律「・・・」

澪「へぇ、まぁいいけど」

律「いくないだろ・・・!?どうすんだよ、バレたら」

澪「大丈夫だよ、心配しすぎだぞ」

律「先生にバレたりしたら・・・!」

澪「りつー?」

律「いやだよ・・・そうしたら、澪に会えなくなるかも・・・」

澪「・・・」

唯「・・・澪ちゃん」

澪「なんだ?」

唯「澪ちゃんの彼女、これ誰?」

澪「律」

唯「あ、そうだったんだ。普段とのギャップがあり過ぎて別人かと思っちゃった、ごめんね」

澪「あぁ、いいよ。そればっかりは仕方ないから」

律「おいコラお前ら」

唯「でも、冗談抜きであの子何かアクションを起こすと思うよ?」

澪「まぁ大体予想はつくけどな」

律「職員室・・・?」

澪「いや、この部屋に来るだろ。何があったか確かめるために」

唯「そうだね。りっちゃんのことが好きな子なら尚更、自分でどうにかしたいとか思うかも?」

澪「そういうこと」

律「じゃ、じゃあ・・・早く帰r」

澪唯「るわけないだろ(でしょ)」

律「・・・うん、わかってた」

唯「いいね、一回やってみたかったんだよね」

澪「何が?」

唯「こういう切羽詰った状態で『声出しちゃ駄目だよ』って」

澪「・・・は?」ニコッ

唯「・・・え?」

律「えっ・・・おい、ちょっと、みお・・・?」ゾワッ

唯「え、澪ちゃん?」

澪「声なら好きに出せばいいだろ」

律「バレたらマズイって言ってるだろ・・・!?」

澪「だから、律がそう思うならそうすればいい。私はどっちでも構わないよ」

律「澪・・・」

澪「ん?」

律「とりあえず、スティック、離してくれよ・・・ささくれ、取れただろ?」

澪「ん、あぁ。だいたい取れたからもういいかな」

律「・・・」ホッ

澪「あーぁ、律の脇腹、トゲだらけじゃないか」

律「いっつ・・・だ、大丈夫だ・・・」

澪「本当か?痛くないか?」スッ

律「・・・!?さ、触るなって・・・」

澪「え?何?」ググッ・・・!

律「っうっああぁぁ・・・!!!!」

澪「律、私は構わないけど、声出しちゃまずいんじゃなかったのか?」

律「う・・・うぅ・・・」

唯「澪ちゃん随分楽しそうだね?」

澪「あぁ。でも、忘れてないよ」

唯「何が?」

澪「唯は、律としたいんだろ?」

唯「うん。このまま澪ちゃんに美味しいところ持ってかれそうで面白くないなーなんて思ってないから安心して」

律「いや・・・絶対、思ってるだろ、その言い方・・・」ゼェハァ

澪「ははは、大丈夫だって」

唯「へぇ?」

澪「唯、今日セッティングしたか?」

唯「え?うん、ギターとマイクだけね」

澪「そっか。十分だな」

唯「え・・・?」

澪「唯、マイク持ってきて」

律「え・・・澪、嘘だよな・・・?」

澪「え?」

律「だ、だって・・・」

澪「どうした?」ナデナデ

律「う・・・え、っと・・・」

唯「持ってきたよー」

澪「そうか」ストンッ

唯「・・・いいの?」

澪「・・・あぁ。律、おいで」

律「・・・」

澪「ここ、座って」ポンポン

律「・・・」ストンッ

澪「ん、いいこ」

唯「あーあー、テステス」ボンボンッ

律「澪・・・マイク、結構太くないか・・・?」

澪「そうだな。きっと痛いぞ」

律「だよ、な・・・」ゾクッ

澪「ん、今身震いしただろ?」

律「うっ・・・」

澪「期待してるんだ?」

律「・・・」

澪「妬けるな」

律「じゃあやめさせろよ・・・」

澪「いいんだ、私は妬きたいんだ」

律「意味わかんねぇ・・・最後に言うけど、私・・・澪以外にこういうことさせるの嫌なんだからな・・・?」

澪「うん、ごめんな」

唯「澪ちゃんの中で座ってるの見ると、やっぱりりっちゃんって体小さいんだなーって思うよ」

律「普段は態度がデカイから小さく見えないってか?」

唯「あはは、私そこまで言ってなーい」

律「どうだか」

唯「スネないでよー」

澪「よっと・・・」ギュッ

律「みお?」

澪「後ろから抱かれてると、少しは安心するだろ?」

律「お、おう・・・」

唯「それじゃ」

律「・・・」ゴクッ

唯「覚悟はいい?」ニコッ

律「・・・好きにしろって、さっきから言ってるだろ・・・」

唯「つれないね」アハハ

律「つれてたまるか」

唯「・・・ココはこんななのにね?」クチュ・・・

律「んぅ・・・」

唯「すっかり忘れてたけど・・・そろそろ来るんじゃない?あの子」

澪「あぁ、言われてみれば。そうかもな」

律「・・・」

唯「ま、私も見られても全然平気なんだけど

澪「いいのか?」

唯「うん。そんなの後からどうとでもなるしね」アハハ

律「・・・」

唯「りっちゃん、感謝してよ?」

律「え・・・?」

唯「これね、澪ちゃんのマイクなんだよ」

律「そう、なのか・・・?」

唯「うん。マイク持ってこいって言われたときに大体察しがついたからね。付け替えてきた」

律「・・・」

唯「余計感じちゃうでしょ?」

律「・・・うる、せぇよ・・・」

唯「あはは、やっぱり否定しないんだね」



唯「それじゃ、ゆっくりいこうか」

律「・・・」

唯「ま、返事は期待してなかったからいいよ」

クチュ・・・

律「・・・!?」

澪「んー?どうした?りつ」

律「お、音・・・!」

唯「何言ってるの?」

律「アンプ繋いでるのか!?」

唯「当たり前じゃん」

律「でも、これじゃ・・・」

唯「何?」イライラ

律「だって、それじゃ・・・声、我慢したとしても・・・え・・・?」

澪「ははは、今更気付く律可愛い」

律「澪・・・!?やめさせてくれよ・・・!」

澪「嫌だ」ガシッ

律「は、離せ・・・!」

唯「はいりっちゃん動かないよー」グリグリ

クチュ・・クチュクチュ・・・!!

律「ふぁ・・・!?ちょ、ゆい・・・やめ・・・!」

唯「やめるわけないでしょ」グググ・・・

澪「なかなか入らないんだな?」

唯「うん、澪ちゃんがちゃんと馴らしておいてくれないからだよー?」アハハ

澪「はは、心外だな。ちょっと慣らしたくらいじゃマイクは入らないだろ?」

唯「・・・はは、それもそうだね」

律「ゆ、い・・・!いた、痛い、って・・・!」

澪「りつ・・・」チュパ

律「!?」

唯「あれ?りっちゃんって耳弱いの?」

澪「あぁ。他にもな・・・」

律「おい、澪・・・やだよ・・・」

澪「胸も」サワァ

律「あぁ・・・!」

唯「へー、ちっちゃいおっぱいで頑張ってるんだね、りっちゃん」

律「おま・・・あとで・・・ぶっとばす・・・」

唯「あはは。涙目で凄まれるとゾクゾクしちゃうね?」

澪「おい、あまり律をいじめるなよ」

唯「ニヤニヤしながらよく言うよ」グリッ・・・

律「つぅ・・・!?」

唯「あ」

澪「どうした?」

唯「へへ、入った?」

律「「ん・・・ちょっと、だけ・・・って、いったい・・・!!ゆ、い・・・ちょい、タンマ・・・!!」

唯「待ーてーまーせーんー」アハハ


7