――
―――――
――――――――

長門「お邪魔した」

憂「またいらしてくださいね」ニコッ

唯「有希ちゃんまた明日~!」

長門「……」コクリ


長門「……」トテトテ

長門「彼に報告しよう」

ピポパポ プルルプルル

キョン『どうしたんだ?長門
またハルヒか?』

長門「いや、違う
昼間の件」

キョン『あぁ、バグがどーのってやつか
原因わかったのか?』

長門「あなたのいう通りだった」

キョン『おぉ!そうか、やったじゃないか!』

長門「この結果によって我々の自立進化の可能性にも大きく期待できる」

キョン『そうか、平沢さんとはどうだ?』

長門「……親友になった」

キョン『凄いじゃないか、親友になれたのか』

長門「そう……できればあなたとも」ボソッ

『キョンくーんあそぼーよー……こら今忙しいから止めなさい』
キョン『すまんな、長門妹のせいでよく聞こえなかった』

長門「……」

長門「なんでもない、昼間の助言感謝する。それではまた」

キョン『そうか、じゃあまたな!』

プツ……プープープー



―――スタジオ!
唯「わぁー!機材でいっぱいだねー」

律「まぁスタジオだからな
……それよりも唯さっきから気になってたんだけど」

梓「この人は誰ですか!この人は!」

長門「……」

紬「まぁまぁまぁまぁ」

唯「誰って私の親友長門 有希ちゃんだよ!」

律「唯の」澪「親友?」

長門「……」ジー

梓「な、なんですか?」

長門「……猫」ボソッ

梓「」

澪「唯、遊びに来たんじゃないんだから」

紬「あら、でも観客としていいんじゃないかしら」ウフフ

律「そうだなー」

唯「ほぇ?有希ちゃんは観客じゃないよ?」

唯「有希ちゃんは私にギターを教えてくれるんだよ」

澪「この人が?」

梓「ゆ、唯先輩の指導係は私がやりますから間に合ってます!」ギラッ

長門「?」

唯「有希ちゃんは多分あずにゃんより上手だよ?」

梓「!」

紬「梓ちゃんより上手ってことは他校の軽音部?」

唯「んーん違うよ」

律「じゃあ経験者か?」

唯「ねね、有希ちゃんギター歴いくつだっけ?」

長門「二日」

律紬梓澪「……」

梓「そ、そんな人に私が負けるわけありません!」

唯「えー、有希ちゃんの演奏聴いたらあずにゃんも驚くよ」

唯「あれーみんなその顔は信じてないなぁ」ブー

澪「まぁ……ギター歴二日の人に期待しろっていわれても」

律「漫画にでてくるチートキャラじゃあるまいしなぁ」

長門「……」

紬「ごめんなさい、私もちょっと信じられないわ」

唯「ぶー、師匠やっちゃってください!」サッ

長門「……」コクリ


長門「……」ギュイ‐ン、ガチャガチュギュイギュイギュイ

澪「は、はやい!」

長門「……」ギュイギュイギュイギュイ

紬「まぁ」

律「すげぇ……」

梓「」ポカーン


長門「……」ジャカジャーン

唯「うん!やっぱり有希ちゃんの演奏はいつ聴いてもすごいやぁ」パチパチ

律「す、凄いってレベルじゃないぞ、こりゃ」

澪「鳥肌が……」

紬「さわ子先生より上手いかも」

唯「エッヘン!凄いでしょ!」


… … …


唯「…あれ?いつもの『先輩が威張ることじゃありません!』って突っ込みがこない」

梓「…信じられない……まさか二日の人……私が……」ブツブツ

唯「……」

長門「ユニーク」



――
――――
―――――――
唯「ふぅー、疲れたよぉー」

律「よし、今日はこれで終わるか」

梓「私はもっと長門先輩に教えて貰いたかったのに……」

律「梓は途中まで『私は教えられなくても一人で出来ます!』とか言って意地はってたくせに」ニヒヒ

紬「まさかほとんどの楽器をマスターしてたなんて……」

澪「でも今日で私達確実に上手くなったよ」

唯「これも全部有希ちゃんの指導のおかげだよー!」ダキッ

長門「……」

澪「本当に音楽関係の部活には入ってないんですか?」

長門「……」コクリ

律「うへー勿体ないなぁ」

唯「確か3つ部活掛け持ちしてるんだよね!」

紬「3つも?」

唯「うん、確かえーっと、コンピ研ってとことー、文芸部と、何団だっけ?」

長門「SOS団」

梓「なんだかへんてこりんな名前の部活ですね」

紬「どんな活動してるの?」

長門「映画撮影」

澪「映画撮影?」

律「すげーな、おい」

唯「有希ちゃんもその映画に出てるの?」

長門「……」コクリ

唯「すごーい!その映画見てみたいなぁ」

長門「文化祭で上映する」

長門「私という個体もあなた達が見に来てくれるのを望んでいる」

律「たしか北高とうちの文化祭は日にちも離れてるし」

紬「全然大丈夫ね」

唯「うんっ!ぜったい観に行くよー!」

澪「フフフ、長門さんにも私達の演奏見に来てもらわないとな」

唯「勿論だよ!
うちの学校はたしか招待券がいるんだったよね」

律「そういやそうだったな」

唯「招待券配られたら有希ちゃんに渡すね」

長門「感謝する」



―――帰り道!

唯「ねね!みんなでゲームセンター行こうよー私プリクラ撮りたいなー」

律「おっ!いいね」

梓「いいですね」

紬「まぁ、私友達とゲームセンターに行くのが夢だったの!」

澪「私も別にいいけど」

唯「有希ちゃんもいいでしょ?」

長門「構わない」コクリ

唯「じゃあ決定!
行こう~行こう~」

梓「疲れたんじゃなかったんですか?まったく」



――ゲームセンター

梓「ちょっと唯先輩!私の頭に猫耳ばっかり書かないでください」

紬「ウフフ、楽しいわ」

律「ほら、澪
お前も変顔しろよーヒゲッ!ってほら」

澪「プリクラっては、恥ずかしい……///」

唯「有希ちゃん次は右だよ!右
うん、ほら笑って!」

ワイワイ ワイワイ

長門(ユニーク……)


唯「沢山とったねー!」

梓「全部猫耳書かれてる……」

律「次はゲームしようぜ!ゲーム!」

長門「……」ジー

唯「?」

唯「有希ちゃんUFOキャッチャーしたいの?」

長門「……」ジー

ギターをもった少女の人形「……」

長門(あの人形……彼女に似ている)

唯(あの人形が欲しいのかな?)

律「ほらっ、有希演奏じゃまけたけどゲームじゃまけないからな!
あれするぞ!あれ」グイッ

長門「……」

唯(……よし)



――
――――
――――――――

律「だぁー!もう一回だ!もう一回!」

澪「おいおい、もう諦めろよ律」

梓(長門先輩スコアランキング一位……)

律「うるさい!
次はレースゲームだレースゲーム!」

長門「……」


紬「きゃっ!すごいわコレ
二人で出来るらしいわ!澪ちゃん、梓ちゃんやりましょ!」キャッキャ

バンッ バンッ バンッ

ワイワイ ワイワイ



唯「と、とれない……」



――
――――
――――――――
律「よっしゃああ
勝てた!
見てたか?澪勝てたぞ!」

梓(明らかに長門先輩がわざと負けてた……)

長門「…ユニーク」

澪「よ、よかったな律 ハハハ……」


紬「あら、もうこんな時間」

律「そろそれ引き上げるか~

ん?唯はどこいったんだ?」

梓「唯先輩ならあっちでUFOキャッチャーやってますよ」

澪「さっきからずっとしてるけど」

唯「もう少し!頑張れ頑張れ」

ウイーン ガチャ ウイーン ボサッ
唯「……あともう少しなのに」

律「おーい唯!もう帰ろうぜー!」

唯「ちょ、ちょっと待ってりっちゃん!」


唯「よし……後1回」

唯(お願い!)

ウイーン ガチャ ウイーン ガタン

唯「!!!」

唯「と、とれたぁ!」

唯「3000円つかってやっととれたよー!」

律「おーい!ゆい~?」

唯「今いくよー!」



―――帰路!

律「いや~今日は楽しかったなぁ!」

梓「たまにはこういうのもいいですね」

紬「またこのメンバーできたいわ」ニコニコ

唯「ねぇねぇ有希ちゃん有希ちゃん!」クイクイ

長門「?」

唯「ジャジャーン」サッ

長門「!」

唯 つ オラウータンの人形

長門「……」

唯「ほらっ!有希ちゃんずっとこの人形欲しそうな目で見てたでしょ?

だから頑張ってとりました」エッヘン


長門(違う人形……だけど……)

澪「あぁ、だからずっとUFOキャッチャーしてたのか」

紬「あらあら、ウフフ」

唯「はい!プレゼント!」

長門「……プッ」

長門「フフフ」クスクス

唯「ほぇ?どしたの?」

長門「いや、なんでもない」

長門「ありがとう」ニコッ

長門「!」

長門(笑った?私が……?)

唯「!!」パアァ

唯「有希ちゃんがありがとう!って言った!」

梓「今まで 感謝する でしたのにね」

長門(私という個体に大きな変化が起きている……)



4