―――文化祭当日朝!

ハルヒ「よーっし!みんな集まったわね!それじゃ始めるわよ!」

キョン「……」

長門「……」



――
――――
――――――――

ハルヒ「はい、休憩ー!」

長門(彼女達の演奏が始まるまであと2時間……)ソワソワ

キョン「おい、長門」

キョン「お前本当はいきたいんだろ?文化祭」

長門「……」

キョン「……それとも……お前と平沢の仲はそんなものだったのか?」

長門「!!!」

長門「それは断じて違う!」

長門「私だって本当は行きたい!行きたいけれど……今の私には行く資格がない……」

キョン「行く資格がない……?
そういってお前は逃げてるだけじゃないのか?」

長門「!!!」

キョン「本当は……行くのが怖いだけなんじゃないのか?行って平沢達とあうのが怖いだけなんじゃないのか?
なぁ長門」

長門「……私は」



長門「あなたの言う通り……彼女に……唯に会うのが怖い
会ってしまったら自分が制御できなくなってしまいそうで怖い……」ボロボロ

キョン「……やっと本音を出したか……なぁ長門
そうやって自分の殻にこもるのはやめろよ!
せっかく感情が出来たっていうのに悲しいじゃねーかよ……」

キョン「つらいときはつらい
嫌な時は嫌
そう言えばいいじゃねーか

お前は今、桜ヶ丘の文化祭に行きたいんだろ?」

キョン「じゃあ行けばいい」

長門「……しかし……」

キョン「大丈夫さ
それにな、約束したんだろ?

それともなんだ?宇宙人は親友との約束の1つや2つももろくに守れないのか?」

長門「……私は……私は……」ポロポロ

 唯『有希ちゃーん!』

  パッ!



長門「唯のもとへ行く!」



キョン「!!」

キョン「よく言った長門!」

キョン「後は俺に任せろ!」

長門「……」コクリ

キョン(といったのはいいもののハルヒをどうするか……)

キョン「情報操作……無理?」

長門「この間の一件で『バグがなくなるまで』という条件で情報操作能力の消滅を情報総合思念体に」

キョン「……」


ハルヒ「休憩は終わりよー!はやく配置につきなさい!」


キョン「長門咳しろ咳」ヒソッ

長門「コホンコホン」

キョン「あっー!長門大丈夫かー?
ちょっと額かしてみろ!」

キョン「あつ!あつ!こりゃ新型だなー!ハルヒー!長門は新型インフルだからこれ以上の団活はだめだー!」


ハルヒ「……何あんた達二人して下手な小芝居やってんの?なぐられたい?」

キョン「いやいや、ほ、本当だって!なぁ長門?」

長門「……体がダルい頭痛い」

ハルヒ「……まさかあんた達そうやってサボろうとか考えてるんじゃないでしょーね?」

キョン「本当だって!長門本人も言ってるじゃないか」

ハルヒ「有希?本当に熱があるの?」

長門「……コホンコホン」コクリ

ハルヒ「怪しいわね……
いいわ!熱があるっていうんなら私が確かめてあげる!
有希!デコだしなさいデコ!」

キョン(まずい!情報操作が使えない今の長門はいたって平温だ)

キョン「だー!ハルヒだめだ!ハルヒはダメッ!」

ハルヒ「なんで駄目なのよ!
熱を団長様自らはかってあげようとしてあげてるんじゃない!」ツカツカ

古泉「いや、涼宮さん、ここは僕が確めますよ」ニコッ

ハルヒ「古泉くんが?どうして?」

古泉「考えてみてください
もし本当に彼女が熱で新型インフルエンザなら咳をしている彼女の額を触りにいくなんて自らインフルエンザにかかりにいくようなものです」チラッ

長門「コホンコホン」

古泉「そんなこと我がSOS団の団長にさせるわけにはいきませんよ
もし団長であり監督である涼宮さんが今インフルエンザにかかったら大変です
んふ、そうでしょ?」

キョン(古泉……味方なのか敵なのかわからんが……ハルヒよりかはマシか)

ハルヒ「んー、確かにそうねぇ……」

ハルヒ「……でも、そうなると副団長の古泉くんがインフルエンザに……」

古泉「あぁ、その点ならご心配なく
僕は予防注射をうってるんで」ニコッ

ハルヒ「そう?ならお願いするわ!
ただし、嘘ついちゃ駄目よ!」

古泉「副団長の名に懸けて嘘なんてつかないと誓いますよ」ニコニコ

つかつかつか

古泉「ささ、長門さんおデコを」

長門「……」


キョン「お、おい古泉……」

古泉「大丈夫ですよ、以前機関のほうであなたと平沢唯の関係を調べさせて頂いてるんでね
文化祭にいきたいんでしょう?」ボソッ

古泉「たまには彼だけではなく僕の方もも頼ってもらいたいものです」フフフ


古泉「……」ピタ

ハルヒ「……古泉くん……どう?」

古泉「……これはまずいですね」

ハルヒ「えっ?」

古泉「恐らく熱が39度以上ありますね……」

ハルヒ「じゃ、じゃあ」

古泉「えぇ間違いないです」

キョン「だからいっただろ?ハルヒ」

ハルヒ「……うっ!仕方がないわね!
有希、帰っていいわよ!
それと今日は団活中止!各自、病院にいくこと!
まだ編集もすませてないっていうのに今インフルエンザなんか流行ったらたまったもんじゃないわよ……」ブツブツ



――――――

長門「あなたと古泉一樹には感謝してもしきれない……」

キョン「そんなことはいいから早くいってやれ!」

長門「本当にありがとう」ニコッ

タッタッタ


古泉「驚きましたね、彼女が笑うなんて」

キョン「確かにな、しかし俺はお前が味方してくれたのにも驚いたぞ
ハルヒの機嫌とりばっかりしてるお前がなぁ」

古泉「んっふ、実は今朝から僕、体がダルくて頭痛いので帰りたかったんですよ、インフルエンザかもしれませんね」ニコッ

キョン「うわ、馬鹿近づくな!」



―――その頃軽音部!

唯「みんなー完全復活だよ!」

澪「唯!もう大丈夫なのか?」

紬「唯ちゃん!」

律「唯!」

梓「唯先輩!心配ばっかりさせて……エグッ」

唯「あずにゃんごめんねー、でももう大丈夫!」

律「冷やっとさせやがって!
よし本番前にあわせるか!」

唯澪梓紬「おっー!」





唯「……あれ?ギー太は?」



長門「……ついた」ハァハァ

教師「招待券みせて下さいねー」

長門「……」ギュ

長門「……」サッ

教師「はい、パンフレット
ステージは講堂でやってますので」

長門「……」ペコリ



―――講堂!

演劇部「おぉ、ロミオ何故君はロミオなんだ!」

長門「……(あと30分)」


ヒソヒソ ヒソヒソ

「ねー、ねー軽音部の聞いた?」

「なにを?」

「ギターの唯ちゃんいるじゃない」


長門「!!」


「あぁあの面白い子?」

「あの子、今日まで風邪だったんだけどギリギリ間に合ったんだって!」

「あら、よかったじゃない」

「いや、それがね……来たのはいいんだけどギターもってくるの忘れたらしいのよ」

「えぇ?でもギターなんて代わりがいくらでもあるじゃない?」

「いや、それがね、唯ちゃん自分のギターじゃないと弾けないんだって!」

「じゃ、じゃあどうするの?」

「今さっきとりに帰ったらしいよ」

「でももう……」

「うん、間に合わないよねー」


長門「!!!」

長門(唯が……まにあわない?)


「じゃあどうするの?平沢さんが来るまでギター一人?」

「それがね、今探してるらしいのよ、唯ちゃんが来るまでの代理」


長門(……)


「今日さわ子先生もインフルエンザで休みだし……」

「どうするんだろうねー」


長門「……」ガタッ



―――舞台裏!

澪「仕方がないけどギターは梓一人でやるしかないな……」

梓「で、でも私リードギターの練習なんて……」

律「梓なら出来る……唯が来てくれるまで頑張ってくれないか?」

紬「……唯ちゃん」


ワイ ワイ

律「なんだ?やけに騒がしいな」



和「ちょ、ちょっと困ります!」

長門「ここを通してほしい……」

和「いや、通して欲しいって……」

和「ここは関係者以外立ち入り禁止です、ましてや一般人をいれるなんて」

長門「私は唯の……平沢唯の知り合い
彼女の代理を彼女に頼まれてきた」

和「あなたが唯の?」


律「和~どうしたんだ?」

和「あ、律
いいとこに来てくれたわ
この方が自分は唯の知り合いで唯に頼まれてきた っていうのよ」

和「律、あなたこの人知ってる?」

長門「お願い……私に唯の代理をさせて」

律「んん?」ジ-

律「んー……あぁ、間違いない
唯の知り合いで私が呼んだ代理の人だ」

長門「!!」

和「もぉ、そういうのは事前にいってもらわないと困るわ」

律「いや~忘れてたんだ!ごめん!」

和「はぁ、もういいわ」

和「疑って悪かったわね、通っていいわよ

唯がくるまで……あの子のぶんまで頼んだわ」


長門「……ありがとう」

律「いいって、いいって
唯に頼まれて来た人なんだろ?」

長門「……私は嘘をついてるかもしれない
なのに何故?」

律「んーなんでだろうな
君見たときこの人は唯の知り合いだ って何故か思っちゃったんだ」

長門「……」

律「ささ、こっちに来てくれ、みんな喜ぶよ」


律「みんなー唯の代理がきたぞ!」

梓「!」

澪「えっ!本当に?」

紬「まぁ!」

長門「……」ペコリ

律「唯の知り合いで唯に頼まれて来てくれたらしい!」

紬「まぁ、唯ちゃんもしっかりしてるわね!」フフフ

梓「……ギターです」サッ

長門「……」

澪「因みにギター歴は?」

長門「3日」

梓律紬律「はぁ?」

律「お、おい 冗談だれ?」

長門「……」フルフル

梓「!」

梓「からかいにきたんなら帰ってください!」

ジャンジャカジャカジャカジャーン!

紬律梓澪「!う、うまい」

長門「大丈夫、私は唯の師匠
任せて」


澪(なんでだろう)

紬(初対面の人のはずなのに)

律(この人になら)

梓(唯先輩の代わりをまかせられる気がする……)



和「軽音部、準備お願い」

律「えぇ!もう?」

澪「あの、楽譜もまだみてないんじゃ……」

長門「心配ない」

梓「最初の曲は筆ペン・ボールペンです」

長門「了解した」

紬「そう言えば、まだ名前きいてませんでしたね」


アナウンス『続きまして桜ヶ丘高校軽音部の演奏です』


長門「私の名前は……長門 有希 」

紬「そう、じゃあ有希ちゃん 頑張りましょうね?」ニコッ

長門「!!」

長門「了解!」ニコッ



ワアアア ワアアア ワアアア


律「皆さん、こんにちわ
桜ヶ丘高校軽音部「放課後ティータイム」でーす」


ワアアア ワアアア ワアアア

律「私達軽音部はベース担当秋山 澪――……――――」


長門(唯……あなたと出会えて本当によかった)

長門(あなたのために、私は……あなたの大切な居場所を暖めておくから…)

長門(今の私にはこんなことぐらいしかできないから)

長門(だからお願いはやくきて……)



――
―――――
――――――――
律「次が最後の曲です……聞いてください『ふわふわ時間』」

紬(……唯ちゃん)

梓(唯先輩!)

澪(唯……)

長門「……」

長門(……くる!)



  バンッ

唯「待ってー!!」ハァハァ

紬律澪梓「唯!(先輩!)」

オオォ ワイワイ ガヤガヤ

唯「はぁはぁ」タッタッタ

唯「……みんなごめんね」ンショ

律「遅すぎだバカヤロー」

梓「唯せんぱ~い」



長門(……良かった)

長門(私の出番はもうお仕舞い)

長門「私はこれで……」

唯「あっ!待って!」

長門「……?」

唯「ありがとうね!有希ちゃん!」

長門「!?」

長門「……」ジ-

唯「あれ?なんで有希ちゃんなんて言葉がでたんだろ」

唯「ごめんねぇエヘヘ」

長門「……プッ」

長門「フフフ」クスクス

長門「やっぱりあなたは興味深い」

長門「こちらこそありがとう、唯」ニコッ



――
―――――
――――――――

唯「皆ごめんねぇ」

梓「本当しっかりしてくださいよ!私まで泣いちゃったじゃないですか!」

律「いや~しかし大成功だったな
終わり良ければ全て良しってやつだ」

澪「唯の知り合いの人のおかげだな!」

唯「私の知り合い?」

律「頼んでてくれたんだろ?代理」

唯「私が?」

紬「ほら、有希ちゃんよ」


紬「長門 有希ちゃん」

唯「長門……有希……?」


和「ちょっといいかしら」

和「このぬいぐるみそこに落ちてたけどあんた達のじゃない?」

唯「!!」

唯「そのぬいぐるみ……」



―――バス停

長門「……」

長門「唯、あなたと最初にあった場所」

長門「無駄だとわかっていても……最後に……最後に小さなヒントをのこしていったのは」

長門「私が人間に近づいたから……?」


「こんばんは!」


長門「……」

長門「!!」

唯「隣……いいですか?」

長門「……構わない」

唯「今夜は肌寒いですね」

長門「あなた……どうしてここに?」

唯「んー、ここにきたら落ち着くからかな?」

長門「……そう」




唯「それに……会いたい人にも会えるしねっ!」ダキッ

長門「!!」

唯「急にどこかにいった罰としてもう何処にもいかせないよ!」ギュー!




――おわり!