実乃梨「はぁ終わった~、いやぁ~な汗が出る場所だねおあそこは、部活とは違った疲れが出ますな」

律「あぁお疲れさん、しかし今回も反省点は多いな、この後はキツいから、また時間あいたら教えて」

実乃梨「了解~。まだ4回目だけどなれそうにないな私。りっちゃんはどうだい?」

律「まだ慣れないな~私もライブとは違った緊張するっていうか、いやでもまぁ似てるんだけど、集中度と注目度が違うから精神的にくるな」

実乃梨「まぁ数こなすしかないのかね」

律「ツッコミはホントに場数踏むしかないと思うわマジで、結構ボケは変わってない人多いけどツッコミは違うね」

実乃梨「そっか~!まぁ出来るよー!私は応援するぜ」

律「あんがとさん、実乃梨は今日はこの後なにも無いんだよね?」

実乃梨「おうよ~、っていうかだから部活の人呼んだんじゃないのかね?」

律「おおっと痛いとこつくね、じゃあちょっと休憩したら会ってくれないかな」

実乃梨「おやすい御用・・・って言いたいけどもうちょっと待っておくれやす~」

律「分かってるって、自分から頼んでなんだけど、わざわざありがと」


実乃梨「よっしゃ!私に会いにきたというモノ好き達を拝見しようじゃないの」

律「元気戻したな、良かった良かった」

律「じゃあちょっと呼んでくる」



すうふんご!

律「お~こっちだこっちー」

唯・澪・紬・梓「おじゃましまーす」

実乃梨「あーどーもどーもりっちゃんの隣立たせてもらってます櫛枝でーす」

律「田井中でーす」

唯「そっちは知ってまーす」

梓「あ、どうもこんにちは」

澪「こここ、こんにちゃー!」

律(そんな緊張するところか?)

実乃梨「はいこんにちゃー」

澪「律ぅ~!」

律「なんだよ!?お前だって一回見たんだろ?キャラクターくらいつかめるだろ!」

唯「変わった人ですね!」

実乃梨「そうかい?それは誉め言葉としてもらおうかね、でもそういうあなたも変人オーラでてますぜお姉さん」

唯「なんで私が長女だと分かったの!?エスパー(エスニックパーマ)!?」

実乃梨「そんな古いネタはおいといて、別に姉妹関係を当てたつもりはなかったんだけどね~、やはり君は変人臭がするね」

紬「あの、お疲れ様です。これ差し入れです」

実乃梨「どーもです!わざわざこれはこれは、ありがたく頂くとしようk・・・う~甘いもの・・・」

紬「どうしたんですか?甘いものは苦手?」

実乃梨「いやぁ大好物なんだけどねぇ、でもいかんせんさっきちょろっと言ったけど
     ダイエット戦士櫛枝は日々お腹まわりと悪玉コレステロールと闘っているのですよ」

紬「あぁ分かるわ~私も気にしてるの!・・・でもねついつい誘惑に負けて」

実乃梨「同志よ!共に鮮やかにスレンダーライフを満喫しようではないか!でもそれとこれとは別ってことでいっただきまーす」

梓「マシンガントークってこういう人のことをきっと指すんでしょうか・・・」

律「まぁ癖はあるけど面白いしいいやつだから、ゆるりとまったりやっていこうじゃないか」

澪「あぅあぅ」

唯「盛りあがっていますな」


実乃梨「うぅー梅は入ってないけど超うめー!」

紬「ふふふ、喜んでくれたなら嬉しいわ~これとか、どうかしら?一口いかが?」

実乃梨「おっとお嬢さん、直渡しですかい?そういうのははしたないんだぜ~といいつつ糖分を求める私の口は止まらない」パクッ

紬「あらあら・・・(この人舞台で見たより近くで見ると可愛い~)」

律(ムギと溶け込んでるよかった、しかし澪はこの場でどうするんだか)

唯「ハイテンションだね~」

実乃梨「もしかして君が平沢さんかい?」

唯「ほぇ~?そうだけど」

実乃梨「おぅやっぱりだ」

唯「どうして分かったの?りっちゃんから聞いてた?ほら私っt

実乃梨「いやぁねぇ~りっちゃんがメンバーの中に緊張しないのがいるって言っててだね、ズバリ私の右脳が君だッ!と信号を送ったのだよ」

唯「へへへぇ~なんかしないんだよねー」

律「お前はしなさすぎだ!」

梓「澪先輩大丈夫ですか?」

澪「うう、うん!ちょっと頑張る・・・」


梓「あのぉ~」

実乃梨「どうしたん~?」

梓「私だけこの中で下級生です、中野梓と言います、よろしくです」

実乃梨「上級とか下級なんざ気にしなくていいのさ、りっちゃんもさっき言ってたけどまったり行きまっしょう」

梓「それで、こちらの人が」

澪「秋山澪・・・です。ベースやってます」

律「私が幼子の時からずっと今日まで一緒なんだぜ~」

実乃梨「ほ~なるほどねぇこれはいいこと聞いた、お二方の馴れ初めはどんな感じだったのさ~?」

澪「小4の時に作文発表しなくちゃいけなくって、その時に手伝ってもらってから仲良くなったのかな」

律「あぁあったな私の部屋で練習したやつだ!その時から緊張症はかわらないな~」

実乃梨「そっか~緊張はしちゃうよね、でも私なんかにまでしちゃってまぁ気を抜いてよ、そんな緊張に値するようなもんじゃないッスよ」

澪「はははは。ありがとう!ちょっとリラックス出来たかな、今日は面白かったよ」

実乃梨「そいつはありがてぇや!次はもっと面白くしなくっちゃだ」

律「そうだな~見直すところは多いからな」

梓(あっ私空気だ)



律「そろそろいい時間になってきたなぁ~」

実乃梨「おやおやもうかね、楽しい時間はあっというま」

唯「えぇもうなの~」

紬「唯ちゃんまたお邪魔させてもらいましょうよ、ねっ」

唯「そうだねぇ、ねえみのりんまた来ていい~?」

実乃梨「みのりんは断らないぞぉ~、もちろん大歓迎だ!」

紬「よかったわね~」

唯「うんーまた来るよ絶対来る」

澪「私も来るから!」

実乃梨「おう!待ってるぜ」

律「一回でここまでうちとけたらたいしたもんだなー」

梓(次回はもうちょっと主張してみようかな)

律「私たちはちょっと挨拶とかあるからまたなー」

唯「うん、また明日~」

実乃梨「みんなありがとねーばいば~い」



律「そういえば実乃梨の同級生は来たりしないの~」

実乃梨「う~んどうだろう呼んでも別に全然いんだけどね~なんか私恥ずかしくって」

律「うおおおおい!堂々と呼んじゃった私のほうが恥ずかしいわ!」

実乃梨「いやいやまぁそういうのじゃないじゃーん、なんていうかさホラ」

律「まぁ分かるような分からないようなでもやっぱ分かるような・・・」

実乃梨「いつか呼ぼうかな、そうするよ。いつかね。って言っても5日じゃないぜぇ~」

律「へいへい、いつかね」

実乃梨「う~んじゃあこの後どうする?ファミレスでも行く?」

律「あぁ~うんそれいいね、そこでいろいろ練ったり反省したり希望を抱いたりしますか」

実乃梨「さぁじゃあ行きますか」

律「えっと館長のとこ行かなきゃ」

実乃梨「おーいざゆかん!」

律「おー!」



実乃梨「あぁ~あぁ~みら~いへーつーなーぐ~はーしぃそれがおおはしっおおはしぃ~♪」

律「何その歌?」

実乃梨「校歌」

律「いい顔してんな、そんなキッパリ言われてもな・・・ってか今時校歌を歌う高校生ってどうよ?いや高校生でなくてもどうよ」

実乃梨「へっへ~ん、ちと昔を思いだしてな、歌いたくなったのじゃよ」

律「いやまだ2年だろ」

実乃梨「いろいろい思い返すこともあるのだー!」

律「んふふ・・・それは聞いてほしいという合図だな」

実乃梨「おっとそんな信号は出した覚えはねーぜ」

律「なんだよーつまんねーの」

実乃梨「ふてくされないの~いつか話したげるから」

律「なんか釈然としないな、まぁ期待しないで待ってるよ」

実乃梨「ふと思ったんだけどさ、私たちずっと喋ってるだけだよね・・・」

律「いや、うん。それは誰に気を使ってんだー?」

実乃梨「いや良心の呵責っていうかさ、こんなんでいいのかーって、まぁ気にはしないつもりだけどね」

律「おぉ~そうかー」

実乃梨「やぁーそうだー」

律「ん?なんかギャーギャーうるさいな」

実乃梨「あの声聞いたことあるかも・・・ゆりちゃん?」

律「誰それ?」

実乃梨「あぁ担任だよ~さっきもねちょっとあったんだけど」

律「あんまり先生をプライベートで見たくないよな」

実乃梨「あぁ分かるぜよ!それ!でもねゆりちゃんなら違和感ないんだぜ?」

律「私も顧問ならないかも」

実乃梨「まぁ人によるってことで」

律「ですな」

実乃梨「元気が一番!やる気!元気!井脇!」

律「そんな堂々としたパクりはよくない」

実乃梨「はっはっーすまねーな」


6