唯「島田紳助先生が顧問になってくれるって!」




紳助「おう、じゃあこれから宜しく頼むわ!」

澪「はい、よろしくお願いします」

紬「よろしくお願いいたしますわ」

紳助「なんや、3人しかおらんのかいな。寂しいのぉー」

紬「ああ、あと一人いるんですよ」

澪(優しそうな先生で良かった……)



ガチャ
律「ちーっす」

唯「あ、来た。りっちゃん、この人が島田先生だよ」

紬「顧問になってくださるんですって」

律「あ、そーなんだ。ども、田井中でーっす」

紳助「…………なんじゃ目上のモンに向かってその挨拶はぁぁぁ!!!」
バチコーン!!

律「ぎゃあっ!!」

紬「りっちゃん!」

澪(怖い先生だったーっ!)

紬「いきなり何をなさるんですか!」

紳助「何って、教育や、教育。
    生徒が教師に向かってタメ口で話してええわけあらへんやろ?
    そういうのをちゃんと分からせたらんとコイツのためにならんねん、分かるか?」

紬「でも、いきなり殴らなくっても……」

唯「そうですよ先生~、りっちゃんだって悪気がなかったわけじゃないですしー。
  ね、りっちゃん」

律「う、うう……す、すみませんでした、先生……」

紳助「ふん、分かったらええんや。
    ここは他の部員に免じて許したるわ。
    またやったら、今度は承知せえへんからな」

律「は、はい……」

澪(ガクガクガクガク)

紬「お、お茶にしましょうか……」


紬「はい、どうぞ」

唯「わーい」

紳助「おっ、紅茶か。俺ちょっと紅茶にはウルサイで」

紬「あら、そうなんですか。
  お口に合えばいいんですけど」

律「…………」ごくごく

澪(律……殴られたところがあんなに青じんで……)ごくごく

紳助「ほう、なかなかええ紅茶やのう」ごくごく

唯「へえー、先生紅茶に詳しいんですね~。
  これ、なんていう紅茶なんですか?」

紳助「あんなぁ唯ちゃん、紅茶の名前なんか関係あらへんねんで。
    うまいもんはうまい、それでええんや」

唯「そっかー」

紬「……」


紳助「ちょっと演奏きかせてくれや」

紬「ええ、いいですけど……
  まだ唯ちゃんのギターがなくって、3人だけの演奏になるんですけど」

紳助「なんや、ギターないんかい。
    せやったら俺が買うたるわ」

唯「えっ、いいんですか?」

紳助「おう、ギターないと始まらんやろ」

唯「わーい、先生大好き~!」がばっ

紳助「やめえや、苦しいやろ~。
    じゃあ、3人だけでええから演奏きかせてくれや」

紬「はい」

澪(下手だと殴られたりするのかな……)

律「……」


律「じゃ、じゃあ……いきます……ワンツースリー」

紳助「ちょっと待ってくれや。ビデオの用意するから」

紬「ビデオ?」

紳助「ああ、撮影すんねん。こういう記録は残しといた方がええしな」

紬「そうですか、それはそれは」

澪(意外と良い先生なのかも……)

紳助「よし、ええで。じゃあやってくれや」

律「……わ、ワン・ツー・スリー!」



演奏後

紳助「あんまりうまないな」

澪(ばっさりだ……)


紳助「でもまあええわ。その方がやりがいあるわな」

紬「やりがい?」

紳助「ああ、お前らを一人前まで育てたるっちゅうこっちゃ」

唯「先生って熱心な方だったんですねっ!」

紳助「当たり前やろ~。ほな唯ちゃん、ギター買いに行くで。
    今日の部活はこれでしまいや」

唯「わーい!」

紬「お疲れ様でした、先生」

澪「お、お疲れ様でした」

律「…………お疲れ様でした」

紳助「おう、お疲れー」
ガチャ



澪「……」

紬「……な、なかなか個性的な先生だったわね」

澪「個性的っていうか……バリバリの体育会系というか……
  良い先生かも知れないけど、ああいうの苦手なんだよなぁ」

紬「そうねえ、この部活にはあわないかも……
  それよりりっちゃん、大丈夫?」

澪「あ、そうだ、殴られたんだったな」

律「ああ、いや、うん、大丈夫だよ……まだヒリヒリするけど」

紬「体罰なんて、問題にならないのかしら」

律「いやいいんだよ、私が悪かったんだし、ははは。
  やっと見つかった顧問の先生を手放すようなことは……」

澪「律……」

律「まあいいじゃん、そのことは。
  帰ろうぜ、部活終わったんだし」

紬「そ、そうね……」

澪「ああ……」



翌日。
ギターを持った唯が部活に現れた。

唯「見て見て~! ぎゅっいーん!」

紬「わー、似合うわ、唯ちゃん」

澪「これ、すごく高いやつじゃないんですか?」

紳助「おう、25万もするやつやったけどな、ねばって5万に負けさせたったわ」

澪「25万を5万に!?」

唯「先生すっごいんだよー。
  話術って言うのかな~、店員さん圧倒されちゃっててさー」

澪「へ、へえ……」

紬「まあ、これで本格的に練習が出来るわね」

澪「でももうすぐ中間テストだぞ」

唯「テス……ト……?」

澪「もしかして忘れてたのか」

唯「先生、勉強教えてくださいっ!」

紳助「おう、何からやる?」

唯「数学!」

紳助「数学かぁー、いま出張中やがな」

唯「理科!」

紳助「惜しいなぁー、社会やったらいま大売出しやのになぁー」

唯「それもありました!」

紳助「たったいま社会閉店になってしもたんや」

唯「もうええわ!」

紬「……」

澪「……」

律「……」


紳助「…………」ギロリ

紬「あ……と、とっても面白いですね! あ、ははは」
 (ほら澪ちゃんも……)

澪「そうだな、あはははは……」

律「ははは」

紳助「おう、それでええんや。
    ほら唯ちゃん、ウケタで」

唯「わーい、澪ちゃんたちもお笑いが分かるんだね~」

澪(唯が島田先生に毒されていく……)

紬(ていうか疲れるわね……)

律(かえりたい……)

唯「それより、本気で勉強しなきゃ!」

紳助「勉強なんかせんでええて。唯ちゃんはそのキャラでいくんやから」

唯「キャラ?」



テスト終了後。

唯「クラスで一人だけ……赤点でした……」

澪「おい!」

紳助「うんうん、唯ちゃんらしいてええで」

ビデオカメラを回す紳助。

紬「また撮影ですか?」

紳助「ああ、こーゆうんはあとあと使えるんや」

紬(使う?)

唯「追試に備えて、本気で勉強しなきゃ!」

澪「よし、じゃあ私が教えてやるよ」

紬「私も協力するわ」

紳助「……」ピッ

紬(ここは撮影しないのかしら)


2