律「? 飽きたって何にだよ」

唯「軽音部」

律「えぇっ!?」

澪「はぁっ!?」

梓「えっ!?」

紬「あらあら…」


唯「…うん、決めた!」

律「な、何を!?」

唯「私、今日限りで退部するね」

律澪梓「「「な、なんだってー!?」」」

紬「あらあら…」



律「唯、お願いだ! 考え直してくれ!」

澪「私達か!? 私達のせいなのか!?」

梓「唯先輩の様なギタリストが、この部には必要なんです!」

唯「みんな…」

唯「でも私、もうギター売っちゃったよ」

紬「な、なんだってー!?」

唯「あのギターってさ、凄く重たいんだよね。
それにメンテナンス? あれ凄く面倒くさいんだもん」

律「そ、それだけの理由で売ったのか…?」

唯「んー、それとさっきも言ったけど、飽きたの」

梓「そんなぁ…」

紬「そ、それで売ったお金は…?」

唯「全部使っちゃった」

紬「な、何に!?」

唯「アイス」

紬「酷い…」

唯「ごめんねムギちゃん、今の私にはアイスの方が大事なの」

紬「そんな…」

律「…唯、一体どうしちゃったんだよ!?
  私達と過ごした時間が、まるで無駄みたいじゃないか!!」

唯「そんなことないよ。むしろ楽しかった」

律「ならどうして!?」

唯「飽きた。みんなも音楽も」

律「! …そうかい。分かった…分かったよ。
  もうお前なんて知らねぇ!今すぐ出ていけッ!」

唯「えへへ、そうするね」



―――平沢家――――

唯「ただいまー」

憂「お帰りお姉ちゃん。今日も部活お疲れ様」

唯「…ねぇ憂。部活のことなんだけど、実は…」


~~~

憂「えっ!? 辞めた!?」

唯「うん…」


憂「どうして急に…?」

唯「うーん…何だか飽きちゃった」

憂「そんな…あんなに部活楽しんでたのに、どうして急に…」

唯「うーん…どうしてだろ?」

憂「そんなこと、私に聞かれたって分からないよ…」

憂「もしかして、本当は部活楽しくなかったの?」

唯「そんなことないよ。凄く楽しかった!」

憂「なのに一体どうして…?」

唯「飽きたから…の、筈なんだけど…」

唯「…ねぇ憂、私って何で軽音部に飽きたのかな?」

憂「それは私が聞きたいよ!」

憂「とりあえず、明日もう一度部活に行ってみればいいんじゃないかな?
  まだ退部届は出してないんだよね?」

唯「うん…。でも、みんなに酷いこと言っちゃったしなぁ…」

憂「行きづらい気持ちは分かるけど、このままじゃ良くないと思うよ。
  それに大丈夫だよ! 皆さんならきっと、お姉ちゃんのこと、許してくれるよ」

唯「そうかなぁ…。でもりっちゃん、相当怒ってたし…」

憂「大丈夫だって。悩んでたって何も始まらないよ?」

唯「…うん、そうだよね!」

唯「よーし! 明日もう一度行ってみよう!」

憂「その意気だよ!」



―――次の日―――

梓「…はぁ」

憂「梓ちゃん、ため息なんて吐いてどうしたの?」

梓「あ…、憂…」

憂「もしかして、お姉ちゃんのこと?」

梓「…うん。唯先輩は、お家で何か言ってた?」

憂「うん」
憂「お姉ちゃんね、飽きた理由は自分にも分らないんだって」

梓「えっ?」

憂「だからね、もう一度確かめたいって」

梓「! そ、それって…!」



―――放課後 部室―――

ガチャッ

梓「唯先輩ッ!!」

唯「あずにゃん! 待ってたんだよー」

梓「唯先輩の馬鹿ッ! 待ってた、じゃないですよ!
  本当に辞めちゃうかと思っちゃったじゃないですか…!」 グスッ

唯「あはは、ごめんねあずにゃん。だから泣かないで」

梓「な、泣いてなんかいないもん!」メソメソ


唯「でもねあずにゃん、もしかしたら本当に退部するかもしれない」

梓「え…?」

唯「私はね、音楽が本当に飽きちゃったのかどうか、そのことを確かめに来たんだ。
  だからあずにゃんを待ってたの。もう一度みんなと演奏したくて」

律「だとさ…」

澪「どうやら辞めてしまう可能性もあるらしい…」

梓「そ、そんな…」



唯「それじゃ早速始めよう! ギターはさわちゃんから借りたから、大丈夫だよ!」

律「よっしゃ! …なぁみんな! 唯がまた虜になる様な、最高の演奏をしようぜッ!!」

澪「あぁ!」

梓「はいっ!」

紬「えぇ♪」

唯(あの時の気持ちをもう一度…!)

律「じゃぁ行くぞ! ワン・ツー・スリー!」



その後、唯先輩はあの頃の様な楽しい気持ちになれなかったらしく、
結局軽音部を退部してしまいました。

それからというもの、私達軽音部の士気が一気に下がり、
澪先輩すらも、前の様に進んで練習しよう! と言わなくなりました。

今の私達は、ただお菓子を食べたりお茶を飲むだけの、ただのお菓子同好会に
なり下がってしまったのです。



律「あー、お菓子うめー」モグモグ

澪「ムギ、今日のお茶も美味しいな」ズズー

紬「あらあら、ありがとう澪ちゃん」

梓「……」

律「なんだ梓、お菓子食べないのか?」

澪「お茶も飲んでないじゃないか」

紬「あらあら…梓ちゃん、どこか具合でも悪いの?」

梓「……別に、大丈夫です」

律「ふーん、なら別にいいけど」

梓「!! いい訳ないじゃないですか!!!」

梓「何ですか、この堕落ぶりは!? 私達は軽音部ですよ!? 
  なのに演奏もまったくしないなんて、一体どういうことですか!?」

私は心の中に溜まっていた蟠りを、一気に吐き出しました。
何故練習をしないのか、何故だらけてばかりいるのか。

一度口から出てしまった蟠りは、止まるところを知りません。

そして私は、皆さんに一番言ってはいけないことを言ってしまいます。

梓「なんですか皆さん…結局音楽に飽きちゃったんじゃないですか。
  まるで、唯先輩と同じじゃないですか!」

律「! 梓ぁ…!!」

澪「お前…!」

紬「むぎぎ…!」

梓「あ……ごめんなさい…」

律「梓ぁッ!!」

梓「ご、ごめんなさい!」

律「…ありがとうな」

梓「…えっ?」


律「つまりはそういうことだったんだな」

澪「だな」

紬「はい」

梓「えっ?」

律「よーしムギ! お菓子おかわり!」

澪「私のお茶も頼む」

紬「はーい♪」

梓「えっえっ???」

梓「…あのぅ…一体どういうことなんですか?」


律「分かったんだよ」

梓「だから何がですか?」

律「私達の気持ちさ」

梓「えっ?」

律「だからなぁ、私達も」

澪「音楽に」

紬「飽きたの♪」

梓「な、何言ってるんですか!?」

律「だから、私達は音楽に飽きたんだって」

澪「実際私達はプロになれる訳じゃないからなぁ。
  そう考えると急に冷めちゃうよな」

律「だよなー。何の為に音楽やってるんだって感じ」

梓「楽しいからじゃないんですか!?」

律「んー、まぁ昔は楽しいと思ってたよ。いやマジで。
  でも今はなぁ…」

澪「こうやってだべってる方が楽しいよね。
  実際梓もそうだろ?」

梓「そ、そんなこと…」

律「なくないよな?」

梓「……」


梓「…それでも」

律「あん?」

梓「それでも私は、あの楽しかった日々が戻ってくるのを信じてます」

律「ふーん…」

梓「だから…私は諦めません! 今も音楽が楽しいものだって、信じてるからッ!!」

律「…そっか、なら信じ続けてみろよ。
  お前が本当にそう思えるんなら、な」

澪「梓、お前が羨ましいよ。何時までも真っ直ぐにな。
  そして私達が出来なかったことをやってくれ」

紬「私達、梓ちゃんのこと絶対に忘れないわ」

梓「皆さん…」



―――――――
―――――
―――

唯「おはようあずにゃん!」

梓「あ、おはようございます唯先輩。
  今日は暖かくて気持ちいいですね」

唯「そうだねぇ」
唯「…ねぇあずにゃん、私のこと…まだ怒ってる?」

梓「もう、いつの話をしてるんですか!
  まったく怒ってなんていないですよ」

唯「…本当に?」

梓「…まぁ、あの時は確かに腹も立ちましたけど…でもあれから何年立ったと思ってるんです?
  あの時から比べれば、私達はもう立派な大人ですから」

唯「流石あずにゃん…大人だねぇ!」

梓「唯先輩の方が年上ですけどね」

唯「あれから色んなことがあったねぇ」

梓「そうですね。まぁ諸悪の根源は唯先輩ですけど」

唯「うっ…! で、でも! あの時は本当に飽きてたんだよ!」

梓「それが大学に入ってからまた、音楽魂に火がついたなんて…。
  あなたのせいで、放課後ティータイムは解散してしまったんですからねッ!」

唯「うぅ…そのことはみんなにも、ちゃんと謝ったじゃん…。
  それにね、今だから私思うんだ。HTTは振るいにすぎなかったって」

梓「は?」

唯「本当に音楽が好きな人なら、そこからまた這い上がることが出来るんだよ。
  だからHTTは、みんなの音楽に対する気持ちを試す為の、振るいだと思うんだ」

梓「は?」

梓「何言ってるんですか? 本気なんですか?」

唯「勿論本気だよ。いうならば私達二人は、篩いにかけられた
  本物の音楽好きってことだよ!」

梓「ちょっと何言ってるか分かんないです」

唯「今は分からなくていいよ、いつか必ず分かるから!」

梓「は?」

唯「さぁ行こうあずにゃん! 私達のショーが始まっちゃうよ!」

梓「あっ! 待って下さい唯先輩ー!!」



あれから5年、私と唯先輩はプロのミュージシャンとして、
久しぶりにお互いの顔を合わせることになりました。

まだ駆け出しの私達ですが、音楽に対する情熱は誰にも負けていない
つもりです。

そして今日は、私達がプロとして初めてのライブの日なのです。


私はギターを弾きながら、ふと思いました。

私達がここに立つ時、それはバックバンドとしてではなく、
私が過去に愛したHTTとしてだったんじゃないか、と。

もしかしたら、そういう未来もあったのかもしれません。

でも、過ぎ去った過去を愁いでも、何も変わらないのです。

演奏中、私は目を閉じて想像しました。

このステージに、私達5人が立っている姿を。


                     ~fin~