律「せっかくの合宿だから普段とは違うことをしたい」

唯「さんせー」

澪「よしじゃあいつもとは違う曲を」

律「とりあえず酒だ!」

澪「れん……しゅう……」

梓「ムギ先輩が許さないですよそんなの」

紬「一応お酒は一通り揃っているけど」

梓(既に用意されている……だと?)

唯「私この綺麗な奴が良い」

紬「ウィスキーね」

澪「お、おい唯、それって……」

ングング

梓「ラッパ飲み!?」


唯「うぇへへへ」

バターン


律「唯、アウトー」

紬「早いわね」

律「オープニングセレモニーが終わったところで大人の時間だ!」

澪「唯の介抱してくる」

梓「私も」

律「おーっと逃がすかよ梓」

紬「うふふふふ」

梓「み、澪先輩助け……」

澪「すまない梓……」

律「飲め飲めーい」

梓「ぎにゃー!」



別室

唯「グーグー」

澪「気持ち良さそうに寝てるな」

唯「ん~律っちゃん……おデコ」

澪「アホな寝言を……」

唯「ムギちゃん……もう食べられないよ」

澪「夢の中でも食ってるのか」

唯「あずにゃーん……えへー」

澪「はいはい程々にな」

唯「……スー」

澪「……」

唯「……スースー」

澪「…………」

唯「………グー」

澪「……………おい私はどうした?」

澪「もう一人いるだろ、おい!」

唯「ムニャ……和ちゃん」

澪「………おーい」

唯「うーいーあいすぅ」

澪「腹立って来た」

唯「クプークプー」

澪「ったく、人の気も知らないで」

澪「……黙ってりゃ可愛い顔してるよな」


ワーワーゴロニャーン

澪「向こうは盛り上がってるな」

プニプニ

唯「……ん」

澪「うわ、ほっぺた柔らかい……」

澪「ふにふにしてる」

澪「肌綺麗だな」

澪「普段は色白のくせに、お酒が入って赤味がかって……」

澪「…………」

澪「うわー!うわー!おおおお落ち着け私!」

澪「と、友達だぞ?というか女の子相手に欲情なんて……」

唯「み……お…ちゃん」

澪「!」

唯「ん……ダメだよぅ」

澪(何がダメなんだ)

澪(そんな艶っぽい声出されたら……)

澪「ダメっていうのはこういうことか唯ー!」

ガバッ



唯「……」

澪「覆い被さったは良いけど、ここからどうしよう」

澪「ほっぺにチューくらいなら犯罪じゃないよな常識的に考えて」

澪「三秒以内に拒否しないとチューしちゃうぞ唯」

唯「スピースピー」

チュ

澪「お……おぉ……やってしまった」

澪「良い匂いするな」

唯「ん……」ムクリ

澪「うっわ!」

唯「はれ……みおちゃん?」

澪「お、おおおはよう」

唯「…………シャワー」

澪「しゃ、しゃわー?」

唯「べたべたする」

澪「あぁ寝汗かいたのか……バスルームはあっちだぞ」

唯「うん」

フラフラ

澪「あ、危なっかしいな」

ガシッ

唯「ごめん」

澪「いいよ」

澪(華奢なのにしっかり柔らかい……うわわわわ、胸当たってる!)

唯「う~、澪ちゃん……」

澪「どうした?気持ち悪いなら吐いちゃうか?」

唯「脱がせて」


澪「ババババババカ言うな!」

唯「力入んなくて脱げないよぉ」

ペタン

澪「あー、もう。そんなところに座り込むな酔っ払い」

唯「ふぇっ……ごめん……」

澪「な、泣くなよ。怒ってないから」

唯「……ぐすっ」

澪「ほら立って、腕上げろ」

唯「うん」

モゾモゾ

澪(さっき大浴場で見た時はなんとも思わなかったのに、なぜかドキドキする……)

澪「脱げたぞ」

唯「いっしょに入ってー」

澪(こんな状態で放って置いたらマズいしな。うん、私は正しい判断してるよな)



バタン

澪(入ってしまった)

唯「なんで澪ちゃん脱がないの?」

澪「お前と違って汗かいてないからな。お湯かけるぞ」

ジャー

唯「あったかーい」

澪「妹がいるとは思えない姿だな」

唯「うー」

澪「体洗うか?」

唯「お願い」

澪「仕方ないな全く」


ゴシゴシ

澪(綺麗な背中だな……)

唯「ひゃっ!」

澪(お、思わずうなじにキスしてしまった……)


唯「な、何?」

澪「いや、首にほこりが付いてたから取っただけだ」

唯「そっかー、ありがと」

澪「あ、あぁ」

澪(す、素直天然だと!?)

唯「澪ちゃんに洗ってもらうの気持ち良いよ」

澪「止めろ私の理性を殺したくなければもう何も言うな」

唯「?」

グシグシ

澪「前は自分で……」

唯「……」ウルウル

澪「地球の皆さーん!私に理性を分けてくれーっ!!」



澪「じ、じゃあ行くぞ……?」

唯「はーい」

パッ

澪「ももももう少し隠したらどうだ?」

唯「え?女の子同士だし別に恥ずかしくないよ」

澪「う……ま、まぁな」

ゴシゴシ

唯「ふぁー」

澪(全部丸見え……こっちが恥ずかしい)

澪(む、胸も洗わないといけないよな)

グシグシ

唯「……んっ」

澪(無心無心)

唯「はぁ……あ」

澪(明鏡止水!)

唯「澪ちゃん……そこばっかり」

澪「はっ!ご、ごめん、つい夢中に」

唯「?」

澪(柔らかい……ていうより、凄い弾力だな唯の胸。張りがあると言うか)

澪「脚洗うぞ……ってスベスベ過ぎだろ!何食べたらこんな肌になるんだ!?」

唯「へ?憂のご飯?」

澪「羨ましい話だ」

唯「澪ちゃんも綺麗だよ」

澪「あ、ありがと……」

唯「顔赤いよ?」

澪「うるさい」


澪「なぁ唯」

唯「なに?」

澪「さすがにその……あの……部分……は、自分で洗ってくれ」

唯「え……あ、あぁそういうことかー」

澪「そういうことだ」

唯「気にしないで良いよー」

澪「お前は何を言ってるんだ」

唯「えー、だって憂とは洗いっこしたりするもん」

澪「私の常識が壊れていく……」


澪「ほ、ほんとに良いんだな?」

唯「うん」

ゴシ

唯「んっ……ひぅ」

澪「出来れば黙ってくれると助かる」

唯「あ、うん」

グシグシ

唯「……」

ゴシゴシ

唯「……ー」

ガシガシ

唯「……ー~」

ヌルヌル

唯「……ーっ!!」

澪「あぁぁぁっ!我慢出来るかー!!」


澪「はぁはぁ……」

唯「澪ちゃん?」

澪「な、何でもないよ。ほら、泡すすぐぞ」

ジャー


唯「ふぅ、さっぱり」

澪「濡れたままだと風邪ひくから拭いて」

唯「うん」

澪「拭いたらベッドに横になって」

唯「うん」

澪「そして電気を消して」

唯「うん」

澪「じゃ、じゃあ最後に目を閉じてくれ唯」

唯「こう?」

澪「あぁ」

澪(いただきます……)

唯「ん?」

澪「う……はむ……」

唯「あっ……澪……ちゃ……んぅ」

唯「澪ちゃんにチューされちゃった」

澪「は、初めてだったんだぞ」

唯「えへへ、私も」

澪(これはいける!)

澪「な、なぁ唯?もっと……」

バーン

梓「うおらー!ゆいひぇんぱいー!」

紬「あらあらあらあらあら」


澪「なななな、なんでここに?」

紬「様子を見に来たのよ」

梓「唯ひぇんぱん裸じゃないですかヒック」

澪(目が据わってる……)

唯「さっきまで二人でお風呂に入ってたからね」

紬「まぁ」

梓「ずるい」

澪「いや、その、それには訳が……あれ?律は?」

紬「律っちゃんならす巻きにして放って置いたわ。暴れるから仕方ないの」

梓「そーなんですよー、おまけにムギへんぱいと二人で私にあんなことを……グゥ」

紬「黙っててね梓ちゃん」


紬「で、お二人は何をしてたのかしら?」

唯「えっとね、チュ……もが」

澪「黙ってろ唯」

紬「ふふーん、まぁ大体わかるけど」

澪「やましい事は何も無いぞ」

紬「まぁまぁ、それも体に聞けばわかるわよ」

澪「え」

紬「という訳で私も参加……」

パカン

紬「キュウ……」

梓「仕返し……です」

バタン



澪「なんだこいつら」

唯「邪魔されちゃったね」

澪「え」

唯「ちょっと残念」

澪「唯……」

唯「続き……する?」

澪「良いのか?」

唯「澪ちゃんなら良いよ」

澪「女同士だぞ?友達だぞ?だいたい唯は今正常な判断が……」

チュ

澪「!?」

唯「酔ってても好きな人を間違えたりしないよ?」


唯「ね、続き……」

澪「ダメだ!」

澪「キスしといて言うのもなんだけど、こういうのはもっとちゃんと段階を踏んで……」

澪「あ、あと私にも心の準備が……急に好きって言われてもどうしていいかわからない……」

唯「先に手出したのに」

澪「乱入のせいで上った血が下がった」

唯「真面目だなー澪ちゃんは」

澪「ごめん」

唯「受け入れてくれるの、待ってるから」

澪「あ……」

ギュ

唯「一緒に寝るくらいは良いよね」

澪「うん……」


紬(……ちっ)



翌朝

梓「頭ガンガンする……何も思い出せない」

唯「飲み過ぎだよ、あずにゃん」

梓「最速でぶっ倒れた人が何を」

紬「ねぇ澪ちゃん、唯ちゃんの隣に行かなくていいの?」

澪「ムギお前」

紬「うふふふ、これからが楽しみね」

澪「お前……こうなる事を予測してたな?」

紬「なぁんのことかしらぁ?ムギわかぁんなぁい」

澪(殴りたい)





律(で、誰か解けよ)




突然だがこのSSもディケイドに破壊されてしまった
私はディケイドを追って次の世界へ向かう

2