『これより軽音楽部、“放課後ティータイム”による、ライブを開始します』



ワァァァ…!!

パチパチパチ…

憂「お姉ちゃん…」







ガク「ほら、急いで取って来い!!」

唯「はいっ!!」

タタタタ…

ガチャッ!

唯「…あった!」

ガク「持ってきたか?」

唯「はい!」

ガク「じゃあ飛ばすからな! シートベルト閉めとけ!!」



唯(そういえば、入学式の日もこの道を走ってた)

唯(あの時は、何をすればいいんだろうって思いながら…

このまま、大人になっちゃうのかなって思いながら…

一人で走ってたよね…)



唯(ねえ、私。 あの頃の私。

心配しなくていいよ。

すぐ見つかるから。

私にもできることが。

夢中になれることが。

こんなに私を支えてくれる人たちが。)



唯(大切な…

大切な…

大切な場所が!!)



唯「がくちん先生! ホントにありがとう!!」

ガク「あぁ…頑張って来いよ」

唯「もちろんです!」フンス!





ガチャッ!

憂「あっ! お姉ちゃん!!」

唯「あぁ憂! ピース!!」

憂「お姉ちゃん頑張って!」



律・澪・紬・梓(あっ…)

唯「……」ハァッ…ハァッ

唯「よいしょ…わわっ」



唯「……」



唯「さわちゃん先生、ありがとう」

さわ子「クスッ… じゃあ、あと頑張りなさい」



唯「みんな、本当にごめんなさい」

唯「よく考えたら、いつもいつも… 
こんな…大事なときに…」グスッ

澪「…タイくらいちゃんと結べ?」クスッ

律「みんな唯が大好きだよ」

ガンバレー!

ユイー!!



唯「えっと、改めまして、放課後ティータイムです」

唯「今日は私がギターを忘れちゃったせいで、こんなに遅れてしまいました」

唯「ギー太も、忘れちゃってごめんね」

唯「それじゃあ、最後に思いっきり歌います!」

唯「『ふわふわ時間』!!」








ガク(散々な演奏だったけど…みんなの絆は深まったみたいだな。)

『セッ○スジャパン』

ガク(僕の心には深い傷ができたけど…)

ガク(男のゴールデンタイムでもいってくるか…)


ガク「……」カシュッ…ゴクゴク

ガク「フゥ…」


校長「……」ポンッ

ガク「校長…」



唯「はいりっちゃん! トス!!」トンッ

律「よっしゃあー!! うけてみよ! りっちゃんアターーック!!」バシーン!!

ヒューーーン

ボンッ!!

律「あ…やばっ。 人に…」



校長「!?」ボンッ!!

校長「」バタッ

ガク「校長っ!?」

ガク「……」

ガク「今のうちに、コイツの車でも壁に立てかけておくか」

ガク「薄給すぎるんだよ、まったく。 他の先生たちはよくやってるよ、ホント」ヨイショ



ガク「……こんなもんかな」

車(ギブギブ!!)

律「なにやってんだあいつ」

梓「せっかく今日はビシッと決めたのに…」




~2009年 2学期終業式後!~


澪「よ~し。 冬休みだ~」

律「また今年もクリスマス会やろうぜ!」

唯「いいね! やろうやろう!」

梓「あの…私クリスマスには予定が…」

律「彼氏ですよ奥さん」

唯「若い子はいいわねえ…」

梓「違いますっ!!」

唯「それじゃ年末パーティーは?」

梓「あっ、年末なら私も大丈夫です」

唯・律「よし決定!!」

澪「でも場所はどうするんだ?」

律「ムギん家は?」

紬「ごめんなさい…今からだとちょっと予約を取れそうにないわ…」

律「そっかあ…仕方ないな」

律「あとデカそうな家っていったら…」

律(がくちゃん…いい車に乗ってたよな?)

ガク「?」

律「あのー、がくちゃん? がくちゃんの家でパーティーとかは…?」

ガク「いいよ?」

唯・律「やったー!!」

唯「がくちんの私生活ってどんなのか気になってたんだー」

澪「こらっ! 迷惑かけるようなことしちゃダメだぞ!?」

澪「そりゃ私もちょっと気になるけど…」ソワソワ

紬「あらあら」

律「それじゃー12月31日、場所はがくちゃんの家で!!」

律「プレゼント交換もしようぜー!」

梓「大晦日にっ!?」

ガク「いいね。 それじゃみんなで年越しジャンプもしよっか」

紬「年越しジャンプ? いったい何なのかしら?」キラキラ



7