律「今日はお茶会、もとい練習は中止だ」

梓「ええ~何でですか?」

澪「学園祭も近いんだから真面目に練習しとかないと」

唯「じゃあお菓子もなし?」

紬「私せっかくケーキ持ってきたのに・・・」

律「代わりに裏ビデオ上映会を行う!」

唯「裏ビデオ?何それ?」

梓「裏ビデオ。いわゆるモザイクが入ってないアダルトビデオの事ですよ。これは練習は後回しですね」

澪「そそそそ、そんなの不潔だ・・・」

紬「私裏ビデオ見るのが夢だったの~」

律「全く唯も澪もお子ちゃまだなー。今時の高校生ならこのくらい見とかないと」(私も初めてだけど)

紬「でも律っちゃんそんなの何処で手に入れたの?」

律「昨日聡の部屋を漁ってたらたまたま見つけた!」

澪「漁るなよ・・・」

梓「本物なんですか?」

律「ちょっとだけ見たけど確かに本物だ」(それ以上は一人じゃ怖くて見れなかったけど)

梓「で、何処で見るんですか?さすがに部室はマズイですよね?」

律「和にライブビデオを見るからと言って視聴覚室を借りておいた」

唯「律っちゃん準備良いね」

梓「早く、早く見ましょうよ」

律「で、結局澪は見ないのか?」

澪「・・・・わ、私も見る~」

律(このムッツリめ)

律「じゃあ視聴覚室に集合だ」

紬「視聴覚室でお茶にしましょう」


~視聴覚室

律「ではこれより第一回けいおん部裏ビデオ上映会を行う」

一同「おお~っ!!」

律「ではスイッチオン!」

一同「パチパチパチ」

唯「いけない女子校生の放課後、私敏感なの」

澪「唯、タイトルを読むな」


唯「わーこの女の人おっぱい大きいね、澪ちゃんみたい」

紬「素敵ね~ウットリ」

澪「わっわっあんな風に揉まれて痛くないのかな?」

唯「男の人が乳首をペロペロ舐め始めた」

澪「赤ちゃんみたいに吸ってるな」

紬「男の人はおっぱい好きなのよ」

律&梓「チッ!」


唯「男の人が何か道具出したよ。ピンク色でウィンウィン言ってる」

梓「あれはピンクローターって言って大人のおもちゃですよ」

紬「大人のおもちゃの初歩ね」

澪「へー大人もおもちゃで遊ぶんだな」

律「アレを何に使うんだ?」

唯「あっピンクローターを女の人のお股に当ててるよ」

澪「おもちゃを股間に?」

梓「あれはああやって使う物ですから」

紬「あの振動が気持ちいいのよね」

律(えっ?!まさかムギ・・・)

唯「女の人が気持ちよさそうにしてる」

澪「うわ、うわー」

律「・・・感じてるのか?」

梓「そうでしょうね、女の人の性感帯ですから」

紬「私もあそこが一番だわ」

律(だからムギ・・・)

唯「女の人がパンツ脱がされる」


ご開帳

一同「・・・・・」

一同(良かった私のとあんまり変わらない)

唯「あっ、またお股にピンクローターを当ててる」

澪「さっきよりも感じてるみたいだな」

梓「直接ですからね」

紬「刺激が段違いだもの」

律(やっぱりムギ・・・)

唯「ああっ!!女の人がお漏らしした!」

澪「!!」

梓「あれはいわゆる潮吹きですよ。オーガズム状態になった時、尿道口から大量の液体が吹き出す現象です」

紬「私もたまに潮吹きモガッ」

慌ててムギの口を塞ぐ律

律はビデオを一時停止する

律「・・・なぁもう見るの止めないか?」

梓「駄目ですよ!!せっかくここまで見たんだから最後まで見ないと」

澪「そうだ、それに上映会をやるって言ったのは律だぞ!」

律(発情猫とムッツリめ)

律「じゃ、じゃあ、再開な」

唯「今度は男の人がパンツ脱いでる」

澪「いよいよ、ゴクリ」

ドーン!!

唯「・・・何かトンちゃんみたい」

梓「亀頭、文字通り亀の頭ですからね」

律(子供の頃に見た聡のより随分大きいな///)

澪「へ~何か可愛いかも」

律「み、澪しゃん?」

紬「中々の大きさだわ」

唯「女の人がトンちゃん食べようとしてる?!」

澪「へっ?口に?」

律「なななななっ?!」

梓「フェラチオと言って口で男性器を愛撫してるんです」

紬「慣れるまで大変なのよね。歯を立てないようにしたり」

律(もう突っ込むの止めた)

唯「トンちゃんがどんどん大きくなってる!」

澪「本当だ!さっきの1.5倍?いや2倍?嘘、まだまだ大きく?」

律「聡とは比べものにならない・・・・」

唯「トンちゃんがガメラになっちゃった・・・」

梓「結構大きいですね///」

紬「中々ね~ウットリ」

唯「今度はトンちゃんをおっぱいで挟んでる!」

澪「あ、あんな事するの?私も挟めるのかな?」

紬「私にも出来たんだから澪ちゃんなら出来るわよ」

律&梓「チッ!!」


梓「二人でベッドに、いよいよですね。ゴクリ」

澪「あんな大きなのが入るの?」

紬「意外に入っちゃうのよ、私はもっと大きなのもあるわ」

唯「わっ根本までヌッぷり入っちゃった」

澪「すご・・・」

律「///」

梓「ここからですよ」

紬「色んな体位見てみたいわ」

唯「女の人が上に乗った?」

澪「凄い腰振り・・・」

紬「騎乗位ね」

律「あんな激しく・・・」

唯「おっぱい揺れまくりだね」

律&梓「チッ!!」


唯「何コレ?凄い!男の人が女の人を抱え上げた!」

澪「こんな格好で入れるの?」

律「え?え?」

梓「駅弁ファックですね。」

紬「これをやるのはテクが必要よ。私もあんまり経験がないわ」

唯「今度は後ろから!!犬みたいに突いてるよ!」

澪「わー犬の交尾みたい」

梓「バックですね」

紬「この前のを思い出して来ちゃったわ」

律「わんわん」

唯「男の人の腰振りがいっそう速く!」

澪「あんなに速く突かれたら私」

梓「そろそろですね」

紬「フィニッシュはどこかしら?」

律「わんわん」

唯「顔にカルピスを掛けた?!」

澪「あんな白くてドロドロした物を顔に?!」

梓「これが顔射って奴ですね。うわー」

紬「匂いがたまらないのよね」

律「わんわん」

唯「終わった」

澪「もう、終わりか」

梓「結構勉強になりましたね」

紬「良かったわ」

律「わんわん」

澪「おい、律もう終わったぞ」

律「へ?ああ終わりか」

澪「お前途中から見てなかったろ?」

律「そんな事無い、わんわんとかしてただろ」

澪「何だよわんわんて・・・」


梓「第2回もやりましょうよ」

澪「そうだな、律また違うのあったら持ってきてくれ」

律「一応言っておくけど私のじゃなくて聡のだからな」

唯「何だかお股がムズムズする」

紬「したくなってきちゃった」



その日の夜

~秋山家

澪「うぅ、おっぱいで挟むのって中々難しいな・・・」 (スプレー缶で挟む練習中)

~中野家

梓「ピンクローターを一個ポチッ」

~琴吹家

紬「学校でHな気分になっちゃった。楽しみましょう」

~田井中家

聡「あれ?あれ?鈴木から借りたビデオが無い?!ちきしょ~っ今日のおかずにしようと思ったのに!」

~平沢家

唯「憂、ここをこうやって擦ると気持ちいいんだよ」

憂「お、お姉ちゃんそれは///」



お終い



2