音楽室

梓「やっぱりムギ先輩が入れた紅茶は美味しいですね」

律「だよなー他の奴が入れてもこの味は・・・って何してんだ唯」

唯「宝くじだよー!スクラッチ!」

ムギ「宝くじとかもったいない・・・」

澪「ムギの言うとおりだ。当たるわけないんだしお金の無駄だろ」

唯「でも100万円だよ!夢は大きく持たなきゃ!」

澪「やれやれ。お茶終わったらするか」

唯「あ、500円当たった!」



練習終了

唯「ふへー、もうくたくただよ~」

澪「今日はいつになくみっちり練習できたな!」

梓「明日もこの調子で行きましょう!」

律「ち、ちょっと勘弁してくれよ~!」

ムギ「明日はもっとまったりしましょ!!」

唯「ムギちゃんの言うとおりだよ!こんなのけいおん部じゃないやい!」

澪「・・・おい」



帰り道

律「そう言えば唯宝くじ当ったのか?」

唯「うん!500円も当たっちゃったんだよ!!」

ムギ「いくら分買ったの?」

唯『えっとね~5枚だから、1000円!」

澪「じゃあ赤字じゃねーか」

唯「それでも一時の楽しみと夢が買えたからいいんだもん!」

梓「ははは。唯先輩らしいですね」

唯「そうだ!みんなでお金出し合って宝くじ買おうよ!」

律「おっ面白そうだな!」

唯「でねー、当たったら部費にするの!ブヒブヒ~」

澪「やめとけ、絶対後悔するから。ムギからも何か言ってやってくれよ」

ムギ「あら、楽しそうね!」

澪「ってムギまで!!梓は買わな・・・」

梓「みんなが買うなら私も買いますよ。」

澪「梓~」

唯「それじゃあ決定だね!」

律「どうせ買うならスクラッチはやめて夢はでっかく持とうぜ!」

唯「ドリームジャンボ3億円だね!」

律「おう!ってことは3000円いるわけだな」

梓「一人600円ですね。はい。」

澪「まあ、ゲーセン行くよりは安いし・・・ほら。」



律「よし、3000円集まったみたいだな!すみませーん!宝くじ10枚くださーい!」

宝くじ屋「どれにします?」

梓「どれでも同じですよ」

唯「じゃあこれ!一番真中のやつ!!」



宝くじ屋「ありがとうございましたー」

律「へっへっへ。これで大金持ちだな!」

澪「当たるわけないだろ!『やめときゃよかったー』って絶対後悔するぞ」

唯「えへへ~楽しみだな~」


こうして私たちは宝くじを買いました。そして澪ちゃんの言葉通り後悔することになるのです・・・



平沢家

唯「いただきま~す。モグモグ。やっぱり憂のお料理はおいしいね~」

憂「ありがとう、おねえちゃん。」

唯「そうそう。今日帰りみんなで宝くじ買ったんだー。当たったら部費にするの。ブヒブヒ~」

憂「もう食事中にブヒブヒやめてよ・・・でも、お姉ちゃんも宝くじ買ったんだね」

唯「おねえちゃん も ってことは・・・憂も買ったの?」

憂「うん。3000円で1組だけど。ちょっと節約して夢でも買おうかな~って」

唯「大丈夫だよ!憂なら絶対当たるよ~!」

憂「ありがと…ってどこからそんな自信がわくんだか、おねえちゃんは・・・」

唯「当ったーれっ!当ったーれっ!」



次の日・音楽室

ムギ「ねえ、抽選日っていつだったっけ?」

唯「明日だよー。あー楽しみだな~。こうやって待ってるのってスクラッチには無い楽しみだね!」

澪「律、まさか無くしてないだろうな・・・」

律「おいおい!昨日今日で無くすわけないじゃん!!」

澪「昨日今日で無くしそうなんだよ!」

律「ひ、ひどいっ!!」


梓「こんにちは」ガチャ

律「よ-」

唯「あずにゃ~~ん!」

梓「く、くっつかないで下さいっ!」

律「全員そろったみたいだし・・・」

澪「そうそう、全員揃ったし練sy」

ムギ「お茶にしましょうか!」

唯律「おーー!!」

澪「だんだんこのノリに慣れてきた自分が悔しい・・・」

梓「澪先輩、ファイト・オー!なのです。」



唯「あー楽しかったー!」

澪「結局練習しなかったし・・・」

律「明日!明日ちゃんとやるから!!」

唯「そうそう!昨日いっぱい練習したし!」

ムギ「じゃあ明後日は遊べるわね!」

澪「ムギまでそういうことを~」

梓「今日遊んだ分、明日はビシバシいきますからね!!」

唯律「えぇぇ・・・」



次の日・教室

唯「おっはよー!みんな!あれ?りっちゃんは?」

澪「それがまだ来てないんだよ。電話しても出ないし・・・」

ムギ「風邪でも引いたのかしら。」

和「でも馬鹿は風邪引かないわよ。」

澪ムギ和「う~~~ん・・・」

唯「きっと遅れてくるよ!来なかったら放課後お見舞いにいこうよ!」



その日、律が授業に出ることは無かった。

澪「無断欠席って何考えてんだあいつ!」

唯「それじゃあお見舞いに行こうよ!」

和「でも音楽室で梓ちゃん待ってるんじゃないの?」

澪「そうだな。律ん家行くのは音楽室行って梓と合流してからだな。」

ムギ「そうね。」



音楽室

唯「あずにゃんいるー?」ガチャ

梓「・・・はい。」

唯「あのね、今日りっちゃん学校休んでさ、今からお見舞いに行こうって思うんだけど・・・」

梓「律先輩?律先輩ならここにいますよ。」

唯澪ムギ和「え?」


澪「学校休んでこんな部室には来るなんて・・・」

唯「りっちゃんけいおん大好きなんだね!」

律「・・・」

ムギ「どうして学校休んだの?」

律「あの、悪いが和には外してもらいたいんだ・・・」

和「わかったわ。それじゃあまた明日ね。あとで事情聞かせてよ。」

澪「あぁ。悪いな・・・。で、何があったんだ?」

律「あ、あのさ・・・実はさ・・あの宝くじなんだけどさ・・・」

律「・・・当たっちゃったんだ」

唯澪ムギ「え」


ムギ「本当なの・・・?」

梓「私もさっき一緒に確認しましたから。間違いはないはずです。」

唯「やった!やったよ~!」

澪「そんなことで学校休むなよ・・・で、いくら当たったんだ?」

律「さ、3億・・・」

唯澪ムギ「え」


澪「さ、さ、ささささささささささささささささ」

唯「3億円~~~~!!!!!」

ムギ「あらまあ・・・」

唯「りりり、りっちゃん!!すごいよ!すごいよ!3億なんて想像もつかないよ!!」

澪「でも3億なんてどうするんだよ・・・」

ムギ「え?当たったら部費にするんじゃなかったの?ブヒブヒ~~」

澪「」

唯「ムギちゃん・・・」


澪「3億なんて部費の値段じゃないだろ!?」

ムギ「え?そうなの?」

梓「今ムギ先輩がお嬢様って改めて実感しました・・・」

唯「私もだよ・・・」

澪「あーーー!!!どうすんだよ!?3億!?私たちにどうにかできるレベルじゃないじゃないかーーー!!」

律「あのさ、提案があるんだけどさ・・・」

律「5人で山分けしないか?そうしたら一人6000万だ。そんなに高くないだろ?」

澪「6000万でも十分大金だよ!!どんな金銭感覚だよ!?ライアーゲームの見過ぎだコノヤロー!!」

ムギ「ちょっと澪ちゃん!落ち着いて!!」

梓「でも山分けも一つの案ですよね。6000万ならまだなんとかなりそうな気がしないでもないし・・・」

唯「でも個人だよ?」

澪梓律「・・・」


澪「や、やまわけするか・・・」

ムギ「あれ?部費にしないの?」

唯「部費には高すぎるから皆で山分けのなったの。」

梓「だから全員6000万円づつです。」

ムギ「そう・・・だったら私辞退するわね。私の6000万も使って。」

律「おい・・・」

ムギ「あ、部費にしてもいいわよ。だってたかが6000万じゃない?」

唯「あ、あはははは・・・」


梓「じゃあ3億を4人で山分けですね。」

澪「一人7500万か・・・高いな・・・」

律「想像がつかない金額だな。車買ってもお釣りがくるぞ。」

唯「そうだよね。でも1億なんてあっという間だってよく聞くから無駄遣いはしちゃダメだよ。」

澪「唯の言うとおりだ。ここは高校生らしく全額貯金だな。」

梓「澪先輩、ちょっと使うくらいなら・・・」

澪「“全額”貯金だ!使い始めたら絶対止まらなくなるぞ。」

律「あのさ、なんで澪が指図するんだ?山分けしたんだからもうこれ私の金じゃん」

梓「そ、そうです!他人の家計にまで口出しされたくありません!」

澪「そんな!私はみんなの事を思って・・・」

唯「澪ちゃん、私もみんなももう高校生だしお金の管理ぐらいできるよ」

澪「唯・・・」

唯「破産したら自分の責任なんだしさ~別にいいじゃん」

澪「・・・」



カァーカァー

ムギ「今日はティータイムも練習もしなかったわね~」

梓「ムギ先輩、それどころじゃないですよ・・・」

澪「じゃあもう知らないからな!」

律「わかってるって!ちゃんと考えて使うから!」

梓「それに7500万なんて当分なくなりませんよ」

唯「それじゃあ結論も出たし帰ろっか」

澪「いつもの3倍は疲れた・・・」



帰り道

澪「いいか、これだけは守ってくれ。3億当てたことは誰にも言っちゃだめだからな」

梓「わかってます。」

律「誰にも言わないぜ!」

唯「あ、そうだ。ごめん。先に帰ってて?」

澪「どうしたんだ唯?」

唯「私スーパー行って夕飯買わなきゃ。忘れるところだったよ!」

律「夕飯?どうしてまた」

唯「今日憂の体調がよくなかったみたいでさ・・・学校休んだんだ」

梓「確かに休んでましたね。」

澪「そっか。じゃあ憂ちゃんにお大事にって伝えといてくれ」

唯「うん!また明日ねー!」


2