というわけでやってきました平沢家!

唯「あ~……いらっしゃい~……」

すげ~だれてる……

憂「お姉ちゃん、スイカ食べる?」

にもかかわらず、憂ちゃんが魔法の言葉を発するとあら不思議!

唯「食べる!!」ビシッ

律「切り替えはえー……」

唯はまだ、色気より食い気ってやつだな……

梓「唯先輩……それ、練習にも生かしてください……」

今日は妙に気が合うな、梓……しかも全部唯関連。

憂「クロックアップ」

律「何……だと……!」

憂「ライダー……キック」

律「あー!!負けた!」

憂「まだまだですね♪」

梓「ついていけない……」

唯「りっちゃん、結構な頻度でうちに来ては憂とゲームしてるよ、

私も一度やらせてもらったんだけど、足元にも及ばなかったよ♪」

梓「はぁ……そうなんですか」

律「梓もやってみるか~?」

梓「私は別に……」

律「ほほう、怖気づいたかね」

梓「なっ……むむぅ~……やってやるです!!」


挑発に弱いな、梓。

そのコントローラーの持ち方からして素人だな……遊んでやるか。

律「いっちょ揉んでやるよ」

梓「な!律先輩のエッチ!」

律「そういう意味じゃない!あ、負けたら罰ゲームな」

梓「ええ!?」





梓「いけ!半分こ怪人!」

律「振り切るぜ!」

そして戦いが始まった。

戦わなければ生き残れない!


梓「負けた……」

律「ハードボイルドだ……俺」

憂「梓ちゃんも修行しないとね♪」

梓「遠慮しときます……」

律「さぁ罰ゲームだ」

と、私が言った瞬間梓は座ったまま後ずさる

梓「や……やだぁ……律先輩……やめて……」

そして自分の身体を守るかのように抱いて……つーか

律「別にエロい事なんてしねーよ!」

梓「なんだ、よかった」

律「ったく……さぁ憂ちゃん。罰ゲーム決めて」

憂「私ですか?」

律「あぁ、それなら公平だし、梓も逆らわないだろ……」

梓「なるほど……流石律先輩!フェアな男です!」

律「おまえはなかなかどうして俺を尊敬してるのか馬鹿にしてるのかわからんやつだな」

憂「じゃあ……梓ちゃんは、この家を出るまで律さんをお兄ちゃんって呼ぶって事で♪」

梓「ええ!?」

律「(なにい!?)gj!!」

唯「りっちゃん……心の声と本音が裏返ってる……」

律「いつでもいいぜ」

梓「お………お」

唯「私もお姉ちゃんって呼ばれたい~!」

憂「私がいつでも呼んであげるから♪」

それってデフォルトじゃね?」

梓「お……おにいちゃん」

律「!?」

面と向かって言われると破壊力が……!!

梓「りつ……お兄ちゃん」

律「もういい!!もういいから!!」

梓「ええ?やっと慣れてきたところなのに……律お兄ちゃん~っ」

ヤメロ!

律「あーダメだ、勝てない!」

憂「えっへん!じゃあ罰ゲームですねっ」

律「なんだと……」

憂「わたしも、おにいちゃ~んって呼んじゃおうかな~」

と、二人には聞こえないように耳打ちしてくる。

梓「?どうしたんですか?二人して」

唯「あずにゃん、ここのコードなんだけど……」

梓「ああ、そこはですね……」

そんな感じで時間が過ぎた。

夏期講習に行くよりよっぽど有意義な時間だったと思う。


合宿当日の朝、私は平沢家に訪れていた。

憂「すみません……わざわざ迎えに来てもらっちゃって……」

律「いや、じゃんけんで負けた俺が悪い……」

去年の事もあるので、誰か朝に唯を迎えにいけないかということになったのだ。

そして、私に白羽の矢が立ったというわけだ。

まぁ、さっきも言った通りじゃんけんで負けたからなんだけど

律「ほら唯、起きろ」

唯「うへぇ~……眠い……」

律「早く起きたら、ケーキあるぞ?」

唯「ホント!?」

律「嘘だ。さぁ起きろ、やれ起きろ」

唯「うぅ~……」

律「甘い!」

二度寝なんてさせるか!


どうやら別荘へは船での移動らしい。

船旅か……男心をくすぐられるぜ、元女だけど。

梓「律先輩、何やってるんですか?」

律「古来よりこの海域に伝わるヌシを仕留める……

俺はそのために生きてきた」

梓「律先輩ってたまに中学二年生みたいなこと言いますよね……」

律「うっせー!釣りだよ釣り!」

梓「律先輩って釣りできるんですか!?」

律「いや。構えてるだけ」

梓「あー……」



律「何?歌詞書いてんの?」

澪「ああ、こんな経験滅多にできないし……」

律「確かに、ここならいつもと違うのができそうだな」

メルヘンチックじゃないのもできるかも知れない!

澪「うっ……」

律「なんだ?顔色悪いけど……」

澪「酔った…」

律「おいおい、大丈夫か……?確か後2時間くらいで着くって言ってたけど…」

澪「う、うん………ん?律、何してるんだ?」

律「背中、さすってやるよ……」

澪「あ、ううぅ……」

顔色が青を通り越して緑になっている澪の背中をさすってやると、

今度は赤くなってきやがった。新種の病気か?

澪「だ、だいじょーぶだから!ちょっと中で休んでくる!」

律「あ、おーい!無理すんなよ~!」

澪「律のやつ……自覚なしだから困るんだよな……」

まだ顔が赤い……酔いも、吹き飛んでしまったみたいだ。


紬「あっ澪ちゃん、一緒にお茶いかが?」

船内に入ると、ムギがお茶を用意してくれていた。

こんな豪華な船なのに、酔う時は酔っちゃうもんなんだな。

澪「ありがとう、いただくよ……」

紬「ええ、でも。先に飲んでいてもらってよろしいかしら?

私みなさんをお呼びしてくるわ」

澪「ああ、わかった」

外に出るとまた酔うかもしれないし……ここはムギに任せておこう

唯「あずにゃん、魚がいるよ!すっごいたくさん!」

梓「よく見えますね……」

唯「憂にも見せたかったなぁ~」

あ、いたいた

紬「唯ちゃん、梓ちゃん~」

唯「あ、ムギちゃん」

梓「どうなさったんですか?」

紬「これからお茶にするんだけど、どう?」

唯「お菓子もでる!?」

紬「ええ♪」

唯「わ~い、あずにゃんいこ?」

梓「はいっ」


澪「あれ?律は?」

紬「りっちゃんは遠慮しておくって。たまには女子だけで楽しんでくれとおっしゃってたわ」

梓「そんな気を利かせていただかなくても……」

唯「今更って感じもするけどね~」

澪「感謝すらされない律って一体……」

紬「だからここは一つ、女の子らしい話でもしてみようかと思うの♪」

梓「と、言うと?」

紬「私、コイバナするのが夢だったの!」

澪「コ、コイバナ!?」

唯「おおぉ、ムギちゃん乙女だね!」

紬「でも、私達のまわりの男の子ってりっちゃんしかいないじゃない?」

梓「まぁ、そうなりますね……」

紬「皆はりっちゃんのことどう思ってるの?」









律「ハックショイ!!」


――――

唯「私はりっちゃんのこと、好きだよ」

澪「!?」

梓「ゆゆゆ、唯先輩!?」

唯「だって面白いしー、たまに私にお菓子くれるし!!!」

澪「あぁ……」

梓「そういう意味ですか……」

紬「そうね~、私もりっちゃんのこと、好きよ。澪ちゃんは?」

澪「………そうだな、軽音部を作るきっかけになったのは律だし、

その時1番頑張ってくれたのも律だしな……それに」

唯「それに??」

澪「一度だけ……前髪を下ろした律を見た事があったんだ……」

梓「前髪??」

澪「それが……その……」

紬「その時の事を思い出しただけで顔が真っ赤になってしまうほどのかっこよさだったの!?」

唯「え~ずるい~!私も前髪おろしたイケメンりっちゃん見たい~!」

澪「本人は『おかしーし!』ってすぐに上げちゃったんだけどな……梓は?」

梓「わ、私ですか!?」

唯「言ってみなはれ……ほれ」

梓「は、はずかしいですってば!」

紬「いいからいいから♪」

梓「わ、私は……その……律先輩の、明るいところとか……
素敵だと、おもいまふ……」

紬「それでそれで?」

梓「それに……その、これは本人にも言った事なんですけど……

おちゃらけてるようで実は1番皆の事気にして、見てくれてるところとか、

尊敬、できると……」

澪「うん、私もそう思うよ!それで?」

梓「………新観ライブの演奏を聴いたときから思ってたんですけど……

律先輩のドラムってチートですよね……まるで機械みたいに、リズムがずれなくて……

それなのに凄く表情豊かに、楽しそうにドラムを叩いてるところとかも、その……いいなって……」

唯「ふむふむ……それで?」

梓「時々妙に考え込んでる時とかありますよね……私達を見て何かを懐かしむって言うか……

その、今の私達じゃ手の届かない距離にいるんじゃって思わされるようなミステリアスな表情が

、かえって大人っぽいというか……でも、次の瞬間にはまた、いつもの明るい律先輩に戻っていて、

そのギャップが……」

唯「好きなんだね?」

梓「は………って、なんだわたしだけこんなに語らなくちゃいけないんですか~!!」

澪「だって梓が……」

紬「律先輩の事ならいくら時間あっても足りないッス!!って言ってるような気がしたから……」

唯「ベタ惚れだね!あずにゃん!!」

梓「にゃあああああああああ!!!」

唯「あ、抱きついたりしたらしたらりっちゃんに怒られちゃうや」

梓「唯センパァァァァイ!!そんな事無いです、ウェルカムです!!」

コソコソ

澪「……あんなふうに言葉に出来ないけど、結構私も梓と同じ事思ってたような気がする」

紬「実は、私も」

律「祭りの場所は……ここか……!」

長いようで短い船旅を終え、今年の合宿場にたどりついた我が軽音部一同。

所有者であるムギを除いた全員が、その別荘の大きさに呆気にとられている。

澪「これが、去年言ってた1番大きい別荘?」

紬「ごめんなさい、そこはまた先に予約が入ってて取れなかったの……」

唯「間、まだ上があるというのですか!?りっちゃん隊長!?」

律「我々は……触れてはならない領域に、足を踏み入れてしまったのかもしれない

……ところで梓、さっきからなんで俺の顔ばっかり見てるんだー?」

梓「な、なんでもないです!」

梓は慌てて顔を別荘のほうに向け、それを見た女性陣は楽しそうに笑っていた。

なんだ?

澪「さぁ、練習するぞ!」

梓「はい!練習です!」

唯「えー……」

律「遊ばねぇのー?」

澪「遊ばない!私達は練習しにきたんだ!」

梓「そうです!明日やろうは馬鹿野郎です!」

ちっ……この日本人形コンビが……

まぁいい、勝ちは見えている。

律・澪「「ムギ!」」

紬「遊びた~い」

澪「まさかの裏切り!?」

律「よーし、時間が勿体無い。ビーチバレーやるぞー!着替えて集合だ!」

唯「望むところだよ、りっちゃん!」

澪「あぁ……」

梓「澪先輩、ドンマイです……」

私は砂浜に倒れこんでいた。

役に立たない唯の分も動いたので、

結構疲れてしまった。

梓「律先輩、飲み物持ってきましたよ」

律「おお、サンキュ………これ、口つけたりしてないよな?」

梓「つけてませんよっ!」

ならいいんだが……

律「はー!うまい………って梓、黒!」

梓「は、恥ずかしいです……」

梓の肌は見事に黒く焼けていらした。

もうここまで来るとマジックじゃね?

梓「や、やっぱり変ですよね……

私、すぐに黒くなっちゃうんですよ」

律「ふむ」

本人の言うとおり、

ホントに梓の日焼けは見事な焼け具合だ、私ならこうはいかない。

日焼けに個人差とかあるのかはわからないが、

まぁ体質なのだろう。


4