梓「ば、バカにしないでください!オナニーぐらい知ってますっ!!」


澪「じゃあいつもやってるようにやってみせてくれ」

梓「ヤッテヤルデス!!」

梓「じゃあ、オナネタにするんで澪先輩脱いで下さい」

澪「えっ?!」

梓「今すぐそこで全裸になってください」

澪「さ、さすがに全裸は・・・」

梓「じゃあ履いてるパンツ渡してくれればそれでも良いです」

澪「パ、パンツならなんとか」

パンツを脱ぎ梓に渡す澪

梓「へーやっぱり縞パンなんですねw」

澪「う、うるさいさっさとやって見せろ」

梓「じゃあ、クンクン、あぁ良い匂いです、さすが澪先輩のパンツ!」

梓「あああ、漲ってきた!!た、ま、ら、な、い!!」

澪(何だこの特殊なオナニーの仕方は?)

梓「澪先輩のパンツ!あぁああああ!あっ!!最高です!!あっあっっ!!」

澪(良くここまで人前でさらけ出せるな・・・・)

梓「ふう、いっちゃいました。じゃあ今度は澪先輩の番ですよ」

澪「ええっ?!」

澪「わ、私は普通にやるだけだ」

梓「普通じゃ分からないですよ」

澪「だから、普通に」

梓「どこをどうやってやるんですか?」

澪「ここをこうやって擦って」

梓「へーそれが澪先輩のオナニーですかw」

澪(え?何?私のやり方がおかしいの?梓のやり方が普通?)

梓「ニヤニヤw」

澪(や、やっぱり変なのかな私のオナニー)

澪「い、今のは冗談だ!これからが本番だ。梓、パンツ脱げ」

梓「はい、どうぞ」

澪にパンツを渡す梓

澪「じゃあ、クンクン、あぁ良い匂いだ、さすが梓のパンツ!」 」

澪「あああ、漲ってきた!!た、ま、ら、な、い!!」

澪「梓のパンツ!あぁああああ!あっ!!最高だ!!あっあっっ!!」

梓「wwwwwwww」

澪「?!」

梓「凄いオナニーの仕方しますね、澪先輩w」

澪「わ、私は梓と同じように・・・」

梓「私のやり方は普通じゃないですからw」

澪「ななっ?!」

梓「いや~面白いもんが見れましたよ」

澪「プツンッ!!」

梓「?」

澪「この悪戯子猫め、お仕置きしてやる!!」

梓「いや!!やめて下さい」




お終い