唯「アイリビオナチャーニイズロック!」

ドンドコドンドコ
ジャーチャジャーン チャラリラリー


唯「ありがとうございました。放課後ティータイムでした」

パチパチ



律「おつかれっ!今日も最高だったな!」

澪「ドラムは相変わらずつっこんでたけどな」

律「すこしつっこむぐらいがちょうどいいんだよ!」

紬「まあまあ」

唯「……」

梓「…?唯先輩どうかしました?」

唯「えっ?ううん、なんでもないよ!おつかれ!」

梓「……?はい」

律「よおし!さっさと片付けて撤収だ!」



ガチャガチャ

澪「今日はおつかれさま!きをつけて帰れよ!」

皆「はーい」

唯(帰るか…)



カチッ ブロロロロロ

唯宅

キキッ ガチャ

唯「ただいま~」

憂「おかえりなさい!ライブどうだった?」

唯「すごく楽しかったよ!」ニコッ

憂「よかった~本当は見に行きたかったんだけど…」

唯「また今度見にきてよ。疲れたからもう寝るね?」

憂「おやすみなさい」

トントン



唯(ふ~…なんでだろう…なんか物足りない……)

唯(ギター始めた頃はあんなに楽しかったのに…)

ゴソゴソ チャラーン…

唯(疲れてるのかな…もう寝よう…)

ドサッ



────────
数時間後

唯(眠れない…)



唯(お酒でも飲んだら眠れるかな…確かお父さんのビールが冷蔵庫にあったはず…)

コソコソ トントン…
ガチャ

唯「へへ…あった…」

トントン

唯「んっ…んっ…ぷはあ~おいしい~」

唯「ふふふ…なんだか気分が良くなってきたな~」

唯「私はロックスターだ!私の演奏をきけ!パイプライン!」

デーッデレデレデデレレレレレレン!



ガチャッ

憂「お姉ちゃん!?今何時だと思ってるの?」

ジャーンジャー…

唯「あ…憂…」

憂「お酒くさい…あっ!缶ビール五本も飲んだの…?」

唯「ごめん…ごめんよぅ…」

憂「もう…早く寝なきゃダメだよ?空き缶は片付けておくから」

ガサガサ


憂「おやすみ」

唯「おやすみ…」

パタン



翌日

唯「うー…頭痛いよー…」

憂「昨日あんなに飲むから…学校行ける?」

唯「んー…頑張って行く…」

憂「じゃあ早く準備しないと遅刻しちゃうよ!手伝ってあげるから」

唯「憂~ありがとう」



学校

唯(あー…まだ頭痛い…)ガンガン

律「おーっす!唯、どうした?青い顔して」

唯「りっちゃーん…その…二日酔いで…」

律「二日酔い?なーにやってんだか…」

紬「あら?お水でも買ってこようか?」

唯「ありがと…お願い…」

唯(はあー…飲んでる時は気分いいけど…お酒はこりごりだよ…)



放課後 音楽室

ジャッジャッジャーン!

梓「オールバイマイセルフオールバイマイセルフ」

ジャッジャッジャッ

唯(うう…音が頭ん中をぐるぐる回って気持ち悪い…)

ジャーン

律「私ちょっとトイレ行ってくるな~」バタン

澪「ちょうどいい。休憩にするか」

紬「まだ気分悪い?」

唯「うん…なんとか…」

梓「未成年なのにお酒なんて飲むからです!信じられません!」

唯「はは…ごめん…」


唯「うぷっ…気持ち悪い…トイレ行ってくるね…」

澪「一人で大丈夫か?」

唯「うん…」

ガチャッ

唯(早く早く…吐いちゃうよ…)

タタタタタタタッ!



バタンッ!

唯「うっ…おえええぇ!えっ…えっ…ふぅ」

唯「はあ…はあ…少し…気分よくなった…」

カタッカタカタッ…
フフ…クスクス…アハハハハ…

唯「ん…?何の音だろ」


唯「あの…なんていうか…大丈夫ですか?」

?「ん~クスクス…だいじょーぶだよー?」

唯「あれっ…?その声…りっちゃん?」

律「なんだあ~唯か~こっち来いよぅ」

唯「こ、個室に?」

律「そうそう…フフフ…はやくはやくう~」

唯(なんか様子がおかしいな…)


ガチャッ

律「ゆーい…へへへ…」ギュッ

唯「りっちゃん?どうしたの?苦しいよ…」

律「唯はさ~なんで二日酔いになるくらいお酒飲んだのかにゃ~?」

唯「えっ…それは…」

律「なんか悩んでるのかにゃ~家のこと?恋?お金?」

唯「あ…実は…最近何か物足りなくて…前はギター弾いてるだけですごく気持ちよかったのに…」

律「そっか~だからか~」

唯「慣れてきちゃったのかな…」

律「へへ、じゃあいいものあげるよ」

ゴソゴソ

律「はい、これこれ!」

唯「なにこれ…?何かのお薬?」

律「唯みたいにね~…悩んでる人にはぴったりの薬なんだよ~」

唯「悩みに効く…」

律「そうそう!酒なんかよりずっといいものだよ!二日酔いにもならないしな」

唯「ありがとう。もらっておくね…」

唯(なんか怖い…)

律「飲めばあっという間に気分良くなるからさ!試してみて!」

唯「うん…りっちゃん、そろそろ行こう?」

律「はいはい、っと」

バタン



ガチャッ

澪「遅かったな!何やってたんだよ」

律「ごめんごめん。唯の背中さすってやってたんだよ。な、唯?」

唯「うん…」

紬「もう良くなったの?」

唯「ありがと、もう大丈夫だよー」

梓「……」

澪「じゃあ練習再開だな。ん~velvetのヘロインでもやるか」

チャーチャリーチャチャチャ



音楽室 練習終了後

澪「やっぱvelvetはいいな。じゃあ今日はこの辺で終わりにするか」

紬「お疲れ様。お茶でも飲む?」

律「おう。喉がカラカラだ~冷たいの頼む!」

梓「私はいいです」

唯「私もいいや…」

紬「そう?」



────────
律「じゃあみんなまたな~」

唯「うん。またね~」



2