次の日

音楽室

澪「この通りだ!許してくれ律!」

律「お、おい!なんだよ澪!頭あげろって!!」

澪「昨日の私はどうかしてたよ!平民どもを見下すなんて!本当にごめん!」

律「わかったから!わかったから頭あげてくれ!」

澪「許してくれるのか・・?」

律「もちろんだよ。あたしら親友じゃないかよ!」

澪「律・・・ありがとう・・・」

律「それに私はしってたんだぞ?お前がベース置いていった時からきっと帰ってくるって!」

澪(あ、忘れてたよベース・・・)


律「まぁ、これからも変わらずによろしくな」

澪「もちろんだよ。」

唯「これでけいおん部も元通りだねー!」

梓「唯先輩・・・実はそれが元通りじゃないんです・・・」

唯「えっどういうこと?」

梓「じつは・・・ムギ先輩ー!出てきてください、ムギ先輩ー!」

ムギ「は、はじめまして・・・」

唯「は・・・」

澪「はじめまして・・・?」

律「実はムギが記憶喪失になってしまったんだよ・・・」

ムギ「・・・」

唯「そんな・・・私のこと覚えてないの!?」

ムギ「コクリ」

澪「私は!?私の存在感なら忘れたくても忘れられるわけが・・・」

ムギ「すみません・・・」

唯「そんな・・・来週から修学旅行なのに・・・こんな状態ってかわいそうすぎるよ・・・」

澪「キーボードは!?弾けるのか!?」

律「キーボードは弾けたよ。基本は日常生活には支障は無い。」

澪「よかった・・・ムギのキーボードが欠けたらHTTじゃなくなるしな・・・」

澪「修学旅行までに治るといいな」

ムギ「ありがとうございます。」

唯「無理しちゃ駄目だよ?病人なんだから・・・」



そして部活終了後

唯「帰るかー!」

澪「あ、ごめん。私と律はちょっと残るからさ、先にかえっててくれ」

律(え・・・///)

梓「わかりました。」

唯「じゃあムギちゃんは私たちが送ってくね!」

ガチャ


律「な、なんだよ・・・いきなり残るなんて聞いてないぞっ?」

澪「私昨日からずっと律に悪いことしちゃったなって思っててさ・・・」

律「だ、だからあれはもういいって!!許したからさ!!」

澪「私律を傷つけちゃって・・・どうやって責任取ろうか・・・ずっと考えてて・・・」

律「せ、責任なんて!!何言ってんだよ!友達だろ?」

澪「だったら、私のほんのちょっとの気持ちを受け取ってほしいんだ。」

律(え・・・///)

澪「受け取ってくれるか?」

律「気持ちって・・・なんだよ・・・?それによる!!」

ぎゅっ

澪がそっと律の手を握る

律「澪・・・///」

澪「・・・ありがとう。受け取ってくれて。」

律の手には1枚の小切手が握られていた。


律「なんだこれ・・・」

律(紙?ラブレターでもなさそうだし・・・)

澪「私のほんの気持ちだ!」エヘン

小切手「¥30,000,000」

律「・・・」

澪「大好きだよ、律。」

律「お前・・・」

澪「ん?」

律「やっぱりまったく反省してないな・・・土下座の時から平民どもとかいったりおかしいとは思ってたけど・・・」

澪「な、何言ってんだよ律・・・そ、そうか!足らなかったんだな!だ、大丈夫!こうやって0を一つ足せば・・・ああぁぁ!!『,』がズレたぁぁ!!」

律「だいたいベース忘れてく時点で軽音楽に未練ないの見え見えなのに・・・」

律「なんで戻って来たんだよ?」

澪「み、みんなでけいおん部・・・やりたくて・・・」ウルウル

律「おうおう。これからは履歴書の特技の欄に“嘘泣き”って書けるなぁ澪ちゃん!」

澪「・・・」

澪「ギロ…」

律「ひっ」



澪「まったく・・・友達だと思ってたのにさ・・・」

澪は手にある小切手をビリビリと破り捨てた。

澪「どうしても仲良くできないのか?」

律「ああ、無理だね。」

澪「ムギがあんな状態なのに・・・友達の事もう少し考えたらどうだ!」

律「答えはさっき言ったぞ。こんな成金ごめんだね!」

澪「・・・」

澪「成金だとォ・・・?」ギロ

律「ひっ」

澪「お前・・・私に向かって成金だと・・・」

律「じ、実際そうだろ!宝くじ当てただけじゃねえか!!」

澪「大富豪の私に向かってどの口がそんな事をほざきやがったアアアア!?」

澪「この私が土下座までしてっていうのに!つけあがるな!私の傷ついた心を返せ!」

澪「謝罪しろ謝罪!!」

律「お前ちょっとおかしいだろ!?怒りを通り越して心配になってきたぞ・・・」

澪「平民のくせに私をキチ呼ばわりするなあああ!!」


律「お、おちつけ澪!別にキチ呼ばわりなんかしてないって!」

澪「したじゃないか・・・私をキチ扱いした目で見たじゃないか・・・」

律「きのせい!それは気の所為だ!まずは落ちつけ!な?」

澪「はぁ・・・はぁ・・・」

律「お前は大金を手にしておかしくなってるだけだ。だからまず冷静になってくれ。」

澪「おい、今私のこと池沼だって思っただろ。」

律「思ってないから!それに池沼は唯一人で十分d」

ガララ

唯「・・・」

律「唯!?」


唯「りっちゃん・・・今何の話をしてたのかな?」

律「えっと・・・その・・・」


カチッ

『思ってないから!それに池沼は唯一人で十分d』

カチッ


律「ボイスレコーダーだって・・・?澪、お前なんてもの持ち歩いてんだよ・・・」

澪「私会話を24時間記録してるんだ。」

律「なんだよそれ・・・完全に人間不信じゃんかよ・・・」

澪「あ、私は唯の悪口言ってないぞ。こいつで証明できる。1億賭ける」

唯「やっぱり私の悪口言ってたんだね、りっちゃん・・・」

律「えっと唯、これは誤解なんだ!言葉のあやというか・・・」

唯「なにが言葉のあやだよ!りっちゃん私の事池沼だって思ってたんだ!」

律「いや、ち、違・・・」

澪「違くないだろ。いい加減認めろよ、律。」

律「澪・・・」

唯「・・・」

律「唯!信じてくれ!私お前のこと本当に友達だって思ってるんだよ!?」

澪「“思ってた”の間違いじゃないの?」

律「澪ォ・・・」ギリッ

澪「なんだよその目は。」

律「一回信じた私が馬鹿だったよ。お前はもう完全に芯まで腐っちまってたみたいだな・・・!」

澪「ほざけ、平民が!」

唯「もうけいおん部もおしまいだね・・・人間関係ぐっちゃぐちゃだよ・・・」

澪「一部の狂った奴のせいでな。」

律「あぁ、それに関しては同感だな・・・!痛ぇっ!」

唯「あずにゃんがかわいそうだよ・・・」

律「それにも同感だな・・・!痛ぇぇ!!」




そして、修学旅行の日がやってきました!


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/05/04(火) 21:23:14.73 ID:Gnyi7ZPWO
律は何を痛がってるんだ?


  >>57
  指を踏まれてます。



6