律「いやぁ・・・!唯!たのむ、お願いだから・・・!」

澪「・・・」ゾクッ

唯「んー?」グルッ

ズチュ・・・ガガ・・・!!

律「~~~!?」

唯「あれ?もっと痛くなっちゃった?ごめんね、回しながらやったら入るんじゃないのかなーって思ったんだよ」

律「ん、なの・・・いたいに、決まってん、だろ・・・!んあ!?」

澪「どうした?」ハムハム

律「澪も・・・!待てってば・・・!」

澪「ん、でも無理」

律「ひゃぁっ・・・ん・・・!」

澪「首も弱いよな。律は弱いところだらけだな」アハハ

唯「全身性感帯かー、羨ましいなぁ」

律「くっそ・・・」

唯「りっちゃんも素直じゃないね、ホント」

澪「まぁ、あの子の件があるしな」

唯「あとは私のせいかな?」

律「わかってるなら・・・!」

グチュ・・・!!!

律「ああああぁぁぁ!!?!?」

唯「やめなって。りっちゃんしつこい」ハァ・・・

澪「・・・」

唯「どうしたの?怒っちゃった?」

澪「まさか」

唯「?」

澪「いや、なんでもない」

唯「そう?それじゃ、続きしよっか」

澪「あぁ」

律「・・・」



唯「もうちょっとで入りそうなんだけどなぁ・・・」

澪「形からして、入り口さえクリアしちゃえば後はすんなりいきそうなんだけどな」

唯「うーん、体位が悪いのかも」

澪「どうしたらいい?」

律「お前ら、何・・・勝手に・・・」

唯「もうちょっと寝そべる感じがいいかな。りっちゃんの頭が澪ちゃんのお腹にくるくらい」

澪「そうか。律、ちょっと下にズレてくれないか?」

律「・・・へいへい」ズリッ

唯「そうそう!これで、こうすれば・・・りっちゃん、足首失礼ー」ガシッ

律「!?」

唯「よっと」グッ

律「わぁ!!?」

唯「あはは、この体勢ならりっちゃんのアソコよく見えるよ」

澪「いい格好だな、律」

律「や、やめろよ・・・!恥ず、かしい・・・」グスッ・・・

唯「泣かないでよ、めんどくさいなぁ」

澪「めんどくさくない。可愛いぞ」

律「そんなフォロー、今はいらねぇよ・・・」

唯「足辛いでしょ?私の肩にかけていいよ」

律「・・・」

唯「それじゃ、改めて・・・」グググ・・・

律「んっ・・・やぁ・・・!!」

クチュ・・・ズズ・・・グプ・・・!!

澪唯「!?」

澪「入った・・・?」

唯「入った・・・」

律「やぁ!痛い!唯、抜いてくれぇ・・・!」

唯「あはは、ここまで出来たらあとは・・・」

澪「律、今どんな感じだ?」

律「うぅっ・・・はぁっ・・・くっ・・・」ゾクゾク

澪「答えてる余裕はない、か・・・」

唯「ねぇ、りっちゃん」

律「ん、だよ・・・!」

唯「声、我慢しなくていいよ?」

律「うるっせぇ・・・」

澪「・・・」

唯「澪ちゃん?」

澪「りーつ」

律「へ・・・?」

澪「扉、見てみろ」ボソッ

律「・・・?」

澪「どうだ?」

律「唯で見えない」

澪「・・・」

唯「え?私?」

澪「あぁ。さっきの子、覗いてる」ボソッ

唯「うっそ、気付かなかったや・・・」チラッ

澪「私もさっき気付いた」

唯「あー、だから様子が変だったんだ?」

澪「あぁ」

律「お、おい・・・うそ、だろ・・・!?」

澪「嘘なもんか」

律「・・・」

唯「あの子、そのまま覗いてるつもりかな?」

澪「さぁ。でもここまで黙って見てたんだ、口出しする気はないんじゃないのか?」

唯「・・・」ピーン

澪「どうした?」

唯「ねぇ、りっちゃん」

律「・・・?」

唯「あのさ、このまま嫌そうな態度とってるとどうなるかわかる?」

律「・・・は?」

澪「唯、どういうことだ?」

唯「えー?簡単だよー。りっちゃんが嫌そうにしてたらあの子はどう思うかな?」

律「・・・私を、助けようとするかな」

澪「だな。学校や親に言うかも」

律「!?それは駄目だ・・・!!」

唯「じゃあ、りっちゃんが気持ちよさそうにしてたらどうかな?」

律「え・・・?」

澪「なるほど、そういうことか」ハハハ

唯「ね?りっちゃんは、素直になるべきだと思わない?色んな意味で」

律「・・・」

澪「唯の言う通りだな」

律「でも・・・」

澪「私も唯も律も、みんながこの関係に納得してるのに・・・誰かに言うと思うか?」

唯「言わないと思うよ。あの子がりっちゃんのこと好きなら尚更」

律「それは・・・わかるけど・・・」

唯「それじゃ、障害はなくなったってことでいい?」

律「え、おい、待ってくれ・・・」

唯「はぁ。まだ何かあるの?」

律「・・・その、恥ずかしいし・・・」

唯澪「却下」

律「澪まで!?」

澪「普段の律を見せてくれよ」ボソッ

律「・・・!」

唯「りっちゃん、今しかないよー?」

律「・・・」

唯「色々と事情はあるけど、とりあえずそういうのは部屋の隅っこにでも置いとこうよ」

律「・・・」

唯「ね?」グリッ

律「ぁぁ!?」

ポタッ・・・ポタッ・・・

澪「律、どう?」

律「・・・ぃ」

唯「え?」

律「いたい・・・・・・・・・でも・・・」

澪「でも?」

律「その分・・・気持ち、いい、よ・・・」

唯「・・・」ニヤッ

澪「・・・」ハハッ

唯「あはは。長かったなー」ボソッ

澪「・・・見てる見てる」ハハハ

唯「あぁ、あの子?」

澪「あぁ。やっと思い知ったのかな」

唯「え?」

澪「律は私のものなんだって」

唯「・・・」ンー

澪「どうした?」

唯「澪ちゃんのことわかったつもりでいたけど、勘違いだったかも」

澪「え?」

唯「あの子は駄目で私はいいんだ?」

澪「・・・唯も駄目だよ」

唯「?・・・やっぱ澪ちゃんってわかんないや」

澪「律は誰にも取られたくない、でも・・・」

唯「・・・りっちゃんが他の人としてるの見ると興奮するんだ?」

澪「・・・」

唯「やっぱりよくわかんないね」

澪「ほっといてくれ」

唯「いいよ。そのおかげでこうしていられるんだし・・・ね?りっちゃん」グググ・・・!

律「っああぁぁ・・・!!」

唯「りっちゃん、さっきから動物みたいだよ。日本語喋れば?」アハハ

律「いだぁ、ぃ・・・やぁ・・・!」

唯「嫌なの?やめよっか?」

律「・・・!」フルフルッ

唯「あはは、りっちゃんは可愛いなー」ナデナデ

律「そ、んな・・・」

唯「ねぇ、見てよ。見えるでしょ?自分のあそこ」

律「・・・あ、あぁ」

唯「こんなに入っちゃったんだよ。すごいと思わない?」

律「あぁ・・・血、血が・・・」

唯「そりゃ出るよ。自分でもわかってたでしょ?」

律「たくさん、出てる・・・」

唯「これ、まだまだ奥に入れようね?」

律「・・・」

唯「イヤ?」

律「ううん・・・入れて、欲しい・・・」

8