その夜

和「100円ショップの眼鏡拭きは信用できないわ…お休みなさい」

パチン

和「…」




バサッ、バサッ、バサッ


和「……まさか」


バサッ!バサッ!バサッ!


和「また来たのかしら…?」


スタッ、ざりっ、ざりっ、ざりっ…


和「…」


ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせぇ~…かえせぇ~…」

ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせぇ~…かあああえええせええええ~…」


和「やっぱり…ああもう、鬱陶しいなあ…」


ゴン、ゴン、ゴン…

「か~え~せ~…かああああええええせええええええ~…」


和「何なんですか!?私は持っていないって昨日も言いましたよね!?」


ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせぇ…かえせぇ…かえせぇ…」


和「この私を無視するなんて…いい度胸しているじゃない…」


ゴン、ゴン、ゴン…

「か~え~せぇ~…か~え~せぇ~…」


シャッ!

ガラガラッ!

和「うるさい!腕が欲しけりゃ軽音部に行きなさい!」


「!?お、俺の腕」


ピシャンッ!


「腕をぉ…」


和「何なのよもう…!明日日直なのよ!?」




和「…というわけで最悪だったわ」

唯「そ、それでどうなったの!?」

和「イヤホンして寝ちゃったわ。まったく、おかげでまだ頭がぼんやりしているわ…」

律「…この際、全部和にやってもらうってのはどうだろう?」

和「あら、駄目よ。軽音部に行きなさいって昨日言っちゃったもの。多分今夜は来ないわ」

唯「じゃあ今夜は私たちの家に来るのか…とりあえず結果オーライ、なのかな?」

紬「ねえ和ちゃん、窓を…開けたのよね?」

和「ええ。やっぱり直接言わないと駄目だと思ったから」

紬「おばけはどんな姿だったの?」

和「姿?ううん…ごめんなさい、眼鏡を外していたからはっきりと見えなかったの。でも…」

唯「でも?」

和「…背広だった気がするわ」

紬「現代的なおばけなのね…」


律「まあ何にせよ、勝負は今夜からだ!みんな気合入れていくぜー!」

唯「おー!」

紬「おおー!」

澪「はぁ…な、何がおーなんだ?」

唯「あ、澪ちゃん!大丈夫なの?」

澪「うん…何とか元に戻りつつあるみたいだ…」

紬「よかった~♪」

澪「で、何がおーなんだ?」

律「今夜、誰かの家に例のおばけが来るから、気合入れてたんだよ」

澪「…その誰かって…私も入ってるのか?」

唯「もちろんだよ!」

澪「…はひん」

すとん


和「少しはオブラートに包んであげてもよかったんじゃないかしら…」

律「何かもうその辺のもろもろがめんどくさくなっちっち…」




梓「お疲れ様です!どうでした!?どなたかの家におばけは行きましたか!?」

律「あー、和んちに行ったみたいだ」

梓「…考えてみればそれが一番自然ですかね。で、和先輩はどうしたんです?」

紬「窓を開けて『腕が欲しければ軽音部に行きなさい!』って怒鳴りつけたそうよ」

梓「私、和先輩のほうが怖くなってきました…ん?ということは…」

唯「今夜こそ私たちの家におばけが来るんだよ!」

梓「そういうことですよね…でも誰の家に行くんでしょう?」

紬「やっぱり触ったことのある人の家じゃないかしら~♪」

律「なぬっ!?」

梓「まあ、より接点のある人の家に行くのが順当なところですよね」

律「じゃあ私か唯か…澪の家のうちどれかか…」

唯「下手すると今日が澪ちゃんの命日になっちゃうかもね!」

梓「それ冗談に聞こえないです」




その夜

梓「はあ…嫌だな…、純の家にでも泊めてもらえばよかったかなあ…でも、むぎ先輩が言ってたもんね、触られた人の家に行くだろうって。だから私は大丈夫!うん、だ、大丈夫…お休みなさいっ!」

パチッ

梓「…何か寝付けないなあ」




バサッ、バサッ、バサッ


梓「ひっ!?ち、違うよね!?鳥だよね!?う、うちには来ないんだもんね!?」


バサッ!バサッ!バサッ!


梓「これは鳥!た、ただの鳥!おばけじゃない、おばけじゃないっ!」


スタッ、ざりっ、ざりっ、ざりっ…


梓「鳥が歩いてるだけ、鳥が歩いてるだけだもん!」


ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせぇ~…かえせぇ~…」

ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせぇ~…かあああえええせええええ~…」


梓「と、鳥だもん!迷子の九官鳥だもん!」


ゴン、ゴン、ゴン…

「か~え~せ~…かああああええええせええええええ~…」


梓「ととと鳥、鳥、鳥っ!お、オウム!」


ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせぇ…かえせぇ…かえせぇ…」


梓「う、うるさいっ!鳥のくせに!帰ってよぉ!」


ゴン…

「………」


梓「あ、あれ…?声がしなくなった?帰ったのかな…?」


ゴォン!!

「鳥じゃないいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!」


梓「うあああああああああああっ!?ご、ごめんなさいっ!!」


「えっ?…わ、わかればいいいいいいいいっ!!」


梓「え…?」


ご、ゴン…ゴン…ゴン…

「かえせぇ…俺の腕…かえせぇ…」


梓「(あ、えっと…何て言うんだっけ…あ、そうだ)」

梓「こ、ここにはありません!私は持っていないんです!」


ゴン…ゴン…ゴン…

「かえせぇ…かえせぇぇ…かえしてぇ…」


梓「だ、だから私は持っていないです!ぶ、部室!軽音部の部室に置いてあります!」


「………」


梓「………?」


「………か、かえせえええええええええ!!」

ゴンゴンゴン!


梓「だーからぁー!!」




梓「……というわけで散々でした…」

唯「あずにゃん目の下にクマできてるよ」

梓「全然熟睡できなかったです…」

律「で、結局一晩中『返せ返せ~』か?」

梓「はい…無理して眠っても、ふと目が覚めると窓の外で『返せー、ゴンゴン』って言ってるんです」

紬「ずいぶん強情なおばけさんなのね~」

梓「単に馬鹿なんじゃないかと思いますよ、あのおばけ」


唯「でもあずにゃん、ちゃんと腕は軽音部にありますよーって言ったんだよね?」

梓「はい、それはちゃんと言いました。言ったのに、おばけは帰ってくれませんでしたけど」

律「んま、それならとりあえず目標クリアだな。今晩あたり、部室に来るぞきっと」

紬「いよいよ決戦ね~♪」

唯「じゃあ今夜は部室にお泊りだね!楽しみ~♪憂にお夜食作ってもらおっと」

梓「緊張感がないなあ…」

律「んじゃ、細かい打ち合わせは部活の時にだな!梓、もう教室戻っていいぞ。ご苦労!」

梓「あ、はい。じゃあまた後で。…み、澪先輩、おはようございます。大丈夫ですか?」

澪「だいじょびー」

梓「……そうですか…」


律「えー、それじゃあ確認するぞー」

唯「ほいほい」

律「和と梓の証言から、おばけが来るのは夜のだいたい12時前後だ。そうだな?」

梓「はい。昨日は日付が変わる前にはお布団に入りましたから」

律「ということで、とりあえず集合は夜の11時ってことにする。大丈夫だんだよな、さわちゃん?」

さわ子「ええ。許可は取ってあるわ。面倒だけど私も同席するわね」

梓「最初のころは面白がってたじゃないですか」

さわ子「最近夜更かしがつらいのよ…」

唯「更年期だもんねえ」

さわ子「…もういっぺん言ってごらんなさい」

律「で、おばけが来たらオカ研の教えてくれた方法で対処する!むぎ!」

紬「うん!用意は全て整っているわ♪」

律「よーし!それではこの流れでいくぞ!何か質問は?」

梓「澪先輩はどうするんです?」

律「澪は自宅待機だ。はっきり言ってこの戦いにはついていけそうもない」

澪「おばけいやーおばけー」

梓「…ですよね」

律「うーし!それじゃやるぜ野郎共!いたいけな乙女をおびやかす魔性の者を!私たちの手でやっつけるんだ!」

唯紬梓さわ子「おーっ!」

澪「おひゅー」




その夜

澪「はあ…今ごろみんなはおばけと…うああああああ!!怖いよおおおお!!」

澪「で、電話してみようかな…駄目っ!こ、怖い!怖いもん!」

澪「あうう…も、もういいや…寝ちゃおう寝ちゃおう寝ちゃおう…」

パチッ

澪「おばけのいない国に行きたい…」

澪「……お休み、みんな…」




バサッ、バサッ、バサッ


澪「くあっ!?」

すとん


バサッ!バサッ!バサッ!


澪「」


スタッ、ざりっ、ざりっ、ざりっ…


澪「」


ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせぇ~…かえせぇ~…」

ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせぇ~…かあああえええせええええ~…」


澪「」


ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせかえせかえせぇ…」


澪「」


ゴン、ゴン、ゴン…

「かえせぇ…かえせぇ…かえせぇ…」


澪「」


ゴン、ゴン、ゴン…

「か~え~せぇ~…か~え~せぇ~…」


澪「」


ゴン…

「俺の腕俺の腕俺の腕えええええええええええええええ!!かえせええええええええええええええええええええ!!」


澪「」


「………」

コンコン

「いますかー?」


澪「」


「………かえせー」




一方

唯「来ないねー、おばけ」

律「本当に部室にあるって言ったのか?」

梓「言いましたよ!絶対言いました!」

さわ子「むぎちゃん、お茶のお代わりお願~い」

紬「は~い~♪」




唯「というわけでおばけは全然来なかったんだよ~」

和「そうなんだ」

紬「梓ちゃん、部室にあるってちゃんと言ったのにね…」

唯「迷子になったのかな?」

律「…梓が言うとおり単に馬鹿なのかもしれないぞ、そのおばけ」

紬「ううん…迷子ということはないと思うけど…じゃあ昨日はどこに行ったのかしら?」

和「ちなみに私の家には来ていないわよ?」

唯「澪ちゃんちに行ったとか~」

澪「ぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!」

律「…唯、それ当たりかも」


7