トイレ。

律「おい、どういうことだこれは……」

唯「ムギちゃんが澪ちゃんを……
話があると言って……
部活後に居残らせる……!」

律「急展開! 急展開だぞ!」

澪「ばか、決めつけるのは早すぎる!!
全然関係ない話かも知れないだろ……」

律「フッ……そんなふうに自分に言い聞かせるのはよせ」

唯「どう考えても告白じゃん。
私の仮説は当たってたね」

澪「ええっ、で、でも……」

律「いやーこれは告白だよ、
百人中百人に聞いても告白だと答えるね」

澪「いや確かにそういうシチュエーションかも知れないけどさあ……」

律「うん、まあ澪の言うとおりさ、
告白じゃなくて全然関係ない話をしたいだけかも知れないよ」

唯「でも告白という恐れも捨てきれないわけだし」

律「告白された場合にどうするかを決めよう」

澪「どうするか、って……」

唯「告白にOKする……は、ないよね」

澪「そりゃまあ……私は同性は好きじゃないし」

律「とすると、ムギの告白を断る、か……
しかしその場合、ムギをなるべく傷つけず、
部活内での調和が崩れないようにしなければならない!」

澪「ええ、難しいなあ……」

唯「澪ちゃんならできるよ、
口は微妙に達者じゃん」

澪「その褒め方、引っかかるなあ」

律「ともかく、なんて断るかだ」

澪「うーん、そうだなあ……まあ無難に……
『ムギの気持ちはうれしいけど、
そういう気持ちで接することはできないよ……ごめん』」

唯「ううん、いいの……気持ちを伝えられただけで満足だから」

澪「うん……でも、ムギは私の大事な友達だから。
友達としてなら……一緒に、いられるから……」

唯「……ありがとう、澪ちゃん……」

律「おー、唯のモノマネ似てるな~!」

唯「でしょでしょー!」

澪「唯のモノマネより私の断り方に対する評価をお願いします」

律「え、ああ、いいんじゃないか?
無難すぎる気はするけど」

唯「まあ及第点って感じかな~」

澪「厳しいなお前ら」



律「じゃあ音楽室に戻るか」

澪「そ、そうだな……」どきどき

唯「緊張してるの?」

澪「ああ……告白って、
する側だけじゃなくてされる側も緊張するもんなんだな」

唯「ムギちゃんの方がもっと緊張してるよ」

澪「まあそうなんだろうけど……」

律「おいおい、告白されるとは限らない……って言ってたの澪だろ、
なんでお前が一番その気になってんだよ」

澪「し、仕方ないだろ……!」

3人は音楽室に戻り、
紬とともに練習を始めた。
しかし3人……とくに澪はまったく練習が手につかず、
昨日の紬のように失敗を連発したのであった。

結局一度も完璧な演奏が出来ないまま、
部活の終了時刻を迎えたのであった。



律「じゃ、じゃあ……私ら、帰るわ」

唯「頑張ってね」

紬「? うん、また明日ね」

澪「あ、ああ……」

唯「じゃあねー」
ガチャバタン



紬「……」

澪「……」

紬「……」

澪「……」

紬「……」

澪の顔をじいっと見つめる紬。

澪「……ムギ?」

紬「あ……いえ」

さっきまで楽器の音に満たされていたとは思えないほどに
音楽室は静まり返っていた。
外はもう暗く、運動部の掛け声も聞こえない。
夜の静寂の中に、ただ2人。

澪「で、ムギ……話って」

紬「あ……うん」

澪「……」

紬「その、恥ずかしい話なんだけど……
笑ったりしないでね……」

澪「わ、笑わないよ。
ムギの真剣な気持ちを、笑うなんて……」

紬「ありがとう……あのね」

澪「……うん」

紬「えっとね」

澪「うん」

紬「何から話せば良いかな……」

澪「……あ、焦らずに話してくれれば良いから」

紬「うん……じゃあ、本題から先に言うわね」

澪「う、うん……」

紬「澪ちゃん……」

澪「はい……」


紬「私に眉の整え方を教えて欲しいの」


澪「ムギの気持ちはうれしいけど、
そういう気持ちで接………………え?」

紬「自分でも調べてみたんだけど、
やり方がよく分からなくって……」

澪「はァ」

紬「澪ちゃんの眉は綺麗だから、
そういうの詳しいかな、って」

澪「まァ」

紬「……教えてくれる?」

澪「そ、それはもちろんいいけど。
でもなんでいきなりそんな……
あ、好きな人か……」

紬「!! ……唯ちゃんに聞いたの!?」

澪「あ、いや違うよ、
なんか最近ムギの様子がおかしかったからさ、
悩みとかあんのかな、好きな人でもできたかな、
ってみんなで話してたんだよ、うん」

紬「あ、そ、そうだったの……」

澪「ていうか、図星なんだな」

紬「…………う、うん」もじもじ

澪(可愛い……)

紬「だ、誰にも言わないでね……
唯ちゃんにはいっちゃたけど」

澪「うん、まあ誰にも言わないけど……
好きな人ができたから、
おしゃれを頑張ってみようということか」

紬「うん、恥ずかしいけど……
まずは小さいとこからって思って」

澪「そのままでも充分可愛いと思うけど」

紬「え、そ、そんなこと……!」

澪「いやー、可愛いって。
まあムギがやりたいってんなら
教えられる範囲で教えてあげるけどさ」

紬「ありがとう、澪ちゃん」

澪「ところで、ムギの好きな人って誰なんだ?
もしかして軽音部の誰か?」

紬「あはは、何言ってるのよ澪ちゃん。
軽音部には女の子しかいないじゃない」

澪「え? ああ、そ、そうだったな……」
(私がズレてるのか……)

紬「じゃあ今日はもう遅いから、
明日か、またお休みの日とかでいいかしら」

澪「そう? 別に今からでも良いけど」

紬「でも私は門限が……
そうだわ、澪ちゃん今からうちに来てくれない?」

澪「いいのか?」

紬「ええ、大丈夫よ。
ついでに晩ご飯も食べていって」

澪(ムギの家の晩ご飯……)

紬「澪ちゃん?」

澪「行かせていただきます」

紬「そう、良かった。
私、お友達を家に招いてご飯食べるの、
夢だったの」

澪「ムギの夢は聞いててときどき悲しくなるよ」

紬「じゃあ、いきましょうか」

澪「うん」


4