律「おいおい・・・誰って私だよ」

唯「え?え・・・?」

律「あ、そっか。今日髪下ろしてたんだっけ・・・これなら分かるか?」グイッ

唯「あー!りっちゃん!!」

律「やっとわかったか・・・まったく、酷いぞー?」

唯「えへへ、ごめんごめん。・・・でもどうして今日は髪下ろしてるの?」

律「いや、カチューシャ壊しちゃってさー」

唯「ふーん」



ガチャッ

紬「こんにちは」

唯「あ、ムギちゃーん♪」

律「おいっす」

紬「え・・・?あ、あの・・・どなたですか?」

律「ちょ!ムギまで・・・ほら、私だよ私!」グイッ

紬「あ、りっちゃん・・・!」

律「まったく・・・ムギまで分からないなんてさー、酷いよ~」

紬「ごめんなさい、髪下ろしてる姿なんて珍しかったから・・・」

律「まぁいいけどさ、そんなことより今日のお菓子何~♪」

紬「うふふ、今日はチーズケーキよ」

唯「わぁーやったー♪」



ガチャッ

澪「ごめん、掃除で遅くなったよ」

唯「あ、澪ちゃーん」

律「遅いぞー」

澪「え?・・・えっと・・・誰?」

唯「あはは、幼馴染の澪ちゃんでもわからな・・・ムグッ!?」

律(ばらすな唯・・・面白いからこのまま澪を騙すぞ・・・!)

唯(えぇ~!?)

紬「えっとね澪ちゃん。この子軽音部の見学に来たんですって」

澪「え?そうなのか?」

律(ナイスムギ!)

律「そ、そうなんですぅー!オホホ・・・」

澪「へぇー、名前は?」

律「な、名前!?名前はえっと・・・・た、田中律子です!」

澪「・・・・」

律(や、やば・・・流石に安直すぎたか!?)


澪「田中さんは軽音楽に興味あるの?」

律(よ、よかった・・・気付いてない・・・澪、思ったよりバカだ!)

律「・・・えっと、軽音楽というより秋山さんに興味があって」

澪「え?私?」

律「はい!学園祭のライブのとき見ててすっごいかっこいいなぁって思って・・・それでずっと憧れてたんです!」

澪「そ、そ、そうなんだ・・・!えっと、その・・・あ、ありがとう・・・///」

律(くっくっく、澪のやつ顔真っ赤にして照れちゃって・・・可愛いなぁ)

澪「え、えっと・・・田中さんは楽器とかできるの?」

律「ハーモニカを少々」

澪「へぇ、今持ってる?もし良かったら聞かせてくれないかな?」

律「いいですよー♪それじゃ・・・」スチャッ

澪「・・・おい、ちょっと待て」

律「なんですか?」

澪「・・・なんで律のハーモニカ持ってるんだ?」

律「!」


律「え!?な、なんのことですかぁ~?これ私のですよ!律なんて人知らないし・・・」

澪「じゃあそのハーモニカに書いてある律って名前はなんだ?」

律「やべ!しまった!」

澪「しまったってことは・・・お前!律か!!」

律「ち、違う!!違うんだよ澪!!これはちょっとした冗談で・・・」

澪「りいぃぃぃぃいつうぅぅぅぅぅう!!!」

ボコッ!

律「ォンギャア!!!」


澪「よくも騙したな!!このバカ律!!バカ律!!」

律「痛い!!痛い!!ごめんなさいごめんなさい!」

紬「あらあら、簡単にばれちゃったわね♪」

唯「そうだねー!・・・・ハッ!?」

紬「どうしたの?唯ちゃん」

唯「あ、いやなんでもないよー!」

唯(ふふふ・・・いいこと思いついちゃったー!)


唯「ねぇりっちゃんりっちゃん!」

律「うぅぅ・・・なんだよ唯~・・・」

唯「部活終わったらちょっと二人で話したいんだけどいいかな?」

律「え?別にいいけど・・・何の話?」

唯「内緒内緒♪」

律「?」



ぶかつご!

律「おい唯。澪もムギももう帰ったぞ。そろそろなんの話か聞かせてよ」

唯「その前にりっちゃん、まずは私の髪留めをつけてみて!」

律「え?なんで?」

唯「いいからいいから!」

律「ん・・・これでいいか?」

唯「いいよいいよー!じゃあちょっとこの鏡見てみて」

律「鏡?どれどれ・・・うわっなんだこりゃ!私が唯そっくりになってる!」

唯「りっちゃん、それだけで驚いちゃダメだよ!私がこのカチューシャをつけると・・・」

律「あ、唯が私そっくりになった!」

唯「面白いでしょー?」

律「確かにこりゃ面白いなー!」

唯「それでね、りっちゃん。話って言うのは・・・」

律「あー、もうわかった!皆まで言うな!ようするに私と唯、入れ替わろうってことだな!」

唯「おほぉー、さすがりっちゃん!」

律「なかなか面白そうじゃん!それじゃあ明日部活のときにでもやってみるか?」

唯「うんうん♪やろうやろう!」



つぎのひ!

唯「ふんふんふ~ん♪はやく誰か来ないかな~♪」


ガチャッ

澪「お、来てるのまだ律だけか」

唯「あ、澪ちゃ・・・澪!おいっす!」

澪「はぁー、なんか最近、寒くなってきたよな・・・」

唯「そうだなー。あ、それじゃ澪、抱き合ってお互い温め合おうぜー♪」

ガバッ!


澪「え!?ちょっ・・・やめろバカ律!!」

ゴォンッ!!!!

唯「オンギャアアアアアアアアアア!!!!」


澪「な、なんだよそんなに大げさな声出して・・・今日はいつもより弱く殴ったろ?」

唯(え!?こ、これでいつもより弱いの・・・!?じゃありっちゃんはいつもこれ以上の痛みに耐えてるってこと!?すごい・・・!)


ガチャッ

律「おいっす澪ちゃんりっちゃん」

澪「あ、唯」

律「あれ?ゆ・・・りっちゃんどうしたの?頭押さえて」

唯「澪ちゃ・・・澪に殴られた~・・・」

澪「律が変なことするから悪いんだぞ・・・!」

律(・・・おいちょっと唯!変なことって何したんだよ?)

唯(え?私はただ澪ちゃんに抱きついただけだよ?それなのに殴られて・・・)

律(バカだな唯ー!今唯は私になってるんだからそんなことしたら殴られるのは当然・・・ん?ちょっと待てよ・・・ということは・・・)

律「・・・ねぇ澪ちゃん」

澪「なんだ唯?」

律「それ~!」

ガバッ!


澪「え!?ちょ、ちょっと唯!」

律「澪ちゃんあったか~い♪」

澪「も、もう・・・しょうがないな・・・唯は本当にスキンシップが好きだな」

律(すげー!澪に抱きついても殴られない・・・こりゃ面白い!)

唯「あー!りっちゃ・・・じゃなかった唯だけずるいぞー!私もー!」

澪「お前はくるな!」

ゴォンッ!!

唯「おおおおおおおお!!!」


律(なぁ唯、唯!)

唯(うぅぅ~・・・なにりっちゃん・・・・?)

律(澪にさ、可愛いって言ってみてよ!)

唯(え・・・?)

律(ほら、はやくはやく!)

唯(う、うんわかったよ・・・)


唯「・・・澪って可愛いよなー!」

澪「なっ!?いっいきなり変なこというなよバカ律!!」

ゴシンッ!!

唯「いぎぃっ!!!!」


律(よーしじゃあ今度は私が・・・)

律「・・・澪ちゃん、今日も可愛いねー♪」

澪「えっ!?な、なんだよ唯・・・そんなこと言われたら照れるだろ・・・///」

律(おーすげー!やっぱり殴られない!・・・なぁなぁ唯!次はさ)

唯「もうやだ!!」

律「え?」

唯「頭痛いんだもん!!もうやだ!!うわあああああああああああん!!」

律(おいバカ、唯・・・!)

澪「ちょ、ちょっと律!どうしたんだよいきなり泣き出して・・・」

唯「私律じゃないもん!唯だもん!!うわああああああああん!!」

澪「え?」

唯「ほら前髪下ろしたら分かるでしょ!?」バサリ

澪「あ、ほんとだ唯だ・・・!ということは・・・」


律(コソコソ・・・)

澪「おい!!」

律(ビクッ!)


澪「何逃げようとしてるんだ律」

律「え?わ、私唯だよ?澪ちゃんなんだか怖いよ・・・」

澪「黙れッ!!!」

ゴシャッ!!

律「んぎゃあああ!!!」


律「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい・・・」

澪「まったく・・・昨日ので懲りたかと思ったら。・・・・・・唯、ごめんな殴っちゃって・・・。頭大丈夫か?」

唯「うぅ~、まだちょっと痛い・・・でも澪ちゃんが撫でてくれたら治るかも」

澪「え、えっと・・・こうでいいの?(ナデナデ)」

唯「うんいいよいいよ~。えへへ・・・♪」

律「澪~・・・私の頭も撫でてよ~・・・」

澪「お前のは自業自得だ!!反省しろ!!」

律「そ、そんな~・・・」



ガチャッ

紬「ごめんなさーい、遅れちゃった・・・」

律「あ。ムギー!いいところに来た!私の頭撫でてよ~・・・」

紬「あら、でっかいたんこぶ。どうしたの?」

律「じつはさー・・・」

かくかくしかじか!

律「ってことでさー・・・」

紬「なるほど・・・唯ちゃんとりっちゃんが入れ替わって遊んでたのね・・・・・・・・・ハッ!?」

律「どした?ムギ」

紬「あ、いえなんでもないわ」

紬(いいこと思いついちゃった・・・♪)

紬「ねぇ澪ちゃん、部活終わったあとちょっと付き合ってもらってもいい?」

澪「え?別にいいけど・・・何?」

紬「内緒内緒♪」

澪「?」


2