買い物帰りの道。家まであと十分くらいのところ。
そこで出会った。

唯「捨て犬かな?」

母「そうみたいね。かわいそうに……」

薄汚れたミカン箱の中にいる、一匹の犬。

唯「かわゆい~」

犬「……にゃあ」

唯「あれ? 猫?」

母「犬じゃない?」

犬「……にゃあ」

唯「犬なのににゃあって言ってるよ!!!11」

母「不思議ねぇ」

犬「……にゃあ、にゃあ」

唯「ほーら、よしよしよし」ナデナデ

母「ほらほら、早く帰るわよ。夕飯の支度しなくちゃ」

唯「かわゆいよ~、かわゆいよ~」

母「……」

犬「にゃー」

母「…………」

母「この子には申し訳ないけれど……飼えないわよ?」

唯「え~っ、なんでなんで!?」

母「ウチにそんな余裕あるわけないでしょ」

唯「ううぅ……」ウルルン

母「それに唯だって、まだまだ忙しいんだから」

唯「わ、わかってるけど! でも……」

母「我慢しなさい。きっとこの子だって、ほかの人に拾われたほうがしあわ――」

唯「やだやだ! あずにゃんは私が飼うんだもん!!!11」

母「あ、あずにゃん……って?」

唯「この子の名前だよ」

母「今付けたの?」

唯「うん。だから私が、一生大事にしていくんだ~」

母「……」

唯「あーずにゃん♪ あーずにゃん♪」サワサワ

犬「にゃ、にゃあ」

母「……」

母「……わかったわ」

唯「?」

母「飼いたいなら飼いなさい」

唯「いいの!?」キラキラ

母「ただし、ちゃんとお世話すること。いいわね?」

唯「やったぁー!!! やったよあずにゃん!!!!!」ギュウウウ

犬「にゃあぁ~」

唯は嬉しさのあまり、犬を抱きしめたまま何度も何度もジャンプした。

そう。
その日、あずにゃんは平沢家の家族となったのだ。



憂「ただいま~」

唯「おかえりー、うい」ゴロゴロ 

憂「お姉ちゃんは相変わらずだね」ニコニコ

唯「うい~、ぶぁいおす!」

憂「もう、ぶぁいおすじゃなくてアイスでしょ。……はい」

唯「ありがと~」ペロペロゴロゴロ

犬「」

憂「……へ?」

犬「にゃあ」

憂「わわわっ! お姉ちゃん! どうしたのこれ!?」

唯「そこで拾ってきたんだ~」

憂「拾った?」

唯「うん」

憂「拾ったって……でもそれは……」

唯「大丈夫。ちゃんとお風呂に入れといたから」

憂「そ、そうじゃなくて……」

憂「お母さんの許可はもらってるの?」

唯「もちろんだよ~」ゴロゴロ

憂「な、ならいいけど」チラリ

犬「……にゃ」

憂(い、犬?)

犬「にゃあ」

憂(あれっ? でも鳴き声は猫? じゃあなに? 新種の動物かな……?)

犬「……」

唯「あずにゃんって言うんだ~」

憂「えっ?」

唯「あずにゃん、おいで」

犬「にゃあ」パタパタパタ

唯「おー、よしよしよし」ナデナデナデ

憂(あずにゃんって……あの、梓ちゃんと一緒の……?)

唯「えへへ、かわいいなぁ♪」

唯「うい~」

憂「えっ? なにお姉ちゃん?」

唯「犬缶と猫缶、どっちがいいかなぁ?」

憂「そ、それは難しい選択だね……」

唯「あずにゃんはどう思う?」

犬「にゃ」

唯「あー、そうか。ドックフードがいいんだね」

憂(通じてる? いや適当?)



唯「今夜はあずにゃんと一緒に寝るんだ~」

憂「それはいいけど、気をつけてね」

唯「なにが?」

憂「だってまだ、トイレの場所とか覚えてなさそうだし」

唯「大丈夫だよ。あずにゃんはおねしょしたりしないよ」

憂「……」


次の日。
日曜日の朝。

唯「あずにゃんと散歩してくる」

母「車に気をつけてね」

憂「あっ、わたしも行きたいな」

唯「いいよ~」

憂「お母さん。ついでにいろいろと買いたいんだけど……?」

母「そうね。餌の買い置きも必要だものね」

犬「ふにゃあぁぁ……」

唯「よし! しゅっぱつしんこー!」

唯「ぽかぽかしてて気持ちいいね」

季節は春。
五月だが、まだまだ桜が綺麗に咲いている。

憂「ねえお姉ちゃん」

唯「にゃに?」

憂「どうしてお姉ちゃんは……この子に『あずにゃん』ってつけたの?」

唯「あずにゃんが大好きだからだよ~」

憂「……だと思った♪」

唯「えへへ、なんか照れますなぁ♪」

唯「そっちのあずにゃんは元気?」

憂「そっちって?」

唯「桜が丘高校のあずにゃんのことだよ」

憂「えっと……まあまあ元気、かな?」

唯「そっか」

憂「気になるの?」

唯「うん。この前メールしてみたんだけど、返事が返って来なかったんだ」

憂「……」


?「あ! おーい! 平沢姉妹じゃん!」


唯「あ、りっちゃん」

憂「ご無沙汰してます」ペコッ

律「おう! 朝から仲がよくて結構だな!」

唯「あれ? りっちゃんこれからどこか行くの?」

律「あ、ああ」

律(やばい。話しかけないほうがよかったかもな――)

犬「」

律「ぬうわっ!? ななななんだこいつ!」

憂「えっと、犬を飼い始めたんです」

律「犬?」

唯「えへへ、拾ったんだよ。あずにゃんって名前にしたんだ~」

律「え? 今なんて?」

犬「にゃあ」

律「犬なのに!?」

犬「にゃ」

律(摩訶不思議かよ……)

唯「それで、りっちゃんはどこに行くの?」

律「え、えーっとだなそれがなんつーか……」

唯{?」

憂「あっ、言いにくいなら別にいいですよ」

律「……いやいや、なんか悪いな。でも憂ちゃんの優しさに免じて、特別にヒントをあげよう」

律は、左手薬指の輪っかを見せつけた。

憂「そ、それってもしかし――」

律「じゃ、じゃあなー! またいつかバンド組もうぜ唯!」バタバタ

律は駅の方向に消えていった。

唯「りっちゃん、骨折でもしたのかな?」

憂「そういうのじゃないと思うよ」

唯「ならいっか」

犬「うん」

憂「えっ?」

憂はきょろきょろとしていた。

唯「どうしたの? うい?」

憂「いや……なんか今、どこからか声が」キョロキョロ

唯「声?」

憂「……ううん。多分、わたしの気のせい」


憂が近くのスーパーであずにゃんの餌を買った。
春の陽気が心地いいので、少し回り道をして帰ることになった。

唯「春だね」

憂「うん」

唯「憂は、春が好きなの?」

憂「好きだよ。夏も秋も冬も好きだよ」

唯「あずにゃんは好き?」

憂「も、もちろん」

唯「よかったね~、あずにゃん」

犬「にゃあにゃあ」

唯「あ」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯は立ち止って横を見ていた。
憂もそちらを向いた。ギターのショップだった。
ショーウィンドウにギターがディスプレイされている。

唯「すごーい! ギー太がいっぱい飾ってある!」ペタリ

憂「ギー太ではないでしょ? ギターではあるけれど」

唯「……ギー太、元気かなぁ?」

憂「あれ? ギー太は家にあるんじゃないの?」

唯「えへへ、そうだったそうだった」

犬「」


また歩き出した。

唯「日曜日はいいね。ぽかぽかしてて」

憂「春だからでしょ?」

唯「春で日曜日だからだよ~」

憂「そっか」

犬「そうだよ」

憂「えっ?」

憂はまたきょろきょろとしていた。
何か変な……いや、
聞き覚えのある声がしたのだ。

唯「だよね~」

憂「あれっ?」

だけど唯は平然としている。
なので憂はさらに困る。

唯「どうしたの憂? お金でも落としたの?」

憂「いや、あの……ええと」キョロキョロ

唯「トイレ?」

憂「そうでもなくて……」

シャアアアアア

唯「あ、あずにゃんが電柱におしっこしてる」


翌日

憂「じゃあお姉ちゃん、行ってくるね?」

唯「うん。行ってらっしゃ~い」

唯は、遠くの玄関に見えた憂を見送った。。
部屋に戻ると、あずにゃん(犬)が唯を見上げていた。

唯「どうしたの?」

犬「にゃ」

唯「ああ、朝ごはんだね。ちょっと待ってて」

振り返り、キッチンに向かう。

犬「……」

犬「大学、行かなくていいの?」

唯「ん?」

唯は、なにかしらの声を聞いて見まわした。

唯「んんっ?」

でも誰もいない。

唯「ま、いっか」

そのまま餌を取りに行ってしまった。

犬「……」


2