唯「いっちゃったね…犬さん」

和「そうね…」

唯「いいこだったね」

和「そうね…」

和「…今度あったらジャーキーでもあげる?」

唯「お礼だねっ」




唯「あ、いつの間にか昨日のケーキ屋さんの近くに
来ちゃってるよっ」

和「今日もいく?」

唯「いこっ」

和「そういえばこのお店名前なんなの?」

唯「ええと、りかるど!ふぇざーちゃんぴおん、って書いてあるよ」

和「…(ケーキ以外のセンスは悲しいくらいないわね)」

さや「あら、今日も来てくれたの?」

唯「!…さやさんっ」

和「あ、はい、昨日はありがとうございました」

さや「いいの、それより中入って?」


さや「今日は何にする?」

唯「じゃあわたしこのフリッカージャムケーキで!」

和「じゃあこの極寒の刑期で…」

さや「はあーい、ちょっとまっててね」

和「(ほんと、これがなければな…)」

唯「ケーキの名前もおしゃれっ」

和「…」


さや「はい、おまたせっ」

唯「いただきますっ」ぱく

和「いただきます」ぱく

唯和「ん~~っ」ほわあ~ん

さや「ふふっ」

さや「チョコもあるわよっ」

和「ほんとにいつもすいません…」

唯「ごちそうさまっ」

さや「どういたしましてっ」

和「あの、ちょっと失礼なこと聞いていいですか?」

さや「?いいわよ、気にしない性格だから」

和「なんでここぜんぜん売れてないんですか?」

さや「…」ががぁーん

和「えっちょっ、気にしないんじゃ…っ」

さや「わのくせに…」

和「え?」

さや「なーんてねっ、冗談よ!」

和「でもいm

さや「わたしね、自分でもわかってるんだ」

さや「センスわるいって…」

唯「そんなことないですっ、すてきですよお店」

さや「ふふっ、ありがとう唯ちゃん」

和「でも、たったの一度でも食べればおいしさが分かる
はずですよ!みんな」

さや「…もしそうだったとしても、まずこの店に
入ってきてくれないわ」

さや「隣のきれいでかわいいケーキ屋さんにみんないくもの…」

唯「でもこのお店も味があってかわいいのに…ぼろな
とこが」

さや「一応先月開いたお店なんだけど、前にあったお店
の内装を変えただけだから、汚くてぼろなままなの…」

和「なら表もきれいにすれば…」

さや「そうしたいのは山々だけど…」

和「先立つものですか」

さや「はあ~、ぜんぜん足りないの」

唯「いくらぐらいしそうなんですか?」

さや「だいたい百万円ぐらいわ」

和「(さすがに生徒会からまきあげられる額じゃない…)」

さや「…」

さや「!た、たいへん!今日は2の日じゃないの!今日は
もう閉店ね!」

唯和「ええぇぇぇ~!?」




唯「また急に閉まっちゃったね、お店」

和「ええ、なんなのかしら…」

唯「あの数字ね~っ」

和「あ、そうだ唯」

和「あしたはさんぽ部休みにしない?ちょっとやること
あって」

唯「え、あ、うん…いいよそれで」シュン

和「?…じゃあごめんけど」


和「じゃあね、唯」

唯「うん、ばいばい」

和「なんなのかしら唯…」

和「なんか途中から急に元気が…」

和「明日聞いてみようかしら」




唯の家

憂「お姉ちゃんアイスっ、ほらアイスだよ~!」

唯「…」

憂「じゃ、じゃあ特別に今日焼いたクッキーもつけちゃう!」

唯「あと食べるから、ありがと」

憂「っっ」

憂「(お姉ちゃん帰ってからぜんぜん元気がない、なんで…)」

憂「(はっ!?まさかさんぽ部中になにかされたんじゃ…っ)」

憂「(あのわとかいう奴に…)」

憂「(アップは大事だよね…)」

注 あくまで髪型のアップです




つぎのひ!

和「あ、唯おはよう」

唯「のどかちゃんっ、おはよう!」

和「あら、今日はげんきね?昨日なんか最後は暗かったのに」

唯「えっそうかな…そんなことないよ?」

和「そう、ならよかったけど」

唯「うん、それより一時間目移動だよ」

和「ああ、そうだったわ急がなきゃ」

唯「いっしょにいこっ」

和「うんっ」




放課後

和「唯~、やっぱり今日さんぽ部する?」

唯「え!どうして?やることあるんじゃ」

和「ああ、生徒会やめるって言ってきたんだけど会長への
釘刺しが意外と簡単におわったから」

唯「そうなんだっ、じゃあ

和「やっぱり部活は毎日やるのが基本だからね!」

唯「…」

唯「の、のどかちゃんごめん…わたしも今日用事入ったんだ」

唯「だから今日は、ごめんねっ」だっ

和「え?ちょっ、唯!」

和「いったいどうしたのよ唯…」




唯の家

憂「お、お姉ちゃ~ん!今日はこんなおっきなスイカが

唯「いらない…」

憂「お姉ちゃん;ω;」

憂「`;ω;´」きっっ

ぴぽぱ

憂「あ、すいません平沢と申しますが和さんいらっしゃいますか」

憂「…はい」

和「唯?代わったわよ」

憂「お姉ちゃんじゃないです、和さん」

和「?憂ちゃん、なにか用?」

憂「あの、お姉ちゃんに何かしたんですかっ?帰ってから
二日連続で元気がなくて!」

和「あ

憂「あんなお姉ちゃん見たことなくて!」

和「ちょ!」

憂「もし和さんがお姉ちゃんに酷いことしてたらわたしあなたをこ

和「落ち着いて!わたしが唯に酷いことするはずないでしょ!?」

憂「それは…そうですけど」

和「でしょう?ていうかわたしも唯が急に暗くなる原因
知りたいのよ」

憂「急に?」

和「ええ、普通に部活の打ち合わせとかしてたらいきなり
しょぼんって…」

憂「なんでしょう、いったい」

和「わかんないのよそれが…」

和「だから直接唯に聞いてみてくれないか憂ちゃんに
電話しようと思ってたの、ちょうど」

憂「そうだったんですか、すいませんわたしあんな
しつれいな対応して…」

和「ううん、いいのよ。それよりわたしも唯とのんびり
またケーキ屋にでも行きたいからさ」

憂「和さん楽しいんですねっ」

和「…そうね、楽しいわっ」

和「それじゃ唯のことおねがいね」

憂「はい、わかりました。それじゃあ」

和「ええ」

がちゃ

憂「…聞いてみようかな、さっそく」


憂「お姉ちゃん」

唯「…」

憂「ほら、起きて?まだ六時よ?まだ寝るには早いよ」

唯「もう…ねる」

憂「なにかあったの?学校で」

唯「なんも、ないようっ」

憂「そんなわけないじゃん、ちょとずつでいいから
わたしに話してみて?」

唯「なんもないってばっ!」

憂「!」びくっ

憂「おねえちゃん…」うる

憂「ご、めん…おねえちゃんの気持も考えないで…」うる

唯「…っ」

憂「わたし、おねえちゃんのそんな顔見たくなくて」うるる

唯「うい、、」

唯「ごめん、わたしこそ…」

唯「せっかくういが心配してくれたのに」

憂「…」ぐす

唯「ちゃんと話すから泣かないで?うい」

憂「うん、、」うる

唯「…わたしね、のどかちゃんにさんぽ部やろって言われた
とき、すっごくうれしかったんだ」

唯「部が始まっておさんぽしてるときはもっと」

唯「でもね、のどかちゃんにとってはやっぱりさんぽ部は…」

唯「わたしといられる時間は部活に過ぎないのかなって…」うる

唯「わたし」うるる

唯「のどかちゃんが好きなの」ぽろぽろ

唯「…」ぽろぽろ

唯「へ、へんだよねっ、お、女の子どうしなのに…」

憂「…」ひしっ

憂「ううん?おかしいことなんてなんにもないよ」

憂「お姉ちゃんが好きならそれは誰にも邪魔できない」

憂「お姉ちゃんの恋だよ…」ぽろぽろ

唯「ういぃ」

憂「話してくれてうれしい、こんな大切なこと。
応援するっ」

唯「う、ういぃぃ」ぽろぽろ


憂「お姉ちゃん、今日はいっしょに寝よっか?」

唯「ええ?まだ六時半だよ、早いぃ」

憂「いや?」

唯「…」

唯「いっしょにねるっ」

憂「うんっ」

唯「ういぃ」

憂「お姉ちゃんあったかくて、、いいにおい」

唯「ういはわたしのよりやわらかいっっ」

憂「きゃっ!ちょっとお姉ちゃんくすぐったいよそんなとこ」

唯「ふふっ!」

憂「…ふふっ」


4