律「肝試しをやろう!」

あの後、駆け付けた警察と琴吹家の執事たちを総動員して、なんとか僕のマグナムの動きを止めることに成功した。

そして、軽く練習を見てあげて、夕食を取り、花火をしている最中にりっちゃんがそう高らかに宣言した。

相変わらずよく分かってるじゃないか。

唯「おー!」

澪「次から次へと…」

律「いいじゃーん!」プクー

律「やっぱり夏で合宿といえば」

律・ガク「肝試しだよね!」キュピーン

澪「私はやらないぞ!」

律「アハー!そっかぁー! 澪は怖いの苦手だもんねー」

澪「!?全っ然余裕だよ! やってやろうじゃないか!!」

律・ガク「…フッ」







私の名前は山中さわ子。

その類まれな美貌と、品性あふれる立ち振る舞い、
そしてその超一流の演奏技術と歌声から生徒からの人気は高く、さながら桜ヶ丘高校のヴィーナスのような存在…

のはずなんだけど…



唯・律『失礼しまーす』

律『夏休みなのに大変ですねー』

さわ子『研修とかいろいろあってね…なにか用?』

律『軽音部で合宿するんだけどー』

唯『先生もくるかなぁ?って思って』

さわ子『合宿ねぇ…』

律『うわぁ…めんどくさそうな顔』

唯『じゃあいいよ。がくちん先生に来てもらうから』

律『声かけなかったら怒るのに、声かけたらこれだ』

唯『泳いだり、BBQしたりできるのにねー』

さわ子『えっ!?』



どうしてこんなことになってるのよ…グスッ

…ん? あの後ろ姿は…



澪「こっ、高校生にもなって肝試しも無いよなー」ギュー

梓「あの…手が痛いんですけど」


『ヴア゛ァ・・・』

『ア゛ァ゛…』


梓「な、何でしょうか?」

澪「き…きき、きっと律のしわざだよぉ」プルプル


???『ミオ゛ヂァーアン』


澪「いやーーーあぁぁ!!」

澪「」プクプク




梓「先生!? どうしたんですか?」

さわ子「うぅ…やっと会えた…」

唯「あれぇ~? さわちゃん先生!?」

唯「どうしたの? …っていうか何でいるの?」

さわ子「…あとから合流して、みんなを驚かせようと思ったんだけど…」

さわ子「道に迷っちゃって…」

梓「驚かせようって目標は達成できたみたいですけど…」

澪「」プクプク



律・ガク「誰もこねー」





~就寝後!!~


Zzzz…

ガチャ… ジャー!!

梓「んー…」

梓「……」トテトテ

梓「あれ?」



唯「ごめんね。 私の練習に付き合わせて」

梓「全然気にしないでください。 私も唯先輩と、もっと練習したかったんです」

唯「ありがとう」

梓「えっと…」

チャン チャン チャッチャ チャラチャラチャ~ チャチャー チャラッチャチャー!!

唯「わぁ~。あずにゃんうまいね~」

唯「じゃあ次、私ね」

梓「最初はスローテンポで弾いてみるといいですよ」

唯「むぅ…」

チャン… チャン… チャッチャ チャラチャラチャ~ チャチャー… チャラッチャチャー!

唯「で…できたー!」

唯「私、あずにゃんに出会えてよかったよ~!」

唯「ありがと~あずにゃーん!!」ギュッ

ガク「うわー!! びっくりした!!!」

梓「先生!? ここで寝てたんですか!?」ビクッ






こんにちは。平沢憂です。

今日は、梓ちゃんとお出かけです。

憂「そっかぁ~。 あんまり練習できなかったんだ」

梓「うん…。 でもね、やっぱり行ってよかった」

梓「先輩たちのいろんなことが分かったもん」

憂「へぇ~。 どんな風に?」

梓「澪先輩は、意外と怖がりだった」

憂「そうなんだ~。律さんは?」

梓「やっぱ大ざっぱだったけど…澪先輩とは、いい感じだった」

憂「へぇ~。 紬さんは?」

梓「ムギ先輩はね~」

梓「みんなのことを思いやってて優しいけど、案外子供っぽいところもあって、可愛い人だったよ」

憂「ふ~ん。 で、お姉ちゃんは?」

梓「唯先輩はね…」

梓「ちゃんと練習してた!」

憂「でしょ~?」

憂「あっ、そうそう。神威先生は? あの人、なんか謎の多い人だから…」

梓「ガクト先生は…」

(ガク「」プルプル…)

梓「……」

憂「?」

梓「」パタン

憂「あ、梓ちゃん!?」


梓ちゃん、いったい合宿でナニがあったんでしょう…?


5