梓「うぎゃああぁぁぁ痛いいぃぃぃぃぃいいい!」

梓「全身がカラいよぉぉぉぉおおおおお!!」



律「梓って結構馬鹿だよね」

澪「基本的には良い子なのに」

唯「このあずにゃんには抱き着きたくない」

紬「鼻がつんとするわね~」

梓「いやあああああああ」

梓「助けてくださいよ先輩!」

澪「助けるって……」

律「どうすんの?」

梓「舐めて取ってください」

律「それじゃ辛子を塗った意味がいよいよ無くなって…」

唯「あずにゃんが本物のおバカに」

紬「なっちゃうね」

梓「そんなこと言ってる場合ですか!?カラぁぁぁぁぁい!」

梓「頭の先から×××の奥までヒリヒリするうぅぅぅ!!」

紬「可哀想だから、助けてあげよっか?」

唯「そうだね。あずにゃんがあまりにも哀れだよ」

澪「うん、これも先輩の仕事かな」

律「世話の焼ける奴だ」

澪「梓、舐めてあげるからじっとしてて」

梓「はい……お願いします」

唯「じゃ、行くよー」


ぺろぺろ

ぺろぺろぺろ


唯澪律紬「……!!」

「「「「からーーーーーい!!!」」」」


律「こんなの無理だー!」

澪「鼻が痛いっ!涙がとばらないよー」

唯「舌が焼けるー!」

紬「水、水、水入れてくるっ」

梓「我慢してください!私なんて全身ヒリヒリして死にそうなんですよっ」

律「いっそそのまま死んでしまえとすら思うよ」

梓「インターバル終了です。舐めてください」

唯「はーい」

ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろ


唯「あずにゃんの首筋ぺろぺろ!」

澪「お腹ぺろぺろ!」

律「太ももぺろぺろ!」

紬「足の裏ぺろぺろ!」

梓「にゃああん!くすぐったいですーっ!」


ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろ


唯「あずにゃんの鎖骨ぺろぺろ!」

澪「おへそぺろぺろ!」

律「ふくらはぎぺろぺろ!」

紬「指の間ぺろぺろ!」


ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぴろぴろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろ


唯「あずにゃんの脇ぺろぺろ!」

澪「みぞおちぺろぺろ!」

律「ひざ小僧ぺろぺろ!」

紬「アキレス腱ぺろぺろ!」


ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろ



澪「ギブアップ」

紬「もうこれ以上は無理よー」

唯「もう江頭でも逃げ出すレベルだよ」

律「あとは自力でなんとかしてくれ」

梓「うわーん!中途半端にヒリヒリするよーー!!!」

唯「でもあずにゃん、大分辛子舐め取ったよ」

澪「さっきまでは梓って言うより全裸の黄色い変な奴だったもんな」

律「あと残ってるのはおっぱいとあそこだけじゃないか」

澪「そんなに痛くないだろう?」

梓「おっぱいとあそこに残ってるから痛いんですっ!」

梓「舐めてください」

紬「えっ」

梓「だから舐めてくださいよぉ」

律「お前な、先輩にそんなとこ舐めさせる気か?」

梓「お願いしますよ……」

澪「他のとこなら舐められたけど、そこはちょっと、ねえ」

梓「ぐぐ…唯先輩なら舐めてくれますよね?」

唯「ごめん」

梓「……」

紬「でもまあおっぱいなら」

律「百歩譲っておっぱいならまだいいけど」

澪「下は絶対やだ」

唯「だよねー」

梓「困ります!」

律「梓ってたまにどうしようもなくワガママだよね」

澪「基本的には良い子なんだけど」

梓「お願いしますよぉ」

紬「しょうがないわねー」

唯「あずにゃんにそこまでお願いされたら私たちは断れないよ」

梓「本当にありがとうございます」

唯澪律紬「じゃーんけーん」

梓「えっ」

「「「「ぽん!」」」」

唯「わーい私の勝ちー!」

澪「あー…」

律「しょうがない、3人でじゃんけんして勝った2人がおっぱいな」

紬「負けないよ!」

「「「じゃーんけーん」」」

「「「ぽん!」」」

澪紬「やった!」 ハイタッチ!

律「ちくしょう!私がお×××担当かよ!」

梓「それじゃおっぱいからお願いします」

紬「はーい」

澪「舐めるよー?」


ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ


梓「にゃああああああああああああん」


ぺろぺろぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろ


梓「はにゃああああああああああああああああん」


ぺろぺろぺろちゅぱちゅぱぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろ


澪「全部舐め取ったよ」 ヒリヒリ

紬「ご馳走様」 ヒリヒリ

あずさ「」ビクンビクン

唯「あずにゃん大丈夫?」

あずさ「へいきです」 ビクンッ



梓「じゃあ次、下お願いします」

律「うっ」

梓「律先輩」

律「うん。じゃんけんで負けたからな、仕方ない」

律「舐めるぞー」


ぺろぺろ


律「キモチワルイ……」

梓「傷つきますので」

律「うわぁなんか湿ってるよ」

梓「きっと律先輩の唾液です」

律「そうかな?」

梓「そうですよ」


ぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろ


梓「うにゃぁぁん」


ぺろぺろぺろぺろ
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろ



律「お、終わった……」 ヒリヒリ

あずさ「あううあうあうううあうあう」 ビクンビクンビクン

紬「全身の辛子が落ちたわね」

唯「良かったねあずにゃん」

梓「いや、それがまだ一か所残ってました」

澪「えっどこ?」

梓「肛門です」

紬「えっ」

律「何?」

梓「だから肛門です。お尻の穴です」

澪「ははは、冗談きついよ」

唯「お尻の穴なんて舐められるわけないじゃ~ん」

梓「舐めてくれないと困りますよ」

澪「だってお尻の穴だよ?そんなとこ舐めるのはさすがに」

律「私はお×××舐めたけどな」

梓「うわああお尻の穴が痛いよぉぉぉぉ」

梓「火が出るー!」

梓「助けてえええええええ」



澪「どうする?」

律「私はもう嫌だぞ」

紬「私もお尻はちょっと」

澪「じゃあさっき勝ち逃げした唯に任せようか」

唯「えええっ!?」

律「お前しかいないよ唯」

紬「がんばって!」

唯「……」



梓「あ、唯先輩がやってくれるんですか?お願いしますね」

唯「私まだ何も言ってないよー」

律「覚悟を決めろ!」

澪「ぺろっと行けぺろっと」

唯「いやあああああああ!!」


ぺろ ぺろ


梓「もっとちゃんと舐めてください」

唯「ど、どうやるの?」

梓「奥まで舌を突っ込むんですよ」

唯「無理、いくらあずにゃんでもそれだけはやだよ」

梓「そんなこと言わないでくださいよ」

唯「うぅ……」


ぺろぺろぺろ

ぺろぺろぺろぺろぺろぺろ


唯「辛いし変な匂いするし……」

梓「あ、出そう」

唯「えっ。出そうって何が?」 ペロペロ

梓「だからそれは」

唯「何?」 ペロペロ

梓「お尻から出るものなんてそうそう多くありませんよ……」

唯「あ、まさかっ!?やめてあずにゃん!」

梓「…もう手遅れです」

ゆい「うわああああああああああ!!!!」



律「この馬鹿梓!」

澪「辛子のかたまりを唯に食べさせるなんて」

梓「ごめんなさい。本当にごめんなさい」

紬「唯ちゃん大丈夫?」

唯「憂が今日の晩御飯カレーにするって言ってた」

梓「申し訳ありません」

澪「今日は帰ろうか」

律「うん」



翌日

梓「辛子は危険だということが分かったのでホイップクリームを塗ってきました」

唯澪律紬和憂さわ子「ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ」

梓「結局意味が無かった」 ビクンビクンビクン



おわる