紬「和ちゃんも座って?今お茶を淹れるから」

和「そんな、邪魔しちゃ悪いわ」

紬「いいのよ。それに、生徒会長の耳にも入れておいたほうがいい話をしているからら…」

和「…澪が失神していることに関係があるのね?

律「まあな」

唯「一大事なんだよっ!和ちゃん!」

和「その割には緊張感がないわね…」

梓「そ、そんなことないです!」

和「ご、ごめんね、梓ちゃん」

紬「はい、どうぞ~♪」

和「ありがとう。それで?」

紬「うん…実はね…」


紬「…というわけなの」

和「…なるほどね。道理で澪が失神するはずだわ」

梓「し、信じてくれるんですか?こんなとんでもない話なのに…」

和「え?それは信じるわよ、当然でしょう?」

唯「和ちゃん…なんていい子…」

律「それで、その犯人を捕まえるためにこれから梓が生贄になるところなんだよ」

梓「い、生贄とか言わないで下さいよぉ!!怖いんですから…」

和「…わかったわ。私が囮になるわ」

律「へっ!?」

唯「の、和ちゃん!?いいの!?」

和「ええ。どうやら梓ちゃんも本気で怖がっているみたいだし」

梓「で、でも和先輩は全然関係ないのに…」

和「関係なくはないわよ。学校のことだもの。だから梓ちゃん、私に任せて」

梓「あ、ありがとうございます!すみません!ありがとうございますぅ!」

和「気にしないで。これも生徒会の仕事だもの」


和「それじゃあ段取りを決めておきましょう。おしっこをすれば手が伸びてくるのよね?」

律「ああ、一応そうみたいだな。でもおしっこが本当に必要かどうかはわかんないけど」

紬「確かにそこの因果関係は明瞭ではないわ。ただ何にしてもおしっこをしていればお尻は触られるみたいなの」

和「なるほどね。じゃあ、こうしましょう。私が個室でおしっこをするわ。それで手が伸びてきたら、私がその手を掴むわ」

梓「和先輩が掴むんですか!?」

和「ええ。そうしたら合図をするからすぐに来て。全員でかかればもし相手が強くても、何とかなると思うから」

律「お、おお…」

和「後は全員で力を合わせて引きずり出すなり、腕に縄をかけて逃げられないようにするなりすればいいわ。むぎ、これでどう?」

紬「…うん、いいと思う。ただ引きずり出すのは却って危険な気がするわ。縄をかけるだけにしたほうがいいと思う」

和「確かにそうね。では、それで行きましょう。ちょっと待ってて、生徒会ロープを持ってくるから」

ガチャッ


律「……すげえな生徒会長…」




和「さて、と。みんな準備はいい?」

梓「私たちは大丈夫ですけど…和先輩、本当に大丈夫ですか?」

和「ええ。大丈夫よ。心配してくれてありがとう」

律「怖くないのか…?」

和「…ザリガニ風呂に比べれば大抵のものは平気よ」

紬「あらあら…」

梓「それは…」

唯「?」

和「じゃあ行くね。私の合図、聞き逃さないように頼むわ」

唯「和ちゃん、ご武運を!」

和「…うん!」

ガチャッ


和「(さて、と…ここね)」

ガチャッ


和「(…本当に手が伸びてくるのかしら。軽音部じゃなくちゃ駄目とか…まあいいわ)」

するっ

チョロチョロチョロチョロチョロチョロチョロチョロ…

和「(…よく出るものだわ)」

ヌウッ

ペタン

和「!」

すりすりすりっ

和「(これが例の手か…思ったよりあたたかいわ)」

がしっ、ぐいぐいん

和「(お尻を揉み始めたわね…図々しいわ)」

さわさわさわさわん

和「(しかし…下手糞だわ…!)」

ぐにぐにん、もみゅん

和「(ただひたすらに自分の欲求をぶつけるだけ…この手の持ち主の頭には愛撫のあの字もないのだわ…)」

くりくりくりん

和「(…もういいわ。終わりにしてあげる!)」

ぎゅうっ

手「!!」びくん

和「みんな来て!」

手「!!」ぐいぐいぐいぐい、ぶんぶんぶんぶん!

和「うるさい!おとなしくしなさい!」

ガチャッ!


律「和!だいじょうわああああっ!!」

唯「和ちゃん!」

和「早く生徒会ロープを!」

紬「ちょ、ちょっとりっちゃん唯ちゃん!?そこをどいて!」

手「!!」ぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶん

和「早く!むぎ早く生徒会ロープを!」

紬「ゆ、唯ちゃんそこをどいて!ロープが」

唯「うわー!これが大てながざるの腕!?すごいすごい!」

梓「あ、あの…どうなりましたか…?」

手「!!」ぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶん

和「ああもう!うるっさいっ!!大人しくしてなさいっ!!」ぐいん!!

ぶちん


手「!?」しゅっ!

ちゃぷん


律「あ…」

唯「う…腕が…」

和「…千切れたわね」

梓「」くらっ


和「えーと…ど、どうしましょうか?」

紬「とと、とりあえず部室に」

唯「…その腕はどうするの?」

律「そりゃあ…」

和「…はい、唯。あげるわ」

ぽん

唯「ええっ!?何で!?」

和「私の役目は終わったでしょう?じゃあね、みんな」くいっ

すたこら


律「…和も逃げたぁ!!」

梓「」




ガチャッ

澪「お、おかえりぃ…」

律「ただいま~。起きたか、澪」

澪「うん…お前ら今度はどこ行ってたんだ…?さ、寂しかったんだぞ…?」

唯「ごめんね澪ちゃん~、はい、おみやげ」

ぽん


澪「…なにこれ」

梓「お、おばけの腕です…」

澪「…うふん」

すとっ

律「はーい、お約束終了ー」

紬「じゃあ私もお茶を…ああ、何だか淹れ飽きちゃった…」




律「で、どうするよこの腕…」

唯「血とかはあんまり出てないねえ」

梓「あの、気持ち悪いんで断面こっちに向けないで下さい」

唯「え~?あずにゃんほれっ!」

梓「ひゃうっ!?や、やめてくださいよぉ!」

紬「これって何の腕なのかしら?」

唯「大てながざる…じゃないね、毛があんまり生えてないもん」

律「なーんか中年のおっちゃんの腕みたいな感じだな。あ、でも指は4本しかないな」

唯「それに何だかやわらかいよ?ほらこんなに曲がる」

梓「じゃあやっぱり人間じゃないですよね…本当におばけなのかな?」

紬「食べてみる?」

梓「食べません!絶対に!」


ガチャッ

さわ子「ういーっす。どうなったー?」

唯「あ!さわちゃん!いいところに来てくれたよぉ~」

さわ子「…職員室戻るわね!」

律「させるかぁ!」がばっ!

さわ子「やぁもぅ離して~!面倒臭いの嫌なの~!」

唯「さわちゃん、こんなんなっちゃったんだよ」すっ

さわ子「…なあにこれ?」

梓「おばけの手です…」

さわ子「へえ……意外にやるのねあなたたち」

律「流石に澪とは反応がダンチだな…」


律「実はこれこれしかじかでさあ…」

さわ子「ふうん…おばけって案外もろいのねぇ」

紬「ちゃんとご飯を食べてないんでしょうね」

唯「でね、これどうしたらいいかなって」

さわ子「…捨てちゃえば?」

唯「えー?それはもったいないような…」

梓「勿体無いというか…何だか後が怖そうです、祟りとか…」

さわ子「あはははは!祟りなんて迷信よぉ!」

梓「おばけの手を目の前にしてそんなことを言われても…」

さわ子「そうねぇ…じゃあ、ちょっと待っていなさいな」

律「?どこ行くんださわちゃん?」


ガチャッ

さわ子「お待たせ~」

唯「さわちゃん、何それ?」

さわ子「職員室ボックスよ。とりあえずこれに入れておきなさい」

紬「鍵もついてるんですね~♪」

唯「ほい、入りました!」

さわ子「じゃあこれはとりあえず…棚の上にでも置いておきましょうか」

律「えっ!?部室に置いとくのか?もっとこう、いい感じの所に…」

さわ子「何言ってるの!もう6時をまわっているのよ?下校時間でしょうに!」

梓「そういえばもう外が暗いです…」

さわ子「でしょう?だから、本格的に考えるのは明日!今日のところは…問題は棚上げよ!」

紬「だから棚の上に置くんですね!うまい!」

律「…いや上手くはねーよ」


さわ子「ほらほら、問題は棚上げしたことだし、帰る仕度をしなさいな。私も職員室に戻るわ~」

律「…いいのかこれで?」

梓「まあ…とりあえず今日はこんな感じでいいんじゃないですか?何かすごく疲れましたし…」

律「…だな。厄介ごとは棚上げー、棚上げー!」

唯「たなあげー!」

紬「たなあげー!」

唯「あ、りっちゃん!澪ちゃんも起こしてあげないと!」

律「あー、そうだな。おい澪!起きろ!帰るぞ!」

澪「ん…んん…あ…律…?」

律「今日の部活は終わりだ。帰るぞ」

澪「終わ…り…?……な、なあ、あの箱は何だ…?」

梓「職員室ボックスです」

澪「…へえ」

すとん

律「…ええー!?」



4