平沢家

唯「ただいま~。憂体調どう?」

憂「うん。もう大丈夫だよ。」

唯「よかったよ~。でも夕飯買ってきちゃった。」

憂「そうなの?じゃあはカレーは明日に回して今日はそれ食べよっか!」

唯「おー。明日はカレーか~!」


唯「いただきまーす」

パクパクムシャムシャ

唯「あ、そうだ。憂にはコレ話しておくね。大切な妹だし。」

憂「もう、おねえちゃんたら・・・」

唯「一昨日私が宝くじ買ったって言ったよね?じつはアレ、当たっちゃいました!3億円!?」

憂「わぁ!すごいね、おねえちゃん!おめでとう~!」

唯「えへへ。でね、かくかくしかじかで、私は7500万円手にしたんだよ!」

憂「7500万円か・・・よかったね!おねえちゃん!」


唯「そう言えば憂は宝くじどうだったの?」

憂「ええと、私も愛しいお姉ちゃんにだけは離そうと思ってたんだけど・・・」

憂「私も実は当たっちゃったんだ。」

唯「えぇ!もしかして3億円!?」

憂「えっと・・・確かそうだったかな・・・?」

唯「へぇ~!憂も3億当てたんだ!」

憂「まったく姉妹そろって強運だよね・・・」

唯「そうだね!」



次の日

唯「おはようみんな!」

律「お、遅刻ギリギリだぞ唯~!」

唯「えへへ。3億7500万円を使ってる夢見て遅れちゃった!えへへ~」

澪「」

律「」

ムギ「もう唯ちゃんったら」

和「まぁ、夢があっていいんじゃない?唯らしいわ。」


律「た、確かに唯らしいな!7500万なんて!あは!あは!あはは・・・」

和「でも嫌に具体的な数字ね。」

澪「ま、まぁ唯の夢だしさ!」

和「それもそうね。唯だもんね。」

唯「ムー。ちょっと私馬鹿にされてない~!?」

律「はは!してないって!」

澪「はははは!」

和「ふふ。そういえば昨日あなた何があったの?」

律唯澪「・・・」

律「えっと・・・」

澪「あ、あまり聞かないでやってくれ!なんて言うか律にとって黒歴史だしさ!」

唯「そ、そうそう!話聞いてる私たちまで恥ずかしくなるくらいの黒歴史だから!」

和「そう。まぁ大丈夫なんだったらなによりだわ。」

唯澪律(ふぅ・・・)



音楽室!

唯「・・・」

澪「・・・」

律「はぁ・・・」

ムギ「~♪」

澪「・・・律、お前何かに使ったか?高いブランドバーンって買ったとか」

律「してないよ。だいたい何に使ったらいいかも考えてねぇよ・・・。」

唯「あぁ、さわちゃんのギター売った時が懐かしいよ・・・」

ムギ「お茶入ったわよ~」


ムギ「はい、どうぞ」

唯「ありがとう、ムギちゃん」

澪「ムギは相変わらずだなぁ・・・。私も辞退したほうがよかったかな?」

律「辞退?7500万だぞ。できるのか?」

澪「う・・・」


ガチャ

梓「みなさんこんにちは」

唯「あ、あずにゃん・・・!?」

梓「こんにちは唯先輩。」

律「おい・・・なんだその・・・眩しすぎるアクセサリーは・・・!」

梓「昨日さっそく100万使って買ってきました。」

澪「1日で100万!?バカだろ!?お前バカだろ!?」

ムギ「落ち着いて、澪ちゃん!」

梓「大丈夫ですよ。よく考えてください。だって100万円なんて1/75じゃないですか」

唯「75分の・・・」

律「1・・・」

澪「そんなのすぐ無くなるぞ・・・」

梓「私、当たった時から使うのは500万だけって決めてますから。あとは貯めるから大丈夫です。」



唯律「ガタッ」

澪「どうしたんだ?」

律「えーっと・・・その」

唯「ちょっと買いものにグフッ!」

律「トイレだよ、トイレ!」

唯「むぐむぐ~」

澪「買い物って言っただろ。」

律「チッ・・・」

梓「綺麗です・・・」ウットリ


澪「いや、行ってこいよ。」

唯「え?いいの?」

澪「他人の私がとやかく言うようなことじゃないしな。」

唯律「・・・」

ムギ「ほら、お菓子もあるわよ~」



次の日

「あの、秋山さん・・・」

澪「え?私?」

「なんかけいおん部が宝くじ当たったって聞いたけど本当?」

澪「・・・誰から聞いたんだ?」

「私はAから」

「私はBよ」

ワイワイ


澪(さっそく噂になってるし・・・バレたのか・・・?)



澪「・・・ってことがあってさ」

唯「うわ・・・なんでばれちゃったのかな?」

律「まぁ、梓があんなのつけてたらすぐバレるわな・・・」

澪「最悪だよ・・・私たかられるのかな・・・」

唯「心配しすぎだって。家にあるんだし誰も取っていかないって~」

律「そうそう。少なくとも一部の噂なんだし。学校新聞で記事にされたわけじゃないんだから」

ムギ「そうそう。学校新聞ならともかく全校生徒知ってるわけがないんだから一般なんか全然知らないわよ。」

澪「そ、そうだよな!」

唯「それに学校新聞で記事にされるなんてありえないって~心配性なんだから澪ちゃんったら~」



「すみませ~ん、ちょっといいですか~」

唯「え?私?」

「ちょっと暇だったらお話きかしてもらいたいんですけど・・・」

唯「うん。お話ってなに?」

「えっと宝くじのことについてなんですけど・・・」

唯「!?」

「けいおん部について知ってることとかあったら・・・って?」

唯「ごめんなさ~~~~~い!!」

「逃げられたか・・・」

「チッ!」



唯「みんな!みんな~!」

ガラッ

律「どうしたんだ唯。そんなに慌てて。」

唯「あのね!さっきね!廊下で新聞部の人に取材受けちゃったの!」

唯「宝くじについて聞きたいって!!」

澪「な、なんだってー」

律「やべぇよ・・・やっぱりこれバレてるって・・・」

梓「一体どこから漏れたんでしょうか・・・」

律「お前がそんな格好してるからバレたんじゃないのか!?」

梓「な!私だってそれくらい考えてます!皆の前とかではつけてませんよ!」

唯「でも実際ばれてるし・・・」

澪「誰も他言してないよな?」

律「も、もちろんだよ!」

梓「人を疑うのはやめてください!」

澪「あぁ・・そうだな・・・悪かったよ・・・」

唯「じゃあどこから漏れたんだろう・・・」

律「やっぱり噂じゃないのか・・・?」

ムギ「まぁ考えてても仕方ないじゃない。お茶入れたわよー」

澪「ありがとうムギ。」

唯「でも学校新聞にでもされたら大変なことになっちゃうね!」

律「私らに金目当てで近づいてくる奴とかもいるだろうな」


次の日、学校新聞にけいおん部と宝くじの記事が上げられた。



3