アムロ「なんだって!?」

シャア「見たまえ、これが証拠だ」

アムロ「でかしたぞ!シャア!」

シャア「ハハッ、私とてニュータイプだからな」

アムロ「さっそく僕の家で鑑賞しようじゃないか」

シャア「いいのか!?アムロ!」

アムロ「ああ、勿論じゃないか」

シャア「アムロ…貴様という奴は」


アムロ「あっ!しまったぞ…」

シャア「どうしたのだ?大声をあげて」

アムロ「家に食べる物が何もないんだ」

シャア「ハハッ!そんなことか。ならコンビニに寄ればいい」

アムロ「でも貴様だってすぐに『けいおん』を見たいはずだ」

シャア「なに、気にすることはないさ」

アムロ「そうか…じゃあ、すまないがコンビニに寄らせてもらう」



店員「いらっしゃいませー」

シャア「それでアムロ、貴様何を買うつもりなのだ?」

アムロ「まずは飲み物を買わなくては。シャア、コーラでいいか?」

シャア「ええいっ!コーラだと!?」

アムロ「コーラはだめなのか?」

シャア「無論だ。口の中がシュワシュワするではないか!」

アムロ「じゃあ、お茶は?」

シャア「お茶なら大丈夫だ。シュワシュワしないからな」

アムロ「じゃあ、お茶を買うよ」


シャア「見ろ、アムロ!ガリガリくんがあるぞ!」

アムロ「ガリガリくんだって!?」

アムロ「すごい、すごいや!僕の好きなリッチミルクまである」

シャア「リッチミルク?…この白い奴か!」

アムロ「こいつはただのミルクじゃないんだ」

シャア「なに?他のガリガリくんとどう違うというのだ?」

アムロ「こいつはガリガリくんの中で一番美味いんだ!」

シャア「なんだと!?」

シャア「アムロおすすめか…食べてみたいものだな、赤城のリッチミルクとやらを」

アムロ「ならこれも買おう」

シャア「ええいっ!心の友よ!」

アムロ「な、なんだよ…シャア」

シャア「フフッ、貴様を心の友と言ったのだ」

アムロ「やめてくれ。恥かしいじゃないか」

シャア「ハハッ、照れることはあるまい。事実なのだからな」

アムロ「シャア…」

シャア「アムロ!」

アムロ「……」

シャア「……」

アムロ「な、なんだか照れくさいや」

シャア「す、すまん。私もだ」

アムロ「あっ!こっちにもお菓子があるぞ。見てくるよ」



アムロ「よしっ!お菓子も買い込んだことだし、僕の家に急ごう」

シャア「何をグズグズしている!急げ、アムロ!」

アムロ「早い、早いよ!シャア!」

カミーユ「おやっ?クワトロ大尉じゃないですか?」

シャア「カミーユ!カミーユじゃないか!」

カミーユ「それにアムロさんも…二人でどうしたんです?」

アムロ「ああ、じつはこれから僕の家で『けいおん』を観るんだ」

カミーユ「『けいおん』ですって!?」

アムロ「そうさ。じつはシャアがツタヤでレンタルしてきてね」

シャア「ハハッ、入手するのに苦労したよ」

シャア「ロベルトとアポリーに探してもらってようやく手に入ったのだよ」

カミーユ「そうなんですか…(澪ちゃん…)」

アムロ「良かったら君も来ないかい?カミーユ?」

カミーユ「えっ!いいんですか!?」

アムロ「いいもなにも君も好きだろ?けいおん」

カミーユ「はい、もちろ――」

シャア「早まるな、アムロ!」

アムロ「なんだよ、シャア?」

シャア「カミーユ、貴様は来てはだめだ」

カミーユ「な、なぜです!クワトロ大尉!」

シャア「ダメだ!」

アムロ「なぜなんだ、シャア!カミーユが可哀想じゃないか」

シャア「アムロ、カミーユは『けいおん』が嫌いなのだ」

カミーユ「えっ?」

シャア「忘れたとは言わせないぞ、カミーユ!」

シャア「あれは私がアーガマで『けいおん』を観ていた時のことだ…」



―数日前―

紬ちゃん「モノマネしま~す♪」

シャア「今だ!アボリー!ロベルト!援護しろ!」

アポリー「了解」
ロベルト「了解」

シャア「むぎゅぅぅぅぅぅぅ!!」
アポリー「むぎゅぅぅぅぅぅ!!」
ロベルト「むぎゅぅぅぅぅぅぅ!!」

シャア「ええいっ!もう一度だ!」

シャア「むぎゅぅぅぅぅぅぅ!!」
アポリー「むぎゅぅぅぅぅぅ!!」
ロベルト「むぎゅぅぅぅぅぅ…ゴホッ!こ、こなくそ!」

シャア「無理は禁物だぞ、ロベルト!」

カミーユ「おやっクワトロ大尉、何を観てるんですか?」

シャア「カミーユか。今みんなで『けいおん』を観ていたところだ。君もどうだね?」

カミーユ「(けいおんだって!?是非とも観たいぞ…だけど)」

カミーユ「俺は遠慮しておきますよ」

シャア「何故だ?」

カミーユ「けいおんって萌えアニメなんでしょ(笑)」

カミーユ「そんなアニメをありがたがって観るなんてどうかしてますよ」

シャア「カミーユ!貴様なんてことを!」

カミーユ「やめてくださいよ、クワトロ大尉。俺は事実を言ったまでです」

シャア「カミーユ!戯言は大概にしろ!」

カミーユ「あなたこそいい加減目を覚ましたらどうなんです!」

カミーユ「あなたたちはね、京アニに踊らされているだけなんですよ!」

シャア「言ったな!カミーユ!」


ブライト「やめたまえ、クワトロ大尉」

シャア「ブライト艦長!?」

シャア「ええいっ、離せ、ブライト!私はカミーユを修正しなければならないのだ!」

ブライト「放っておけ。こいつはな、自分がアニオタであることを知られたくないのだ」

カミーユ「!?」

シャア「なんだと!?」

ブライト「ああ、だからこうやって斜に構えてけいおんを批判するのだ」

カミーユ「ち、違う…!お、おれは…」

ブライト「違うものか!貴様はそうやって構えていれば気が晴れよう」

ブライト「アニオタであることを隠すことができるのだからな!」

カミーユ「違う!違う!俺はオタじゃない!けいおんなんか大嫌いだ!」

カミーユ「ほんとうだ!俺はけいおんが嫌いなんだ!観たことすらないぞ!」

シャア「ええいっ!やはり貴様!」

ブライト「ふん、いい加減強がりはやめたまえ」

トーレス「大変です、ブライト艦長!ロベルト中尉が撃墜されました!」

シャア「なんだと!?誰にやられた!」

トーレス「紬ちゃんです」

ブライト「索敵班は何をやっていたんだ!紬ちゃんの警戒を怠るなと言ったはずだろうが!」

ロベルト「むぎゅぅぅぅぅぅぅぅ!!」ガクッ

シャア「ええいっ!しっかりしろ!ロベルト!」

カミーユ「ロベルトさん!」

ブライト「話はこれまでだ、カミーユ。お前はここから出て行け」

カミーユ「でもロベルトさんが…」

シャア「貴様には関係ないことだ。行け!カミーユ!」

カミーユ「くっ…ちくしょー!」



アムロ「なるほど…シャアの言うとおりだ」

アムロ「カミーユ、君には『けいおん』を観る資格はない」

カミーユ「待ってくださいよ、アムロさん!」

シャア「そういうことだ。我々は失礼させてもらうよ」

カミーユ「そ、そんな!」

カミーユ「そんなのって大人げないですよ!!」

アムロ「こいつ!…よく言う!自分で撒いた種じゃないか」

シャア「もういい、アムロ。こんな生意気な奴は放っておこう」

アムロ「そうだな。リア充はファとでもイチャイチャしていればいい(笑)」

カミーユ「俺をハブって楽しいのかよ!」

シャア「ああ、楽しいね」

カミーユ「くっ!ちくしょー!」


2