唯「うそっ・・・そんな・・・・・・・・・」

憂「・・・・・・本当なの。今朝、発作を起こしたらしくて・・・・・・」

唯「そんな・・・嘘だよ・・・・・・ねぇ・・・・・・」

憂「お姉ちゃん・・・・・・うっ・・・」

唯「うっ・・・ううっ・・・おばあちゃん・・・・・・」


唯「うわあぁぁぁぁあああーーーーん!!!」


唯「うぅ・・・ぐすっ・・・・・・」

憂「お姉ちゃん・・・・・・」

憂「私も・・・・・・悲しいよ・・・」

憂「でも・・・もう年だったし・・・・・・仕方ない・・・よね・・・ぐすっ・・・」

唯「ううっ・・・ひっく・・・・・・」

憂「お、お姉ちゃん・・・どこ行くの?」

唯「ちょっと・・・部屋で休むね・・・・・・」

憂「あっ・・・」

パタン

憂「お姉・・・ちゃん・・・」



  翌日


律「あれ?今日は唯休み?」

澪「あぁ、どうやらお隣のおばあちゃんが亡くなったみたいで、お通夜に出席するらしい」

紬「まぁ・・・」

律「あのおばあちゃんかー。元気そうだったけど、残念だなー」

澪「なんか凄くショックを受けてるらしいぞ。幼い頃から良くしてもらってたらしいし・・・」

紬「唯ちゃん・・・」

律「・・・」

純「おはよー」

梓「おはよう、純」

純「あれ?憂まだ来てないの?」

梓「さっきメールがあって、今日は休むんだって」

純「・・・なんで私には来ないのさ。風邪かなんか?」

梓「ううん、なんか、お隣のおばあちゃんが亡くなっちゃったんだって。それでお通夜に出るとか・・・」

純「あー・・・それは残念だね・・・」

梓「うん・・・。唯先輩も休んでるらしいし」

純「気を落とさないでほしいね・・・」



  葬儀場


唯「うぅ・・・・・・おばあちゃん・・・・・・」

憂「・・・おばあちゃん、今までありがとうございました、安らかに眠ってください・・・ぐすっ・・・」



「平沢さん家の姉妹、かわいそうねぇ」ヒソヒソ

「ほら、両親も留守にしがちで、よく世話になってたらしいから」ヒソヒソ

「早く元気になってほしいねぇ」ヒソヒソ



憂「・・・お姉ちゃん、行こ」

唯「・・・・・・うん」


―――――

憂「ただいま・・・」

唯「・・・ただいま・・・・・・」

憂「・・・・・・ごはん、作っちゃうね」

唯「・・・ねぇ、憂」

憂「何?お姉ちゃん」

唯「私・・・おばあちゃんに、何もしてあげられてないよ・・・」

憂「お姉ちゃん・・・」

唯「小さい頃から、ずっと、お世話になりっぱなしで」

唯「いろんなこと教わって、たくさん遊んできたけど・・・」

唯「おばあちゃんには、もらってばかりで、何も出来てない・・・」

唯「おばあちゃん・・・怒ってるかな」

憂「・・・・・・うぅん、そんなことないよ」

憂「おばあちゃんだって、お姉ちゃんと遊んで、とっても楽しかったはずだよ」

憂「いっつもお姉ちゃんのこと褒めてくれてたし・・・」

憂「だからおばあちゃんは、お姉ちゃんのこと、ずっと見守ってくれてるよ」

唯「・・・・・・そうかな・・・」

憂「そうだよ、絶対・・・そうだよ」

唯「・・・・・・なんだか疲れちゃった。今日はもう寝るね・・・ごはんは、いらない」

憂「・・・うん、わかった・・・」



  翌日


コンコン

憂「お姉ちゃん、起きないと学校に遅れちゃうよ?」

唯「・・・」

憂「お姉ちゃん?」

唯「・・・今日は休む」

憂「お姉ちゃん・・・」

唯「・・・ごめんね、ゆっくりさせて・・・」

憂「・・・・・・わかったよ、お姉ちゃん。・・・ごはん、ちゃんと食べてね」

唯「うん・・・ありがとう、憂」

―――

律「おーっす、って、今日も唯休みか?」

澪「・・・みたいだな」

紬「心配だわ・・・」

律「まあ・・・仕方ないか」

澪「早く元気になって欲しいな・・・」

紬「そうね・・・」

―――

純「おっは~、梓、憂!」

梓「おはよう、純」

憂「おはよう、二人とも」

純「憂、もう大丈夫?」

憂「うん、ありがとう、純ちゃん」

梓「そっか・・・良かった」

憂「でも・・・お姉ちゃんは今日も休むんだって」

梓「えっ・・・そうなんだ・・・」

憂「うん・・・」



  部室


梓「唯先輩・・・まだショックみたいですね・・・」

澪「仕方ないよ。突然のことだから」

紬「唯ちゃん大丈夫かしら・・・」

さわ子「両親が留守にしがちだったし、あの子にとっては親が亡くなったようなものよ・・・」

律「うおっ、さわちゃんいつの間に」

さわ子「何?いちゃ悪いの?」

梓「憂も心配してました。ずっと部屋に篭っちゃってるらしいです」

紬「そう・・・」

澪「・・・解決できるのは、時間だけだよ・・・多分・・・」



  平沢家


唯「・・・・・・おばあちゃん・・・」

唯「・・・・・・」

唯「・・・・・・」グー

唯「・・・お腹すいた」

唯「・・・昨日から、何も食べてないや・・・」

唯「憂にも言われたし、何か食べよう・・・」

唯「昨日のごはんの残りがあるからそれにしよう」

唯「・・・はぁ」

唯「テレビでも見ようかな・・・」

ポチッ


『今日は箱根の温泉に来ておりま~す、ご覧ください!この絶景!』

唯「・・・温泉かぁ」

唯「おばあちゃんに温泉、プレゼントできなかったな・・・」

『それでは早速入ってみたいと思います~』

唯「やっぱり・・・おばあちゃんに会いたいよ・・・」

『はぁ~、生き返るようですね~』

唯「・・・生き返る・・・・・・」

唯「おばあちゃん・・・生き返らないかな・・・」

唯「そうしたら、あんなことこんなこと話して、いっぱいおばあちゃん孝行して」


唯「・・・・・・ほんとに、ほんとに生き返らないかな・・・」

唯「夢でもいいから、一度だけでも、話がしたいよ・・・」

唯「死んだ人に会う方法・・・」

唯「何かないかな、夢でもいいから、おばあちゃんに会う方法・・・」

唯「気晴らしに・・・インターネットで・・・探してみよう」



カチカチ


唯「『死んだ人に会う方法』と・・・」

唯「うわぁ・・・いっぱい出た」

唯「やっぱりみんな同じこと考えるんだね・・・」

唯「もしかしたら、この中にいい方法があるかも・・・」


『死んだ人には会えません。諦めましょう』

『その人を想っていれば、いつか夢には出てくるかも』

『愛があれば、死後再会できる』


唯「駄目なんだよ・・・今・・・今会いたいのに・・・」

唯「おばあちゃんに、一言、謝りたいだけなのに・・・」


カチカチ


唯「ん・・・?これって・・・何だろ・・・」


唯「はんごん・・・の・・・・・・ほう?」


『反魂の法とは、平安末の歌僧、西行が行ったとされる死者を呼び戻す儀式。
 孤独に耐えられなくなった西行が反魂の法により友人を作ろうとした。
 その方法については諸説あるが、反魂樹と呼ばれる伝説の樹を使うことが知られている』


唯「反魂の法・・・」

唯「・・・こういうオカルトチックな話じゃあ、駄目かなぁ・・・」

唯「・・・・・・オカルト?」

唯「そうだ・・・!オカルト研究会の人に聞いてみれば、何かわかるかも・・・!」

唯「あそこは本格的な感じだし・・・・・・明日・・・聞いてみよう!もしかしたら・・・・・・」


ガチャ

憂「ただいまー」

唯「あ、憂!おかえり!」

憂「お、お姉ちゃん!・・・もう大丈夫なの?」

唯「・・・うん、一応、ね」

憂「そっか・・・・・・すぐごはん作るね、お姉ちゃん」



  翌日


唯「おはよう、みんな」

律「お、唯!おーっす!」

澪「おはよう、唯」

紬「唯ちゃんおはよ~」

唯「・・・みんな、心配かけてごめんね」

律「気にすんなよー、ま、ゆっくり行こーぜ」



  放課後


律「よーし!久々にみんなで練習するかぁ!」

澪「お、律から練習なんて珍しいな」

紬「今日は美味しいケーキ持ってきたのよ~♪」

律「マジで?じゃあやっぱりそれ食べてからにしよっかなー・・・」

唯「・・・みんなごめん!ちょっとこれから寄るところあって・・・」

澪「ん?そうなのか」

唯「ごめんね、いつか埋め合わせするから・・・じゃあ!」



律「唯・・・」

紬「仕方ないわよ。まだ日にちが浅いし・・・」

澪「そうだな・・・」



  オカルト研究会部室


オカ研1「ようこそ・・・」

オカ研2「お客さんなんて珍しい・・・」

唯「二人とも、久しぶり~」

オカ研1「けいおん部は・・・」

唯「お休みだよ。今日はオカルト研究会の見学に来たの」

オカ研2「そういうことなら歓迎・・・」

オカ研1「今、お茶を淹れるから・・・」

唯「ありがと~、っと、実はね、今日は聞きたいことがあって・・・」

オカ研1「何でも構わない・・・」

オカ研2「うん・・・」

唯「実はね、この間ちょっと耳にした話なんだけど・・・『反魂の法』って知ってる?」

オカ研1「反魂の法・・・」

オカ研2「西行が手を染めた、禁断の秘法・・・」

唯「そう!それ!それについて知ってることってある?」

オカ研1「反魂の法は、死者を現世に呼び戻す術・・・」

オカ研2「術を扱うには、反魂樹と呼ばれる樹が必要・・・」

唯「反魂樹・・・?」

オカ研1「伝説上に存在する樹・・・今はほとんど存在しない・・・」

唯「・・・ほとんどってことは、今でもあるの?」

オカ研2「・・・生えている場所は知らない。あるのかもわからない」

唯「そっか・・・」

オカ研1「でも、少しだけなら、見せてもいい・・・」

唯「えっ」

オカ研2「かつていた先輩が、とあるルートから入手したのがある・・・」

オカ研1「ホルマリン漬けになっている・・・これがそう」


ゴトッ


唯「これが・・・・・・普通の、樹の一部だね」

オカ研1「本物かどうかもわからない」

オカ研2「でも、貴重なものなのは確か」

唯「へぇ・・・」

唯「儀式で試してみたりは・・・しないの?」

オカ研1「・・・・・・・・・反魂の法は、呪われた儀式」

オカ研2「安易に手を出してはいけない・・・」

唯「・・・そっか」

オカ研1「方法自体は、私たちが研究している」

オカ研2「これがそのノート・・・でもこれは見せられない」

唯「うーん、見たいなぁ・・・」

オカ研1「これは、禁断の秘法」

オカ研2「門外不出」

オカ研1「それに、死者を呼び戻すのは、ルール違反」

オカ研2「ルールは守らないと、呪われる」

唯「なんだか難しいね・・・」

唯「ね、もっと反魂の法について、聞かせてよ」


・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・


唯「今日は楽しかった!ありがとね!」

オカ研1「こちらこそありがとう・・・」

オカ研2「楽しかった・・・」

唯「じゃあまたね!バイバ~イ」




唯「予想以上にいっぱい話聞けたよ~」

唯「でも、肝心の方法がわからなかった・・・」

唯「あのノートに・・・全部が書かれてる・・・のかも」

唯「だったら・・・・・・・・・」


2