梓「ムギ先輩・・・?」

紬「唯ちゃんが好きなんでしょ?ね?」

梓「いや・・・好きですけど・・・多分ムギ先輩の思ってるのとは違う好きですね・・・」

紬「!!」

紬「私が思ってる好きって・・・何かわかるの?」

梓「それは・・・」

梓「恋愛感情ですよね?」

紬「・・・・・そうよ」

梓「すいません、私そういうのわからなくて・・・」

紬「え?わからない?」

梓「はい・・・」

紬「素敵よ?女の子同士!!」

梓「!!?」

紬「梓ちゃんは気づいてないだけよ。自分の気持ちに」

紬「澪ちゃんだって、律っちゃんだって!」

梓「ム・・・ムギ先輩?」

紬「唯ちゃんの事好きなんでしょう?いいと思うわ~」

紬「律っちゃんに澪ちゃん!ベストカップルね~」

梓「・・・・・(汗)」

紬「私間違ってるかな?みんな好きなの隠してるだけでしょ?」

梓「き・・・決めつけるのはちょっと・・・」

紬「決めつける・・?決めつけて何かないわよ?これは事実なの!」

梓「先輩・・・」

紬「梓ちゃんならわかってくれると思ってたから・・・今日は残ってもらったの・・・」

梓「すいません・・・今日はもう・・・帰りますね・・・」

紬「あ・・・」

梓「失礼します!!」

タタタタタ ガチャ バタン


紬「・・・・・梓ちゃん」



次の日

唯「あずにゃんおいーす」

梓「先輩!お疲れさまです」

唯「とんちゃーん!うふふー」

梓「あの・・!先輩!」

唯「ほえ!?なーに?」

梓(・・・・いいよね?聞いても・・・)

唯「?何何~?」

梓「先輩は・・・女の子に恋愛感情抱いた事はありませんか!?」

唯「え?女の子に??えぇ~・・・・」

梓(この質問はまずかったでしょうか・・・)

唯「無いけど・・・あずにゃん女の子が好きなの?」

梓「い!いえ!!私じゃありません!!」

唯「なんだそっか~。てことは誰かが女の子好きなの!?」

梓「あー、はい。知ってる人がちょっと・・・」

唯「ふーん。いいんじゃないかな?その人が好きなら!」

梓「!!」



ガチャ

律「おーす」

唯「あー!律っちゃん達聞いて聞いて~!!あずにゃんがねー!」

澪「ん~?」

梓「!!唯せんぱ・・!」

唯「あずにゃんの知り合いで~!女の子が好きな子がいるんだって~!」

紬「・・・・・」

律「えー!!そうなの梓~??まさかお前とかー?」

梓「ち!!!違います!!」

澪「女の子同士か・・・まあ人それぞれだしな」

律「て・・・・」ちら

紬「律っちゃん・・・」

律「あー・・・なんでもない!」

律(真っ先に連想したのムギなんだが・・・)

律「ま・・・まあさ!女の子同士!!上等じゃないの!!」

紬「!!そうなの律っちゃん!!?やっぱり!!」

律「え?あー!!違う違う!!私は普通に男の人が好きだけど!!女の子同士も別にいいんでない?みたいなー」

紬「・・・・ひどい・・・信じてたのに・・・」

梓「!?」

紬「澪ちゃんは・・・律っちゃんの事好きよね?」

澪「な!?なんでそうなる!!?」

紬「え・・・違うの?」

澪「ムギ・・・あのな・・」

澪「ムギが女の子同士が好きな事は知ってる」

澪「でも私達は違うんだ。」

澪「みんなそうだよな?」

律「ん~!まあな!」

唯「かわいいとは思うよ~!あずにゃんとかは!」ぎゅうう

梓「やめてください!!そういう事するからムギ先輩に勘違いされちゃうんで・・・あ!!」

紬「ひどい・・・!!そんな言い方・・・しなくても・・・」

梓「す!!すいません!!すいません!!」



紬「・・・・グスン・・・」

唯「ムギちゃん・・・大丈夫だよ!まだわからないじゃん!女の子好きになるかもしれないし私たち!!」

澪「おい唯。そういう事は軽く言っちゃ駄目だぞ」

唯「え~だってわからないじゃーん!」

律「うーんわからんことでもないけど・・・」

紬「馬鹿みたい・・私・・・」

梓「!!」

紬「唯ちゃんが今言ったじゃない!好きになるかもしれないって!!」がた

澪「!!ムギ・・・?」

紬「そうよ~!みんな今は照れ隠ししてるだけ!」

律「ちょ・・・何・・・」

紬「うふふ~!澪ちゃんと律っちゃん!お似合いよ!早く自分の気持ちに気づくといいわね!」

唯「なに・・・どうしたのムギちゃん?」

紬「唯ちゃんも!梓ちゃんに好かれてるんだから早く答えてあげてね!!うふふ」

唯「へ?」ぽかーん

梓「ムギ先輩!落ち着いてください!」

律「ムギ?お茶しよ!!な!!」

紬「みんな早く気持ちに素直になれるといいわね~!」

澪「いい加減にしろ!ムギ!!!!」

紬「きゃ!!」

澪「落ち着け、ムギ。」

紬「澪ちゃん・・・私部活やめるね」

唯「!!なんでー!?」

梓「!?」

紬「変な所みせちゃったわねみんな・・・だから・・・」

律「あーもー。なんでこんな事になったんだよー!めんどくせーなー!!」

澪「律!!」

律「なんだよムギ?自分のレズ妄想がバレたぐらいで辞めるとか言って!!辞めたきゃ辞めればいい!!」

唯「!!それ以上言うと怒るよ律っちゃん!!」

律「んだよるっせーな!」

梓「やめてください!!!!全部私が悪いんです!!!!!!」

梓「すいませんムギ先輩・・・私が言わなければこんなことには・・・」

紬「・・・・・」

唯「へ?ムギちゃんどこ行くの!?」

紬「・・・・・また明日ね、みんな」

ガチャ  バタン


律「か・・・帰った・・・ムギ・・」

澪「ちょっと落ち着こう、どうしてこうなったんだ?」

梓「実は・・私が昨日ムギ先輩と残って・・・それで・・・」


律「・・・・まあ梓見てると唯好きそうだもんな。ムギが話したくなる気持ちはわかる」

梓「え・・・そんな風に見えてましたか?」

唯「?」

澪「わかってないな唯は・・・」

律「まあムギも明日までには落ち着いてるだろ!」

澪「だといいんだけど・・・」

梓「すいません・・・私のせいで・・・」

唯「あずにゃんのせいじゃないよー!」ぎゅうう

梓「またそうやってくっついて来て・・・あ!そうだ!!」

唯「?」



ムギ家

紬「・・・・・・・」

~~~♪

紬「電話・・・梓ちゃん?」

梓「先輩!今・・いいですか?」

紬「・・・・・ええ」

梓「私の知り合いに女の子が好きな子がいました!!」

紬「!!誰!?」

梓「憂です!!唯先輩の妹!!」

紬「憂ちゃん!!やっぱりそうなの!?」

梓「はい!・・・て、え?やっぱり?」

紬「憂ちゃんは唯ちゃんの事が好きだもんね~!姉妹なのに・・・禁断の・・・うふふ」

梓「は・・・はい・・!それでですね!一度憂と話し合えばいいんじゃないでしょうか!?気が会いそうですよ!」

紬「でも・・・もし・・・もし憂ちゃんも違ってたら・・・」

梓「それは・・・無いと思います!大丈夫!」

紬「そうね!うん!じゃあ明日憂ちゃんと話し合ってみる!」



翌日

憂「紬さん!お待たせしました!」

紬「ごめんね呼び出しちゃったりして!」

憂「いえいえそんな~」

紬「うふふ////」

憂「・・・・?」

紬「憂ちゃんは・・・お姉ちゃんの事大好きよね?」

憂「!!///そんな・・・///はい///好きですけど///」

紬「!!!それって・・・恋愛感情として?よね!!」

憂「え?ち!!違いますよぉ!!」



紬「・・・・・・はい?」


憂「まさか~!それはおかしいですよ紬さん・・(笑)」

紬「え・・じゃあどういう好き・・・なの?」

憂「私がお姉ちゃんを好き・・・の意味ですか?それは・・・」

憂「簡単に言えないですけど・・・絆や愛・・・違うな・・・」

憂「それらを含めた・・・信仰ですね!!」

紬「もういいわ。憂ちゃんありがと・・・」

憂「え?あ・・・はい」



音楽室

梓「ムギ先輩最近来ませんね・・・」

律「まさか・・・やめたんじゃ!?」

澪「それならわかるだろう・・・」

唯「やだよー!ムギちゃんやめちゃやだー!!」

梓「なんで・・・憂と話し合ったんじゃ・・・」


ガチャ

紬「遅れてごめんなさーい!」

梓「ムギ先輩!!!」

律「ムギ・・!心配したじゃんかぁ!!!」

澪「ムギ!!よかった・・・」

唯「んん!?その手に持ってるのは!!?」

紬「うん♪ケーキよ!お茶にしましょう!」

唯「うわーい!!」


唯「あむ!もぐもぐ!!うーん!おいしー!」

梓「ムギ先輩、前はすいませんでした!」

紬「いいのよ、ふふ。ほらバナナケーキ。おいしいわよ?あーん!」

梓「!?え・・・と・・」

律(ここは食っとけ、梓)

澪(だな)

梓「・・・あむ・・・もぐもぐ・・・・」

梓「・・・・・・おいs・・・!!!!!!!!!!!!ぎゃああああああ!!!!!!」

梓「あああああああああ・・・・」バタン

唯「あずにゃん!?あずにゃんが倒れたー!!!」

律「おいムギ!?何を盛った!!」

紬「・・・・・ピュ~♪」

澪「ごまかしてる!?」

唯「どうすればいいの!?救急車!?」

紬「いいえ、唯ちゃんが人口呼吸をしてあげたら治るわ」





憂「・・・!?何か嫌な予感が・・・」



唯「!!よしっ!まかせて!!むちゅちゅー」

紬「キタキタキター!!!!」


ガチャ

憂「!!お姉ちゃん駄目ぇ!!!」ズサアアアアア

ぶちぃう!!

唯「む?むぅぅ~!!////」

憂「ちゅ////れろれろ///」

律「なんで憂ちゃんが!?」

澪「うわぁ~///舌が・・・///」


唯「ぷはぁ!!憂!!何するのーもー!」

憂「だって・・・お姉ちゃんのファーストキスは誰にも渡したくない!!汚されたくないの!!」

ぶちゅ!!

唯「んー!!!んんー!!」(誰か助けてー!!)

憂(お姉ちゃん///)

律「何がなんだか・・・」

紬「憂ちゃん・・・・ありがとう。これが憂ちゃんの好きって事ね」

澪「!?」

紬「私は女の子が好き・・・女の子同士・・・それはとても清らかで美しいと思っていた・・・」

律「なんか語り出したぞ・・・」

紬「でもそんなのはただの逃げだったのね・・・真の愛はここにある!!」

唯「れろれろ・・・憂・・・」カクカクカクカク

憂「お姉ちゃん・・・れろれろ」カクカクカクカク

紬「美しい・・・姉妹を超えた性別を超えた愛。私はまだ未熟だったのね・・・」

紬「みんなごめん!私目が覚めた!」

澪律「!!」

紬「これからは妄想もほどほどにして・・・ちゃんと好きってこと、考えてみるね!」

澪「・・ああ、私も考えるよ」

律「!・・・私もお供しますわよー澪ちゅわん!」

紬「ぷっ!あはは!」



紬「みんな!!ありがとう!!」



終わり







梓「あが!!あががが!!!」びくんびくん!!

唯憂「れろれろれろれろれろ」カクカクカクカク