それからも唯の激闘は続いた……!

ギー太「もっと一体になれ!唯!奴らより上手くクルクルしてドギ間を抜いてやれ!」


唯「同じ風の中~」クルクル

EXILE「オナジカゼノナカ~」

メンバーの中に入りロールディングする唯。



─────

GLAY「ドコマデ~モ~」

ギー太「ヤバいぞ! 奴らの一体感はソロのお前には太刀打ち出来ない! 弱点を狙え!」

唯「弱点!?」

ギー太「HISASHIを見つめろ! バンドのバランスを崩してやれ!」

唯「わかったよ!!!」じ~

HISASHI「///」



TMR「カゲキデッサイコウッ!!」

唯「あの人また来たよっ!」

ギー太「ええいストーカーめっ! HISASHIと違って見つめても喜ぶだけだ! 逃げるぞっ!」

唯「がってんしょうちのすけ!」

TMR「ナツヲセイスルモノダケガ……」



────

ゆず「コノナガイナガイクダリザカヲ」

ギー太「ちぃっタンバリンかっ! 唯っ! お前の得意なやつをお見舞いしてやれっ!」

唯「うんたん♪うんたん♪」

ゆず「サクラガオカニハ~ニドト~モウコナイ~」

唯「やったよ!倒したよ!」

ギー太「桜ヶ丘にトラウマを植え付けちまったな……」

そしてようやく……学校につく



唯「ふぅ……もう放課後だよ」

ギー太「B'zを倒したって噂が広まってたんだろうな。あんな大物達が集って来るとは予想外だったぜ」

唯「とりあえず部活だけでも行かなきゃ。何か不登校の子になった気分! 教室にはわたしをいじめる子がいるから行けない…けどみんなには会いに来たよ!みたいな。でもみんなもいじめられたくないから一線置いちゃって…」

ギー太「唯…もしそうなっても俺だけは側にいるからな」

唯「ギー太……」

ギー太「唯…」


ギー太「……あ、ごめん嘘。いいから早く行けよ」

Σ唯「やっぱりギー太冷たい…」



部室!

唯「みんな~来たよ~!」

紬「唯ちゃん!?」

梓「心配しましたよ唯先輩! 学校に来てないって聞いてたから…」

唯「ごめんごめんちょっと寝坊しちゃって」


ギー太「唯、音力を感じるぜ」

唯「なんですと!?」

紬・梓「?」


唯「(前の二人から?」コソコソ

ギー太「いや、あっちだ」

ギー太のネックが指す方には……


唯「りっちゃん…?」

律「……キヒヒ」

スティックを持って佇む律がいた。


律「よぉ……唯。まさかお前も音力に目覚めてるとはな」

唯「ギー太……りっちゃんなんか変だよ?」

ギー太「……恐らく音力に飲まれてるな。(それか乗り移られたか……音霊に)」

律「ドラムから声が聞こえるんだ……叩けっ……叩けっ……叩けぇっ……ってな」

唯「おいらにゃ~けものの~」

律「血が~騒ぐぅぅぅぅぅ」

唯「明日は……」

律「どっち……っとぉっ! 危うく認めるところだったぜ! やるじゃねぇか唯!」

ギー太「チョイスが古いだろ……」


律「ここじゃわたしら以外動けないし聞こえない……遠慮なくやれるってわけだ」

律「なら次はこっちから行くぜっ!!!」ダンダンドンドン

唯「目を覚ましてりっちゃん! りっちゃんのドラムはそんな憎しみに飢えてないよ!」

律「はっはっ!何いってんだ!!! 最高じゃないか!!! これこそわたしが求めていたドラム!!! キースムーンのドラムだぜ!!!」

ギー太「キースムーン!? ザ・フーの……そうか……やっぱりあいつは」

唯「どういうことギー太!?」

ギー太「稀にあるんだ…憧れてる奴がそいつの音力に乗り移る場合が…。奴には今キースムーンが乗り移っている!!!」

唯「な、なんだってー!?」

唯「じゃあ今りっちゃんはとんでもなく上手いってこと!?」

ギー太「いや……聞けばわかる通り……」

律「」ダンダンドンドンパァンパァンッ

唯「あんまり上手くないね……」

ギー太「というかむしろ下手だ。まあ当然のことさ。力加減や体格なんかをキースムーン自体が理解してない。乗り移ってるとは言え完璧でもないからバスドラムも遅れる。
ドラムは一体感が命、それができなければいくらキースムーンと言えどドラムスとしては二流だ」

律「」イライラ

律「このボロドラムがあああああ!!!!」ガシャアンッ

唯「りっちゃん!?」

ギー太「始まったか……壊し屋め」


ギー太「あのままじゃ自分のドラムを破壊しかねん! 止めろ唯! 奴に懐かしの曲を聞かせてやれ!」

唯「でもでも、わたしザ・フーの曲とか歌知らないし……」

ギー太「それでも音楽家か! ちっ……なら内の田井中律に語りかけるしかねぇな! 何か弾き語ってみろ!」

唯「そんないきなり言われてもぉ……」

ギー太「友達を助けたくないのか!?」

唯「!」

唯「わ、わかった! なんとかやってみるよ!」


唯「二人で過ごした日々を~振り返るのなら~楽しさの一言」

律「」

唯「一緒にやった~無人島ごっこ~」

唯「慕い合った~隊員ごっこ~」

律「」

唯「いつも眩しいそのおでこが~みんなに勇気あげ~てる~」

律「」

唯「りっちゃんがいないと~笑顔足りないよ」

唯「りっちゃんがいないと~とっても寂しいよ~」

律「」

唯「だから戻ってきて~よ~↑↑」

律「下手くそ」

ギー太「下手くそ」

唯「酷いっ! 一生懸命考えたのに!」


律「でも……唯の作ってくれた歌、暖かかった」ニシシ

唯「りっちゃん……」

ギー太「これがソウルだ、唯」

唯「ソウル?」

ギー太「全て下手くそでも誰かに対する思いが強ければ強いほど音力はそれに反応する。B'zを倒せたのもソウルのおかげだ」

唯「よくわかんないやぁ」

ギー太「今はわからなくてもいい。ただ……その気持ちをいつまでも忘れるなよ」

いつかこいつは必ずデカくなる……きっと。



紬「唯ちゃんもりっちゃんもお茶どうぞ」

律「お~美味そうだな今日のお菓子!」

唯「(戻ったみたいだねりっちゃん」

ギー太「ああ。音力が宿る程には力がなかったようだ。キースムーンが暇つぶしにドラムを叩きに来たせいであれだけの音力が宿ったんだろう」

唯「迷惑な人だねっ」

ギー太「ドラムスってもんはそんなもんさ……偉大なる男よ、今はただ眠ってくれ……」

唯「ってことはもうこの中に音力がある人はいないってこと?」

ギー太「……今のところはな」

唯「ムギちゃんとあずにゃんは?」

ギー太「紬は楽器にそれほど愛着がない。腕はそこそこだがな。あれじゃ音力には目覚めない」

唯「あずにゃんは?」

ギー太「梓か。確かに奴は腕も楽器対する思いもあるが所詮あいつのはLike、Loveじゃない」

唯「難しいね…」

ギー太「ただ……奴は別だろうな」

唯「奴……?」


その瞬間、世界が止まる──────



紬の入れた紅茶がティーカップとの間で棒状になって止まっている。

唯「後ろから凄い音力だよ…!」

ギー太「この音力…やつか」

キィ……ガチャ

澪「紅茶を入れる邪魔をしちゃったみたいだな」

ギー太「エリザベス……ッ!!」

エリザベス「久々ね、ギー太」

唯「知り合いなの?」

ギー太「ああ、名前をつけられしものの一本だからなお互い……」

澪「びっくりしたよ、唯。まさかあのB'zさんを倒すなんてな」

唯「澪ちゃんも音力に目覚めてたんだね…」

澪「私は高校に入ってすぐだけどな」


澪「こうしてぶつかり合うのは音力を持つもの同士の宿命……認めてもらうぞ! 私の音楽を!!!」

唯「やめて!!! 澪ちゃん!!! わたし達が争う理由なんて……」

澪「理由なんていらないっ! 音力を持つなら相手に自分を認めさせなきゃ駄目なんだ!!!」

ギー太「ちっ、それがエリザベスの教育ってわけだ」

エリザベス「ふんっ、あなたはその子にどういう言い方をしてるのか知らないけどね、これが音力の本質なの。自分一人の音楽で世界を屈伏出来る力を持つ! それが音力!!!」

唯「違うよっ!!!」

澪「!?」

エリザベス「!?」

唯「わたしも色々な人と戦って……そしてわかった! 音楽って言うのは認めたり否定したりじゃないってことが!」

澪「なに!?」

唯「色々な音があるからこそ色々なメロディが生まれるんだよ!!! それを認めない音力なんて力は……いらないんだっ!!!」

澪「唯…」

バリーン─────

澪「おめでとう」

エリザベス「おめでとう」

紬「おめでとう唯ちゃん」

梓「おめでとうございます先輩」

律「おめでとう唯」

稲葉「オメデトウッ」

松本「」ジャカジャカジャーン

EXILE「オメデトウ」

GLAY「おめでとう」

TMR「オーメーデトゥッ」

ゆず「サクラザカニ~マタクルヨ~」

唯「ほえ? みんな?」


ギー太「唯」

唯「ギー太…?」

ギー太「覚えておけ。音楽は一人じゃ一つの音しか出せない。でもみんなが合わさることによって様々なメロディを奏でることが出来る」

唯「うん」

ギー太「音力なんてものはこの世の中に必要ないんだ。お前はそれを見事見せつけてくれた。これで俺がお前に言いたいことはもうない」

唯「ギー太……?」

ギー太「少しの間だったが楽しかったぜ。起きたらちゃんと弦、張り替えてくれよな?」

唯「ギー太!? 待ってよ! ギー太!!!!!」

───どこにも行かないでっ!!!



はっ!

唯「ギー太!!!」

ギー太「」

唯「あれ……ここわたしの部屋…」


弦を張り替える途中で眠ってたのか……。

唯「それにしても変な夢だったなぁ」

ギー太「」

唯「ふふっ」

そう、音は無限ある。自分だけが全てじゃない、認め、認められ、私達の音楽は進化していくんだ。

唯「はいっ出来たよギー太。待たせてごめんね」

ギー太「」

それをわからせる為に、ギー太が見せた夢だったのかもしれない。

唯「ギー太ぁ~むちゅ~」

ギー太「」イラッ

おしまい



番外編

GLAY「ドコマデ~モイコウカ~ト……」

EXILE「ファンファンウィーヒッザッステップステップ……」


GLAY「……」

EXILE「……」





GLAY&EXILE「ト~キヲコエテヒトハマタソレヲクリカエス~」

END






123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/10/25(月) 00:39:10.84 ID:RwWNAjLsO
勝手に次回予告

ミク「ワタシハ、ボーカロイド、ハツネ・ミク……」

小室「バカな……JーPOPが、たった一人の電子アイドルに……」

紳助「ミクによって破壊しつくされた音楽シーンに、新たに君臨するのはヘキサゴンファミリー。そんなん、素敵やん?」

唯「音楽はあなたのおもちゃじゃない!」

ミク「トメテ……ワタシヲ……オネガイ」

唯「みんな、私に力を貸して!」

ギー太「ソウルを燃やせ、唯」

劇場版 けいおん!!!

アッコ「あたしも動かなアカンみたいやな……」

勝俣「アッコさん、音力より戦闘力がやべえええええ!wwwww」

COMING SOON !