唯「ギー太~今弦変えてあげるからね~」

ギー太「ああ、優しく頼む」

唯「任せといてっ」フンスッ

バチンッバチンッバチンッ

唯「こうして……っと」

ギー太「あれだな、弦がないギターってのは壊れかけのラジオみたいなもんだな」

唯「ギー太は壊れてないでしょ~? これから新しくなるための準備なんだからね弦変えは! トンちゃんで言えば脱皮だよ!」

ギー太「あの亀で例えられてもな。あっ、おい、そこちょっと緩いぞ」

唯「あっ、ごめ~ん」

ギー太「全くこんなやつが絶対音感持ちとはな。アリにリンゴアメみたいなもんだな」


憂「……」



唯「どういう意味~?」

ギー太「さあな、自分で考えろ」

唯「ぶー……ギー太はいじわるだよね。そんなんじゃ友達出来ないよ?」

ギー太「心配するな。いじわるなのはお前に対してだけだから」

唯「んもぅ~そんなこと言うなら弦変えやめちゃうもーん」

ギー太「おいっ! 丸裸にしたまま放置すんじゃねぇっ!」

唯「ギー太が謝らないと変えてあげないも~ん」

ギー太「ちっ……仕方ねぇな」

唯「はやくはやくぅ~」

ギー太「モウシワケゴザイマセンデシタ」(棒

Σ唯「全然気持ちがこもってないよっ!?」


憂「(お姉ちゃん……?)」



ギー太「ギターに気持ちを求めるのは世界でお前だけだろうなきっと」

唯「そんなことないと思うけどなぁ~?」

ギー太「いいからさっさと張り替えてくれよ。風邪ひいちまう」

唯「しょうがないなぁ」

ギー太「感謝は音色で返すからよ」

唯「ふふっ、期待してるねギー太」よしよし


憂「(喋りかけてるのはいつものことだけど……何かお姉ちゃんとギー太で会話が成立してるみたい……)」

憂「(さすがにこれはちょっと危ないんじゃないのかな……幻聴が聞こえ出すと体調管理が云々ってテレビよく聞くし……)」

憂「(ここはちゃんと聞いといた方がいいよね!)」フンショッ

憂「……お姉ちゃん誰と喋ってるの?」

唯「えっ? ギー太だよ?」

ギー太「……」

憂「あっ…そうなんだ…程々にね…」

苦笑気味な顔で後退り部屋を出ていく憂。ていうかいつからいたんだろ~?

唯「変な憂」

ギー太「変なのはお前だ」

唯「ほえ?」

ギー太「今まではもしかしたらたまたまお前の話しかけてる内容と俺の返事が一致してるだけかと思ってたが…さすがに合いすぎだよな」

唯「??」

ギー太「ついに目覚めたのか…唯」

唯「……ん? あれっ!?」

唯「ギー太がしゃべった!?」

ギー太「遅いだろその反応」


唯「どうしてギー太はしゃべれるようになったの?」

ギー太「俺が喋れるようになったんじゃあない。お前が聞こえるようになったんだ」

唯「?」

ギー太「簡単に言うと……だ。目覚めたんだよお前は」

ギー太「音力にな」

唯「音力……?」

唯「それに目覚めたってこと? 音楽好きな人はみんな楽器の声が聞こえたりするんだぁ~すごいねっ!」

ギー太「バカ言うな。音力に目覚めるのは余程音楽に愛着がない限りは無理だ。そこら辺の坊っちゃん嬢ちゃんが目覚められる代物じゃねぇよ」

唯「へ~」

ギー太「まあ……お前の場合音楽っていうか俺への愛着が凄かったって言うか……言わせんなよ恥ずかしい///」

唯「?」


唯「それで目覚めたら楽器の声が聞こえたりするだけなの?」

ギー太「いや、それもあるが……音力を持つもの同士は惹かれ逢う。より良い音楽を見出す為にな……」

唯「そうなんだ! 何だかよくわかんないけどすごいね!」

ギー太「悠長に言っていられるのも今のうちだぜ?さっき言ったより良い音楽を見出す為にってのは簡単に言えば自分の音楽を認めさせるってこった」

唯「ほうほう」

ギー太「つまり当然……ぶつかり合うっ……! どちらが上か?下か……ってな」

唯「どっちもいいじゃ駄目なの?」

ギー太「音力を持つ連中は一癖も二癖もある奴らだからな……自分の音楽を認めさせるまで引き下がらねぇよ…」

唯「ふぅ~ん…」


憂「お姉ちゃ~ん、そろそろ学校行かないと~」

唯「あ、う~ん。とりあえず学校行こっか!ギー太!」

ギー太「……道中気を付けろよ? 音力に目覚めたお前を認めさしにどんな奴らが来るかわからんからな……」

唯「ふーい」



唯「いってきま~す」

ギー太「この音力は!?」

背負っているギターケースが一瞬震える。

唯「どうしたの? ギー太」

ギー太「いきなりとんでもない奴が来やがった……」

唯「?」

ギー太「左から来るぜ……唯。絶対に俺を見せるんじゃないぞ!!!? いいな!?」

唯「左から…? あ、あの人知ってるよ!」

ギー太「ああ……あの音力は……」



稲葉「シャクネツヘノショウタイ ココジャスベテガライブ」

松本「」ジャンジャンジャカ

ギー太「B'zだっ……B'zが来やがった!」



唯「あの人も音力に目覚めてるの?」

ギー太「目覚めてるなんてもんじゃねぇ……覚醒してやがる」

唯「意味同じじゃなかったっけそれ…」


稲葉「ドレダケガンバリャイイ…ダレカノタメナノ?」

松本「」ジャジャジャジャジャジャ


ギー太「まずい……あちらさんは戦闘モードだぜ…。だが歌唱力…テクニック…ダンス…ソウル…全てにおいて唯に勝てる要素はないっ…ここは…」

唯「どうするのギー太!? どんどん近づいてくるよぉっ」


稲葉「ケツマツバカリニキヲトラレ…」

松本「」ジャジャンジャジャン


ギー太「音力同士が戦う……それを音戦と言うんだが……それはお互いにその意志がないと出来ないようになっている」

唯「意志?」

ギー太「あの二人を見て戦闘モードだと言ったのはそれぞれ得意にしてるものを全面に押し出しているからだ」

唯「公道で歌いながら弾きながらだもんねっ!ちょっと変態入ってるよね」

ギー太「ああ。つまりだ、歌唱力なら歌う、テクニックなら弾く、ダンスなら踊る、と言った感じで相手にそれを魅せるんだ。それが音戦準備OKの合図だ。まあ中には楽器を見せただけで音戦と見る過激派もいるがな……」

唯「つまりわたしが楽器を見せたら音戦開始ってことだね! じゃあさっそく…」ゴソゴソ

ギー太「バカ野郎ッ!!!! 死ぬ気かお前!!? 相手は既にスタンバっててしかも一番魂のこもる曲をチョイスしてきてんだぞ!!!」

唯「でもでも…じゃあどうしたら…」

ギー太「俺を見せずにただやり過ごせ! ただ拍手はするなよ! お前みたいな駆け出しが負けたら一発で音力を吸い付くされるぞ!」

唯「でも……それって…」

ギー太「ちっ……いつもは鈍いくせにこういう時だけ勘が鋭いなお前は。そうだ……戦わずして負け、自分の音楽を否定し、相手の音楽を認めるってこった」

唯「B'zさんの音楽は凄いと思うよ……けどっ」

ギー太「お前の言いたいことはわかる。それで自分の音楽が否定されるのは納得いかないってことだろ?」

唯「うん……」

ギー太「俺はお前の楽器だ。出来ればお前の奏でる音楽をみんなに認めさせてやりたい……だからこそこんなところで終わって欲しくねーんだ。わかってくれ、唯」

唯「ギー太……」

ギー太「せっかく出来た話し相手を簡単に失いたくない…お前がいつかメジャーデビューして奴らにも負けない音力を得た時…この時の屈辱を返してやろうぜ」

唯「……ありがとう、ギー太。でもね……」


ジィィ───

わたしはゆっくりとギターケースのチャックを開く。


ギー太「バカ野郎ッ!!!! 俺が言ったことがわからねぇのか!!!? 早く閉じ」

唯「それでも……引き下がれないよ。ここで逃げたら放課後ティータイムの音楽全てを否定されたことになっちゃう。そしてそれはわたしだけの音楽じゃない!」

ギー太「唯……ちっ……ソウルだけはいっちょまえだなお前は」


ギー太を取り出し、ストラップを掛け構える。


稲葉「ユーメジャナイアレモコレモー!?」

松本「」ジャジャジャジャジャジャ!?


まさかかかって来るだろうとは思ってなかったのだろう、二人にもわずかな焦りが見えた。


唯「いくよ、ギー太!!!」

ギー太「こうなったら破れかぶれだ!!! やってやろうじゃねぇか!!!」



オンバト!
平沢唯VSB'z



唯「くぅぅぅ……立ってるのがやっとだよ」

ギー太「音域に入った証拠だ。ここじゃ音力があるやつしか動けないし聞こえない。どちらかが相手を認めるまで終わらないまさにデスゲーム」くわっ

唯「こっちも何か弾いたり歌ったりしたらいいの!?」

ギー太「それで叶うなら最初から挑んでる。ちなみにランクで言えばお前がF、あっちはSSランクだ」

唯「う~ん……どれぐらい離れてるのか実感沸かないよ~」

ギー太「テストの点数で言えばお前と澪ちゃんぐらいの差だ」

唯「勝てるわけないね!!!」

ギー太「あっさりだなおい」

唯「じゃあもう負けるの待つだけってこと!?」

ギー太「ああ……と言いたいところだが……手はある」

唯「ほんとに!?」

ギー太「ただお前にやれるかどうか……」

唯「ここで諦めるぐらいなら最初からやってないよ!」

ギー太「……虎穴に入らずんば虎子を得ず……か。…よし、今から俺が話すことをよく聞けよ? 唯」

唯「うんっ」

ギー太「二人組であるのを利用する……そこしか勝ち目はない!」


稲葉「シュクフクガホシイノナラーカナシミヲシリヒトリデナキマショウ~」

松本「」ジャジャジャ~ン

いよいよサビ、この一撃で屈伏させるといった意欲のこもった音楽が唯に浴びせられる。

唯「うぅっ……負けないもんっ」

ギー太「もう少しだ……もう少しで!」


懸命に抗いながら二人の元へ近づく唯。

唯「まるで台風の中を傘をささずにイージカムイジゴー」

ギー太「唯!!!? ちょっと支配されてるぞ!!! 気をしっかり持て!!!」



そして──、

稲葉「ソシテ~カガヤク~」

唯「くっ」

稲葉「ウルトラソウッ」

ギー太「今だ! 唯!!!!!!」



稲葉「ハイッ!!!」
唯「はっ!!!」

/(^o^)\

唯「」ジャカジャンジャンジャッジャンジャジャーン♪

松本「!?」

ギー太「ぬかったなB'z! サビ終わりに被せられるとは思ってなかっただろう!? ultra soul故の狙い目……最後のHIッ!を狙った放課後ティータイムのGO!GO!MANIACを聴けぇっ!!!」

唯「誰も持っているハートっていう名の小宇宙」ジャンジャジャーン

唯「ギュッと詰まってるよ喜怒哀楽や愛」ジャンジャジャーン

稲葉「」オロオロ

松本「……」

ギー太「(さあ来いっ……お前なら……世界で五本の指に入るギタリストなら本当に楽しそうにしている唯の音楽を潰すような真似はしないはずっ!)」

唯「シュンってなったり ワクワクしたりbusy」

唯「カオス満載な日々 歌にしちゃおう! ぶちまけ~あっちゃお!」

唯「授業中も無意識~に」

松本「」ジャカジャカジャカジャンジャジャ~ジャ

稲葉「!?」

ギー太「(来やがった!!!)」


唯「エアでOK ふいんき(何故か)大事 不意に刻むリズム 通じあっちゃうビート マインド 自由にエンジョイ」

唯「楽しんだもんが勝ち」

松本「」ジャジジャ~ン


稲葉「」オロオロ

ギー太「あんたもこいよ! 一緒にLets Music!!」

稲葉「!!!」


唯「ごめん ゆずれない~」

稲葉「ユズラナイ~」

松本「」ジャジャ~ン

唯「縦・横・斜め」

稲葉「swinging aroundッ!」

唯「す~き~な~音だしてるだけだよ」

稲葉「Girls GO Maniacッ!」

松本「」ジャーン

ギー太「(やりやがった……唯! お前今最高にRockだぜっ!)」



唯「息~合わせてね♪」

稲葉「ChaseChaseッ!」

唯「明日を」

稲葉「BreakBreakッ!」

唯「夢見て」

稲葉「FaithFaithッ!」

唯「強気で」

稲葉「ShakeShakeッ!」

唯「盛り上がろっ!」

唯「浴びたら~忘れらんないっしよ、喝采!」

唯「はっ!!!」
稲葉「ハッ!!!」
松本「ハッ!!!」

/(^o^)\
/(^p^)\
/(^p^)\




ギー太「やったな唯!!! まさかB'zに勝つ…とは…」

唯「……」

稲葉「……」

松本「……」

言葉はいらなかった。一緒に奏で合ったもの同士通じ合う。それは決してどちらかが上か下かの音楽じゃない。
そう……混じり合うこともまた音楽。

稲葉「……」

稲葉が手を伸ばす。

唯「ありがとうございましたっ」

それを両手で精一杯応える。

二人は握手をし、わかりあった、互いの音楽を。

稲葉「……イーツマデモテヲツナイデ…」

唯「じゃあ学校があるんでさよならっ!」

手を元気に振りながら遠ざかって行く唯、


稲葉「……」

松本「……」

稲葉「イラレルヨウナキガシテイタ……」

松本「」ポロ~ン

二人はまた流離う……自分の音楽を求めて。



ギー太「まさか奴らに勝つとはな」

唯「ううん。勝ったとか負けたとかじゃないと思うよ!」

ギー太「ふんっ、謙虚なこった。ただあいつらみたいな甘い奴らばかりじゃない。注意するこったな」

唯「でも誰が来ても戦えそうだよね!! だってあのB'zさんとだって渡り合えたんだから!!!」

ギー太「バカ言え。あんなのまぐれだ。それに奴らは確かに一流の歌唱力、テクニックはあるがダンスはからっきしだ。ソウルもデビュー当時に比べたら大したことはない」

唯「そうなの!?」

ギー太「ダンスが上手い奴はお前じゃどうにもならんからな……そっちの方が手強」

ギー太「噂をすればなんとやらか……」


「ファンファンウィーヒッザッステップステップ……」


2