憂「え? 軽音部に入ってくれるの?」

梓「うん」

憂「でも、またどうして? 最初はジャズ研に興味があったんでしょ?」

梓「ああ……まあ、ね。でも新歓ライブ見て、軽音部からはジャズ研にはない、ろっくんろーるを感じたから」

憂「よくわからないけど、とにかく軽音部に入ってくれるんだね」

梓「まあね」

梓(まあ楽器なんて鍵盤ハーモニカとソプラノリコーダと
アルトリコーダとトロンボーンとユーフォニウムとハーモニカしかできないけど)



梓「とりあえず入部しに来ました一年の中野梓です」

律「入部してくれるの!?」

梓「ええ」

唯「これからよろしくね、梓ちゃん!」

梓「こちらこそよろしくお願いします。
  どうでもいいですけど、私の父はジャズをたしなんでいるんです」

紬「まあ、それは素敵」

澪「ということはギターかなにか弾けたりするのか?」

梓「むむ。いきなりビジネスライクな話ですね」

澪「ビジネスライク……?」

梓「失礼。今のは忘れてください」

律「それでそれで。なにが弾けるの?」

梓「エレキギターです」

梓(本当はできないけど。しかし、この軽音部の連中はなかなかハイレベルそうだ。
  もしかしたら、楽器が弾けないと言ったらボコボコにされるかもしれない……。
  ならばここは、まずは専門用語の『エレキギター』という単語を出して音楽熟練者に思わせる!)

唯「ほんとう!? わたしもギターやってるんだよ!」

梓「なんと!」

梓(チッ……ギターはもういたのか。これは大きな誤算!
  たしかバンドにギターは二人もいらないはず)

澪「って、いうことはツインギターになるってことか」

梓「?」

梓(な、なんだ? つ、ついんギター? むむ。聞き慣れない言葉だな)

紬「すごい汗かいてるけど大丈夫?」

梓「大丈夫です。心配ないです」

紬「そう? ならいいんだけど」

律「ていうか、せっかくなんだしギター弾いてもらうのはどうよ?」

紬「そうね。私も梓ちゃんの弾くギターを聞いてみたいわ」

梓「む、むむっ……!」

梓(な、なんという不測の事態! いったいぜんたいどうすればいいんだ!?)

澪「ん? 今日はギター持ってきてないの?」

梓「え?」

澪「だから、ギター持ってきてないの?」

梓「ハハハッ、持ってるわけないじゃん!」

澪「えっ?」

梓「あ゛?」

梓(あ゛……じゃ、ないし! 私はなにを言ってるんだ!?)

梓「あ、あははは、なんて言っちゃったりして~」

澪「……」

律「……」

紬「……」

梓(むむ……視線で死ねそうなくらい白い目!)

唯「あはは~、梓ちゃんは面白いね」

梓「そ、そうですか? いえ、実はよく言われるんです。この前も……」

唯「それで。梓ちゃんはギター持ってきてないの? わたし、聞いてみたいなあ」

梓「そ、そんな大したことないですよ?」

梓(話を逸らそうとしたのに、逆に話題がもとに戻ってしまった!)

唯「とにかく聞いてみたい! 下手くそでもわたしが教えてあげるから大丈夫だよ」

律「いやいや、唯も始めてからまだ一年しかたってないからな」

澪「で、結局ギターはあるのか?」

梓「…………」

梓「あの、お言葉ですけどひとつ言わせてもらってもいいですか?」

澪「私に言ってるのか?」

梓「はい。あなた以外にいません。ていうか一言申し上げる前にひとつ。お名前は?」

澪「…………秋山澪」

梓「澪……船が通ったあとにできる水の筋のことですね。いい名前です」

澪「そ、そう?」

梓「しかしまあ、そんなことは関係ないんですよ。
  澪先輩。ガツンと一発言わせていただいてもいいですか?」

澪「ガツン……?」

梓「そもそも私は大事な大事な新入部員なんじゃないですか?」

澪「そうだよ。私たちの部活は四人しかいないからな。人数が増えれば音楽の幅は広がる」

梓「はあ~、またですか?」

澪「なにが?」

梓「澪先輩ってさっきからビジネスライクなことしか言ってませんよね?」

澪「なんだよ、ビジネスライクって?」

梓「つまり、私自体には全く興味がないんですよね? そうなんですよね?」

唯「わたしはそうでもないよ。梓ちゃん、カワイイし」

梓「ありがとうございます先輩」

澪「その……さっきからなにが言いたいのか意図が見えてこないんだけど……」

梓「はあ、ダメですね。私が言いたいことはつまりですね。こういうことです。
  ギターができるとか以前に、まず私という新入部員を歓迎するのが必要最低限の礼儀というものでしょう?」

紬「おおっ……!」

唯「あ、梓ちゃんカッコイイ……!」

澪「……」

律「んー、まあ一理あるかな。
  たしかにせっかく軽音部に来てくれたんだしな。これからよろしくな」

梓「こちらこそ。いやあ、にしても大人の対応ですね」チラッ

澪「…………」

澪(なんかムカつく、この新入部員)

唯「うんうん、梓ちゃんの言うとおりだよ!
  せっかく新しい部員さんが来たんだから、今日はお茶にしようよっ」

紬「そうね。そうしましょう」

梓「お、お茶……?」

梓(なにかの音楽用語か? あるいは隠語……?)

紬「梓ちゃん。紅茶は好き?」

梓「こ、紅茶……?」

梓(次は紅茶……? くっ……先輩たちがなにを考えているのか全くわからない!)

澪「『今日は』ていうか、『今日も』だけどな」

梓(今日も? どういうことだ? いや、つまり毎日やっているということか?
  だ、ダメだ! 音楽という名の海は私には深すぎてついていけない!)

梓(いや、実はこれは文字通り『お茶』という意味しかないのでは?
  だがここで、もしヘマをしたら私が音楽トウシロだとばれてしまう)

紬「それで、梓ちゃんは紅茶は飲めるの?」

梓「え? あ、ええ! もうドンとこいです!」

律「なんか異様に汗かいてるけど大丈夫か?」

梓「あ、その、発情期なだけなんで大丈夫です! 安心してください!」

律「……え?」

梓「あー、(音楽を)早くヤりたいなあ!」

律「……」

澪「……」

梓「さあさあ、早くお茶しましょう!」

紬「はい、紅茶」

梓「いい香り……ていうか普通に紅茶でしたね」

紬「え?」

梓「あ、いえ。こちらのお話です」

紬「そう? あ、そうそう。それからケーキもあるんだけど、なにがいい?」

梓「ケーキ!? ケーキまで出るんですか?」

唯「えへへ。毎日ムギちゃんがお菓子もってきてくれるんだよ」

梓「な、なんと……」

梓(どうやら本当にただのお茶らしい。安心安心)


梓「いや~、イッパイ食べちゃいました」ゲポッ

澪「ひとりで三つもケーキ食べるなんて……」

紬「まあまあ。今日は梓ちゃんの歓迎会なんだし、いいじゃない?」

唯「そうだよ、澪ちゃん」

律「しっかし、見てて気持ちいいくらいの食いっぷりだったな」

梓「あ、すいません。つまようじありませんか? 歯にものが挟まっちゃった」シーシー

澪「…………」

澪(本当にこの子で大丈夫なんだろうか?)



憂「それで軽音部はどうだった?」

梓「あー、うん。なかなか音楽に対してストイックって言うのかな?
  まあ思ったより硬派な部活だったよ」

憂「へえ」

梓「とりあえず今日から軽音部で頑張ることにするよ」

憂「応援してるね」

純「じゃあわたしも応援しておこ」

梓「ありがとうモップさん」


2