~2009年10月某日~


『あぁカミサマお願い二人~だけの~』


梓「それにしても…」

梓「ライブの時だけはみなさん、凄い演奏しますよね」

律「ほーう? 言うようになったなこのー!」グリグリ

梓「きゃー!」

和「盛り上がってるところ悪いんだけど」ガラッ

律「おお、和。どうしたの?」

和「どうしたのじゃないわよ。…これ!」ピラッ

和「学祭の講堂使用届、まだ出してないでしょ」

和「明日までによろしくね。それじゃ」バタン

澪「去年にもこんな事あったな…?」

律「あぁ~、あれは部活申請…」

澪「」ゴォォォォ…

律「いたいっ」ゴチン!



律「あー、じゃあ梓、書記な」

梓「私ですか?まぁいいですけど…」

梓「えっと、『使用者』は“軽音部”っと…」

梓「あのっ、『名称』って…?」

律「バンド名でいいんじゃない?」

梓「はい。 …そういえば、バンド名って何でしたっけ?」

律・唯・澪「『恩那組だろ?』『スイーツスマイル!』『ちょこれーと☆めろでぃだよ?』」

梓(バラバラだ!!)

紬「決めてなかったね」



律「それじゃあいい機会だから、今決めるか」

唯「『平沢唯とずっこけシスターズ』ってどうかな?」

律「私らはオマケかい!」

澪「『ぴゅあ☆ぴゅあ』とかどうかな?」

律「もうネタはいいから真面目に考えようぜ」

澪「割と本気だったのに…」シュン

律「ムギ、何かいいのない?」

紬「『充電期間』とかどうかしら~?」

律「縁起わりー!!」

唯「『タンスの角に薬指』は?」

律「なんでそんな変な…って薬指!? 器用だなおい!?」

ガク「…わかった! もう僕が決める!!」カキカキ…


『セッ○スジャパン』


律・澪・唯・紬・梓「もう少しみんなで考えよー」



ガク「団結したっ!?」ガビーン




澪「やっぱり『ぴゅあ☆ぴゅあ』よくない?」

律「却下」

唯「『にぎりこぶし』は?」

律「何か演歌っぽい…」

さわ子「……」イライラ

澪「じゃあ『ぽっぷこーん☆はねむーん』は?」

律「何でそんな甘々のばっかなんだよ!?」

さわ子「貸しやがれー!!」ブチッ

律「今度はあんたかー!?」

さわ子「ゆっくりお茶もできやしない! こんなの適当に決めりゃあいいのよ!!」カキカキ…


『放課後ティータイム』


律・澪・唯・紬・梓「…まぁいっか」

ガク「……」




~すうじつご!!~


律・澪・梓「ええっ!? 唯(先輩)が風邪を引いた!?」

憂「そうなんです…お姉ちゃん、学祭で着る衣装が気に入ったみたいで、昨日一日中それ着てて…」

律「マジかよ…こんな時期に」

澪「梓…今日からリードの練習もしておいてくれ」

梓「えっ…」

澪「万が一を考えてな…」

梓「嫌…です」

澪「えっ?」

梓「唯先輩が出られないなら、辞退した方がマシです!!」

律・澪・紬「梓(ちゃん)…」

ガク「……」

ガク「梓。……やっておけ」

梓「っ!? そんな…!?」

ガク「別に辞退することを止めてるんじゃない。
ただ…今後の為にもな」

梓「…はい」

ガク「澪も、ボーカルの練習をしておくように」

澪「え゛っ…?」

ガク「当然だろ? 唯が出られたとしても、歌えるような喉の状態じゃなかったら、誰がボーカルをするんだ」

澪「…わかりました」

本番前のアクシデント…この子達がこれをどう乗り越えるか楽しみだ。

乗り越えたときには、きっと一回り成長してるんだろうな。




~学祭当日~


紬「唯ちゃん…来ないね」

梓「携帯は…」

紬「『絶対間に合わせる』ってメールは来てたんだけど…」

澪「12時半か…」

律「おさらいしておくか? 唯抜きの演奏も…」

梓「嫌です! このまま唯先輩抜きで演奏しても、意味ないです!!」

ガク「唯なら大丈夫だよ。 きっと間に合う」

律・澪・紬・梓「先生…」



ガチャ!

律・澪・紬・梓「!?」



さわ子「チョリーッス」

律・澪・紬・梓・ガク「空気読めよ!!」

律「っていうか今まで何してたんだよ? みんな大変だったのに」

さわ子「もちろん今までボーッと過ごしてた訳じゃないわよ。」

さわ子「あの浴衣の防寒バージョンを作っていたのです!! そして…」

さわ子「カモン!!」

唯「失礼しまーす…」

律・澪・紬・梓「唯(先輩)!?」

澪「来てたんなら真っ先にここに来い!」

梓「…最低です。こんなにみんな心配してたのに…」グスッ

律「まぁとにかくこれで無事に、全員揃ってライブできそうだな!」

澪「だな」クスッ

紬「うふふ」

唯「…ってあれ!? ギー太は!?」

一同「何ぃー!?」



ガク「仕方ない! 今すぐ僕が家まで車で送ってあげるから…」

さわ子「もし間に合わなかったら、到着するまで私が代わりに演奏しておくわ」



唯「先生…ありがとぉ…」


6