二日酔いと戦いながら、書いてみる。




ボクは平沢 唯。

現在、大学時代に知り合った女性「秋山 澪(現:平沢 澪)」と結婚し一緒に住んでいる。
ボクには憂という1つ下の妹がいるのだが、なかなか結婚を許してくれなくて大変だった。

「2年程つきあっている女性がいて、今度結婚することにしたんだ…」

…と伝えたとたん、憂は突然台所から包丁を持ち出してきた。




ボクは数箇所切られて流血、それで憂がシラフに戻ってくれてよかった。
本当は良い子なんだ…ただ、人よりもちょっと私に愛情を持ちすぎているだけ。

その後、しばらく口を聞いてくれなかったり、
料理にバッタ(イナゴじゃない)を入れられたりだの多々嫌がらせされたけど、
澪ちゃんを紹介した途端、それはピタリと止んだ。
彼女は女性からも告白を何度か受けた経歴を持つほどの「べっぴん!」さんなんだから。
今思うとあの時の憂、なんだか ぽーっ…としてたっけ。

澪「唯、お弁当!今日も頑張って作ったんだぞ!」フンッ

唯「澪ちゃん、いつもありがとう!」

澪「なぁ…
  私たちは夫婦なんだから、いいかげん"ちゃん付け"はやめてくれよ…」

唯「うん、ごめんね澪ちゃん。 あっ…
  う~ん、でもやっぱり澪ちゃんは澪ちゃんだよ!」

澪「朝から…恥ずかしいっ」

唯「それじゃ、行ってきま~す」バタン




うとうと…

うとうと… ハッ!

律「お~い、昼ごはん前だっていうのに寝るなよ、だ・ん・な・様♪」

唯「は…はれっ?なんでりっちゃんがここにいるの?」

この男っぽい性格の女性は"田井中 律"さん、僕は"りっちゃん"って呼んでる。
澪ちゃんの幼馴染であり、ガードマンとも言える存在。
彼女のガードをくぐりぬけるのはとても大変だったけれども、今となっては良いお友達。
たまに3人で遊びに行ったりもしている。

律「営業で近くの会社に寄ったついでに、唯のマヌケ面を見にきたんだ。
  しっかしまぁ…澪とは仲良くやっているか?」

唯「うん、毎日らぶらぶだよ!」

律「そりゃよかった、私の幼馴染だからな…何かあったらタダじゃおかないぞー!」

唯「はは…りっちゃん怖いよ」

結婚した今でも澪ちゃんのことを心配してくれる、とても優しい人です。


ヴヴヴヴ… ヴヴヴヴ…

唯「あっ、噂をすれば澪ちゃんからメールだ」

律「おーおー、昼間っから熱いねぇ♪」

ピッ

澪『今晩、何食べたい?』

メルメル

唯「 『とんかつ!』 …と、送信!」


ヴヴヴヴ… ヴヴヴヴ…

ピッ

澪『え?それだけ?』

唯「あちゃー・・・・またやっちゃった、メール送りなおさないと」

律「どうしたんだ?食べたい物を間違えたか… 
  まさか、"澪を食べたい"なんて送るんじゃないだろーな にひひ♪」

唯「ちがっ!ちがうよ…
  あ、なんだかんだでお昼になるよ?りっちゃん会社戻らないと…」

律「あ、やっば… んじゃ唯、またこんどな!」

楽しい時間っていうのは、あっという間に過ぎちゃうんだなぁ。
昼休みにメール返しておかなくちゃ…えーと、メール件数は「20件」、珍しく少ないな。
内容は「まだ?」とか「何しているの?」とか、他愛も無いものばかりだけど、
僕のことを想ってくれてのことなんだろうな。


さて、晩ごはんのメール返そうっと。

カチカチカチカチ…
唯『とんかつ!…と、ホカホカで白いごはん、
  あとは大根とにんじんのあったか~い味噌汁かな?
  たまには澪ちゃんが漬けた漬物も食べてみたい。
  キャベツの浅漬け食べたいよー
  これからお昼ご飯!今日のお弁当も美味しそう♪
  いつもありがと、愛してる澪ちゃん v』

あとは写メ添付…と。

カシャッ





唯「ふぃぃぃ… 疲れたぁ…」

コツリ…と、私の目の前に置かれた飴玉。
いつものあの子だ。

梓「平沢先輩、お疲れ様ですっ!
  うわぁ…この写真の方、奥さんですか…?とてもキレイな方ですね」

唯「おー、あずにゃんおつかれぇー…ふふっ、自慢の妻なんだー。
  あずにゃんも惚れちゃった?」

梓「わっばっ… そんなことあるわけないじゃないですか!
  人妻ですし、第一女同士なんですよ!」

唯「あはは、あずにゃんて正直だねー…真っ赤だよ」

彼女は自分の顔を確認するかのように、ぺちぺちと手を頬に当てる。
僕がニヤニヤしていることに気づいた彼女は、ハッと我に返り怒り顔になった。

梓「そんなこと言う人には、お菓子あげません!」

唯「あずにゃん、ごめんよー・・・
  っと、遊んでいる場合じゃなかった、今日は20時に帰るって約束してたんだった。
  それじゃ、あずにゃん お先ね!」

梓「お疲れ様でーす」




コロコロと飴玉を頬張り、電車に揺られながらの帰り道。
19時40分…これじゃ20時過ぎちゃうな、澪ちゃんに連絡しておかないと。

カチカチカチ

唯『澪ちゃんごめん、会社出るの遅くなっちゃった。
  うちに着くの10分くらい遅れるかも(汗)』

ヴヴヴヴ… ヴヴヴヴ…

メールを送ったその数秒後、澪ちゃんからの返信はあった。
内容は記号含めた"ホント?"とたった4文字のメール。
予想通りの返信に、僕は周囲の目を気にすることなく路線図を撮影して送り、
澪ちゃんの返信内容を確認しホッと胸をなでおろした。

澪『うん、了解~♪ 寄り道せずに帰るんだぞ(ニコニコ』

唯「ふわ… ねむ…」

眠気覚ましもかねて、あずにゃんからもらった飴玉をもう1つ頬張った。
黒飴もなかなかイけるもんだね。




唯「やっほ~、ただいまー」

澪「おかえり、唯…  ん?
  外で何か食べてきた?少し甘い匂いがする…」

あずにゃんから貰った飴の香りを嗅ぎつけ、ツンとしたツリ目で僕を睨み付ける。
上目遣いで見られるのが、これほど怖いと思ったことはない。

唯「あっ… そうだ、今日りっちゃんが来てね飴もらったんだー」

澪「ホント?」

唯「うん、澪ちゃんにウソなんてつけないよ。
  なんなら、りっちゃんに電話で確認してみてもいいよ??
  …って、もうかけてる…。」

澪「うん、うん… あ、そうだったんだー。
  律、忙しいところゴメンな、それじゃまた今度3人で遊びに行こう!」


ガチャ

澪「唯、ごめん…疑っちゃって。 グスッ… ホントにごめん…」

唯「ううん、大丈夫だよ…よしよし。
  晩御飯冷めちゃわないうちに、早く食べよう!
  ずっと楽しみにしていたんだよね」
  (りっちゃん、話あわせてくれたんだ…助かったぁ…)




ザザーッ・・・ カチャカチャ・・・

食事を済ませ僕は食器洗いを始めた。
いつも家事を担ってもらっているんだから、これくらいはしないとね。
少し主婦気分になって、"うんたん♪うんたん♪"と鼻歌を歌っていたら嫌な視線を感じた。

冷たく、嫌な汗が背筋を伝っているのがわかる。

澪「ねぇ…この子だぁれ?」

明らかにいつもよりも低いトーンで問いかけられる…怖くて振り向けない。
振り向いたら何かが終わる気がする。

澪「ふ~ん、"まなべ のどか"って読むのかな?
  知的溢れる上品な名前な人みたいだけど…誰?
  "今度一緒に飲みに行こうよ、美味しい店見つけたよ!"って書いてあるんだけど…どういうこと?」

ザーッ… ザザーッ…
ただ水道から流れ出る水の音だけが響く台所。

こういう時の澪ちゃんの表情は怖い…というよりも、何をされるかわからない。
ゆっくりゆっくり慎重に振り向くと、澪は僕の携帯電話を示しながらゆらりとたたずんでいた。



澪「答えられないの?」



雰囲気が尋常じゃない、澪ちゃんの周りの空気はどす黒く淀み、歪んでいるように見える。
僕は心を落ち着け、口を開いた。

唯「澪ちゃん…それ、"まなべ かず"君のことだよ。
  僕たちの結婚式にも来てくれたじゃない?」

真実を知った澪ちゃんは、瞳に光を宿し顔を紅潮させた。

澪「あ…わたしったら、またやっちゃった」

唯「あはは、澪ちゃんはおっちょこちょいだなぁ」

携帯電話のチェックは澪ちゃんの日課なんだけど、携帯電話のチェックなんかして楽しいのかな?
うーん、わからない。

唯「それじゃ、洗い物終わったらお風呂入るから、澪ちゃん先に入って」

澪「う… その、今日は…」

唯「どうしたの?」

澪「えと…久しぶりに一緒に入らないか?」

唯(恥ずかしがっている澪ちゃん…やっぱりかわいい)





ざっぱーん…

風呂は命の洗濯とか誰かが言っていたけど、ホントにそうなんだなぁ。

ガラッ

澪ちゃんが入ってきた…
モデルさんのようにスラッと長く細い脚、ガラス細工を思わせる。
アンダーヘアーは手入れしており、キチンと整っている。
そして、スリムな肢体に実った乳房は張りがあり、湯気でしっとりとしている。
梅雨の時期に取れる桃という表現がピッタリだ。

澪「な…なんだよ、そんなじっくり見て…恥ずかしい」

唯「えー、だって澪ちゃんが一緒に入ろうって言ってきたんじゃない」

両腕で体の部位を隠す澪の姿は「ヴィーナスの誕生」を髣髴とさせた。





僕たちは風呂から上がり、床についた。
ふかふかのベッドに疲労を預けるに連れ、徐々にまぶたが閉じていく。

澪「ねぇ、唯… 寝る前にいつものしてほしいな」

唯「あ、そうだったね」

僕の1日は澪ちゃんが寝付くまで「愛している」とささやくことで終わる…
彼女が寝付く頃には「ている愛し」となったりもして…ふぁ、ねむ。

澪ちゃんも寝付いたみたいだし、僕も寝るとしよう…




2