キャラ「まったく、これでもう一生かかってこなかったらどうするんです?」

ハマーン「なんだと!?」

キャラ「(しまった!)」

ハマーン「シャアからもうかかってこない…ダメだ、そんなのダメだ!」

ハマーン「私はなんてことを…私は…そんな…そんな…」

キャラ「ハマーン様、落ち着いてくださいって」

ハマーン「ううっ…私が愚かだった…シャア…シャア」


ブ゙ーブー

キャラ「あっまた着信」

ハマーン「フハハハッ!私に電話するとは大した度胸だな!シャア!」

シャア「いやに威勢がいいな、ハマーン」

キャラ「……」

マシュマー「……」


ハマーン「それでシャア、貴様私に一体なんの用だ?」

シャア「ああ、じつは貴様を見込んで頼みたいことがあるのだ」

ハマーン「(シャアが私に頼みごとだと!?)」

ハマーン「そ、その頼み事とはなんなのだ…」

シャア「これからそちらへ行きたいのだが…ダメだろうか?」

ハマーン「なんだと!?シャアがアクシズに来るだと!」

キャラ「あはっ♪」

マシュマー「ほう、これは」

シャア「ダメか?ハマーン?」

ハマーン「べ、べつに構わんがアクシズはその散らかってるし…」


マシュマー「総員に告げる!至急、アクシズを綺麗に掃除せよ!」

ハマーン「それに何ももてなしできんぞ…」

マシュマー「なにしてる!ゴットン!今すぐお菓子を買って来い!」


シャア「ハハッ、構わんさ。アムロが色々とお菓子を買ってくれている」

ハマーン「なに?アムロ・レイだと?」

シャア「ああ、アムロも一緒だが…それがどうしたという?」

ハマーン「シャア!これは一体どういうことだ!なぜアムロ・レイも来る!」

シャア「なぜと言われても…」


キャラ「ハマーン様、ちょっといいですか?」

ハマーン「なんだ!キャラ!」

キャラ「赤い彗星は一人で会いに来るのが恥かしいんですよ」

ハマーン「!?」


シャア「おいっハマーン!聞こえてるのか!ハマーン!」

ハマーン「フフッ、そうか、そういうことか、シャア」

ハマーン「まったく、貴様はしょうがない奴だ。やはり貴様には私が必要みたいだな」

シャア「はあ…?(ハマーンはなにを言ってるんだ?)」


ハマーン「兎も角、歓迎しよう。なるべく早く来ることだな…」

シャア「承知した。私も早く会いたいよ(紬ちゃんに)」

ハマーン「なっ!?」

シャア「どうした?ハマーン」

ハマーン「だ、黙れ!この俗物!」

シャア「おいっハマーン!……切られてしまった」


ハマーン「まったく!奴はとんだ俗物だ!」

キャラ「どうしたんです?ハマーン様」

ハマーン「シャアのやつ、わ、わたしに早く会いたいなどと言ったのだ」

マシュマー「それはけっこうなことじゃないですか!」

ハマーン「ええい!黙れ黙れ!」

キャラ「照れなくてもいいじゃないですか、ハマーン様~」

ハマーン「もういい!お前たちはさっさと準備にかかれ!」




アムロ「それで、成果の方はどうだった?」

シャア「ああ、ばっちりだ。来てもいいといわれたさ」

アムロ「やったじゃないか!これで『けいおん』を観ることができる」

シャア「喜べ、アムロ。ホロスコープで大きな紬ちゃんを拝むことができるぞ」

アムロ「なんだって!?それじゃあ澪ちゃんのおっぱいも下から見えるんだね!」

シャア「なんだアムロ?貴様、澪ちゃん派なのか?」

アムロ「澪ちゃんは僕の嫁だ!誰にも渡すもんか」

シャア「ハハッ!仕方がない、彼女は君に譲ろう。その代わり紬ちゃんは私がいただく」

アムロ「よーし、なんだかテンションが上がってきたぞ!」

シャア「今の私ならガンダムを墜せそうだ」

アムロ「なにをーこいつー!」

シャア「やるかー!」


シャア・アムロ「アハハハハッ!!」




アムロ「ところでシャア、どうやってアクシズまで行くつもりだ?」

シャア「ブライトに頼んでアーガマに乗せてもらえばいい」

アムロ「なるほど、それは名案だ。よしっ!さっそくアーガマに行こう」



シャア「――というわけだ、ブライト艦長。我々をアクシズまで運んでほしい」

ブライト「なるほど、アクシズで『けいおん』の鑑賞会か…」

ブライト「いいだろう。私もあずにゃんに会いたかったところだ」

アムロ「それじゃあブライト…!」

ブライト「本艦はこれよりアクシズへと急行する。繰り返す、本艦はアクシズへと急行する」

ヘンケン「よーし!ラーディシュもアクシズへと向かうぞ!進路変更!」




ハマーン「遅い!遅いぞ!シャアは何をしているのだ!」

キャラ「ハマーン様、さっき電話してからまで10分も経ってませんよ」

ハマーン「ええいっ!奴の赤い彗星の名は偽りか!」

マシュマー「なら迎えに行くのはどうです?」

ハマーン「なんだと?」

マシュマー「そうすれば少しでも長く一緒に過ごせるかと…」

ハマーン「成程、それは名案だな。よしっ!全軍に告げる!」

ハマーン「これよりアクシズを地球圏へと移動させる!」

ハマーン「目標はシャア!――急げ!」




ジャマイカン「た、大変です!バスク大佐!ハマーンがアクシズを移動させました!」

バスク「なんだと!?」

バスク「おのれ女狐ね…なんのつもりだ」

バスク「すぐに全軍を集結させろ!急げ!」




マシュマー「ハマーン様!ティターンズが我々の進路を塞いでます」

ハマーン「なに?ティターンズめ…私の恋路を邪魔するつもりだな」

キャラ「どうしますか…?」

ハマーン「ホロスコープを映せ!」

ハマーン「兵士諸君よ、聞いてのとおりティターンズは我らの行く手を妨害している。
どうか諸君、私に力をかしてほしい!愚かな女の恋のため、諸君らの命を
私にあずけてはくれないだろうか?勇敢なる兵士諸君の力が必要である!」


マシュマー「ハマーン様ばんざーい!」

キャラ「あんたたち!ハマーン様のために死ぬ覚悟をみせるんだよ!」


うぉぉぉぉぉぉ!!!


――その時、兵士たちの喚声でアクシズが震えた。




ブライト「なんだと?ティターンズが進路を塞いでるだと?」

シャア「おのれティターンズめ!さては我々に『けいおん』を見せないつもりだな!」

アムロ「どうするつもりだ、シャア!」

シャア「もちろん排除させていたただく!」

シャア「ブライト艦長、マイクをかしてくれ」

シャア「私は、クワトロ・バジーナである。諸君、今、我々は苦渋の決断を迫られている。
なにか?それは『けいおん』の上映会を中止するか否かである。知ってのとおり
ティターンズは、我々のこの計画を邪魔立てしようと艦隊をアクシズに派遣した。
このままでは我々は愛する紬ちゃんや律ちゃんに会うことができなくなってしまう!
諸君、このまま黙って指を咥えていればいいのか!いや、行動を起こすべきである。
我らの愛する者と再会するために、今こそ戦うべきである!」

アポリー「むぎゅぅぅぅぅぅぅ!!」

アムロ「みんな!澪ちゃんに会いにいくぞ!」


――エゥーゴが一つになった瞬間であった。




時に宇宙世紀0087――グリプス戦役と呼ばれた戦いの幕が切って落とされた。

ある者は愛する者と再会するため、またある者は愛する者を鑑賞するため…
この宇宙(そら)でそれぞれの愛を賭けて、男達は戦った。すべては愛のために。

挟撃にあったティターンズは全滅。しかし、エゥーゴ、アクシズ両陣営共に
多くの命が失われてしまった。

だが、これで再び地球圏に平和が取り戻された。

そして――



ハマーン「遅かったな、シャア。おかげで待ちくたびれたぞ」

シャア「ハハッ悪かったな、ハマーン」

ハマーン「ところでシャア…この大所帯はどういうことなのだ?」

シャア「ああ、彼らも一緒に会いたいみたいでね。ここまで付いてきたのだよ」

ハマーン「な、なんだと!?」

ハマーン「お、愚か者!私はお前一筋なんだぞ!」

シャア「ハマーン?」

ハマーン「まっ、私に魅力があるのは仕方がない…しかしだ、シャア!」

ハマーン「私の気持ちを知っていながら、こいつらと会わせようとさせるのは…その」

シャア「なんだ!貴様は何が言いたい!?」

ハマーン「貴様にはデリカシーの欠片もないのか!シャア!」

シャア「デリカシーだと…?」

ハマーン「そうだ、私はてっきり貴様と二人っきりで過ごすものだと…それなのに」

キャラ「(ハマーン様、頑張って!)」

ハマーン「これでは貴様が何がしたのか分からんではないか!」

シャア「ああ、ビデオデッキを貸してほしいのだよ」

ハマーン「はっ?」

シャア「だから『けいおん』を観るからビデオデッキを貸してもらいたいのだ」

ハマーン「けい…おん…?」


シャア「なんだハマーン、貴様『けいおん』を知らないのか?」

ハマーン「マシュマー、けいおんってなんだ?」

マシュマー「……アニオタが見る萌えアニメです」

ハマーン「!?」

アムロ「シャア!何をやってるんだ!早くけいおんを観ようじゃないか」

シャア「ええいっ!勝手にDVDをセットするな!」

ブライト「なにやってるの!もうOPが始まってるぞ!」

アムロ「澪ちゃん!僕だ!結婚してくれぇぇぇぇっぇ!」

シャア「むぎゅぅぅぅぅぅぅぅ!!」

ブライト「ええいっ!うんたんはいい、あずにゃんを映せ!」


ハマーン「………」

キャラ「ハマーン様?」



ハマーン「フフッ、なるほど…そういうことか…」

ハマーン「大した役者だったよ、シャア」

キャラ「ハマーンさま?」

ハマーン「私に期待させるだけさせて突き落とすはな…」

ハマーン「これで満足なのだろう?シャア」

シャア「むぎゅぅぅぅぅ!!もうひとこえ!」

ハマーン「……もはや聞く耳すらもたないか」

キャラ「ハマーンさま…」

ハマーン「誰か!この者を外に放り投げよ!」

ポイッ

シャア「へっ?」


――こうして指導者を失ったエゥーゴはその再建に時間がかかることになり、
そして、その後、クワトロ・バジーナを見た者はいなかったという…


機動戦士Zガンダム~星の鼓動は愛~