律「おいーっす!!唯、元気かー!?」

唯「ほへ?りっちゃんどうしたの?」

律「寝ぼけているのか??
  今日は納品日だろ…まったく、取引相手に挨拶無しとはトンデモナイぜ」

唯「あはは、そうだそうだ…すっかり忘れていたよ」

律「ところで、今晩飲みに行かないか?」

唯「あー…うん、ちょっと待ってね、澪ちゃんに連絡する」

カチカチカチ
唯「 『今晩りっちゃんと飲んでから帰るから、晩御飯はいらない(ゴメン』…送信っと。」


Boy Meets Girl♪ ソーレゾレノー アフレルオモイニキラメキトー♪
シュンカンヲーミツケテル ホシフルーヨノデアイガアルヨニ…♪

律「旦那様は大変だな にひひ♪
  …あれ?私の携帯電話が鳴ってる…唯、ちょっとゴメンな」
  (澪からだ…なんだろう?)

澪『今日、唯と飲みに行くってホント?』

律「…」(まぁ、いつものことか。返信しておこう…。)

梓「田井中さん、いつも納品ありがとうございます!」

唯「よかったら、あずにゃんも今晩飲む?」

梓「え?いいんですか?」

律「あはは、飲みの人数が多い方が楽しくていいっ!」

梓「ごちそうさまです♪」

唯「あはは、あずにゃんはちゃっかりしているなぁ…ゴチになりやす♪」

ゴスンッ!

律「…おい、私は中野さんにしか奢らないぞ?」

唯「いたたたっ…冗談だよ」

律「それじゃ、19時にいつもの焼き鳥屋に集合な!」




定時過ぎ、僕はあずにゃんを連れて集合場所へ向かった。
定時きっかりの退社なんて、とても久しぶりだ。

焼き鳥屋に到着した時、既にテーブルは大量の串焼きで埋まっていた。
りっちゃんが早めに到着して注文していたのかな??

律「ぷっはぁ~!うめーっ!」

注文どころか、既に始まっていた。

梓「田井中さん、早すぎですよっ!」

律「まぁまぁ、気にしない気にしない♪」

唯「そうそう、いつもこんな感じだから。
  それよりも、あずにゃん飲み物頼もうよー 僕は生中!」

梓「えと、私は・・・ファジーネーブりゅ」

律「あはは、もう酔っちゃったか?お・こ・ちゃ・まw」

梓「もう酔っているのは田井中さんですよっ!」

りっちゃんとあずにゃん、意外に相性いいかもね。

律「でさー、唯の名前まんまのアーティストが"ギー太に首ったけ"っていう歌を出していてさー…」

ヴヴヴヴ… ヴヴヴ…

梓「平沢先輩、また奥さんからですか?」

唯「そうなんだ、5分間隔で写メ送らないとスネちゃうんだよねー」

梓「先輩、愛されてますね♪」

律「そうなんだよなぁ、澪は彼氏を想いすぎるっていうくらい
  澪の前カレのときも結構大変だったらしいぜー…
  …っと、ゴメン…ここだけの話にしといてくれ」
  (その彼氏が自殺したこと話しそうになった…あっぶな!)

唯「へー、そうだったんだぁ…でも僕は平気だよ、澪ちゃんを愛しているもんっ!」

律「わ…バカ!声がデカいって、周りのお客さん見てるだろ…」

ヴヴヴヴ… ヴヴヴ…



澪『隣に座っている女…誰?』



壁に貼ってあるメニューを撮ったつもりだったのに、あずにゃんが入っていた…。
しかも、アングルだけで席配置まで把握しているみたいだし、もうちょっと確認してから送ればよかった。

唯「りっちゃんどうしよう…澪ちゃん怒っているかも」

律「ん~?…あっちゃー…唯、ちょっと電話借りるわ」


prrr… prrr…

澪「唯…今どこにいるの?」

律「おーっす!澪、元気かーっ!?」

澪「り…律!?どうしたんだ、いきなり…」

律「ごめんなー、二人だけで飲むつもりだったんだけど、ウチの新人を紹介したくて連れてきちゃったんだよ。
  ウチの会社と唯の会社って取引あるからさ、顔を覚えてもらいたくてね…ごめんなっ!」

澪「あ…あぁ、そうだったんだ…私ったら、またつまらぬ誤解をしてしまったようだ。
  律、心配かけさせちゃってごめんな。それじゃ…またね。」

ピッ


律「はい、ミッションコンプリート!」

唯「りっちゃんすごい…」




梓「にゃうぅん… もうのめまひぇん…」

唯「あずにゃん大丈夫?」

律「あー、ファジーネーブル1杯でつぶれちゃったか…ほんとアルコール弱いんだな」

梓「Zzzz…」

律「唯、とりあえずおぶって、私の家に運んでおこう」

唯「そうだね、さすがにウチに連れて行くと大変なことになりそうだし。
  よっこいしょ… あずにゃん軽くて楽だぁ」

律「にひひ、唯ちゅぁ~ん、ズボンにテントができてるよ?」

りっちゃんの言葉に反応し、
僕は慌てて下を確認したが… 息子は勃っていなかった。

律「ひっかかった!ひっかかった!」

唯「まったく、それじゃ…お会計よろしくねー…」



さわこ「男がなんだっていうのよぉぉぉ!バッキャロー!」

店主「オバさん、もうそれくらいにしときな…」

さわこ「誰がオバさんらってぇぇっ!?」

店主「おい、誰かそいつをつまみ出せ」

さわこ「何か特別なおつまみあるの!?」ぱぁぁぁっ

店主「…」




僕はあずにゃんを背負い、りっちゃんの家に向かっている。
しかし徒歩はキツい…かといって、タクシー呼ぶような距離でもないし。

でも、意外に徒歩も悪くない。

背中にあずにゃんの胸が当たっているのがわかる。
見た目は子供っぽく起伏が乏しい体つきなのに、密着して初めて彼女が"女"であることを認識した。
くーくーと聞こえる声は子供っぽいが、耳に当たる暖かい吐息の音がなんとも艶っぽい。

律「おぉ~い、唯…置いていくなよー」

唯「りっちゃん、ごめーん…支払いは家についたらでいいかな?」

律「大丈夫、払わなかったら澪に有ること無いこと話すから」

唯「あはは、それは簡便して欲しいかなw」





唯「ふぃ、ようやく着いた… どっこいしょっと。それじゃ、りっちゃん…あとよろしくねー。
  代金はテーブルに置いといたよ」

りっちゃんはあずにゃんの分の布団を敷いてくれている、なんというか一人暮らしでもしっかりしている…
…て言おうとしたけど撤回!…パンツとかブラジャーとかその辺にぶん投げてあるわ、空き缶は転がっているわで
寝室以外は汚い、いずれゴキブリでも沸くんじゃないかな?




唯「それじゃ、今度は澪ちゃんと3人で飲もうねー」

僕が玄関から出ようとしたそのとき、律儀にもりっちゃんは見送りに来てくれた。

律「うん…そうだな…」

いつものようなテンションではなく、少し寂しげに声をかけてくる。
何かあったのかな??

律「なぁ、唯… 私と寝てみないか?」

唯「えっ!?」

りっちゃんの意外なセリフで僕の心臓は激しく脈を打ち始めた。
それは、寝室で横になっているあずにゃんにも、聞こえてしまいそうな鼓動。

そんなドギマギしている僕に、りっちゃんは妖艶な笑みを投げかけてくる。
酒のせいか、火照っている顔はとても色っぽく、誤って押し倒してしまいそうだ。

律「ぷっ… くすくす… あはははは、冗談だよ冗談!
  それじゃ、また今度飲もうぜ♪」

バタン


りっちゃん、本気だったのかな…




あ…澪ちゃんにメールするの忘れていた。
メールボックスを確認すると、澪ちゃんの愛情で溢れていた。
受信件数は200件程度、
内容は「いつ帰ってくる?」「早く帰ってきて欲しいかな?」「唯の温もりが欲しい」といういつも通りのメール。

このまま手ブラで帰るのも申し訳ないから、何かお菓子とお酒を買って帰ろう。
ガトーショコラとV.S.O.P、寝る前の酒としては申し分無いな。





家に明かりが灯っていない、澪ちゃんはもう寝たのだろうか?
そっと玄関を開け、月光が中に入り込み人影をフローリングに落とす。
誰か座りこんでいる…

ようやく目が慣れてきた、正体は澪ちゃんだった。
携帯電話を片手に、ぺたりと座り込んでいる。

澪「遅かったじゃない… なにしていたの?」

玄関の電気を点けると、澪ちゃんは真っ赤な瞳で僕を睨んだ。

唯「帰りがてら、りっちゃんの家に寄ったんだよ…
  後輩が酔いつぶれちゃってね、運ぶのに一苦労だったよ。」

肩を回す仕草をしていると、彼女はボソボソと何かをつぶやき始めた。


澪「…嘘だ」


唯「え…」

澪「嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ  嘘だっ!
  律の髪の毛はこんなに長くない!それに、背広から律の匂いじゃない別の匂いがする!
  ホントは解散した後、隣の女の子とどこか行ってたんでしょ!?」

僕は真実を伝えたのに、澪ちゃんは信じてくれない…。
しかも、こうテンパっていては話し合いもままならない、柄にもないけど"あの手"でこの場を抑えるしかない。
暴れる澪ちゃんの両手を掴み、逃げられないよう体を壁へ押しつけた。

澪「やめてっ!離してっ… むぐっ」

澪ちゃんのぷるっとした唇に吸い付き、舌を挿入し口の中を弄った。
歯の1本1本をなぞり、ねっぷりと舌の感触を楽しむ。

むちゅ… ぷちゅ…

いやらしい粘液の音が玄関に響く、そして音と同期するかのように体をピクつかせる。
…やがて澪ちゃんも落ち着き、僕の舌を弄び始めた。

澪「ん… ふぅ…  ふぁっ…」

生暖かい吐息が顔にかかる。
食後に果物でも食べたのだろうか、甘く爽やかな香りが鼻の奥をくすぐる。

澪「ぷっ… はぁ」

澪ちゃんが完全に落ち着いたことを確認した僕は、唇を離した。
互いの唇はつややかな糸で繋がっており、呼吸が落ち着くと同時にそれは切れた。


唯「落ち着いた…?」

澪「グスッ・・・・  うん。」

唯「ほら、澪ちゃんの為にお菓子とお酒を買ってきたんだ、一緒に飲もう」

澪「…うん」

唯「お風呂…今日も一緒に入る?」

澪「…うん」

唯「ホントに?」

澪「わっ!なななな…今日はダメだ!唯の帰宅が遅かったから、今日は無し!」

唯「くすっ」
いつもは冷静なのに、真っ赤になって慌てふためく澪ちゃんのこういうところ…好きだなぁ。

こうして夜は更け、僕は日課を済ませ床についた。





澪「3人で飲む?」

唯「うん、りっちゃんから誘われてね、久しぶりに澪ちゃんの顔も見たいんだって」

澪「3人で飲むなんて久しぶりだな、楽しみにしておくよ」

唯「それじゃ、りっちゃんに連絡しておくね、いってきま~す!」

そういえば…僕と澪ちゃんが付き合い始めた頃は、よく3人で飲んでいたな。
飲んで、遊んで、あの頃は3人でいるのが当たり前だった。
いつから飲む機会が無くなったんだろ?

まぁ、飲み会で解るかもしれないから、今は考えないでいよう。

律「おーっす…  あれ?」



律「…死んでる」



3