唯宅

ガチャッ

唯「たーだいまー」

憂「おかえり~ご飯もう少し待っててね」

唯「うん。部屋にいるから」

トントン

バタンッ

ゴソゴソ

唯(りっちゃんのくれたこれって…きっと危ないクスリだよね…)

ジーッ

唯(りっちゃんがクスリやってたなんて…
  どうしよう…みんなに相談したほうがいいのかな…)ブルブル

唯(どうしよう…どうしたらいいんだろう…)


唯(でも…偉大なロックスターはみんなクスリやってるよね…)

唯(サージェントペッパーとかドラッグの産物だって言うし…
  ジョニサン、イギー、シド、キース、カート…みんなやってる…)

唯(これ飲んだら私も…足りないもの埋められるかな…)ドッドッドッ

唯(一回だけ…一回だけなら大丈夫だよね?)

ごくりっ…

唯(…えぃっ!)

ごくん…

唯(………なんともないや…ただの抗うつ剤かなにかかな…)

憂「お姉ちゃーん!ご飯できたよー!」

唯「はーいっ!」

トントン



カチャカチャ モグモグ

憂「お姉ちゃんなんか機嫌良さそうだねー良いことあった?」

唯「えっ?はは、憂のつくるご飯がおいしいからだよ~」

憂「本当?ありがとう」ニコニコ

唯(へへへ…なんだか気分が良いな…)

唯「ごちそう様!憂たまには一緒にテレビでも見ようよ!」

憂「いいよ~なに見るの?」

唯「んとねー…マンソンのライブ!」


マンソン「エルーエスーデイー」

マンソン「アイドンライクドラックバッザドラグスライクミー」


憂「なんかこの人怖いね…」

唯「イエー!ドラッグスライクミー!」ブンブン

憂「お、お姉ちゃん…?」

唯「ノーライフベイベー!」ブンブン

憂「はは…お姉ちゃんノリノリだね…」

唯(なんだかすごく楽しい!いつもより音が頭の中に入りこんでくる!)

唯「うーっわー!イエー!」

憂「い、イエー…」



唯「すぅ…すぅ…」

憂「お姉ちゃん、起きて!ちゃんとベッドで寝なきゃ風邪ひくよ?」ユサユサ

唯「うううーん…」

憂「ほらっ!起きて起きて!」

唯「んー…だっこー…」

憂「ええっ…しょうがないなあ…よいしょ…」

グイッ

憂「おっ…重い…」

唯「へへへー…」

トン…トン…



翌日

ぽやー

唯(昨日のはなんだったんだろう…やっぱクスリのおかげかな…)

唯(あの状態でギター弾いたら気持ちいいんだろうな…)


ガチャッ

憂「お姉ちゃーん、あれ?珍しく早起きだね?」

唯「憂、おはよう~」

憂「昨日は大変だったんだからね~」

唯「ごめんごめん」

憂「朝ご飯できてるから早く降りてきてね?」

唯「うん。わかったー」

唯(りっちゃんにもう少しわけてもらおうかな…)



学校

唯「おはよう~あ、りっちゃんりっちゃん!」

律「お?どうした?」

唯「ちょっとこっち来て」

律「ああ、いいけど?」


コソコソ

唯「あのさ…昨日もらったお薬…もう少しくれないかな?」

律「おお、気に入ったのか?あれ最高だろ?」

唯「うん。もう一度だけ、さ…」

紬「二人とも何話してるの?」

唯「ムギちゃん…」ビクッ

唯「りっちゃんと…ピストルズとPILはどっちがいいかなって話だよっ」

律「私は断然ピストルズだな」

紬「そう。私はやっぱりPILのほうが好きね」

唯「そっかー。あはははは…」

律「あとでな」ボソッ

唯「うん」



放課

律「唯、トイレ行こうぜー」

唯「うん、わかった」

紬(…ふぅ…)


唯「りっちゃん早く早く!」

律「慌てんなよ。確かまだポケットに…」

ゴソゴソ

律「ほら」

ポンッ

唯「ありがとう…へへへ」

ごくっ

律「ま、ほどほどにしとけよ?じゃあ先でるから」

唯「うん、ありがとう!ふふふ…これで…」



放課後 音楽室

ジャーン!チャリラリラリラー!ティリティティリティー

梓「んまぁーいっ!今日の唯先輩なんだかすごいですね~」

唯「今日の私は一味違うよ!」

澪「気合いはいってるな!さっさく練習始めるぞ」

皆「おーっ」

ドンパッドンパッ
デッディデー

唯「ウイズザガバメントローン」

唯(楽しい…最高に楽しい!)



澪「よおーし、今日はここまで。お疲れ」

ガタガタ…

梓「唯先輩、ちょっとお話が…」

唯「ん?どうしたの?」

梓「あの…」

律「唯ーっ!今日ヒマか?」

唯「別にヒマだけど?」

律「じゃあ帰りウチよってけよ!かっこいいギターのバンド見つけたんだ」

唯「うん。いいよ~あ、ごめん、あずにゃん。話って何だった?」

梓「いえ、また今度話します」

唯「そう?わかったよー」

澪「ほらー帰るぞー」

梓「…また今度」



律宅

唯「おじゃましまーす」

律「ほいほい。適当に座ってくれ」

唯「かっこいいバンドってなんていうバンド?」

律「ふふふー…これだよ?」

ポンッ

唯「何これ?粉?」

律「悩みに効くクスリよりさ…もーっといいやつだよ」

唯「どうやって使うの?」

律「スプーンに出してライターであぶってさ…」

チリチリ

律「注射器で吸い取って…唯、腕だしなよ」

唯「これって…」ごくり…

律「大丈夫。注射器は新品だよ。よっと…」

トントン…

唯「り、りっちゃん…少し怖い…」

律「怖がらなくてもいいよ?ほらっ打つぞ…」

トンッ…

唯「ーーーーっふうぅっ!」ビククッ


唯「ああ…はあ…はあ…りっちゃん~大好きぃ…んっ」

ちゅっ

律「んんっ…どうだ?すごいくるだろ?」

唯「なんだか…すごい頭がクリアになってく…」

律「フフフ…これ少し持って行けよ。注射器もやるからさ」

唯「本当?あ、ああありがとう」

サッサッ

律「また足りなくなったら言えよ?安く譲ってやるよ」

唯「うん。うんうん。えへへ」



3