・・・・・・・・・・・

ー放課後ー

梓「お疲れさまです!あれ?唯先輩わ?」

律「唯なら、さわちゃんに呼ばれて職員室だ」

梓「そうなんですか!で、唯先輩はどうですか?」

澪「元気そのものだけど、何だか様子が変なんだ」

梓「そうですか…澪先輩、唯先輩どう様子が変なんですか?」

澪「ああ、いつもの元気な唯なんだけど…たまに言葉って言うか、話し方が片言になるんだよ」

律「だから、澪の気のせいだって!」

澪「気のせいじゃないって!律!私、気になって今日一日、唯を観察してたんだ…
そしたら、唯の奴…たまあに固まって動かなくなる事があるんだ…
それも、一定の間隔で…」

律「澪!お前気にし過ぎだって!」

澪「信じてくれよ!律!とにかくなんか変だ…唯の奴…」

梓「憂も朝から唯先輩の事聞いても話したがらないし…何だかそわそわしてるみたいだし…
確かに何か変ですね…」


ガチャ!

梓「あっ!唯先輩!」

唯「あずにゃーん!」ダキ

梓(あれ?なんかいつもの唯先輩の感覚と違うような…)

唯「ああ、あずにゃんの匂いがする…♪」

梓「匂い嗅がないで下さい」

唯「えへへっ…」

律「ほら、澪!いつもの唯じゃないか…」

唯「へっ?」

律「澪がさ唯の様子が変だって言うんだよ。何だかしゃべり方がロボットだとかなんとか…」

唯「ロボット?ワタシロボットジャナイヨ」

梓(あっ!澪先輩の言った通り…片言になった…)

澪「ほら!!今、聞いただろ?律!」

律「だから、気にし過ぎだぞ!澪!いい加減にしろ!」

澪「…」

唯「ごめんねみんな、さわちゃんが暫く部活休めって言うんだ。だから、今週一杯部活休むね」

律「そうか、それじゃあ仕方ないな」

唯「じゃあ、私帰るね」


バタン

梓「やっぱり!澪先輩の言った通り唯先輩おかしいですよ!」

律「なんだよ!梓まで!お前らいい加減にしろ!」

梓「だって、唯先輩に抱きつかれた時、何だかいつもの唯先輩と違う感覚がしたんです!
それに、澪先輩の言ってた通り言葉も片言になってたし…」

澪「だろ!だから、私の気のせいじゃないんだよ!律!信じてくれよ!」

律「じゃあ、仮に澪と梓の話を信じたとしても、今の唯は一体誰なんだよ?」

澪「そ、それは…」

律「ほら!答えられないだろ?唯は唯だろ?」

澪「ああ…」

梓「じゃあ、律先輩!憂の態度はどう説明するんですか?」

律「そりゃあ、あの二人のプライベートな事なら答えたくもないだろ」

梓「説明になってないです!!」プルプル

律「落ち着けよ、梓。じゃあ、どうしたら二人は納得してくれるんだよ?」

澪「あっ…和…和に聞いてみよう!和なら何か分かるかもしれない!」

律「じゃあ、生徒会室に行ってみるか…」



・・・・・・・・・・・

ー生徒会室ー

和「えっ?唯の様子が変?」

澪「そうなんだ、和!話してると言葉が片言になったり、動きが止まって固まったり…」

梓「そうなんです!抱き付かれてもいつもの唯先輩じゃないって言うか…」

律「落ち着けよ二人とも!和は唯に何か感じるか?」

和「そうねぇ…確かに昨日倒れてからの唯は何か変な気がするわ…なんだか、昔交通事故に遭った後の唯みたいな…」

澪「お、おい!事故ってなんだよ?」

和「小学校の時ね、唯が交通事故に遭ったのよ…で、1週間ほど入院して退院した唯が今の唯みたいだったわ」

澪「それだ!」

律「おいおい!それとどういう関係があるんだよ?」

澪「その時、唯の身に何かあって…唯は唯じゃ無くなったんだよ!」

律「澪…言ってる意味が分からないぞ?」

澪「その時の唯はロボットみたいじゃなかったか?」

和「そうね…言われてみたら、そうだったような…」

梓「そういえば、澪先輩がロボットって言った後、唯先輩の話し方が片言になったような」

和「ん?そういえば、あの時も唯がロボットみたいだってクラスの男子がバカにして、その後、唯の話し方が片言になったような…」

澪「繋がったな!」

梓「ですね!」

律「お、おい…で、どうするんだよ?二人とも…」

澪「これから唯の家に行ってくる!」

梓「私も行きます!澪先輩!」

律「おい!待てって!二人とも!私も行く!」

紬「私も行くわ!」



・・・・・・・・・・・

ー平沢邸ー

ピンポーン

憂「はーい!」

澪「憂ちゃん!唯に合わせてくれ!」

憂「えっ?」

梓「唯先輩いるよね?私達、唯先輩に会って確かめたい事があるの!」

憂「あ…あう…駄目!!お姉ちゃんには合わせられない!」

澪「どうしてなんだよ!憂ちゃん説明してくれ!」

憂「そ、それは…とにかく、駄目なものは駄目なんです!」

梓「唯先輩!いるなら出てきて下さい!」

憂「梓ちゃん!だめーっ!」

唯「ん?あれ?騒がしいと思ったらどうしたの?二人とも」

憂「駄目!お姉ちゃん!来ちゃ駄目!」

唯「ええっ?どうして駄目なの憂?」

憂「とにかく来ちゃ駄目だから!二階に上がって!お願いお姉ちゃん!」

唯「それじゃあ、二人に失礼だよ」

憂「お願い…お姉ちゃん…」ポロポロ

唯「憂?どうして泣くの?」

梓「唯先輩、聞きたい事があるんです!」

唯「なあに?あずにゃん」

梓「唯先輩、小学生の時に交通事故に遭ったの覚えていますか?」

唯「えっ?私が交通事故?ないよ…おかしな事聞くねぇ…あずにゃんわ」

憂「だ…め…梓ちゃん…お願い…」ポロポロ

澪「和から聞いたんだ!唯が交通事故に遭ったって!その後に唯がロボットみたいだったって!」

唯「ワタシガロボット?」

憂「い…や…お姉ちゃん…聞かないで…」プルプル

梓「ほら!今、唯先輩ロボットみたいですよ!」

唯「ヘンナコトイウナアズニャンワ…」カクカク

澪「憂ちゃん!ほら!唯の様子が変なのには理由があるんだろ?教えてくれよ!」

憂「も…う…やめて…このままじゃ、お姉ちゃんが…」

梓「憂?」

唯「フタリトモウイヲイジメナイデ…」ギギギッ…カクカク…

梓「唯先輩?えっ…」

澪「唯…」

律「はぁはぁ…おい!澪!梓!えっ…」

紬「はぁはぁ…えっ…?」


唯「ワタシハヒラサワユイ…」ギギギッ…

律「どういう事なんだよ!二人とも説明しろ!」

憂「お姉ちゃん…も…う…だ…め…な…ん…だ…ね」ポロポロ

律「憂ちゃん?しっかりして!」

憂「律さん…もう…お姉ちゃん…駄目なんです…うわーん…」ボロボロ

律「どういう事なんだ?」

憂「お姉ちゃんはもうお姉ちゃんじゃなくなったんです…」ポロポロ

唯「ウイナカナイデ、ウイナカナイデ…」

憂「お姉ちゃんは自分を人間じゃないと認識したんです…それで…自我が崩壊したんです…」ポロポロ

澪「そ、そんな…私達が…悪いのか…」プルプル

梓「唯先輩…ごめんなさい…」カタカタ

憂「澪さんと梓ちゃんのせいじゃないよ…誰も悪くない…悪いのは私達家族のエゴだよ…」ポロポロ



・・・・・・・・・・

その後、憂ちゃんは唯がどうしてロボット、いや性格にはアンドロイドになったのか説明してくれた…
唯は小学生の事故の時に亡くなっていたと。その時、唯の父親の務めている会社でアンドロイドを
開発していて、そのアンドロイドに唯の記憶を定着させたそうです。
それだと、成長しないので1年ごとにアンドロイドの体を交換していたそうだが、
今回、交換したアンドロイドの体に不具合がありそれが私達に唯の異変として見つかってしまったらしい。
唯が自分を人間じゃないと不信を抱くとアンドロイドの部分が大きくなり、
不信から確信に変わると、もう私達が知っている唯じゃなくなるそうだ…
その後、平沢一家は引越して行った…唯も憂ちゃんも表向きは両親の都合で転校という形が取られた。



・・・・・・・・・・

そして、1ヶ月後

澪「唯と憂ちゃんが居なくなって1ヶ月か…早いな…」

梓「そうですね…」

澪「憂ちゃんには連絡してるのか?梓」

梓「引越しの話とか急だったじゃないですか、メールとか電話とかしてみたんですけど、
返事も帰ってこないし、電話も出てくれないんです。
この前、電話してみたら使われていない番号だって…」

澪「そうか…だよな、唯があんなことになったのに、私達にどう接したらいいかわからないよな…」

梓「はい…」

澪「でも…」

梓「でも?」

澪「唯が私達の知らない所で、今までの通りの唯でいて欲しいと私は思うよ…それが今私達に出来るせめてもの
罪滅ぼしだと思うから…」

梓「そうですね…私達が唯先輩の事を疑わなかったらこんな事にはならなかったんですから…」

ーおしまいー



・・・・・・・・・・

ーあとがきー

平沢憂です。
私達姉妹は、今、誰も知らない土地で新しい生活を始めました。
お姉ちゃんの記憶は掏り替えを行って、軽音部の記憶はありません。
でも時折、思いついたかのように何かを探し始めます。
それは、お姉ちゃんのギターのギー太です。
お姉ちゃんに何を探しているか聞いても、モヤモヤした事しか言ってくれません。
お姉ちゃんはアンドロイドですが、お姉ちゃんの心はちゃんと人間なのかもしれません。
私はそんなお姉ちゃんを見て悲しくなります。
でも、悲しい顔はお姉ちゃんには見せないように私は頑張っています。
今はもう合うことはない軽音部のみなさん…
お姉ちゃんは今も元気に生きています。



最初、後書きは書いてなかったのですが
それじゃあ、平沢姉妹が救われないので追記しました。
後書き書いて、自分でもすっきり。
じゃあ、これからハウルの動く城見るかww

それでは、さようなら。