数日後・音楽室


ムギ「はい、お茶」

唯「・・・」

澪「・・・」

梓「最近練習全然やってませんね・・・」

律「とてもそんな気になれねぇよ・・・」

唯「本当、この場所が一番落ち着く場所だもんね・・・」

澪「最近人間不信になりそうだ・・・」


ムギ「そういえば皆宝くじのお金使ったの?」

律「私はゲーム買ったよ。欲しかったソフトもいらないソフトもバンバン買ったわ」

唯「私はウォークマンとCD買ったよ~」

律「そう言えば教室いる間ずっと聞いてるな。何聞いてるんだ?」

唯「まぁ色々と」

律「あと聡にカードおごってやったな~唯は憂ちゃんに何かあげたのか?」

唯「え?えーっと・・・」

澪「私全然使ってないや・・・手も出してない・・・」

梓「私もまだ200万ぐらいしか使ってません。全然減らないんですよ・・・」

唯「もうつけ回されるの嫌だよ~!!」

律「これなら買わない方がましだったな、宝くじ」

澪「だから言ったじゃないか、後悔するって・・・」

唯「そうだ!いいこと考えたよ!!!」

唯「もう一回宝くじ買えばいいんだよ!そうしたら一気にお金減るよ!!」

澪「なるほど。それなら一気に減るな。また3億当たるなんて奇跡はそうとう無いだろうし。」

律「いや、それなら募金しろよ・・・」

梓「早く使い切りたいからと言って無駄使いはちょっとどうかと・・・」

唯「この苦しみから解放されるほうがいいよ!!行こう!澪ちゃん!」

澪「あぁ!さっさと使い切ろう!」

そういって2人は宝くじを買いに行った。



唯「えへへ。1万枚も宝くじ買っちゃったよ!」

澪「あっという間に300万使えたな。これなら7500万もあっというまなんじゃないか!?」

唯「そうだね!さっさと解放されたいもん。お金なんてやっぱりほどほどが一番だね~」

澪「その通りだな。どうせこの宝くじも外れるし。当たっても300万以上になることはないだろうな」

唯「そうだね!それに夢をかったんだか300万なんてやすいもんだよ!」



そして抽選日の翌日。

音楽室

ムギ「お茶できたわよー」

律「どうした唯、澪。やけにやつれて。」

唯「ああああ、あのね、りっちゃん・・・!」

澪「え、えっと・・・その・・・」

律「どうした?早く言えよ?」

唯「ま、また3億円、当たっちゃいました・・・!」

律「な、なんだってー!?」

ムギ「あらすごい。」


唯「厳密にいえば私と澪ちゃんで6億なんだけどね・・・」

律「ブーーー!!!」

ムギ「ろ、6億!?」

唯「う、うん・・・」

澪「テレビでは幸運の女子高生とかで家まで取材に来るし・・・」

唯「まさか当たるなんて・・・どんだけ運がないんだろね、私たち」

律「いや、ツキまくりだろ・・・」

澪「唯!競馬だ!競馬で全額賭けて無くそう!」

唯「そ、そうだね澪ちゃん!さっそく競馬場に行こう!!」



競馬場!

澪「競馬場なんて初めて来たよ・・・」

唯「私もだよ~。どのチケット買えばいいのかな?」

澪「よくわからないけどお金無くしたいなら一番人気無いのでいいんじゃない?」

唯「なるほど!流石澪ちゃん!頭いいね!」

澪「そんな・・・よし、そうと決まれば一番人気無い奴に全額投入だ!」

唯「おー!!」



音楽室

律「それにしてもあいつら馬鹿すぎだろ・・・そんなにお金無くしたいなら募金すりゃいいのに・・・」

ムギ(あ、このお菓子当たりだわ。すごくおいしい。)

梓「まぁ競馬なら確実に減りますよ。全ての馬券を均等に買えばすぐに無くなるでしょうから。」

律「もったいないことするなぁ・・・」

梓「まあ、SSですから・・・」

ぷるるるるぷるるるる


唯『もしもし?りっちゃん?ほら見て!ジャーン!』

律「なんだそれ。粗すぎて見えないって」

唯『馬券だよ!生まれて初めて買っちゃった!』

律「へぇ~」

唯『澪ちゃん頭いいんだよ!一番人気の無いの買えばいいって教えてくれたんだ!』

律「どんなの買ったんだ?」

澪『●―○だ。あ、もうそろそろレース始まるみたいだからそれじゃあな』

プツ


梓「生まれて初めてラジオで競馬聞くことになりそうですね・・・」

律「そうだな・・・」

ムギ「おもしろそ~う!」



音楽室

律「ありゃー、唯のやつまた当たっちゃったかー」

梓「どうするんでしょうね。どんどん増えてってますよ。」

ムギ「楽しんでるみたいだからいいんじゃないかしら?」



競馬場

唯「当たっちゃったよ・・・」

澪「どうすんだこれ・・・100億以上あるんじゃないのか・・・」

唯「もうさ、ここまできたら無くさなくていいんじゃないかな?」

澪「え?」

唯「だって私たちもう大富豪だよ?」

澪「唯・・・」



音楽室!

唯「で、結局300億まで増えちゃったわけで・・・」

澪「私たち大富豪の仲間入りしちゃいました。」

律「・・・」

ムギ「300億って・・・」フラッ

梓「ちょっと!ムギ先輩!しっかりしてください!ムギ先輩!」

唯「大富豪になってもいつまでも仲良くしてね」

律「も、もちろんだろ!金で友達への態度がかわるわけないじゃん!」

澪「ありがとう、律・・・」

唯「ほら言ったでしょ!りっちゃんは態度変えるような人じゃないって」

澪「そうだ。律武道館ライブしたいって言ってたよな?」

澪「さっき貸切の予約入れてきたからさ。1週間後には律も武道館デビューだぞ!」

律「え」

唯「わーい!よかったねー!りっちゃんっ!!」

律「え?」


律「いや、いいよ、貸切なんて・・・」

澪「なんでだよ?遠慮なんかしなくても・・・」

律「遠慮とかそんなんじゃなくてさ・・・」

梓「そ、そうですよ!貸切でライブしてもお客さんもいませんし!!それじゃあ寂しいだけですし・・・!」

唯「それもそうだね~。だったら無料開放した方がいいかもね。」

澪「そうだな。当日は無料開放だ。」

梓「そうじゃなくって・・・」

唯「言わないで!あずにゃん!私珍しく空気読めたから!」

澪「唯?」

梓「唯先輩・・・?」

唯「確かりっちゃんはこう言ってたと思うんだよ!」

律『いつか満員の武道館でライブを・・・!』

唯「って。だから満員じゃなきゃだめなんだよ!」

澪「なるほど。だったら来場者全員に1万円プレゼントとかしたらいいんじゃないか?そしたら余裕でky」

律「いい加減にしろっ!!!」


澪「律・・・?」

律「いい加減にしてくれ・・・貸切とか・・・1万円キャッシュバックとか・・・」

唯(キャッシュバックじゃなくてプレゼント・・・)

律「武道館なんて金で行ったところで意味がない場所だろ!」

律「自分たちでつかみとってこその武道館だろ!?」

律「なんで夢を金で買わなきゃいけないんだよ!ふざけるのもいい加減にしろよーーー!!」

シーン

唯「あのさ・・・りっちゃん・・・」

律「・・・」

唯「宝くじもさ・・・お金で夢、買ってるよ・・・ね?」

律「ブチッ」


澪「おー上手いこというなー唯。」

唯「えへへ。今日は頭の回転がいいみたい。」

澪「これもお金の力なのかもな!」

唯「世の中お金だね!」

「はははははははははは」

梓(・・・)チラ

律「・・・」


律「―――――お前らけいおん部から出てけ・・・」

澪「え・・・」

唯「今・・・なんて・・・」

律「けいおん部から出てけって言ったんだよ!お前らみたいなのはけいおん部じゃねえよ!」

澪「な、何言い出すんだよいきなり・・・」

唯「そんな悲しいこと言うのやめて・・・」

律「うるさいっ!荷物まとめて出てってくれっ!!」

唯「・・・」

澪「・・・」


4