唯「ほーらお食べ。梓ちゃん、あーん」

梓「あーん。んんっ……むむっ……これまた昨日に続き、なんと美味なフルーツタルト!
  生地に始まり、上に乗っかってるフルーツに終わり、まさに至高の味!」

紬「紅茶もあるから一緒に飲んでね」

梓「なんかすいませんね。こんな美味しいものを後輩の私が食べさせていただけるなんてっ」



澪「おい、律」

律「んー、なに?」

澪「部長として言うべきことがあるんじゃないのか?」

律「……なんだっけ?」

澪「練習はどうしたんだよ!?」

律「そんなこと言われてもなあ。見てみろよ、あの幸せそうな顔」



梓「(#^ω^#)」ウメー、ナマクリームペロペロ



澪「……」

律「なっ? あんな幸せそうな顔されちゃうと、注意するのはちょっと……」

澪「情けない部長め。私がきちんと注意して練習させるしかないな」

律「今日ぐらいべつにいいじゃん。まだまだ文化祭は先だし……って、聞いてないし」

澪「おい、梓」

梓「(^ω^)」ナマクリームペロペロ

澪「……」イラッ

澪「あ! ず! さ!」

梓「(^ω^)」ハイ?

澪「……とりあえずその顔をやめろ」

梓「(^ω^)」

梓「 (¨ω¨)」キリッ

梓「……失礼しました。私ってば美味しいものを食べると、ついついシマリのない顔をしてしまうもので」ペロペロ

澪「あとクリームをなめるのもだ。」

梓「わかりました」

澪「あのな、梓。私たち軽音部はお茶をするのが目的じゃない。
  楽器で演奏することこそが、本来の軽音部の姿なんだ」

梓「なんか、すごく当たり前のことを言いますね」

澪「…………。
  たしかにそれは当たり前。でも、その当たり前のことがうちの軽音部はできてない」

梓「肝心の先輩方が私に、それはそれは甘いスイーツをよこしてくれますからね」

唯「このタルト、すごくおいしいのに澪ちゃんは食べないの?」

澪「それはあとで食べる」

梓「食べるんですか」

澪「当たり前だろ。食べ物を粗末にするとバチが当たるからな。
  でも、今はべつだ。とにかく軽音部に入部したからには練習しなきゃな」

梓「澪先輩っていい意味でカタイですね。あ、マジメって言ったほうがいいですか」

澪「これが普通なの」

梓「まあ、たしかに私たちは軽音部ですからね。
  練習しなきゃいけませんよねえ」

澪「そういうことだ」

紬「そういえば、梓ちゃんはギターが弾けるのよね?
  せっかくだから演奏してみてほしいなあ」

唯「わたしも梓ちゃんのギター見てみたいなあ」

梓「なかなか良い機会です。せっかくなので、私のギターを披露しましょう」

澪「……私の気のせいかもしれないけど、梓のギターらしきものがどこにもないんだけど」

梓「それは当たり前ですよ。なにせもってきてないんですから、はい、当前のことです」

澪「あははは、なんだもってきてないのか」

澪「……って、おい!
  なんでギターをもってこないんだよ!?」

梓「…………」

律「梓? どうした急に黙っちゃって。
  べつにギター忘れたからって怒ったりしないぞ?」

梓「いえ、忘れたわけではありません。わざともってこなかっただけです」

澪「……」

梓「いや、そんな怖い顔しないでくださいよ。一応理由はありますから」

澪「できれば、一応じゃなくてきちんとした理由を聞かせてほしいな」

梓「そこらへんは聞いてから判断してほしいですね。
  実はですね。私のギターは父からもらったものなんです」

唯「へえ、カッコイイね。梓ちゃんはどんなギターを使ってるの?」

梓「…………」

唯「梓ちゃん?」

梓「……まあ、それはあとからお話しましょう。
  とにかく今は、私の話を聞いてください」

唯「はーい」

梓「さて、先に述べたように私のギターは父から受けとったものです」

澪「それで? 梓がギターをもってこなかったことと、それがどう結びつくんだ?」

梓「……実は、私の父はもうこの世にはいないんです」

紬「……え?」

律「そ、そんな……」

梓「父がいない私の家はそれはそれは貧しいもので、食事すらままならないときもありました」

唯「ああ……だから梓ちゃんはそんなにひんそーなカラダをしてるんだね」

梓「唯先輩も人のこと言えないと思いますけどね」

唯「えへへへへ」

梓「うっししし」

唯「いえーい♪」タッチ「いえーい♪」梓

澪「……梓、早く続きを話してほしいんだけど」

梓「失礼しました。それでは話を続けましょう」

梓「父が亡くなったのは、今から五年前です。
  そのせいで、母は五年前からジャズ演奏家をやめ、家の近くの某運送会社で働きはじめました。
  私は私で働けないながらも、友達と遊ばないといった感じでお金の無駄遣いをしないようこころがけました」

澪「…………」

梓「ただ、そんな私にもひとつだけ趣味がありました」

律「ギターだな」

梓「はい。私は時間があれば父からもらいうけたギターを常に演奏していました」

澪「もしかして、それだけ大切なギターだから学校にもって行きたくないってこと……?」

梓「いいえ、そんな理由でしたらそもそも軽音部に入りません。
  問題は……最近ギターを弾いてるとナニか出るんですよね」

律「……はい?」

梓「より正確に申し上げるなら、ギターを弾いたその日の夜に……出るんですよね」

澪「な、なにが……?」


梓「幽霊が」


澪「な、な、なにを言ってるんだ。幽霊なんて存在するはずがないだろ……」

梓「ええ、私も澪先輩に同感でした、あのときまでは」

唯「もしかしてホントに幽霊に会ったとか?」

梓「おそらく、はい。
  私がその幽霊らしきものに出会ったのは、一ヶ月ぐらい前です。
  その日もいつもと同じように練習して、お風呂に入ってごく普通にベッドで寝ました」

紬「うんうん、それで?」

梓「途中まではいつものように眠っていました。
  しかし、なぜだか人の視線のようなものを感じて……目を覚ましました。
  誰かいるのかな、そう思って首だけ動かそうとしたんですが、カラダが動かなかったのです」

澪「あ、アレだろ!? 脳は起きてるけど身体は起きてないっていう……!」

梓「まあ、カラダが動かないだけであればその説も有り得ますが残念ながら私、見ちゃったんですよね」

唯「なにを?」

梓「人の形をした黒い影です。
  まるで、まっくろくろすけが集まって人の形を作っているかのようでした」

澪「も、もういい!
  だいたい花粉が舞うこの爽やかな季節に、なんでそんな怖い話を聞かなきゃならないんだよ!?」

梓「まあまあ、そんなに遠慮しないでくださいよ、澪先輩」

澪「いや! もういい! わかった。私が悪かった!
  梓がギターをもって来ない事情はよくわかった! だからもうなにも話さないで!」

梓「そうですか」

梓(昨日、下校中に唯先輩から澪先輩の弱点を聞いておいてよかった)ニヤリ

梓「とにかくそういうわけで、私は自分のギターを弾くのはイヤなのです」

唯「またまたそれは大変だねえ、梓ちゃんも。
  今度わたしの家においで。おいしいお料理をごちそうしてあげるから」

梓「ああ、この世には幽霊もいるみたいですが、どうやら天使もいるみたいですね」

唯「もう、天使だなんて……わたしが天使だったら梓ちゃんはパトラッシュだよ」

梓「うっししし」

唯「えへへへへ」

梓「いえーい♪」タッチ「いえーい♪」唯

律「……しかしそうなると、梓はどうやってギターを弾けばいいんだ?」

梓「それでしたら他のギター……つまり、私のギターでなければ弾いても幽霊は出ませんよ」

律「うーん、じゃあ唯。ギターを梓に貸してあげたらどうだ?」

梓「ああ、その必要はないですよ」

紬「どういうこと?」

梓「澪先輩のベースギターを借ります」

澪「は……?」

梓「ですから、澪先輩のベースを借ります」

澪「いや、私のはベースであってギターではないんだけど」

梓「弘法は筆を選ばずと言うでしょう?
  私はこれでもギターと一緒に生まれてきたと言われるぐらいには才能があります」

唯「え? 梓ちゃんはギターと一緒に生まれてきたの?」

紬「そうだとしても不思議じゃないぐらい、ギターが上手だって意味じゃないかしら?」

唯「なるほど。梓ちゃんはとにかく、すごくギターが上手いんだ」

律「いやいや。だからって、ギターとベースはべつもんだろ」

梓「試してみますか?
  私の溢れるロックソウルにかかれば、どんな楽器もギターの音しか出ませんよ」

澪「ベースは貸しません」

梓「なんでですか?」

澪「言うまでもないだろ。
  ベースではギターの音は出せない。なにより……」

梓「ふと思い出したんですが、私がギターを弾いたときに出る幽霊はそれはそれは恐ろしい霊でして。
 低くくぐもった声で『ギターを弾かせておくれ、梓』と……って澪先輩?」

澪「見えない聞こえない見えない聞こえない見えない聞こえないていうかやめてください」

梓「じゃあ澪先輩の楽器貸してくれますか?」

澪「喜んで」

梓「ありがとうございます」

律「なにしてんの?
  なんかネックにつけてるけど」

梓「より良いロックを追求するために少し澪先輩のベースに手を加えさせてもらいます。
  そんなに大したことではありませんので、気にしないでいいですよ」カチャカチャ

唯「より良いロックってなに?」

梓「またまたご冗談を。唯先輩ほどのお方が、ロックについて私に質問なんて」カチャ、カチャ、グギギッ

紬「わたしたちのやってる音楽はどちらかというと、ポップスよりだと思うけど」

梓「そうかもしれません。
  しかし、私のロックスピリットに火をつけたという意味では先輩方が築きあげた音楽はロックですよ」カチャ、カチャカチャ

澪「あの……私のベースになにしてるの?」

梓「そんな見ればわかるようなことを聞いてくるなんて、澪先輩って鬱陶しいですね」

澪「え?」

梓「あ、いい意味で、ですよ?」カチャン

梓「よし、こんな感じでいいかな……」

唯「んー、梓ちゃん、澪ちゃんのベースいじってたけどイマイチどこが変わったかわかんないよ」

梓「ふふふ、まあ見ててくださいよ。

  スイッチオン!」

唯「アンプにつないですらいないけど、あれで演奏するのかな?」

律「さあ?」


ジジジジジジジジ

紬「なにか音がしない?
  梓ちゃんのベースから音が聞こえてるような気がするんだけど」

律「というか、梓はなんでベース弾かずに棒立ちしてるんだ?」

唯「でもでも。立ち姿からしてなんだかホンモノっぽいオーラが出てるよ」


ジジジジジジジジジジ


梓「……っ!
  来た……今、私のロックソウルスピリットをこのベースから放ちます!」

唯「あ、あれは……!」

律「み、澪のベースの先端から……」

紬「火花が出てる……!」

澪「(゜o゜)」


次の瞬間。
梓は肩にかけていたベースを勢いよく高々と掲げた。
ちんちくりんな身体で背伸びしているので微笑ましく見えないこともないが、本人は至って真剣である。
ない胸を精一杯張って、梓は高らかに叫んだ。


梓「うおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!」


いったいこの小柄な身体のどこからこのような力強い声を出しているのだろうか。
梓の声は部室に響き渡り、何度も反響して窓ガラスを震わせる。
しかし、ただ梓は叫んでいるだけではなかった。
梓のベースの先端からはまるで花火のように火花が威勢よく噴出していた。
やがてそれはどんどん強くなっていく。
まるで、梓の肉体から滲み出るロックスピリッツがベースを経由して溢れているようだった。

梓「これで終わりです!」

梓が再び咆哮する。


未だに火花を撒き散らすベースを梓は窓に向かって投げ捨てた。

ガラスが砕ける音。
梓が放り投げたベースは窓ガラスを突き破り、砕けたガラスをまとって放物線を描く。
相変わらずベースは花火のような火花を撒き散らしたままだ。

澪「え? え? あれれれ?」

澪が目を白黒させる。
状況をきちんと把握できてないらしく、その光景を呆けたように眺めることしかできない。
他の部員も同様だった。


そして火花を撒き散らしていたベースが爆発した。


澪「……はい?」

澪の呆然とした呟きは爆発音によって掻き消される。
澪のベースは見事に空中で爆発してチリと化した。
軽音部一同、なにが起きたかまるでわからなかった。
炎上したベースの火が梓の自慢げな顔を赤く照らし出した。





3