さわ子「みんなやってるー?」

律「さわちゃん!」

唯(うわぁ、今一番会いたくない人がやってきた)

紬「お茶淹れますね先生」

さわ子「ありがと」

さわ子「あ、そうだ唯ちゃん」

唯「なに?」

するする

唯「あー、やっぱり」

ぽろん


さわ子「じゃあみんな頑張ってねー」

澪「はい!」

唯(頑張れないよ)

梓「さ、練習再開しましょう。ね、唯先輩」

唯「うん、そうだね…」


―――

律「あ、もうこんな時間じゃん」

紬「今日は終わりにしよっか」

唯「ほっ。やっと帰れる」

律「じゃあみんな、お疲れさん」

澪「お疲れさまー」

律「で、唯」

唯「ん?」

律「いつものな」


律「うめー!」

澪「うめー!!」

紬「今日のお菓子よりも美味しいわ~」

梓「吸ってやるです!」

ちゅーちゅーちゅーちゅー

唯「いやああああ」

―――

唯(死ぬほど疲れたよ……)

唯(でも全部終わった!今日を乗り切ったんだ!)

唯(帰ってゆっくりしよ)

ガチャ

唯「ただいまー」

憂「お姉ちゃん♪」

唯(おかえりといただきますとごちそうさまとおやすみのチューが残ってた…)

憂「お姉ちゃんお風呂沸いたよー」

唯「わーいありがとー」

憂「先入る?」

唯「入っていいかな?」

憂「いいよ」

―――

唯「わぁ。やっぱり痕になってる」

唯「明日こそみんなにやめてって言おう」

唯「それにしても何でみんな私のおっぱいを……」

唯「わけが分からないよ」


翌日

憂「お姉ちゃん朝だよー!」

唯「んー」

憂「朝だってばー」

唯「んー」

憂「もうっ」


ぽろん

ちゅぅちゅぅ

唯「憂やめて!起きたからやめて!」

憂「ご飯出来てるよー」

唯「う、うん。ありがと憂」

唯(しまった。今日は憂に吸われないように一人で起きようと思ってたのに)

唯「まあいいや、着替えよ」

唯「…ブラはつけなくていいかな。どうせ何度も外されちゃうんだし」

唯「いやいや弱気になっちゃだめだ!」


憂「お姉ちゃーん、早く着替えてご飯食べてねー?」


―――

唯「今日は絶対に吸わせないぞ!」

唯「憂におはようと行ってきますのチューされちゃったけど…」

ガラッ

唯「おはよう!」

律「おー、唯!待ってたぞ」

澪「吸ってあげよう」

紬「脱がすよー」

唯「みんな聞いて!」

澪「何?」

ちゅぱちゅぱ

紬「次私~」

ちゅうちゅう

唯「だからね」

律「だから何だよ?」

ちうちう

澪律紬「あ~美味しかった」

澪律紬「で、何?」

唯「なんでもないよ」

唯(言えなかった……この後は出席確認か。クラス全員に吸われちゃう)

さわ子「みんな座って~」

ワイワイ ガヤガヤ

さわ子「出席取るわよー」

さわ子「秋山さん」

澪「」ガタン

唯(来る…澪ちゃんが。このままじゃ!)

唯「ねっねえ、澪ちゃん!」

澪「えっ何?」

唯「澪ちゃんも、みんなも聞いて!」

律「なんだなんだ?」

紬「唯ちゃんどうしたの?」

唯「あのね…最近みんなおかしいよね」

澪「おかしいって、何が?」

さわ子「平沢さん?座りなさい」

唯「だって、みんなすぐ私のおっぱい吸うでしょ?」

澪「そりゃ吸うよ」

唯「なんで……」

律「なんでって聞くのはなんで?」

紬「もしかして唯ちゃん、おっぱい吸われるの嫌なの?」

唯「私はみんなと普通の挨拶がしたいよ」

唯「おはようって言ったらおはようって返してほしいのに」

唯「おっぱいばっかり……吸って……」 ぽろぽろ

澪「唯……」

紬「唯ちゃん……」

唯「毎日おっぱい吸われて…痛いこともあるし……もうやだよぅ」 ぽろぽろ

唯「普通に挨拶…してよ……」 グスン

さわ子「唯ちゃん」

唯「せんせ」

さわ子「みんなが間違ってたわ」

唯「さわちゃん先生…」

さわ子「唯ちゃんのおっぱいの事ばかり考えてて唯ちゃんの事考えてあげられてなかった」

さわ子「ごめんなさい」

澪「…ごめん」

律「悪かったよ。これからはちゃんと挨拶するからさ」

紬「唯ちゃん、ごめんね」

唯「いいんだよ、分かってくれて良かった」

さわ子「唯ちゃんのえっちな声が聞こえる教室よりも、みんなの元気な声が響く教室のがいいものね」

唯「ありがとう」

さわ子「と言うわけで、今日から平沢さんのおっぱいを吸っていいのは休み時間だけ、ということにします!」

唯「えっ」

さわ子「おっぱい吸う前に挨拶もちゃんとすること!」

さわ子「みんな、ちゃんと守ってね」

「はーーい!」

唯「えっ」


唯「えっ」



休み時間


ぽろん

唯「やだああぁ!」

ちゅーちゅーちゅー

律「うめー!」

澪「次は私!」

紬「唯ちゃんのおっぱい今日も美味しいわね~」

姫子「唯ー私もー」

梓「先輩、吸いにやって来ました!」

憂「お姉ちゃ~ん」


頑張れ唯
戦士は生きている限り戦わねばならんのだ


おわり