~2009年 12月31日~


律・唯・澪・梓「」ポカーン

律「ここが…がくちゃんの家」

唯「おっきな黒人さんがいたね!!」

澪「な…何かにぶつかって落としちゃわないかな…?」ブルブル

梓「すごく広いです…」

ガク「みんな、こっちのバーでパーティーするからね?」

律「バーまであるのかよ!?」

紬「しゃらんらしゃらんら~♪」

紬(年越しジャンプ、楽しみだわ~♪)

律「」プルプル…

律「がくちゃん! 探検していい!?」

澪「なっ…やめておけ律!? いったいどんな危険が潜んでるかわからないぞ~!?(金銭的な意味で)」

ガク「いいよ。 パーティーまでまだ時間もあるし…案内してあげる」

唯「やったねりっちゃん!」

唯・律「イェーイ!!」







律「すげー! 瀧だ!!」

ガク「ここは寝室でね…加湿器替わりに滝を作ったんだ」



澪「今度は道場!?」

ガク「毎朝、ここでトレーニングしてるんだけど…」

紬「まあ~」キラキラ

ガク「…ムギ? サンドバッグ、叩いてみる?」

紬「まあ! いいんですか?」

ガク「いいよ。 このグローブをつけて、ここを叩いて?」

紬「えーい!」

ドゴォォオオ!!

律・唯・澪・梓・ガク「何…だと…?」



梓「わぁ~、すごい!!」

梓「これ、スタジオですよね?」

ガク「そうだよ。 レコーディングとかもできるんだ」

梓「すごいです! どうやって使うんですか?」

ガク「ここをこうするとね…」







律「うおー! 飯だぁ~!!」

唯「おいしそ~」

ガク「ウチのシェフの手作りだからね」

梓「シェフまでいるんですか…」

SP1・2「Hey, boss」

澪「ひぃっ!?」

ガク「どうした?」

SP1「不審な人物が・・・ボスの知り合いだと」ヒョイ

さわ子「……」チョーン

ガク「…ああ、知り合いだ。 離してやってくれ…」

唯「ダメだよぉ~さわちゃん。人の家に勝手に忍び込んじゃ」

さわ子「だって…SPがいるなんて知らなかったんだもん…グスッ」

律「そういう問題か」

ガク(…頭が痛い)







さわ子「よーし! それじゃあご飯も食べたし、次は楽しい楽しいプレゼント交換ね!!」ウィー!!

律「さわちゃん飲みすぎだろ…」

さわ子「細かい事言ってんじゃないわよー!!」

ガク「そのことなんだけど…ゴメンね。 
僕は一応、みんなの分のプレゼントを用意したから、僕抜きでやって」

律「さっすがガクちゃん!! さわちゃんもちょっとは見習えよ~」

さわ子「ああん!?」

律「ごめんなさい」







ガク「これが唯で、こっちが澪。 律の分に梓の分。
これがさわちゃんで… はい、これが紬の分ね」

唯「うわぁ~」キラキラ

澪「すごい綺麗…」

梓「これ、先生とお揃いのやつですよね?」

律「こっちのやつは一人ひとり違うのか~」

紬「素敵だわ~」



僕はこの日、軽音部のメンバーに、2つのプレゼントを渡した。

一つは僕がいつも着けているオニキスのブレスレット。

もう一つは、水晶を基調として、そこへ一つずつ、彼女たち一人一人をイメージしたカラーの石をあしらったブレスレット。

律には黄色、唯には赤、澪には青、紬には紫、梓には緑の石をそれぞれあしらい、
さわちゃんには水晶をドクロ型に加工したものを選択した。

それにしても…

さわ子「私の分も用意してくれてたのね~」

用意しててよかった。 さわちゃんの分。

律・唯・澪・紬・梓「どうもありがとうございます、先生!!」



ガク「これをつけてる限り、僕たちはずっと仲間だからな?」

ガク「離れてても、ずっと側にいるから」

律「なーにくさいこと言ってんだよ~」

唯「がくちんきも~い」プッ

ガク「おいお前らそれ返せ!」

唯・律「きゃー!」







プレゼント交換も終わり、今年のイベントもあとひとつ、僕が19年続けてきた、年越しジャンプのみとなった。

紬「ついにきましわ~!」キラキラ

澪「なんか、いざジャンプするってなると、ワクワクしてくるな」

唯「私たち空中で新年を迎えるんだよ? すごいね、あずにゃん!!」

梓「唯先輩、落ち着いてください」

梓(言えない…私も毎年、年越しジャンプしてるなんて言えない…)

さわ子「しゃー!! 私が一番高く飛んでやらぁー!!」

律「うわっ!? さわちゃんうっさ!」

ワイワイ…



ガク「みんな静かにして~。 時報聞こえないだろ?」

律「こんなときくらい、うるさくたっていいだろー!?」

唯「そうだそうだー!!」

ガク「わかったわかった。 それじゃ、僕がスピーカーから音を聞いて、時間をみんなに伝えるから」

ガク「えーっと、…10秒、……20秒、……午前0時30秒」

ガク「…は? いま、12時って言ったぞ?」

一同「え゛~~~~!!!!」



一同「……………………」



ガク「それじゃ、来年まで待つか……」



一同「おめでとうございました……」



紬「」シュン…

梓(終わった…私の人生、今までずっと年越しジャンプしてきたのに…)シュン



8