アムロ「見たかい?さっきのカミーユのあの顔」

シャア「勿論だとも。私にバズーカを向けられた時のキシリアと同じ顔をしていた」

アムロ「しまったな、あの顔を写メに撮っておくべきだったよ」

シャア「ハハッ!アムロ、貴様もなかなかどうして人が悪い」

アムロ「貴様ほどではないさ――おっ、僕の家に着いたぞ」

シャア「トリアエーズ荘……?」

シャア「これはまた…ずいぶんと年季がはいったアパートだな」

アムロ「まあね、生活保護を受けているからしょうがないんだ」

シャア「なんだと!?アムロ、貴様、生活保護を受けているのか?」

アムロ「ああ、働いたら負けだと思ってる」

アムロ「兎に角、家に上がってくれよ、シャア」

シャア「あっああ、失礼する…」

テム・レイ「おやっ?お客さんかい?」

アムロ「親父!」

テム「アムロくんのお客さんかい?」

シャア「初めましてシャア・アズナブルです」

テム「そうか。アムロくんが家にお友達を連れてくるのは初めてだね」

アムロ「いいから出て行けよ!」

シャア「アムロ…?」

アムロ「僕が帰ってきたら部屋から出てくるなっていつも言ってるだろ!」

テム「ご、ごめんよ…アムロくん…」

アムロ「悪いと思ってるなら出て行け!」


アムロ「ごめんよ、シャア。親父の奴、頭がイかれてるんだ」

シャア「なるほど、それで働くことができずに生活保護を受けているのだな」

アムロ「なんのことだい?」

シャア「ち、違うのか?私はてっきり君の父上の看護をしているからだと…」

アムロ「なんで僕が親父の面倒を見なきゃいけないんだ。そんなのご免だよ!」

シャア「でも生活保護を受けていると…」

アムロ「言ったじゃないか、生活保護を申請してるのは俺で、親父は働いてるよ」

シャア「なんだと!?」

アムロ「毎日朝早くに起きて町の清掃をしているよ」

シャア「それで貴様は働いてない…」

アムロ「ああ、働いたら負けだと思ってるからね」

シャア「………これがニュータイプの成れの果てか」



アムロ「そんなことより『けいおん』を観ようじゃないか!」

シャア「そうだな!そうしよう」

アムロ「よーし、さっそくDVDをセットして……あれっ?」

シャア「どうした!アムロ!?」

アムロ「おかしいな…DVDがデッキに入らないんだ」

シャア「なんだと!それでは紬ちゃんに会えないではないか!」

アムロ「分かってるさ。だからこうやって頑張ってるんじゃないか!」

シャア「ええいっ!代われ、アムロ!」

シャア「……なぜだ!なぜ挿入できない!」

レイ「あ、あのう…アムロくん…」

アムロ「なんだよ、親父!部屋に来るなって言ったじゃないか!」

レイ「あ、あのね、家の電気止められちゃったんだよ」

アムロ「なにやってるんだよ!電気代くらい払っておけよ!」

レイ「お、お金がなくて…」

アムロ「金?金なら生活保護手当てがあるじゃないか!」

レイ「アムロくんの生活保護は打ち切られちゃったよ…」

アムロ「なんだって!?」

レイ「アムロくん、一昨日に『ラブプラス』を買ったでしょ?」

シャア「アムロ!貴様、『ラブプラス』を買ったのか!」

アムロ「ああ、全部のコロニーを駆けずり回ってようやく買うことができたんだ」

シャア「ええいっ!貴様、廃人になるつもりか」

アムロ「それよりも親父、それが一体なんだって言うんだ!」

レイ「あれが原因で打ち切られちゃったんだよ…」

アムロ「!?」

アムロ「そ、そんな!これじゃあ『ドリームクラブ』を買うことができないぞ!」

シャア「嘆くべきはそこではないだろ、アムロ…」

テム「だからね、もう家にはお金が一銭もないんだよ。僕の給料日はまだ先だし…」

アムロ「しょうがない…またハヤトに貸してもらうしかないか」

シャア「“また”ということは、前にも一度借りたことがあるのか?」

アムロ「ああ、ハヤトの奴、カラバの艦長をしていて儲けてるからね」

アムロ「土下座をして頼み込んだら快く貸してくれたよ」

シャア「そ、そうか…」

アムロ「まっ、フラウ・ボォとカツは僕を冷たい目で見ていたけどね!ハハッ!」

シャア「ええいっ!貴様にはニュータイプとしての誇りはないのか!」

アムロ「ない」



アムロ「それよりも困ったぞ、これじゃあ『けいおん』を観られないじゃないか」

シャア「いや、今後の君の生活を心配すべきなのでは?」

アムロ「シャア!貴様は『けいおん』を観たくはないのか!」

シャア「観たいに決まってる!私とて紬ちゃんに会いたいというに!」

アムロ「なら僕の生活を心配するよりこっちを心配したらどうなんだ!」

シャア「しかし、そうは言っても電気が止められていては…」

アムロ「なら他の場所で見ればいいじゃないか」

シャア「なるほど、それもそうだな」

アムロ「どこかDVDを観られるとこはないのか?シャア」

シャア「ふ~む……あっあるぞ!」

アムロ「それはどこなんだ!シャア!」

シャア「アクシズだ!」

アムロ「しかし、あのハマーンが易々と貸してくれるだろうか…」

シャア「成程…それは一理あるな」

シャア「ではハマーンに電話してみよう」

アムロ「なんだって!シャア、貴様ハマーンと付き合っているのか?」

シャア「ち、違う!なぜ私があやつと付き合わなければならんのだ」

アムロ「じゃあ、なんでハマーンの番号を知ってるんだよ」

シャア「あいつが無理やり私の携帯に登録したのだ。それだけだ!」

アムロ「ほんとうなのか?」

シャア「無論だ!ええいっ、人の顔をまじまじと見るな、アムロ!」

アムロ「シャアの奴め、顔まで赤い彗星になってるぞ」



ハマーン「………」

マシュマー「あのう、ハマーン様、さっきから何をウロウロしてるのですか?」

ハマーン「!?」

キャラ「バカッ!ちょっとこっち来な!」

マシュマー「な、なんだキャラ!離せ!何をする!」

キャラ「いいから、こっち来なってーの。今、ハマーン様は大変なんだよ」

マシュマー「大変?何が大変だというのだ?」


ハマーン「ええいっ!遅い!遅いぞ、シャア!」

ハマーン「いったいシャアは何をしてるというのだ!」

ハマーン「メルアドを交換してすでに一週間を経つではないか!」


キャラ「分かったろ?」

マシュマー「そういうことか…」



ハマーン「なぜだ!なぜシャアから電話が一切来ない!」

マシュマー「ではハマーン様から連絡したら良いのではないでしょうか?」

キャラ「バカ、余計なことを…!」

ハマーン「なに?私からシャアに電話するだと!」

マシュマー「はっ!たぶんシャア・アズナブルは恥かしくてできないのでしょう」

ハマーン「シャアが恥かしがっているだと?」

マシュマー「そうです。何せ交換した相手がハマーン様ですからね。照れてるのでしょう」

ハマーン「そ、そうか。シャア奴め、恥かしいならそうと言えばいいものを…」

ハマーン「まったく、シャアはまったく…」

マシュマー「では電話のご準備を」

ハマーン「たわけ!なぜ私からシャアに電話しなければならんのだ!」

マシュマー「ですがそれでは…」

ハマーン「馬鹿者!私から連絡してシャアに弱みをつけこまれたらどうする!」

マシュマー「はっ?」

マシュマー「ハマーン様、仰ってる意味がよく分からないのですが…」

ハマーン「私から連絡したら、まるで私がシャアに会いたくて電話したと思われるではないか」

マシュマー「ですが会いたいのは事実なのでしょ?」

ハマーン「愚か者!だからといって私からシャアに電話できるか!」

キャラ「でもハマーン様、それでは一生かかって来ないかもしれませんよ?」

ハマーン「なぜだ!?」

キャラ「赤い彗星は照れて連絡してこないんですから」

ハマーン「くっ、そういえばそうだったな…」

キャラ「だからここはハマーン様が電話して赤い彗星より優位に立てばいいんですよ」

ハマーン「成程、わざわざ電話してやることで主導権を握ればいいわけか」

ハマーン「フフッ、まったくシャアはしょうがない奴だ」

ハマーン「私、直々に電話をかけなければならんとはな…」

マシュマー「(なんというツンデレ…さすがはハマーン様!)」

ハマーン「ではシャアに電話するとし――んっ?シャアから着信だと!?」

ハマーン「どどどうすればいい!シャアから着信だ!」

キャラ「落ち着いてください、ハマーン様!まずは電話に出て」

ハマーン「しかし何を言えばいいのだ!シャアとどうやって会話すればいい!」

マシュマー「(これは重症だ…)」


シャア「う~む…」

アムロ「ハマーンはまだ出ないのか?」

シャア「ああ、さっきから全然出ないのだよ…」

シャア「おっ、つながったぞ――もしもし、ハマーンか?」

シャア「私だ、シャア・アズナ――えっ?」

アムロ「どうしたんだ?」

シャア「分からん、いきなり切れてしまった…」


キャラ「もう、なんで切っちゃうんですか!」

ハマーン「シャアの奴め、なんというプレッシャーだ」

キャラ「プレッシャーのせいにしないでくださいよ!ハマーン様!」


3