。驚かせても悪いしさ」

憂「?」


唯「ごちそうさまでした~!」

律「あー、食った食ったー!」

紬「ごちそうさま。すごく美味しかったわ~♪」

憂「えへへ、お粗末さまでした」

澪「うむ。君はきっと良い母親になるであろう!」

憂「はあ…あ、ありがとうございます…」

梓「あ、片付け手伝うね」

憂「ありがと~梓ちゃん!」

律「さて、と…腹も膨れたことだし」

紬「…そうね」

唯「ウノやろ!ウノ!」

律「…遊ぶ前に準備だろーが!今夜来るかも知れないんだぞ!?」

紬「うの?どういうゲームなの!?」

律「ああ、むぎのお興味さんが出た…」


律「さて、風呂に入って身も清めた。オカ研に教わった簡易結界も張った!後は…」

唯「みんなで一緒に寝る!」

紬「!!」

梓「…ベタすぎて突っ込む気すら起きないです」

唯「でもそう言ってちゃんと突っ込んでくれてるあずにゃんが大好き~!」

律「はいはいわかったから。さてもう11時半だ、そろそろ本番だぞ!」

梓「ここに来れば、の話ですけどね」

唯「来るよ!きっと来る!」

梓「何故自信満々…?」

律「うっし、じゃあ電気消すぞ」

唯「え?やっぱ寝るの?」

律「暗いほうがおばけも出やすいだろ?澪、頼むわ」

澪「それがこの私に頼む態度かね?」

梓「めんどくさい副作用だなあ…」


パチッ

唯「なんか眠くなってきたよ…」

紬「暗くしちゃうとどうしてもね」

律「寝るなよ!寝たら死ぬぞ!」

梓「雪山ですか」

唯「あずにゃ~ん、好きな子いるの~?」

梓「こっちは修学旅行ですか!?」

澪「私は律が好きだ!」

唯「なんと!?」

紬「あらあらあらあら~♪」

律「みみみ澪!?お、お前何を…ふ、副作用だ!副作用だよな!?な!?」

梓「何だこの展開…」




憂「うん…私もそろそろ寝ようかな」

憂「みんなお姉ちゃんの部屋で寝てるんだよね…」

憂「…なんだか寂しいなあ。私も…でも、さすがに狭すぎるよね…」

憂「…梓ちゃんだけこっちに来てくれたりしないかなあ」

憂「そういえば怖いビデオの鑑賞会…誘われなかったなあ」

憂「仲間はずれ…じゃないよね?」

憂「ううん、だ、大丈夫!寝よう!もう寝ちゃおう!」

パチン

憂「……お姉ちゃん…」




バサッ、バサッ、バサッ


憂「?何だろうこの音…鳥かなあ?」


バサッ!バサッ!バサッ!


憂「大きな羽音…何か怖いかも…」


スタッ、ざりっ、ざりっ、ざりっ…


憂「!?な、何!?足音!?」


ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせぇ~…かえせぇ~…」


憂「ひっ!?な、何!?」


ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせぇ~…かあああえええせええええ~…」


憂「き…きゃああああああああっ!?」




澪「私は律が好きだ!私は律が好きだ!」

律「だ、黙れ澪!お口チャック!チャーック!!」

唯「いやいや~まさか澪ちゃんの本心がこんなところでねえ」

紬「ね~♪」

律「うるせー!お、お前らも黙れよぉ!」

梓「あの、みなさん?そろそろおばけが来る時間…」


憂「き…きゃああああああああっ!?」


梓「!!今の…憂の悲鳴!?まさか!せ、先輩方!!

唯「あついあついよぉー!」

紬「あついの~♪」

澪「私はグラタンが好きだ!」

梓「聞いちゃいないし…」


8