唯(ん~『用意するもの』は全部見つけられたけど…)

唯(隠し味は何がいいのかなぁ)

唯(チョコは何かと食べるし、買ってもいいよね)

唯(全部入れれば、それこそスペシャルだよね)

唯(サラダの材料も買って)

唯(カゴ重くなってきちゃった…)

店員「3980円になります」

唯「すみません、チョコ1つだけにします」

店員「…3245円になります」

唯「玉ねぎ1個やめます」

店員「3195円になります」

唯「3000円しかないんです」

店員「どれですか、次何やめるんですか」

唯「どれがカレーに必要ないと思いますか?」

店員「…アイスじゃないですかね」

唯「うぅ…やめます」

店員「…2895円です」

105円残してお買い物出来ました!
この105円でチョコが1つ買えました。
…2つにすればよかった。

家のドアを開けると、薄暗かったです。
いつもは憂が先に帰って、電気がついてるから少し不思議な感じがします。

さあ、早速準備です!
…と思ったら重大なミスに気がつきました。



紬「唯ちゃんからメールだ~♪」

律「わたしには来ないぞ!」

澪「わたしにも来ない…」

梓「同じく来てません」


From 唯ちゃん
「ムギちゃん、わたしのケーキは余っておりませんでしょうか…?」


紬「唯ちゃん、肝心なケーキ忘れてたみたい…」

律「あいつ大丈夫か?」

澪「ケーキのない誕生日…」

梓「物悲しいです」

紬「ケーキ…届けてあげようか?」

律「唯のことだ、料理の材料で予算オーバーなんだろう」

澪「絶対そうだと思う…」

梓「…すごく心配になってきました」

紬「もしもし、紬です。斎藤、バースデーケーキを用意してくれる?」

紬「大丈夫だって!」

律「それ、わたしもお金出すよ」

澪「そうだな、軽音部から憂ちゃんへのプレゼントだ!」

梓「4人で割ればお小遣いの範囲ですよね」

紬「そう?じゃあ…1人2000円くらいね♪」


律澪梓(レベルが違った…)


紬「あ!いつでもいいよ??別にわたしが出」

律「ムギ!いつもわりぃな!」

澪「律!ちゃんと1人2000円ずつだ!」

梓「軽音部からの『プレゼント』ですから!」

律「はは…そうだよな…」



平沢唯、大ピンチです。
ケーキを忘れてしまいました。ムギちゃんに最後の願いを託しました…。

するとムギちゃんからはすぐ返事がありました!


From ムギちゃん
「7時頃、みんなで届けるね♪」


ムギちゃんは天使です!
今日わたしに食べてもらえなかったケーキが、憂のお口に入ります。
きっとケーキも喜ぶことでしょう。

ささ!ここに来てやっとカレーの準備です。



17歳になった平沢憂です。
学校で、梓ちゃんと純ちゃんがお祝いしてくれました。
いつもより重いカバンが嬉しいです。

でも…いつもなら、誕生日の朝はお姉ちゃんが「ういーおめでとー」と抱きついてきます。
だけど…今日は違いました。

唯「ういー、そこに座りなさい」

憂「なーに?お姉ちゃん」

唯「今日はいっぱい寄り道して、遅めに帰りなさい」

憂「…夕飯の用意できないよ?」

唯「いいのです」

憂「お姉ちゃん、食べてくるの?」

唯「そんなところであります」

憂「じゃあわたしも…」

唯「めっ!いけません!」

憂「?」

唯「とにかく今日は寄り道して、お腹すかせて帰るのです!」

憂「…はーい」

お姉ちゃんはわたしの誕生日を祝おうとしているようです。
バレてるのに、あくまでサプライズのようです。

嬉しいけど…心配です。

でもお姉ちゃんの手料理…楽しみだなあ。


最近、お姉ちゃんとの会話が減りました。
それは…お姉ちゃんの一人暮らしが決まった頃からでした。
高校を卒業する。大学に入る。また一つ大人に近づくわけです。
きっとお姉ちゃんは、わたしが居なくても生活できる準備を始めたのです。

わたしが生まれてから、ずっとわたしたち二人は一緒でした。
それが当たり前でした。
特に大きな喧嘩もなく、お姉ちゃんがわたしに甘え、それに応える。
そんな毎日を送ってきました。

それが、あの日から少しずつ距離を取るようになりました。
急に離れるんじゃなく、ゆっくりと別れに備えてるんでしょうか…。

とりあえず今日は、商店街をわけもなくブラブラして帰ります。

どんな服屋さんやアクセサリー屋さんを見ても、
「お姉ちゃんに似合いそうだな~」なんて考えてしまいます。


―――

和ちゃんのレシピを見ながらお料理です。

♪おにく~ お~やさい ひみつの~かくしあじ~
 そだち~ ざ~かりの よくばり~こいごころ~

歌いながら楽しく作っていますが、玉ねぎには泣かされました。
今まで普通に食べていたものですが、こんなに大変なんだなあって思いました。

…玉ねぎが嫌いになりそうです。

憂は毎日笑ってご飯を作ってくれますが、本当は苦労してるのかな?
当たり前に思っていたので、気付きませんでした。
そんなことを考えると、また涙が出そうになりました。

…玉ねぎのせいにしておきます。



律「はー、今日はそろそろ帰ろうか」

澪「唯もいないし、切り上げてもいいよな」

梓「そうですね」

紬「もうすぐケーキも届くと思うし、片付けちゃおうか」

律「しっかし高級ケーキ、楽しみだな!」

澪「律、お前が食べるんじゃないんだぞ?」

律「えー?一口ぐらいいいだろー?」

紬「でも、今日は姉妹水入らずじゃないかなー?」

律「確かに…」

澪「まあさ、一緒に祝えそうならわたしたちも参加させてもらおう」


梓「…最近の憂、元気ないんです」


-部室-

梓「何だか空元気って言うか、いつも通りなんですけど…」

律「けど?」

梓「寂しそうな顔する時があって…」

紬「どうしたのかなー?」

澪「…唯の一人暮らしが原因とか?」

律「離れ離れになるんだよな、平沢姉妹」

梓「だから…」

紬「…今日もいい思い出になるといいね♪」

梓「…はい!」



-平沢宅-

でっきたー!
いつもうちのカレーは甘口ですが、中辛にしました。
憂も1つ大人になったわけだし、今日は中辛 大人味なのです!
少し味見をしてみます。

唯(あれ…甘くておいしい)

チョコ、蜂蜜、砂糖、りんご。…甘くなるはずです。
でも、とってもおいしいです!

時刻は6時前。そろそろ憂が帰ってくるかなー?
サラダの用意をしながら、憂にメールを送りました。



-商店街-

とっても可愛いストラップを見つけたので、二つ買いました。
お店を出てすぐ袋から出し、携帯につけました。
もう一つは、お姉ちゃんへのプレゼントです。

憂(お姉ちゃん、付けてくれるかな~?)

なんてストラップに見とれていると、お姉ちゃんからメールです!
テレパシーでしょうか?


From お姉ちゃん
「ういー。そろそろ帰っておいで~。待ってるよ~!」


-平沢宅-


From 憂
「うん、もうすぐ帰るね!」


憂が帰ってくる!
そう思うと急に焦ってしまいます。
でも大丈夫、カレーもサラダも完璧です。
ムギちゃんのケーキが届くのは、憂が帰った後でしょうか?

憂は喜んでくれるかな。
ここまで一人でしたことは初めてだし、憂が作るものには敵わないです。
でも、わたしの気持ち届くといいなあ。



-桜高前-

紬「ありがとう~♪」

?「お嬢様、このまま乗っていかれますか?」

紬「いいえ、近いので歩いていくわ♪」

?「では、お気をつけて」


律「すっげー車…」

澪「リムジンってやつだな…」

梓「はじめて見ました…」

紬「さあ、行きましょう♪」



-平沢宅-

そろそろ7時、ムギちゃんたちが来る頃です。
憂ももうすぐだって言うし、いい感じかな?
すると玄関から憂の声が聞こえました!

「ただいま~!」

玄関に走りました。
とびきりの笑顔で抱きつきました。
本当は今朝も、抱きついておめでとうと言いたかったです。



-玄関-

唯「うーいー!おかえりー!」

憂「ただいま。どうしたの?」

唯「待ってたよー!」

憂「えへへ。…カレーの匂いがする」

唯「わたしが作りました!一緒に食べよう!」



律「何でドア開けっ放しで抱き合ってんだ?」

澪「お、お邪魔しました…」

紬(素晴しい)

梓(妬ましい)


3